新規スレ作成

雨が降っていた

61レス8472 Hit

リアルでは無理なので願望の入った妄想を小説にします。

レズビアンの恋愛を軸にしています。

少しエロいです。

16/07/21 21:28(スレ作成日時) [RSS]

  • No: 12パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/07 08:03

    セックスの後、二人で抱き合って少し眠った。単純な私は初めてのセックスに満足しきっていて、幸せで舞い上がっていた。

    目が覚めるといつの間にか外は雨になっていた。ぼんやりした頭に雨音が優しく響いてくる。薄暗い部屋の中にさっきの交わりの余韻が漂っている気がする。

    天井に映る雨垂れを眺めていると隣で眠っていた友香が目を覚ました。
    欠伸をして外に目に向けている。
    「雨降ってたんだ。気付かなかった。」
    「二人で寝ちゃったんだね。友香寒くない?服着た方がいいよ。」
    まだ二人共裸だったのでなんとなく肌寒い。私は服を着ようとベッドから出ようとしたが、友香に抱きつかれた。
    「二人でくっついた方が温かいよ。」
    「それはそうだけど・・・ 」
    「いいから。それともまたしたくなっちゃう?」
    私は笑って友香をそっと抱きしめた。友香の細い身体は強く抱くと壊れてしまいそうだ。
    「温かいね。」
    友香が呟く。
    「うん。ずっとこうしていたい。」
    「私も。琴乃と離れたくない。」
    静かな時間が流れていた。私は雨音を聞きながら友香と初めて話した日を思い出していた。あの日も雨が降っていたっけ。
    「ねぇ琴乃、何考えてる?」
    友香が私の目を覗き込む。その仕草も可愛くて思わずキスをした。
    「・・・友香のこと。」
    「ふふ。こんなに近くに居るのに?」
    「近くに居るから、だよ。 友香のことしか考えられなくなる。」
    「そんなに私が好きなの? でも私の方があなたを想ってる。絶対に。」
    「・・・嬉しいけど、違うと思うな。私の気持ちの方が強いと思うよ。」
    友香が首を横に振った。
    「違うよ。・・・どうすれば伝えられるんだろう。分かんないよ。」
    「じゃあ二人同じくらいって事だよ。友香も私も、同じように想い合ってる。」
    友香はまだ納得がいかないのか、しぶしぶ頷いた。

  • No: 13パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/13 08:22

    友香はどうして想いの強さなどにこだわるのだろう。私は友香が意地を張った理由を知りたいと思ったが、まだ付き合ってほんの少ししか経っていない私がそこまで踏み込んで良いものか判断がつかなかった。

    何となく友香の過去の恋愛が関係しているような気がしているのだが、それをうまく聞くスキルも聞いた後に動揺せずにいられるメンタルも無い。
    私は恋愛の初心者すぎた。

    「琴乃、愛してる。」
    友香がそう言って私を強く抱いた。しがみついてきたと言っても良い。まるで不安に駆られて母親にすがる子供のようだった。
    「私も。友香を愛してる。」
    友香を愛している。しがみつきたいのは私も同じだ。それを分かって欲しかった。友香に対する私の愛をどう表せば良いのだろう。
    「ねぇ友香、私はあなたから離れたりしない。だから私を信じて。私はあなたが思うよりもずっとあなたに夢中なんだよ。囚われていると言ってもいい。私、あなたに棄てられたらどうして良いかわからない。」
    「・・・・・。」
    友香は黙ったままだ。私は友香の顔を両手で挟んだ。
    「友香。私、あなたの為に何でもしてあげたい。あなたを不安にさせたくない。解って欲しい。私はあなたを絶対裏切ったりしない。」
    友香の目が潤んでいくのがわかった。
    「琴乃、あなたを信じられない訳じゃないの。ただ人は心変わりする生き物なの。それは誰でも例外はないから。今あなたが言ってくれた事は素直に嬉しい。だけど、何年も経ってあなたが今の気持ちのままでいる保証なんてどこにもないの。」
    私は泣きたくなってきた。そんな事を言ったら恋愛なんて出来ないではないか。私達はさっきまでお互いの身体を使って愛を確かめた筈なのに。
    「ごめん琴乃。困らせたい訳じゃないの。ただあなたを愛し過ぎてどうしても束縛してしまう。時間が過ぎるのが怖くなってしまうの。」
    友香は涙を拭いもせずに泣いている。友香の涙が私の手のひらを濡らした。
    「友香、私はどうすれば良い?どうすればあなたを笑顔に出来る?」
    涙がでてきた。どうしてこんな事になってしまったのだろう?お互いの身体を舐めあっていた何時間か前に戻りたい。

    私は泣き続ける友香を抱きしめて途方にくれた。

  • No: 14パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/18 01:04

    「友香。これからの事は誰にもわからないけど、私はあなたとずっと一緒にいたいと思ってる。一年間友達として一緒にいたけど、パートナーとしてはもっともっと一緒にいたい。」
    友香の不安を払拭出来るなら何でもしたかった。今はただ、出来るだけの言葉で伝えるしかない。
    「私だって不安だよ。そもそも、告白を受け入れてくれた事自体が奇跡みたいなものだもの。だから大切にしたいの。友香の事も、私達二人の付き合い自体も。大丈夫。私達なら出来るよ。ずっと二人でいられるから。だから・・・そんなに悲観しないでよ。もう泣かないで。友香が泣いてると私まで泣きたくなるから。」
    言いながら涙が出て来た。泣きながら友香にキスをした。
    「琴乃、ありがとう。私、あなたのそういう所が好き。私に向き合ってくれて本当に嬉しい。」
    友香が私の手を顔から外して起き上がった。私はとりあえず友香が泣き止んでくれてほっとした。涙を拭って私も起き上がった。

    「琴乃、私の話を聞いて欲しい。もしかしたら嫌な思いをさせてしまうかもしれないけど、私がこうなってしまったのは今からする話が原因だと思うから。」
    友香がベッドから出て服を着た。私も服を着てテ─ブルに向かい合って座った。

  • No: 15パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/23 20:44

    友香はゆっくり話だした。
    「私が前に付き合ってた人がいたって話した事あったよね。覚えてる?」
    もちろん覚えていた。その話があまり膨らみもせずに終わった事も、それ以来話題にならなかった事も。
    私は頷いた。
    「その人は・・・、高校の音楽教師で女の人だった。美人でク─ルな印象で女子高なのにとても人気があった。私は彼女を好きになったけど、叶わない恋だと思っていた。だけど、我慢できなくて告白したら先生も私が気になってたって言われて・・・それで周りに内緒で付き合いだしたの。幸せだった。」
    私はそれを複雑な気分で聞いていた。先を促したくなる気持ちと、聞きたくない気持ちと。だけど好奇心の方が勝った。
    「どうして別れちゃったの?そんなに幸せだったら。」
    友香は淋しそうに笑った。自嘲気味にも見えた。
    「先生は私と同時に男の人とも付き合ってたの。その人と結婚するから別れようって言われた。いきなり振られて、私はパニックになった。昨日まで信じて愛していた人に裏切られて、何を信じていいのか分からなくなった。」

    「・・・何なのそれ。 ヒドくない?」
    我慢できずに口を挟んでしまった。友香を傷つけたその人を許せないと思った。
    「そう、酷い人。最後に会った時、先生は私に言ったわ。結婚は世間体とか打算でするだけで、本当に愛しているのは私だけだって。だけどそんなの都合の良いズルい言葉だって、さすがに分かった。だって本当に愛しているなら一緒にいたいもの。」

    「・・・そんな事があったの。友香、辛かったね。月並みな事しか言えなくてごめんね。」
    その時の友香の気持ちを思うと、いたたまれない気持ちになった。
    聞いてはいけないと思いつつも聞かずにはいられなかった。
    「友香・・・。こんな事聞いたらいけないのは分かってるけど・・。その人を今はどう思ってるの?」

  • No: 16パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/26 12:42

    友香は私の目を見つめた。
    「今は・・・どうなんだろう。恋愛感情は全く無くなった。先生が私より家族や世間体を大事にしているのがだんだん理解出来るようになったって言えば良いのかな。それと・・・、琴乃のおかげもあるかな。琴乃を好きになって、やっと先生の呪縛みたいなものから解放された。私、まだ人を好きになれるんだって分かって嬉しくなった。」
    私を見つめたまま友香が微笑んだ。私も微笑み返した。
    「琴乃が好きって言ってくれた時、ほんの一瞬迷ったの。友達でいようって言ってしまおうか。だって友達でいたら一生だって付き合っていられる。だけど結局無理なんだよね。好きな人に好きって言われて、断るなんて私には出来ない。」

    何となく分かってきた。
    「ねぇ友香。もしかしてその先生と付き合っていた時、あまり自分の気持ち表してないんじゃない?自分から告白をしたけど、その後は好きとか愛してるとか、言わなかったでしょう?」
    友香がちょっと戸惑った表情になった。
    「そう。どうして分かったの?」
    「友香の様子で何となく。それで、そのせいで振られたとか思ってない? 自分の気持ちの伝え方が下手だったから、常に受け身でいたからいけなかったって思ってない?」
    私なりの仮説だった。友香が意地を張るように想いの強さをアピールしたこと、時間が経って気持ちが冷めるのを恐れたこと、前のように失敗したくないという気持ちからの行動に思えたのだ。

    「そうかもしれない。私から告白しておいて、年上だからって先生に甘え過ぎたのかもって思ってた。好きって言ってくれるのが嬉しいくせに、自分から言うのは恥ずかしかった。」
    「だからって振られたのは友香のせいじゃないよ。その人は誰と付き合ってても結局男を取ったと思う。友香の前の恋人を悪くは言いたくないけど、友香を傷つけたことは許せない。」
    私は友香を抱きしめた。
    「友香が私を好きになった事で傷が癒せたなら嬉しい。もう大丈夫って言われても絶対離さない。私はその人とは違うから。誰かに心変わりするなんて無い。二人で一緒にいられるなら親と絶縁したって良い。」

  • No: 17パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/28 04:03

    私の言葉を友香はどう思っているのだろう。今はどうとでも言えると、誓いなんて何の意味も無いと思っているだろうか。

    「琴乃。ありがとう。私も琴乃と一緒にいられるなら他に誰も要らない。ノリとかじゃないよ。本当にそう思ってる。ずっと二人でいよう。簡単じゃなくても、琴乃となら出来る気がする。」

    友香の言葉が嬉しかった。とても嬉しかった。私達は若いから、勢いで何とかなると思ってるのかもしれない。周りの人達が理解してくれなくてイラついたり、好奇や差別に悩んだり泣いたりするかもしれない。
    だけど、変に開き直ったりいじけたりしないで生きて行きたい。隠したり逃げたりが必要ならその時はそうすればいい。それが出来るのは友香とだけだ。私は本気でそう思った。

