離婚に関するみんなの体験談や口コミ

目次

【コラム】離婚を回避できるかもしれない?? セカンドパートナーとは

いつからか検索され始めたキーワード「セカンドパートナー」。これはどうやら募集が目的のようです。これ、セカンドオピニオン的な意味だそうで、決して不倫とは一致しないことが周知されています。重要ポイントは「H含めスキンシップ無し」、つまり良き相談相手のような位置づけみたいですね。もしかしたらこれでストレスが緩和されて、結婚生活を継続できるのかもしれません。でも、本当はセカンドパートナーも居ないほうがベターですが...。

いつの日も話題になる「芸能人の離婚」

またまた芸能人の離婚報道ですね。それにしても白日の元に晒される立場。選んだ仕事とはいえ、このような時にはいろいろと対応が大変だと思います。法律的な手続きも、影では粛々と進めていることでしょう。

裁判で離婚する際に必要な理由

離婚。できればしないほうが良いことですが、深刻な事情・原因があって致し方ない結果になることもあるものです。ここでは、離婚を考えている方に役立つ知識・情報をご紹介しています。また、離婚しなくて済む為の情報としても、お役立て下さい。

もしも、話し合いで離婚が成立しない場合は、裁判で離婚をすることになります。 以下の理由がある場合は離婚が可能になります。

【1位】不倫&浮気

既婚者でありながら、第三者と性的な関係を持った場合は離婚の対象になります。 (仮面夫婦になっている状態での不倫や浮気は離婚に至らない場合があります。)

【2位】故意的な放棄

配偶者との同居を拒否、家事や育児に協力しない、生活の保障がない場合は離婚の対象になります。

【3位】3年以上の消息不明

3年以上、配偶者の生死が確認できない場合は、離婚の対象になります。

【4位】配偶者が極度の精神疾患にかかり回復の見込みがない

夫婦生活を行っていくことが不可能な程の精神疾患を発症した場合は離婚の対象になります。

【5位】結婚を継続できない深刻な事由

夫婦関係が破綻しており修復不可能な場合は、離婚の対象になります。

その他の事由

性格の不一致で別々に生活している

DVやモラハラ

ほか、、

  • 性的不能、性的関係の拒絶、異常性嗜好
  • アルコールや薬物依存
  • 難病
  • 犯罪行為

特例

浮気をした側が相手に離婚を願い出る場合、通常は浮気をしていない側が離婚を望んでいない場合は離婚は認められません。 しかし、以下の場合は認められる場合があります。

  • 別居生活が長い
  • 養育が必要な子供がいない
  • 離婚しても配偶者が精神的、社会的、金銭面で問題なく生活できる
  • 双方に夫婦関係を破綻させる原因がある

これ以外の事例でも離婚できる場合があります。 普通に離婚することが難しい場合は、弁護士に依頼する必要があります。 2人で話をしていても並行線になるだけです。 第三者を入れて法の下で公正に離婚の手続きをすることが賢いと言えるでしょう。

共感の多い投稿まとめ

掲示板ミクル

お悩み掲示板

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

「離婚」の関連テーマ

他のテーマも読んでみませんか

離婚についての話題を掲示板で探そう(1000件)

ページ : 1 / 20

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順