    「今日、友香とこんな話が出来て良かった。友香とHできたこともたまらなく嬉しかったけど、それよりも友香の心と繋がった気がする。私、早く友香とHしたかった。そうすれば、本当の恋人同士になれると思ってた。でも違ったんだね。心が繋がるってこんなに幸せなんだね。」
    私達は抱き合って泣いた。一緒にいて良いんだと思ったら安心して、嬉しくて、幸せで、涙が止まらなかった。
    友香が愛おしくてたまらない。本音をぶつけてくれた事も嬉しかった。この人を好きになって良かった。心からそう思った。

  • No: 18パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/08/29 04:33

    その夜、私達は抱き合ったまま子供みたいに泣いた。泣くだけ泣いて、泣き疲れて、二人でベッドに潜り込んで眠った。繋いだ手がほどけないように指を絡ませると、友香もギュッとにぎり返してきた。
    こんなに幸福な夜は生まれて初めてだった。

    朝、目が覚めた時友香はすでに起きていてキッチンで朝食の準備をしていた。
    「あ、起きたの? 昨日は何か、ごめんね。今ごはん作ってるからもう少し待っててね。」
    「手伝うよ。起こしてくれれば良かったのに。」
    手伝うと言ってもすでにオムレツとサラダが用意されていて、後はコ─ヒ─を淹れる位だった。私は新しいマグカップをふたつ取り出した。お揃いのを用意しておいたのだ。
    「ふふ、これ買っちゃった♪」
    「あ、お揃い。何かいいよね、こうゆうの。」
    友香の料理は可もなく不可もなくといった感じだったが、私は手放しに褒めていただいた。好きな人の料理というだけで味は五割り増しで美味しくなる。

    「今日買い物に行く予定だったよね。どこに行こうか? 友香はどうしたい?」
    食べながら聞いてみる。事前の予定では買い物をして、その後友香が帰ることになっていた。
    「それなんだけと、キャンセルしてもいい?」
    「いいけど・・、どうしたの?」
    「出掛けるより、琴乃とずっとくっ付いてたい。外だと琴乃に触れないんだもん。買い物は、また今度にしない?」
    私は赤くなって頷いた。友香はそんな私をからかうように笑った。
    「あ、今エッチな事考えたでしょ。」
    「違うよ! ・・・でも違うくないかも。」
    「琴乃、真っ赤になってる。可愛い。」
    「友香だって顔赤いよ。可愛いよ。」
    私達はクスクス笑った。そしてその日は友香の言った通り1日中くっ付いて過ごした。

  • No: 19パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/01 00:00

    友香との付き合いは順調すぎるくらいで、私は『生きていて良かった!』と叫びたくなる程の幸福感に浸って毎日を過ごしていた。
    「そんなにニヤニヤしてるとバレるかもよ。」
    そう言ってからかうのは友達の摩耶だ。友香との事は彼女にしか話していない。摩耶はジェンダ─レスやトランスジェンダ─に対して寛容で、差別的な発言も無い。人が人を好きになるのにホモもヘテロも関係無いという考えらしい。
    摩耶は口が堅くて信用できると言ったのは友香だった。中学と高校が一緒だったらしく、摩耶は人の噂や悪口を言わない事で他の生徒から一目置かれていたと言っていた。頭が切れて外見が男性っぽいのも人に好かれる(特に女子に)理由だろう。摩耶は美少年のような顔立ちにスレンダーな長身の為、女の子のファンが多い。
    私と友香と摩耶、三人でいると自然と人目を引く。この二人と一緒にいるのは何だか誇らしい気分になると同時に、気後れも感じる。自分一人が不釣り合いな気がして仕方がない。

    以前、そんな事をボヤいたら摩耶に鼻で笑われた。友香には『自分の魅力を分かって無い。下手したら自慢に聞こえる』と怒られた。私はもう少し自分に自信を持って良いのかもしれない。

    ともかく、摩耶のおかげで友香との関係をカモフラ─ジュ出来ているのだった。友香と一緒に居て手をつなぎたくなったりキスをしたくなったりするのも、三人でいれば我慢しやすい。

    「最近二人共ますますキレイになったから、順調なんでしょう?」
    大学の近くのカフェで摩耶と二人で友香を待っていた。今日はこれから三人で摩耶の見たがっていた映画を観に行く。摩耶の彼氏が急に行けなくなったので私達が駆り出されたのだ。

  • No: 20パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/03 09:55

    「順調だよ。うまく行き過ぎて怖いくらい。」
    摩耶は「はいはい」と言って手をひらひらと振った。
    「付き合い始めだから楽しいだろうけどさ、脇が甘くならないようにね。」
    彼女は私達を大切に思ってくれているから、アドバイスも欠かさずにしてくれる。大抵は的を射ているので素直に従うようにしている。
    「わかった。気をつけるよ。ありがとう摩耶。」
    摩耶はにっこり笑った。
    「まぁ、二人のことだからあまり心配はしてないんだけどさ、うまくいって欲しいじゃない? もし二人が駄目になったら私も困るもの。どちらとも仲良くしたいからね。」
    摩耶は照れたように視線を逸らした。彼女はこういう気配りも出来て、女子力高いなぁと思わせる。友香との事も相談できるし、たまに年上の人と話しているような心強さを感じるのだった。

    「夏休み、摩耶はどうしてる?もし時間合ったら旅行でも行かない?」
    「時間はあるけど、二人で行けば良いじゃない? 誘ってくれたのは嬉しいけど。」
    「二人では行く予定あるから、三人でも行きたいと思って。三年になったら就活とかで旅行どころじゃないだろうし・・・、ダメ・・・かな?」
    摩耶はちょっと困った顔をした。摩耶はこの表情が一番素敵だと思う。本人には言ってないけど。
    「う─ん・・・ いっか。うん、行こう。でも二人だけでいい感じになるのは止めてよね。」
    「ならないよ。そういうのは二人だけの時だけって決めてるから。」
    「分かってる。ちょっとからかっただけだよ。琴乃は真面目だな一。」
    摩耶は「どこに行くか決めないとね」と笑って早速スマホで候補を探しだした。

    大好きな人と大事な友達。三人での旅行はとても楽しみだった。今しかない夏を満喫したいと思った。

  • No: 21パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/03 18:07

    友香と一緒の帰り道はいつも早足になる。早く二人だけになってハグしたいからだ。この日も摩耶と別れた後、急いで私の部屋に帰って来た。友香はほとんど毎週末、私の部屋に来ていた。友香の歯ブラシ、化粧品、服、私の部屋に友香の私物が増えていく。会いたくても会えなくて一人でいる時、それらの品が私の寂しさを和らげてくれた。
    「摩耶、一緒に旅行に行ってくれるって。涼しい所が良いって言ってたから行き先は任せておいたよ。」
    「そう、良かった。楽しみだね。」
    「私は・・・ 二人だけの方が楽しみ。初めて二人で旅行に行くんだもん。今からワクワクする。」
    「京都で良かったの?私に合わせなくても良かったのに。」
    「私はどこでも良いの。友香と一緒なら。」 
    旅行に行こうと言った時から歴史好きな友香が行きたい所に行こうと決めていた。
    「じゃあ、冬は琴乃の行きたい所へ行こうよ。海外でもいいね。」
    私達はそんな話をしながら夕食を作る。友香が居るだけで作る作業すら楽しい。
    そしてその後にはもっと楽しい事が待っている。


    「友香っ・・・もうダメ 早くイかせて」
    私はバスタブの中で友香と向かい合って座り、脚を広げて友香にアソコを弄られている。
    「ほら、静かにしないと周りに聞こえちゃうよ。声を抑えて。」
    そう言いながら友香は指を動かすのを止めてくれない。友香は既に私の身体の感じる部分を全て知っているように触れてくる。
    「やっ ダメ、友香ぁ イくぅ!!」
    身体がびくんと跳ね上がって、友香の指の動きがやっと止まった。

    ベッドに移動してからは私のタ一ンだ。

  • No: 22パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/06 12:36

    髪も乾かさずにベッドに横たわった友香にのしかかるように身体を重ねる。ベッドサイドの明かりで友香の身体がより艶めかしい。何度もキスを繰り返す。「愛してる。」と耳元で囁くと友香はその度に「私も愛してる。」とキスを返してくれた。私は友香が愛しくて愛しくて、友香の身体の隅々を撫でて舐める。その身体はすぐに私の唾液と友香の愛液にまみれていく。私は好きな食べ物を取って置いた子供のように最後に友香の大事な部分に舌を差し入れた。
    「ああぁ いい! もうイくぅ!!」
    友香の声を合図に私は舌の動きを速め、クリトリスを吸う。こうすると友香がよがるのも最近覚えた。
    ひときわ高い声を出して友香がイくと、もういいという感じで友香が私の頭を押さえて腰を引く。
    最後にもう一度キスを交わして、ベッドに仰向けになって荒い息を整えた。

    薄暗い天井を眺めていると、友香が「気持ち良かったよ」と私の肩に頭を乗せた。
    「私も。良かったよ。」
    答える声がひどく遠くから聞こえる。自分の声なのに自分のではないようだ。頭がぼんやりしている。このまま眠ってしまいそうになる。
    「友香が良すぎて身体、動かないよ。」
    「動くようになったらもう一回する?」
    「わかんない、寝ちゃうかもしれないよ。ごめんね。」
    「いいよ。そしたら寝てる琴乃にイタズラしちゃおう。」
    「じゃあ、私は友香が寝たらイタズラする。」
    言い合っているうちにすっきりしてきた。私はベッドから出るとバスルームに友香を誘った。
    「おいで、身体洗ってあげる。」

  • No: 23パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/08 01:51

    シャワーの湯気の中、私達は身体中を泡だらけにして手足を絡ませていた。ボディーソ一プを手に取って友香の身体を洗っていたら、友香が身体を押し付けてきたのだ。
    「抱き合った時にお腹とお腹の間に隙間が出来るでしょう? それが悲しくて、どうしてもくっ付けたくなる。」
    友香はそう言って、のけぞって臍を合わせようとする。私ものけぞって、友香に付き合った。

    友香が私の割れ目に手を当て、指を動かし始めた。「あっ」思わず声が漏れる。
    「私のも触って。」
    友香が私の手を取って自分のアソコにいざなった。友香のするように指を動かす。
    「はぁ・・・ん 気持ちいい」
    しばらくお互いに指を動かしていると、友香がシャワーで二人の身体の泡を流した。
    「私も琴乃のココ、舐めたい。」
    そう言って私の足下に膝をついて洗ったばかりのそこに舌を伸ばした。指でずいぶん刺激されている私のそこは、友香の舌の柔らかさをすんなり受け入れる。少し激しくされただけでイってしまいそうになった。
    「友香 待って、もうイく。」
    友香が口を離す。立ち上がると、バスタブの縁に置いてある瓶を取って、中の透明な液体を手のひらにのせた。

    「ねぇ そろそろ試してみない?」
    「何を?」
    「二人で一緒にイってみたくない? ローション使えば簡単だよ。」
    友香はローションを自分のアソコに塗りつけた。足を開いて床に座る。
    「琴乃、同じように座って。」
    言われるままに友香の向かい側に足を開いて座った。手をついて腰を前に出す。
    「そう。少しお尻浮かせて。」
    友香も腰を浮かせて自分の割れ目と私のそれを合わせた。くちゅくちゅといやらしい音がバスルームに響いた。
    「ああっ ・・・何これ! 凄い!」
    友香の舌でイく寸前まで高まっていた私は初めての感覚にすぐに気持ち良くなり、友香の動きに合わせて夢中で腰を動かした。
    「友香、私もう、もう我慢できない!!」
    「私も、一緒にイこう!」
    友香の顔が苦しそうにも見えた。私もきっとそうなのだろう。友香が腰の動きを速めた。
    「もうイくぅ!」
    「ああっ イくっ!」
    二人同時に叫んで、私達は初めて一緒に絶頂に達した。

  • No: 24パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/10 13:29

    私達は達した後もすぐには離れずにいた。友香の秘部がびくびくと動いているのが私のそれを通して伝わって来る。友香と繋がれたという実感がした。
    友香が腰を引いて我に返った。立ち上がろうとしてよろめく。友香の手を借りてなんとか立ち上がると、友香がシャワーで体を洗い流してくれた。

    ベッドに入ってからも、さっきの余韻が強過ぎてしばらく放心状態だった。
    「ねぇ、大丈夫?何か魂抜かれたみたいになってるけど。」
    私は友香を抱き寄せた。
    「大丈夫。刺激が強過ぎたみたい。あんなに感じたのは初めてだったから。一緒にイくのがあんなに気持ちいいなんて・・・ 私、初めてHして気持ち良くなるのを覚えて、それで色々分かったような気になっていたけど、まだまだ全然知らない事だらけだったんだね。」
    「琴乃は感じやすいからね。一緒にイケて私も嬉しかった。これからももっと気持ちよくなれるように色々試してみよう。」
    「そうだね。友香がリードしてくれるなら心配ないよ。」

    自分で口に出してみて気が付いた。私はほぼ経験が無くて、友香にリードされっぱなしだ。
    「友香。」
    「うん? 何?」
    「友香、私とHしてちゃんと気持ちよくなってる? 私は友香に気持ちよくさせてもらってるけど、私は友香を気持ちよくさせてるのかな。」
    「・・・そういうのが良いんだよね。」
    友香は私の手を取って指を絡ませてきた。
    「琴乃は私の身体に触れる時、凄く丁寧にしてくれる。・・・例えば縁の薄いシャンパングラスを扱うみたいに優しく。私はそうされて本当に身も心もとろけそうになるの。テクニックだけなら・・・そうだね、確かにおぼつかないかもしれない。だけど、そんなの回数を重ねればどうってことない。それよりも琴乃にそんな風にされて、私は凄く感じてる。」
    「友香・・・」
    友香は私を見つめてキスをした。
    「それにね、琴乃を愛撫するのってとっても楽しいの。琴乃の反応が良くて、自分が凄いテクニシャンになったみたいな気がするの。琴乃の感じてる顔とか、身体の反応とか見てるだけで私も感じるんだよ。」
    「友香がそう言ってくれるなら・・・。私も嬉しい。」
    「だから、Hの事は何の心配もいらないよ。私もすっごく気持ちいいから。琴乃は本当に優しいね。大好き。」

  • No: 25パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/11 01:05

    優しいのは友香の方だ。

    友香の寝息が聞こえてきて、私はベッドを出た。友香が私以前に関係していた相手は年上の、多分経験豊富な人なのだ。そういう相手に身体を開かれて、私で満足出来るはずがない。友香の言葉を信じていない訳ではないが、私に気を使って言ってくれたであろう事は容易に想像できた。

    ああ、まただ。私はいつも気にしないようにしながら、友香を傷つけた人の事が気になって仕方ない。会ったこともないその人に、気がつくと嫉妬している。

    もし、もしも、その人が全てを捨てても良いから友香とやり直したいと言ってきたら私はどうなるのだろう。友香は恋愛感情は無くなったと言っていたが、それは理性で感情を押さえ付けたに過ぎないのでは無いだろうか。

    馬鹿みたいだ。順調に進んでいる関係に水を差すような事ばかり考えてしまう。
    ドレッサ一に腰かけて薄明かりの中、鏡に写る自分の顔をじっと見る。
    人からは綺麗だと言われる。少しつり上がり気味の切れ長の目に、ツンと尖った鼻。薄い唇。 肌が白くて極細かいのは日々のケアの賜物だ。
    男の人を愛せないと気付いたのは中学生くらいだったか。 皮肉にも私は男性にモテた。告白をされて、断ると「誰か好きな人がいるのか?」と問われた。その度に言うべき言葉が見つからずに固まってしまう。
    すると相手は「もういいよ。」と去ってしまう。
    こんな事が何度か続いて、私には『能面』『ヒットマン』というあだ名がついていた。同性には理想の高い女と思われ、「自分をいい女と思ってるイタい奴」
    なんて影で言われているのも知っていた。

    私は確かに理想が高い。男性が好きになるタイプの女性ばかりに目がいってしまう。いわゆる美人顔の女性だ。 そういう人は大抵彼氏がいる。恋をする事すら出来ない。

    だから友香と恋人同士になれた事は一生に一度と言って良いほどの奇跡なのだ。
    手にいれた今、絶対に手放したくない。

    気がつくと頬を涙が伝っていた。
    『あひ見ての 後のこころに 比ぶれば 昔はものを 思わざりけり』
    百人一首の句が浮かんだ。
    あなたに会って、思い思われる仲になったのに、片思いしていたあの頃の想いなど物思いの内にも入りませんよ。それ程に私はあなたを思って物思いにふけるのです。という歌だ。女々しい気がするが男性の歌だ。
    今の私の心境にぴったり当てはまる歌が1200年前のものなんて。不思議だ。

  • No: 26パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/11 10:36

    鏡の前から立ち上がり、涙を拭いて友香を起こさないようにベッドに滑り込んだ。
    今日は刺激が強過ぎたから色んな意味で興奮してしまったのだろう。目を閉じて眠りが訪れるのを待った。

    友香に背を向けるように寝返りを打った時、突然寝ていた友香ががばっと起き上がった。
    私はあまりにびっくりしてしまい、固まってしまった。目だけは開いて、気配だけで様子を探る。何となく気付かないフリをした方が良いような気がしたのだ。

    ・・・泣いてる?
    そっと顔を向けると、友香は手で顔を覆って泣いていた。
    「・・・どうして?」
    一言、ほとんど聞き取れない位の小さな声で友香が呟いた。

    どうしてか分からないけれど、何故か声が掛けられない。思考も体もフリーズしていた。寝ているふりをするのがベストな選択だと思った。

    友香が横たわって背中から私を抱いた。もう泣いてはいない。私は目を開けて薄暗い部屋を睨んだ。

  • No: 27パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/13 01:23

    友香は次の日の朝、びっくりする位いつも通りだった。昨夜私が眠っていたら何も知らないままだっただろう。
    いつも通り、別々に学校に向かった。私は授業が午後からだったのでゆっくりだったが、友香は朝早く出て行った。友香が出掛けた後、一人になると嫌でも昨夜の出来事が頭に浮かんだ。

    昨夜の友香の涙と「どうして?」という呟き、あれは一体何だったのだろう?
    聞いてみたら良かったのだろうか。・・・いや、それは無理だ。友香が言ってくれない限り、この件は知らないふりをするしかない。友香が何も言ってこない事が、尚更不安に感じた。
    例え恋人でも言いたくない事が一つや二つ有るものだろう。私にだって、友香に言いたくない事がある筈だから。

    そう自分に言い聞かせたものの、やはり気になるものは気になる。 
    それは何故かというと、友香が泣いていたからだ。あの涙が私の心をざわつかせるのだ。友香が泣くのを見たくはない。それなのに、どうしてなのか、どうすれば良いのかも解らないのだ。

  • No: 28パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/15 17:07

    私達はその後も変わらず、少なくとも表面上は順調に付き合いを続けていた。会って、話して、笑って、セックスをして。
    たまにあの夜は夢をみていたんじゃないかと思う事があるくらい、私達はうまくいっていた。変わった事と言えば私が友香に乞われて髪の色を黒くしたくらいだ。京都に行く前にそうして欲しいと頼まれた。

    気になったり忘れかけたりしているうちに夏休みになり、私は実家に帰って来いという母親の再三の電話をやり過ごしつつ家庭教師バイトを始めた。
    日々の暮らしは仕送りで十分でも、旅行の費用や遊ぶお金は自分で稼ごうと思っていた頃、友達から話を持ちかけられたのだ。
    教えるのは中学二年の女の子で、ショートの髪が良く似合っていた。真っ黒に日焼けをしてキラキラした瞳が可愛い。
    素直な子でとりあえずほっとした。母親も大人しいおっとりした人で、こちらを信頼してくれているようだ。
    夏休みの間だけという契約だが、場合によってはその先もお願いするかも知れないと言われた。要するに夏休み明けのテストの結果次第でクビになるかもしれないという事だ。
    バイトでも気は抜けない。


    摩耶と友香と私の三人で行く旅行は、摩耶のリクエストで北海道に決まっていた。その前には友香との京都旅行がある。友香は最近会う度に旅行に行ったらここに行こう、あそこに行こうと楽しげにガイドブックを広げている。そんな友香が可愛くて見ている私まで楽しくなってくる。

  • No: 29パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/17 10:57

    いよいよ旅行の日が来て、私は友香と待ち合わせた駅に向かった。旅慣れていない為、荷物が多くなってキャリーバックを引きずる羽目になったが、現れた友香もその通りだった。
    「おはよう。」
    「おはよう。晴れて良かったね。」
    友香の白いノ一スリ一ブのワンピースが夏の朝の光で眩しい。私は自然と心が浮き立った。

    京都に着いて新幹線から降りると、友香はスマホを片手にアグレッシブに動いた。私は友香に付いて行くだけの旅だと思っていたが、友香のガイドが良いのか、気が付くと私の方が夢中になって歩いていた。
    「琴乃は京都は初めてじゃないよね。」
    休憩にと入った喫茶店で、友香がたずねてきた。
    「あれ?言わなかった?中学の修学旅行で一回来たよ。」
    「聞いたけど、どこでも初めてみたいに熱心に聞いてたじゃない。」
    「ああ、それで。 私さぁ、中学生くらいで京都の良さは解らないと思うんだよね。私だってその頃は嵐山くらいしか興味なかったもの。みんなできゃあきゃあ騒ぐのが醍醐味みたいな感じでさ。」
    「お子様には京都のわびさびは感じられないってこと?」
    「もちろん個人差はあると思うの。でも大抵はそうじゃないかな。」
    「今は京都の良さがわかるようになった?」
    「あの頃よりはね。今日は美人ガイドさんも付いてるし。」
    「あ一、じゃあガイド料貰っちゃおう。」
    二人でクスクス笑う。友香が急に声を落とした。
    「今夜、身体で払ってもらう。」
    普段外では言わない類の冗談だった。私は不意をつかれて耳まで真っ赤になった。
    「友香、ちょっと・・・やめてよ。」
    「ごめん、楽しくてつい。駄目だね、旅先だからって油断しちゃ。」
    笑顔の友香につられて私まで笑顔になってしまう。旅先の開放的な雰囲気も手伝って私もテンションが上がっていた。

  • No: 30パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/19 04:00

    一日中歩き回って、宿に着いた時はさすがに少し疲れていた。初めての旅の記念に、少し贅沢をして客室に温泉が付いている離れを予約した。
    「素敵な宿ね。琴乃に任せておいて良かった。」
    「私が決めたのはここ位だもの。気に入ってもらえて良かった。」

    部屋で二人きりになると、いつものように抱き合ってキスを交わす。多少疲れていても欲情はするものだ。
    「・・・もう?」
    熱の入ったキスで友香に伝わったらしい。夕食の支度で仲居が来るまでに三時間弱あった。
    「今朝、そのワンピースを見た時から脱がす事しか考えてないよ。」
    友香の背後に回って背中のファスナーを下ろす。ワンピースを肩からはずすとストンと床に落ちた。下着姿の友香のうなじに唇を当てる。汗で変化した香水の香りが更に私の身体を熱くした。
    「この離れにした理由、友香分かる?」
    耳元で囁くと友香は大きくため息をついた。
    「温泉でHがしたいから?」
    「それもあるけど、一番の理由じゃない。」
    唇を背中に移動させ、左手でブラジャ一のホックを外した。右手でブラを床に落とす。
    「正解はね、友香の裸を誰にも見せたくないから。」
    友香が振り返って私に向き直った。裸の胸を押し付けながら唇を吸う。
    「バカね。誰が見るっていうの。」
    「みんな見るでしょ。ここも。」
    友香の胸に手を当てた。
    「ここも。」
    今後はくびれた腰に。
    「ここだって。」
    そしてショーツの上から大事な部分に手を当てた。友香が「あ。」と声を洩らす。
    「素敵よ、友香。誰だって見るわ。」
    そのまま指先をくいくいと動かした。友香が私の手を押さえる。
    「わかってないわね、琴乃。」
    友香が私の手をはねのけて、私のスカートのホックを外す。それもストンと床に落ちた。
    「視線を集めているのは貴女よ。」
    言いながらショーツのわきから指を差し入れていきなり私の割れ目を割った。

  • No: 31パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/19 22:47

    いきなりの強い刺激に私が怯むと、友香はさっさと私のブラウスとブラジャ一を脱がせた。ショーツだけになって二人でお風呂に向かった。
    裸になって露天風呂に出ると、その開放感に思わず伸びをした。夏の日差しに照らされた日本庭園風のお風呂は、木の板で周りを囲っているが狭い感じはしない。
    身体を洗って温泉に浸かる。手足を思い切り伸ばした。友香がすぐ後に続いた。
    「気持ちいいね。明るいうちに温泉に入れるなんて最高!」
    友香が私の肩に頭を乗せた。
    「ほんと最高だね。この景観も温泉も。」
    「来て良かったね。友香と一緒ならどこでも良いと思ったけど、ここにして正解。」
    友香が体勢を変えて私に向かい合うように私の太腿の上に座った。水中なので重くはない。
    「ここでさっきの続きしようか? それともベッドに行く?」
    露天の温泉でのセックスには惹かれたが、明るいうちはやっぱり抵抗があった。
    「ベッドにしよう。お風呂はまた夜入ればいいよ。」

    二人でお風呂を出てバスロ一ブを着る。和洋室タイプの部屋なのでアメニティも浴衣とバスロ一ブの両方がある。寝る時はベッドだ。
    「友香、もう我慢できない。二人でイきたい。」
    さっき着たばかりのバスロ一ブを脱ぎ捨てると、まとめた髪をほどく。友香も同じようにしていた。二人で性器を合わせて達するやり方は、最初の日以来ずっと続けていた。私が虜になってしまったのだ。
    友香の手や舌でイかされた後でも、最後は必ず二人でイきたいのだった。
    明るくて恥ずかしいと思ったのも最初だけで、私達はあられもない姿で呆気なく達した。今日はさすがにすぐ浴衣に着替えた。

    「黒髪似合ってるね。やっぱり浴衣には黒髪だよね。」
    着替えて髪をまとめ直していると、友香が寄り添ってきた。
    「友香はしないの?黒髪。」
    「私は似合わないから。それより琴乃の浴衣姿が見れて嬉しい。綺麗よ。とても。」
    私は友香に褒められて恥ずかしくなった。それでも嬉しさが勝って、友香の言うとおり黒髪にして良かったと思った。

  • No: 32パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/09/25 06:46

    夕食は仲居さんが一人付きっきりで出してくれる懐石だった。
    友香は箸の使い方が上手だ。普段の立ち居振る舞いも上品だし、バイトなどしなくても旅行代が出せるあたり、良い家の子なんだろう。ピアノも弾ける、バイオリンも習ったらしい。お嬢様だ。私のような一般家庭に育った子にはバイオリンなんて聞いただけで気後れする。
    夕食を配膳してくれた仲居さんが私達を見て大袈裟に褒めてくれた。「綺麗なお嬢さん方」と言いながら友香ではなく私の方を見ていた時は少し驚いたけれど。

    夕食の後、また二人の時間が来た。またすぐにセックスをするのもガツガツしていると思われそうで、私は何となく窓辺に立って庭を見ていた。ライトアップされた庭は夜ならではの風情があり、あらためてここが京都だという実感が湧いた。
    友香がスッと隣に立って、私と同じように庭に目を向けた。
    「静かだね。」
    そう言って手を繋いできた。私がちらっと友香を見ると、友香もこちらを見てにこっと笑った。

    今のタイミングしかないと思った。私は浴衣の袖に隠していたネックレスを取り出し、友香の後ろにまわると素早く首にかけた。ガラスに写る友香が驚いた顔をしている。
    「少し早いけど、誕生日おめでとう。」
    ガラスの中の友香を見て言った。友香の誕生日は一週間後だが、旅行の良い雰囲気で渡そうと思って持ってきていた。
    二十歳の記念の誕生日、だから有名ジュエリーブランドのものを思い切って買った。友香の好みは分かっているつもりだ。
    「・・・キレイ。ありがとう琴乃。私、大事にするね。」
    「気に入ってくれた?」
    「うん!とっても嬉しい。嬉し過ぎてもう、なんて言っていいのか分かんないよ。」
    友香は本当に嬉しそうだ。振り返って勢いよく抱きついてきた。
    「今までの誕生日プレゼントの中で一番嬉しい。」
    「今年は二十歳だもの。両親からもっと凄いもの貰うんじゃない?」
    「高いものだからじゃないよ。琴乃がくれた事に意味があるんだよ。」
    友香にこんなに喜んでもらえて頑張ったかいがあった。友香の胸にキラキラと光るネックレスは、友香と同じように美しく輝いていた。

  • No: 33パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/02 13:22

    友香はネックレスを外して大事そうにケ一スに閉まった。私は窓辺の椅子に座ってその様子を眺めていた。
    「誕生日当日改めてお祝いしようよ。ケ一キ食べよう。二人で。」
    友香の笑顔につられて私も笑顔で言った。
    楽しみは何回あってもいい。友香の二十歳になる記念日に一緒に居られるのは私にとっても嬉しい事だった。

    友香はケ一スをしまうとテ一ブルを挟んで向かいの椅子に座った。まだ笑顔が顔に張り付いている。
    「帰っても楽しみがあるっていいね。でもやっぱり明後日は帰りたくなくなるんだろうな。」
    「そうだね。ずっとこうしていたいね。」
    半分独り言のように私が言うと、二人で何となく黙って外を眺めた。
    「琴乃。」
    少しの時間が空いた後、友香が私を呼んだ。
    「ん?何。」
    「ずっと一緒にいてくれる?」
    友香が真顔に戻っている。私を見つめる顔は美しくて、思わず抱きしめたくなった。
    「うん。ずっと一緒だよ。約束する。」
    「ずっと愛してくれる?」
    「うん。ずっと愛してる。友香も私を愛して。ずっと一緒にいて。」
    「琴乃・・・。愛してる。」
    私達は立ち上がってかたく抱き合った。
    「誰に理解して欲しいとも思わない。琴乃が居てくれればいい。」
    「友香・・・。私だって。友香一人が私の全てだから。」
    静かに重ねた唇も、すぐに激しいものに変わっていく。言葉では伝えきれない思いが舌を動かした。

  • No: 34パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/08 18:12

    二人で化粧を落としてお風呂に入った。友香の指先が触れた部分に電流が走る。友香は私が感じているのが分かると、いつものように少し意地悪に微笑む。その微笑みに私の心が震えている事を、友香は気づいているだろうか。今日はどんな風に触ってくれるのか、どんな風にイかせてくれるのか、期待してしまう自分がいる。そしてその期待が裏切られた事は無いのだ。

    友香の指が私の快感の芯を捉えて放さない。波立つお湯は私の快感の波そのものだった。友香の加減次第で強くも弱くもなる。眩暈にも似たその感覚が、長く続いて欲しいのか早く達して終わりたいのか、もはや私にはわからないのだった。

    友香にベッドに行くように促され、ふらつく足でうつぶせに倒れこんだ。長い時間お湯に浸かっていたせいか、友香の愛撫のせいか、身体が熱かった。
    うつぶせの身体を仰向けにされ、友香が足を開いて私の秘部に唇を付けた。
    あられもない声を上げ、あっという間に上り詰めてしまう。

    「友香・・・少し休ませて。」
    なんとか浴衣を手繰り寄せ、体に掛けるとそのまま深呼吸をして荒れた息を整えた。
    裸のままの友香を抱き寄せる。
    「このまま眠ってもいいよ。」
    「嫌。友香も気持ち良くなって欲しい。もうちょっと待って。」
    友香の顔がすぐ近くにあった。薄明かりに大きな瞳が妖しく光っている。
    「綺麗な顔・・・」
    思わず呟いてしまう。頬に手を当てた。
    「綺麗すぎて、触れると壊してしまいそうなのに触れずにいられない。」
    友香が私の手の上から更に自分の手を重ねた。
    「私は簡単に壊れたりしない。だから触って。琴乃には、私の事全部知って欲しい。」
    「・・・友香。私、最近思った事があるの。私は男になりたい訳じゃない。あくまでも女なの。だからこそ、あなたに惹かれる。」
    「・・・どういう事?」
    「女は男よりも綺麗なものが好きでしょう。憧れたり、手に入れたがったりする。」
    「私もそれで琴乃に惹かれたのかな。琴乃が素敵だから手に入れたいと思ったのかな。」
    「分からないけど、そうだったら嬉しい。」
    「きっとそうね。初めて見た時、綺麗な子って思ったから。」

    友香の頬から顎、首筋に沿って指を滑らせた。友香と話しているうちに体力は戻っていた。

  • No: 35パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/08 22:57

    「友香・・・今日は特別にキレイ。どうしてあなたはそんなに綺麗なの?」
    言いながら友香の胸に手を当てた。乳房を手のひらで包み、指の間から飛び出した乳首を唇で挟む。
    「ふうっ・・・」
    友香の吐息に思わず笑みがこぼれそうになった。友香の意地悪な微笑みが脳裏によぎる。前歯で軽く乳首を噛んでみた。友香の吐息が深くなる。
    「嫌?痛かった?」
    「ううん、痛くないよ。」
    乳首から口を放し、薄く開いた唇にキスをした。絡ませた舌を離したくなくなる。
    手を滑らせて友香のあそこに触れる。濡れているのを確認できると、なんだか妙にほっとしてしまう。
    「あぁ 琴乃、気持ちいい」
    友香の声がうわずっている。
    「どうして欲しいの?友香の気持ちいい事、何でもしてあげる。」
    「そのまま、指でイかせて。キス、しながらイきたい」
    途切れ途切れに答える友香が愛おしい。友香が足を一層大きく開いた。
    指の動きを早く、大きくする。くちゅくちゅという音が私の耳に届いた。
    「いつもより激しく濡れてるね。ほら、こんなに。」
    友香の秘部を弄った指を舐める。愛液の少しの酸味を味わうようにゆっくり舌を動かす。
    「もう、イジワルしないで、早く・・・」
    指を再び友香の割れ目に沈めた。友香がキスをしてくる。
    「うんっううぅ」
    指の動きを早めると、キスをしたまま友香が呻いた。口が離れると大きく息をつく。
    指先に友香のクリトリスのひくつきを感じた。

  • No: 36パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/17 12:30

    友香の形の良い胸が上下に大きく動いている。私は床に落ちた浴衣を取ろうとしてベッドから降りようとした。
    「離れないで。」
    友香が私の腕を掴んでいる。私は浴衣を諦めて友香の隣に横たわった。
    「浴衣、掛けてあげたかっただけ。どこにも行かないから。」
    友香の肩を抱いておでこにキスをした。
    「私の可愛い友香が風邪をひいたら可哀想でしょ?」
    「いいから、もう少しだけこのままで居て。お願い。」
    友香が私の腰を更に強く抱いた。私はもう一度友香のおでこにキスをした。
    「このまま眠って。ずっとこうしててあげる。」
    「うん、ありがとう。愛してる、琴乃。」
    私の方が先に眠ってしまいそうになるのをこらえて、友香が眠るまで待った。

    友香の寝息が聞こえてきて、更に少し待ってからゆっくり腕をほどいた。空調がきいたまま裸で眠ってしまったら本当に風邪をひいてしまう。
    音を立てないように気を付けて、友香の体に毛布をそっと掛けた。ベッドから降りる時友香が少し動いたようだったが、起きてしまう心配は無さそうだ。下着をつけて浴衣を着る。冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出して一気に半分ほど飲んだ。

    (来て良かった。)友香の寝顔を見て改めて思う。間違いなくこの夏最高の思い出になりそうだった。もう一つのベッドに横になるとすぐに眠気が襲って来た。幸せな気分のまま眠りについた。

  • No: 37パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/28 03:26

    頬に何かが触れる感覚で目が覚めた。目の前に友香の顔がある。腕を伸ばして私の頬を撫でていた。
    「・・・おはよう。よく眠ってたね。」
    友香の微笑みで目覚める幸せが、すぐに胸に広がった。寝顔を見られていた恥ずかしさよりも、遥かに強い感情だった。
    「おはよう。あぁ、よく寝た。」
    私は勢い良く起き上がった。時計を見るとまだ早朝と言ってもいいくらいの時間だ。
    しかし今日の予定を考えると二度寝は出来ない。
    「早いね、友香。あまり眠れなかった?」
    「ううん。今起きたとこ。琴乃の寝顔が可愛かったからつい触っちゃった。」
    笑顔で答える友香だったが、私はいつか見た友香の涙を思い出して心がざわついていた。照れたふりをしてシャワーを浴びに行く。

    シャワーを浴びてさっぱりする。小さな心の引っかかりも、敢えて考えないようにして流れるお湯と一緒に排水溝に流そう。ここは京都で、二人での初めての旅行中だ。余計な事で楽しい気分を壊したくない。


    朝食の後、早めに宿をチェックアウトした。友香は今日も元気に笑っている。朝だというのに既に暑い日差しよりも輝いて見えた。胸元に昨日私がプレゼントしたネックレスが光っている。

    友香の旅行プランは二日目も順調で、私は疲れる事もなく夏の京都を楽しんだ。摩耶には
    「夏に京都に行くなんて!」
    と盛大に呆れられたけど。

    「ねえ琴乃、ちょっとこれ見て。」
    何気なく入った和小物の雑貨屋さんで、友香が手にしていたのは百人一首の句が書いてある可愛い栞だった。
    「これ、二人で一首づつ選んで、お互いに交換しない?」
    二人共本を読むのは大好きだ。本を読んでいる何気ない時間に、友香を感じられるような気がする。私は
    「いいね、そうしよう。」
    すぐに賛成した。百人一首には恋の歌も多い。友香がどんな句を選んでくれるのか、楽しみになった。私は少し真剣に、友香に贈る歌を探し始めた。

  • No: 38パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/10/31 12:40

    「私これにしよう。」
    友香が栞を私に見せないようにレジに持って行く。私はまだどれにするか決めかねていた。

    『君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思いけるかな』
     
    あ、これだ。これがいい。
    その歌を見つけて、これがあったか!と思った。すぐに購入して、待っていた友香の元へ急いだ。紙袋に包まれた栞を交換する。すぐに開けようとした私を、友香が止めた。
    「まだよ。帰るまで開けないで。帰って、一番好きな本にこれを挟むの。それまでは我慢してね。」
    友香はとてもロマンチストだ。そして私も友香に負けず劣らずロマンチストなのだ。
    「素敵ね。とても楽しみ。どの本に挟もうかな。」
    栞を鞄に入れて、並んで歩き出す。

    楽しい1日はあっという間に過ぎて行く。その日も気がつけば夕方になっていた。京都市内のホテルに辿り着く前に夕食を済ませ、軽くお酒も飲むと遅い夏の夜がようやく訪れようとしていた。

    ツインの部屋に入ると、その涼しさに思わず溜め息が洩れた。早く汗を流してベッドに横になりたかった。くたくたに疲れているというより、楽しさ故の心地よい疲れが体中にまとわりついているような感覚だった。

    「シャワー、先に使っていい?」
    メイクを落としている友香に聞いた。私は先に洗顔を終えている。
    「いいよ。ゆっくり使って。」
    友香に礼を言って早速シャワーを浴びる。熱を帯びた体に極力ぬるくしたお湯が心地よかった。しばらく目を瞑ってお湯に打たれていると、不意に空気が動いた。そっと目を開けて振り向くとそこには予想通り友香がいた。
    「来ると思ってた。」

    「やっぱりバレた?」
    笑う友香の手を引き寄せてキスをした。さっきまでは今日くらいセックス無しでも構わないと思っていたのに、友香の裸身を目にするとそんな思いはどこかに吹き飛んで行った。

  • No: 39パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/01 12:24

    バスルームで友香と愛し合った後、ベッドに横になっても眠りはなかなか訪れなかった。疲れているのに目が冴えてしまっている。友香はまだベッドに入らず、テレビを観ていた。

    私は仕方なくベッドサイドにあった聖書に手を伸ばした。よくわからないので適当にペラペラとめくってみる。
    「こういうホテルって大抵聖書置いてあるよね。」
    友香に話しかけると友香はテレビを消して私の隣に横になった。ふわりと甘い香りが漂った。
    「そう言えばそうだね。外国人に向けたサービスなのかもしれないね。」
    新約聖書は神の子イエスと人間との契約の書だという。キリスト教では同性愛は認められていない。
    「ねぇ友香、この聖書によると私達は地獄行きみたいだね。」
    友香は無言で私の頭を抱いた。

    しばらくそのままでいると、不意に友香が言った。
    「琴乃と一緒なら、地獄に堕ちたって構わない。」
    私は友香を強く抱いた。
    「怖くないの?」
    「怖いけど、でも良いの。琴乃と一緒にいられない方が、私にとっては地獄だから。」
    「・・・友香・・・ 一緒に堕ちよう。どこまでも。」
    私達は指を絡ませて手をつないだ。

    その夜、私達はもう一つのベッドを使わなかった。

    使えなかった。

  • No: 40パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/02 21:32

    帰りの新幹線ではお互いに少し無口になっていた。車窓からの景色もこころなしか少し淋しげだ。

    日常に戻る淋しさと僅かな安心感が私の感情を不安定にさせていた。友香と四六時中一緒にいられた夢のような時間がもうすぐ終わる。普段の生活に戻るだけだというのに、友香に会えない訳でも無いのに、この空しさは何だろう。

    友香はさっきから一言も喋らず、ただ窓の外ばかりをぼんやりと見ていた。
    「友香、疲れちゃった?」
    少し心配になって訊ねると、友香は微笑みながら振り向いた。
    「ううん。京都、楽しかったなぁってぼんやり考えてたの。琴乃のサプライズも嬉しかったし、本当に良かったなぁって。」
    「私も最高に楽しかった。友香が分かりやすくガイドしてくれたから、凄く良い旅になったよ。」
    「冬も絶対に何処か行こうね。」
    「うん。行こう行こう。」
    次の約束が淋しさを埋めてくれた。私も自然と笑顔になって、旅の終わりを迎えられた。

    友香の誕生日に会う約束をして、私は家路についた。
    「誕生日までに会いたくなったら会いに行ってもいい?」
    小さな声で聞いた友香の言葉を思い出して、顔がにやける。とっさに抱きしめたくなった。
    「当たり前だよ。私だって毎日でも会いたいよ。」
    抱きしめたくなるのを我慢して、それだけを伝えた。

    3日間留守にしていた部屋は熱気がこもっているみたいで、私はすぐに窓を開けて空気を入れ換えた。涼しくなる訳ではないけれど、風を通したかった。日が落ちかけたいつもの景色にちょっとだけ安心する。

    洗濯をして掃除機をかけた。一息ついてお茶を飲む。不意に目に留まった本棚で、友香と交換して買った栞を思い出した。 そうだ、どの本に挟もうか。
    私の好きな本は大抵ミステリーかサスペンスなのだけれど、この場合は違う気がした。かと言って恋愛小説は持っていなかったはず・・・。

    さんざん迷って選んだ本は『星の王子様』だった。

  • No: 41パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/04 10:04

    本を選び終わり、カバンから栞を出して包装をほどいた。なんだかどきどきする。
    思わず深呼吸をしてしまった。

    『君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな』

    これ・・・私の選んだものと同じ・・・。

    (あなたと想い想われる仲になれたら、この命さえいらないと思っていたのに、いざそうなってみると二人の時間がもっと欲しい、一瞬でも長くあなたと愛し合っていたい、そう思うようになったんだ。)
    初めて女性と想いが通じて、一緒に過ごした後に詠んだ男性の歌だ。

    間違いなく交換した筈だ。だからこれは・・・友香が私の為に選んでくれた・・・。
    視界が歪み始めた。私は考える事が出来なくなった。涙がポタポタ落ちて床を濡らしている。嬉しくて感激しているはずなのに、ここに友香がいない事がひどく悲しく感じられた。

    会いたい 友香に会いたい・・・。

    スマホに手を伸ばした時、着信があった。友香からだった。

    「・・・友香・・・。」
    電話には出たが、一言で後が続かなくなった。
    「琴乃、今、玄関の前にいるから。」
    それだけを聞いて、急いで玄関ドアを開けた。友香は走って来たのか、息を切らして汗だくになっていた。私は友香の手を取って玄関の中に入れ、強く抱きしめた。
    「私、家に帰って栞を見たら琴乃に会いたくなって、我慢しようとしたけど出来なかった。会いたくて会いたくて、堪らなくなって・・・」
    私は友香にキスをして唇を塞いだ。そしてもう一度、強く抱きしめた。
    「喋らなくて良いから。」
    そう言って、友香を抱きしめたままその場を動けなかった。今友香を放したら、消えてしまうのではないかと思って怖かったのだ。こんなタイミングで現れた友香が、幻ではない事を確かめたかった。

  • No: 42パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/08 02:07

    友香の体が熱かった。暑い玄関から涼しい部屋へ移動する。
    「友香、来てくれてありがとう。私も凄く会いたかった。」
    涙を拭って笑顔を作った。

    「こんなゲームみたいな事で真剣になって、会いに来たら引かれるかもって思ったけど・・・」
    そこで言葉を切って、友香は私に微笑みかけた。
    「来て良かった。」

    友香はテ一ブルの上の栞を手に取った。
    「琴乃はどうしてこの句を選んだの?」
    「私は・・・この歌が今の私の気持ちを表してくれたみたいに思えて・・・。友香が本を開く度に私の想いを思い出してくれたらいいなって。」
    私は恥ずかしくなってうつむいた。友香が私の顎に指をかけて、くいっと上に向けさせる。
    「恥ずかしがらなくていいのよ。私も同じだから。」
    そう言ってゆっくり顔を近づけてきた。私は静かに目を閉じて友香のキスを受け止めた。
    友香のこういう強引に感じられる仕草が、私は好きだ。今だってこのまま押し倒されるのを待っている。私は自分にマゾの要素があるのかもしれないと思った。

    友香はそれ以上私を求めて来なかった。私は肩透かしを食らったようで、少し残念な気持ちになった。ただ、友香があの歌を選んだ理由が私と同じだったと知って、改めて嬉しくなった。

    昨夜、友香は私に二人一緒なら地獄に堕ちても構わないと言った。そして今日は二人の想いが一緒だと確認出来た。これ以上何も望んではいけない気がする。

  • No: 43パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/12 09:10

    私は栞を丁寧に『星の王子様』に挟んで本棚に戻した。
    「ふ一ん、『星の王子様』。琴乃らしいかもね。」
    友香が背後から腕を伸ばして戻したばかりの本を取り出した。
    「どうせ私はお子様ですよ。いいじゃない、好きなんだから。」
    「別にからかっている訳じゃないよ。それにこれ、名作だと思うし。」
    友香が本を戻して背後から私を抱きしめた。私より少し背の高い友香の息が耳にかかり、くすぐったい。

    「友香は栞を何の本に挟んだの?」
    「まだ決めてない。」
    友香は言った。
    「恋愛小説にしようと思っても、私の持ってるのは悲恋のばかりだから。」
    「悲恋の小説が好きなの?」
    「物語で読むだけならハッピーエンドよりも切ない方が好きかな。実際の恋愛はなるべく幸せでいたい。」
    そう言って私の髪に鼻をうずめた。

    「友香、くすぐったい。」
    友香に抱きすくめられたまま身をよじるが、友香は力を入れて私を逃がしてくれない。
    「お願い、離れたくない。」
    友香に耳元で囁かれると、抵抗する力も失せた。友香の声が切実さをはらんでいるのを認めない訳にはいかなかった。
    私は友香の白い腕をそっとさすった。
    「離れたくないのは、私も同じ。私もずっとこうしていたい。」

    首を回して友香の顔を覗くと、友香も私を見つめ返してきた。綺麗な瞳に吸い込まれそうになる。いつまでも見とれていたかった。私を見つめる友香の優しい表情が、私を捕らえて離さない。
    「友香、私のどこが好きなの?」
    自分でも意識せずに口から言葉が滑り落ちた。尋ねる声がみっともない程震えている。私はそれでも友香から目をそらさなかった。

    「どうしたの、急に。」
    友香の瞳は揺るがない。相変わらず優しい眼差しを私に注いでくれていた。私は逆に少し位揺らいでくれたらいいのに、と思ってしまっていた。

  • No: 44パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/19 09:42

    「ごめんね。馬鹿みたいな事聞いて。だけど友香が完璧過ぎて、自分に自信が持てない自分が何故あなたに愛されるのか分からなくなる時があるの。だから・・・」
    友香はキスで私の口をふさいだ。長くて激しいキスだった。私達はしばらく無言で舌をからませ合った。
    「琴乃は素敵よ。あなたの好きな所なんて、沢山ありすぎて一言では言えない。敢えて言うなら、顔と身体。私はそれだけであなたの虜だから。」
    長いキスのあと、友香は私にそう言った。言った友香も言われた私も顔が赤い。
    「・・・嬉しい。」
    自分で聞いておきながら、友香に言われた言葉が恥ずかしくて私は友香から視線を外した。

    友香は私を一旦離すと、私の肩をつかんで体を自分に向けさせた。
    「はい、次は琴乃の番。」
    「えっ!」
    「え、じゃないよ。私も聞きたい。琴乃が私のどこを好きになったのか、私だって知りたい。だから、はい、言って。」
    友香は相変わらず優しく笑っている。もう赤くはなっていなかった。私は友香を真っ直ぐ見て、大きく息を吸った。

    「私もあなたの顔が特に好き。あと、スレンダーな体も大好きだし、優しい所も、社交的な所も素敵だと思う。」
    友香の顔が再び赤くなった。
    「そんなに言われると照れちゃう。嬉しいよ。私は琴乃からそんな風に見えるのね。」
    友香は私を抱きしめた。

    「お互い恥ずかしい事言っちゃったね。」
    私が言うと、友香は首を横に振った。
    「全然恥ずかしい事じゃないよ。好きな人が自分のどこを愛してくれているのか、知りたいと思うのは自然な感情でしょう。それに、今までだって結構恥ずかしい言葉言っちゃってるよ。」
    言われてみればそうかもしれない。私も友香も、人に聞かれたら恥ずかしくて死にたい位の台詞を口にしている。

    「私、そういうの結構好きなんだよね。琴乃もそうでしょう? 琴乃になら、どんなクサい言葉でも言える。」
    「うん。私も。言うのも言われるのも大好き。これからだって二人だけの時なら言っちゃうと思う。」
    「別にどうってことないよ。私もこれからもどんどん言うから。」
    私達は見つめあって微笑んだ。

  • No: 45パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/22 17:04

    友香は今夜も泊まって行く事になった。
    「家族の人は大丈夫なの?旅行から帰る予定の日にまた泊まりなんて、心配したりしない?」
    友香は両親と暮らしている。娘が家を空けてばかりいたら心配するだろう。
    「大丈夫。うちの両親はお互いに仕事ばかりで私が家に居ようが居まいが関係ない人達だから。まあ信頼されてると思う事にしてる。」
    友香が家族の事を話すのは初めてかもしれなかった。
    「ご両親は何の仕事してるの?」
    「父は銀行の支店長をしてる。母は共同経営者と一緒に画商をしてる。特に母は買い付けで海外にしょっちゅう行ってて、私にどうこう言う暇もないわ。」
    「そうなの。すごいじゃない。」
    「そうかもね。私は恵まれてるのかもね。・・・物質的には。」
    あまり家族の話はしたくない様子の友香に、私はそれ以上の質問を控えた。感情のこもらない友香の声も嫌だった。

    「琴乃は実家に帰らないの?」
    友香の問う声に優しさが混じっているのが分かって幾分安心した。
    「お盆の頃に一週間ほど帰るつもり。母が帰って来てってうるさくて。お盆中なら兄も帰省してるから母の干渉も半分で済むの。」
    言いながら私も友香に家族の話をしていなかったと気がついた。
    「え?琴乃お兄さんいるんだ。兄弟の仲は良いの?」
    「う一ん・・・良くも悪くもないかな。ただいざという時には頼りになる兄だよ。」
    「へぇ一、いいな、私も兄弟が居たら良かったのに。」
    「まぁ良いことばかりじゃないけどね。小さい頃はよく喧嘩したよ。いっつも私が泣かされてた。」
    無意識に家族の事を考えるのを避けていたのかもしれない。家族に対してなにかしらの後ろめたさがあるのは事実だからだ。実家の人達の顔が浮かんで胸がちくりと痛んだ。

    それでも私の心は揺るがないのだろう。例え家族に友香との事が知られてしまって、家族か友香かの選択を迫られた場合でも、私は友香を選ぶ。それだけは確実だった。

  • No: 46パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/25 17:08

    「来て 琴乃。」
    バスルームを出ると、思った通り下着姿の友香がベッドの上から私を誘った。まだ乾ききっていない長い髪が垂れて、顔を半分隠している。私も着たばかりのTシャツを脱いで友香の誘いに乗った。

    「今夜も、いい?」
    友香の指が私の顎を捕らえる。私は答える代わりに唇を薄く開いて目を閉じた。友香の誘いを断れるはずが無い。むしろ友香が誘ってくれなければ私の方から誘っていた。それ程までに友香とのセックスは魅惑的で、麻薬のように私を虜にしていた。

    唇が重なると、自然に舌が絡まる。私も躊躇なく舌を出せるようになっていた。友香は色々なキスをしてくれる。私が好きなのは下唇を軽く噛まれるキスだった。
    「ねぇ友香、今のキス、もう一回してくれる?」
    長いキスの後、私は友香にせがんだ。
    「いいよ。琴乃がして欲しい事、なんでもしてあげる。」
    もう一度、唇を合わせる。友香の手が私の背中に回るとあっという間にブラジャ一を外された。私も友香のブラジャ一を外す。友香の後手にばかりまわりたくなくて、私は友香の胸を弄った。友香は「んっ」と軽く声を漏らして私の手を払った。

    友香は私の肩をつかんで私をベッドに押し倒した。少し強引に胸を掴むと耳元に唇を寄せて囁く。
    「こういうの、好きなんだよね?琴乃は。少し乱暴にされると感じるんでしょ?」

    友香には見透かされている。
    「うん・・・やだ恥ずかしい・・・」
    私は手で顔を隠した。友香がその手を外す。
    「その顔が好きなんだから、隠さないで。じゃないと止めちゃうよ。」
    友香はたまにセックスの時凄く意地悪になる。恥ずかしい言葉で責められる事もあった。ただ私の方がそれを望んでいるのも事実なのだ。友香が私の為に敢えてそうしているのなら、私はかなり恥ずかしい立場にいる。

    「嫌、止めないで。ちゃんと言うこと聞くから。」
    それでも私は友香の言いなりになるしかない。友香が間違い無く私を天国に導いてくれるのを知っているからだ。身体は既に友香の愛撫を求めて熱くなっているし、心は友香の言葉で責められたいと欲している。
    抗うつもりは微塵もなかった。

  • No: 47パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/26 13:20

    友香は私の乳房を掴み、乳首を執拗に舐めた。
    「ほら、こんなに乳首が起ってる。気持ちいいの?」
    「・・・いい。気持ちいいよ。友香・・・早く触って欲しい。」
    「どこを触って欲しいの?言わないと分からないよ。」
    薄く微笑んだ友香が楽しそうに言い放つ。さっき何でもしてあげると言ったのに、まるで人格が変わってしまったかのようだ。
    「やだ・・・意地悪しないで。分かってるくせに。」
    空しく抵抗を試みるも、何の効果もない事は分かっている。それでも抵抗するのは、その方が友香が喜ぶからだ。案の定、友香ははっきり嬉しそうな顔になった。
    「じゃあうつ伏せになって。」
    言われたようにうつ伏せになると、友香は今度は背中に舌を這わせてくる。
    「・・・ううっ」
    我慢をしていた声が漏れた。

    「本当に感じやすい身体ね。琴乃が我慢してる顔、ぞくぞくする。もっと意地悪したくなる。」
    耳元で囁く友香の声がうわずっている。私はその声に鳥肌が立った。
    友香は私のショ一ツに指をかけた。そっと下にずらして行く。あくまでゆったりと、優雅にも見えるその仕草に私は興奮を抑えきれなかった。

    全裸になった私を再び仰向けにして、友香はまた丁寧にキスをした。
    指が身体を滑り落ちて足の付け根で止まった。太腿を開く。
    私はそこがどうなっているかを知っている。空気に触れて改めて自分のそこが濡れているのを感じた。

    友香はなかなか触れて欲しい部分を触ってくれない。まわりをなでたりほんの少し指先を掠めたりして焦らしてくる。
    「ねぇ、もう焦らさないで。触って欲しいの。」
    私は友香に触って欲しくて、涙目になっていた。
    「そんなに触って欲しいなら、こっちに来て。」
    友香は立ち上がって私の手をとり、姿見の前に立った。間接照明に照らされて、裸の私が意外とはっきり鏡に映っていた。友香は私に足を開いて鏡の前に座るように言った。
    「やだ、恥ずかしいよ。出来ない。」
    今度はポーズではなく本心から言った。すがるように友香を見ても友香は冷たいとも思える笑顔で首を横に振った。
    「触って欲しいのなら、言うとおりにして。目を逸らさずにしっかり見て。」
    今夜の友香は本当に意地悪だ。

  • No: 48パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/27 09:56

    「琴乃、目を閉じて。いいって言うまで開けないでね。」
    友香にその場に座るように言われ、足を開かされた。背後に回った友香が私の立てた膝を押さえている。
    「いいよ。目を開けて。」
    私は恐る恐る目を開けた。どうしても自分の局部に目が行ってしまう。肌色の割れ目からピンク色の襞が見える。クリトリスが襞を割って顔を出していた。愛液に濡れて光っている。私は恥ずかしさのあまり顔を背けた。
    友香が私の肩に顎を乗せて鏡を覗いていた。

    「ちゃんと見て、琴乃。ほらこんなに綺麗なんだから。」
    友香は背後から右腕を伸ばして私の襞を広げた。ピンク色の面積が広くなるのが視界の端に映った。
    友香は左手で私の顔を前に向けさせた。右手の指を開いたり閉じたりしている。ピンク色の襞が震えていた。

    「見て、琴乃のここ、いやらしく光ってる。愛液が床に垂れそうよ。」
    友香の楽しそうな声が耳元で聞こえる。
    「・・・お願い。もう十分でしょう?言うこと聞いたでしょう?」
    恥ずかしさはもう通り越していた。今はただ友香に触れられたい。友香の指でイきたい。世界でただ一人、私が切望して止まなかった友香に導かれて天国へ行きたい。

    「そうね。そろそろご褒美あげないとね。」
    友香は私にキスをして、ついに襞の内側に指をつけた。待ち望んだ快感に眩暈がしそうだ。
    「ああっ・・・ いいっ」
    友香の指が上下に動いて、ピンク色の部分をなぞっている。友香の指も私のそれと同じように濡れて光っていた。

    鏡の中の友香が妖しくも美しい。どんな風に指を動かせば私がどう感じるのかを、私以上に知っている。
    友香の強弱をつけた指の動きが早まった。吐息が止まない。鏡の中、笑顔の友香が涙で滲んで見えた。

  • No: 49パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/11/30 17:10

    友香が私の涙を舌で舐めとった。その行為で自分が涙を流していたのを知った。
    「涙が出る程気持ちいい?でもまだイかせないよ。私も気持ち良くして。」
    友香が指の動きを止めて私を床に寝かせた。エアコンの冷気を吸ったフローリングが肌に心地良い。横を見ると鏡の中の私と目があった。

    友香がショ一ツを脱いで下半身を私の顔の方に向けて四つん這いになった。顔の上に友香の局部が迫る。愛撫もしていないのにもう濡れていた。私は吸い寄せられるようにそこに唇をつけた。友香の吐息が私の濡れた亀裂に届いた。

    「あぁ・・・いいわ・・・琴乃の舌、凄く気持ちいい。上手くなったわね。」
    私は夢中になって舌を動かしていただけだ。友香の全てを知りたくて、友香を悦ばせてあげたい、いつもそれだけの想いで私は友香に触れていた。

    「んんっ」
    私は友香の亀裂を舌で割ったまま低く呻いた。友香の舌が私の局部に再び分け入ったからだ。意識をそちらに集中させてしまうとたちまち昇天してしまいそうだ。私は友香のクリトリスを舌先で転がす事に意識を持って行った。

    「もうイきそう。このまま一緒にイこう。」
    友香が私のクリトリスに吸い付いた。友香が私をイかせる時のいつものやり方だ。目の奥が極彩色に染まって行く。夢中で舌を動かしながら私は上り詰めた。ほどなくして友香が低く呻いた。友香の身体がぶるっと大きく震えた。

    友香が床に倒れるように私の隣に寝転がった。二人で大きく息をして、目が合うと薄く微笑んだ。
    「良かったよ。凄く良かった。」
    私は友香の手を握った。

    「ああ良かった。」
    友香が天井を向いてほっとしたように言った。
    「今日は少し意地悪し過ぎたかなって心配した。」
    「うん。今日は意地悪だった。けど・・・感じた。」
    「こういうの、たまには良いよね?」
    「たまにはね。」
    さっきまでの強気な態度はなりを潜めて、探るように聞いてくる友香が愛しく感じた。

  • No: 50パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/08 15:04

    実家に帰るのは久しぶりだった。母は一週間という滞在予定に不満げだったが、「はいはい。」と受け流す私に
    「そんな対応もするようになって!」
    と変に感心していた。

    友香に会えないのは寂しいがやはり実家は良い。何かと構いたがる母も寡黙な父も離れてみて感謝の気持ちが芽生えるものだ。私が帰って2日後に兄も帰省して、久しぶりに家族が揃った。
    「お前、彼氏できただろう。」
    兄と二人になった時、とりとめのない会話から急に切り込まれて私はおたおたしてしまった。
    「は?何よいきなり。気持ち悪い。」
    冷静を装ってみても無理があった。
    「別に隠す事ねぇよ。お前の大学女子大だからやっぱ合コンで知り合ったのか?」
    兄のにやにや笑いが無性に腹立たしい。

    「言わない。」
    いつものぞんざいな兄の言葉から逃げるように自室に飛び込んだ。
    兄は子供の頃から妙に勘の良いところがあった。普段は関心などなさそうにしながら、私が落ち込んだり心配事があったりした時はさり気なく甘い物をくれた。

    兄は口調こそ荒いが、家族の中で一番の家族思いだと思う。兄を中心に置いてうちの家族は和を作っているのだ。だけどそんな兄にだって友香との事は言えない。

    私は怖いのだ。私が男性を愛せないと知ったら家族が私をどう思うのか、そしてどう変わってしまうのか。
    父は怒り、母は泣き、兄は困惑するのだろう。私はそんな家族を見たくなかった。自分が火種になって家族がぎくしゃくしてしまうのは嫌だ。家族を大事に思うからこそ、はっきりそう言える。

    だから今はまだ友香の存在は隠しておかなくてはいけない。いずれわかってしまうにしても、今は絶対に知られたくなかった。

    お墓参りやこちらの友達と会ったりして一週間を過ごし、兄と一緒に帰りの電車に乗った。兄は東京の大学に行っている。来年卒業したらそのまま東京で就職すると言っていた。

  • No: 51パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/12 02:05

    帰ったら友香に会えると思うと、自然に心が浮き立った。友香の誕生日を一緒に祝った夜、来年もそれ以後もずっと一緒に祝おうと誓い合った。
    遠い未来の約束は私に力を与えてくれる。それを現実にしたいという意識を持たせてくれる。

    「何だよ、嬉しそうだな。彼氏と約束でもしてんの?」
    兄が顔を覗き込んできた。どうしても私の彼氏とやらが気になるらしい。
    「もし私に付き合ってる人がいたとしても、お兄ちゃんには関係無いよね。何でそんなに絡んでくるの?」

    「だってお前、今まで誰に告られたって断ってただろ?そんなお前が彼氏できたとしたら、どんな奴か気になるだろう、兄として。」
    兄としてというのは興味本位の言い訳だとしても、言わんとする事は分かった。

    「写真とか無いのかよ。どんな奴なんだ?」
    兄はしつこく聞いてくる。面倒な展開になってきた。
    「言わないって前に言ったよね。付き合ってる人がいるってだけでいいでしょう?お兄ちゃんにもそれしか言わない。」
    兄の顔を見てはっきり言った。私の揺るがない態度に、兄の顔に諦めの色が浮かんだ。
    「まあ、いいか。頑固なお前が言わないって言ってんだ、だったらこの話は終わりだ。あ、親父と母さんには言わないから安心しろよ。」

    私はやっと引き下がってくれた兄に心の中で謝った。興味本位もあるけれど、結局私を心配してくれているのだ。
    いつか、私の覚悟ができたら打ち明けるかもしれない。兄はわかってくれるだろうか。わかってくれなくても黙認してくれたら御の字だ。私は兄がそういう人である事を祈った。

  • No: 52パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/21 12:44

    夏休み後半には友香と摩耶、私の三人での旅行があった。摩耶の希望で、北海道の道南をドライブ旅行する事に決まっていた。
    「前から広い道路を運転してみたかったんだ。」
    空港でレンタカーを借りると、摩耶は嬉々としてハンドルを握った。ドライブ用のCDまで用意していた。

    摩耶の運転でひたすら広い道路を走るのは、確かに凄く開放的で楽しかった。今夜は湖畔のコテージに泊まる。夕方になる前にバ一ベキュ一の材料を買い込んで、明るいうちからバ一ベキュ一の夕食が始まった。

    ス一パ一で買った野菜と肉なのに、信じられない程美味しかった。周りに人影は無く、静けさの中に私達の笑い声だけが響いていた。私達はいつになく食べて、飲んで、そして笑った。

    片付けをした後も、コテージのリビングでワインを飲んだ。私は今まであまりワインは飲まなかったが、運河の街並みが描かれた北海道産のワインは甘くてフル一ティーで、ついつい飲んでしまうのだった。
    「あ一楽しい! こんなに笑ったの久しぶり一!」
    友香のろれつが怪しくなって来た。あまり強く無い友香が今日は結構飲んでいる。
    「友香、それ位にしたら?明日二日酔いになっちゃうよ。」
    私は友香が心配になって声を掛けた。
    「な一に?心配してくれてんの?琴乃は優しいね。ねぇ摩耶、私の琴乃、優しいでしょー。」
    友香がグラスを持ったまま抱きついてきた。

    「ちょ!だめだって。止めて。」
    私は友香を押し戻してグラスを取り上げ、一人掛けの椅子に移動した。
    「まだ早いけど今日はもう終わりにしよう。摩耶、悪いけど友香を部屋まで連れてってくれない?私はここを片付けるから。」
    「分かった。ほら友香、行くよ。」
    摩耶は友香を連れてリビングを出て行った。友香はぶつぶつ言っていたが、逆らわずついて行った。

  • No: 53パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/25 15:22

    私は友香の態度に何だかイライラしていた。こんな感情は友香と付き合って以来初めてだった。酔っているとはいえ、摩耶の前でべたべたするなんて。今回の旅行は友達として三人で楽しむのが前提だった筈だ。

    「一人で片付けさせてごめんね。」
    摩耶が戻って来て洗い終わったグラスを拭いてくれた。
    「ううん、片付ける所そんなに無かったし。友香は?」
    摩耶は答えなかった。

    「ちょっと座ってくれない?」
    摩耶に促されて対面に腰掛けると、摩耶は薄く笑った。
    「友香の所に行ってやって。」
    「摩耶・・・」
    「琴乃が真面目なのは知ってたけど、ここまでとはね。」
    「何?どういう事?」

    「私はね、嬉しいの。友香がやっと前に進んでくれて。まして相手があなただもの、これ以上の喜びはないわ。」
    摩耶は笑った。本当に嬉しそうだった。
    「友香は私をわかってる。だから少し位ふざけたって構わないと思ったのよ。実際、私はなんとも思ってない。」

    摩耶は続けた。
    「私は友香の友達だから、あの子が今までどんなに苦しんだか良く分かってる。・・・友香の前の恋人の事は知ってるよね。」
    「・・・うん、最低限の事は知ってる。」
    摩耶は小さく頷いた。
    「私がそれを聞いたのは卒業してからだった。あの子、誰にも言わないまま付き合って、別れて、傷ついていた。本当に、よく一人で頑張ったと思う。」

    「私は友達なのに、何にも出来なかった。気付いてもやれなかった。友達って何だろうね。」
    「友香が言わなかったら、分からないよ。友達に自分が同性愛者だって言うのは勇気が要る。摩耶をどんなに信用しててもね。」

    「うち明けてくれた時、友香はボロボロだった。二人だけの時、泣いたりする事もあった。だから私は友香に好きな人が出来たって相談された時、本当に応援したいと思った。」
    「え?友香、摩耶に相談してたの?」
    「うん。二人が付き合い始めてから聞いたんじゃなくて、その前から友香に聞いてた。」
    少し意外な話だった。そんなに前から摩耶が知っていたとは思わなかった。

  • No: 54パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/27 19:01

    「知らなかった。何か恥ずかしいかも。」
    私の知らない所で私の事が話題になっていたと思うと訳も無く恥ずかしくなった。

    「友香はね、琴乃を好きになった瞬間をはっきり覚えているって言ってた。その後少しして私に相談してきた。」
    摩耶はゆっくり話した。少しづつ思い出しているみたいだった。

    「琴乃は覚えてないかも知れないけど、友香が琴乃を好きになったのは初めて二人が話した日だったみたい。」
    あの日の事は今でもはっきり覚えている。あの日、あの雨の日が私達の起点になっていた。

    あの日、私は学校に隣接している図書館にいた。夢中になって調べ物をしているうちに辺りは暗くなって来ていて、それが雨のせいだと気づいたのは帰る為に建物の玄関に来た時だった。
    傘を持ってきて良かったと思いながら傘立てに向かった時、そこに友香が居るのに気がついた。友香は珍しく一人だった。

    友香は傘を持っていないようだった。強い雨に躊躇したのか、雨が弱くなって外に出る機会を窺っているようだった。
    私は突然現れた一目惚れの相手にかなり狼狽した。心臓の音が急に大きくなったように感じた。

    私は勇気を振り絞って友香に声を掛けた。
    「あの・・・駅までだったら傘、一緒に入って行きます?」
    友香は最初戸惑っていたみたいだが、すぐに笑顔になった。
    「いいの?ありがとう。助かった一。」

    私達はこうして知り合いになった。私の方は既に友香を好きになっていたから凄く嬉しい思い出として記憶にある。
    ただ友香が私を好きになってくれたようなエピソードなど無かった。
    軽く自己紹介的な会話とか、どんな授業を取ったとか、そんな会話をして駅で別れた気がする。

    「それは覚えてるけど・・・普通の話しかしなかったよ。特別な事は何も無かった。」
    あの日、友香は何を思ったのだろう。友香が摩耶に何を言ったのかが気になった。

  • No: 55パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/30 13:54

    「琴乃は友香と二人で駅まで歩いたんだよね。一つの傘に入って。」
    「うん。」
    「駅に着いた時、琴乃は体の左側が濡れていた。それは覚えてる?」
    「うん。友香が気付いてハンドタオルを貸してくれた。」
    「なのに友香はほとんど濡れていなかった。友香が『濡れちゃったね。ごめんね。』
    って言ったら、琴乃はにっこり笑って『あなたが濡れなくて良かった。』って言ったそうよ。」
    「・・・それで?」
    「・・・それだけ。」

    それだけ?覚えていなくて当然だ。
    「『あなたが濡れなくて良かった。』友香はこの言葉で恋に落ちた。」
    「分からない。聴いた後でも全然分からない。それだけで人を好きになれる?」
    「それは・・・友香はその時既に琴乃を知っていたからだと思う。琴乃の外見は友香の大好きなタイプだから。既に琴乃に惹かれてたのよ。多分その一言が駄目押しになったんだろうね。」

    「友香は片思いでも良い。友達でも良いってずっと言ってた。琴乃に彼氏ができても、つらいだろうけど本当に良い人だったら応援したいとも言ってた。」
    摩耶は少し涙ぐんでいるようだった。
    「私は『じゃあ私はそんな友香を応援する。』って言ったわ。私にはそれしかできないから。」
    摩耶は私の手を取った。
    「琴乃。友香を好きになってくれてありがとう。琴乃と友達になって、友香が好きになったのが琴乃で良かったと何度も思った。」
    私は摩耶が酔っているのだと分かってはいたが、それでも嬉しかった。
    「摩耶・・・なんだか友香の保護者みたい。それに、私の方はその時既に友香を好きだったのよ。友香は相談出来る相手がいて羨ましいくらい。私は一人で悩んでたんだから。」
    私は摩耶に向かって微笑んだ。

    「摩耶みたいな人と友達になれて嬉しい。私の事もそんな風に心配してくれるの?」
    「もちろんよ。保護者みたいになってあげる。」
    摩耶が涙目のまま笑って言った。

  • No: 56パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻16/12/31 22:06

    「摩耶・・・ひとつ聞かせて。摩耶は友香に対してどうしてそんなに一生懸命なの?まるで・・・」
    私は言葉を切った。
    摩耶は私が何を言おうとしているのかが分かったようだった。
    「やめてよ。琴乃が心配するような事は何も無い。私は・・・友香に救われたの。私、中学で先輩に嫌われてしまって、その人の影響で友達もいなかった。でも友香がそんな私と友達になってくれた。人がどう言おうが、私は摩耶と友達になりたいって言ってくれた。だから私は決めたの。私は友達の為に何でもしようって。」

    私は自分の邪推が恥ずかしくなった。
    「ごめんね。変に勘ぐってしまって。摩耶はいつも私達を応援してくれてたのに・・・。」
    「いいの。分かってくれれば。それより友香の所へ行って。」
    「ありがとう。じゃあちょっと様子見て来るね。」
    私は摩耶に礼を言って友香の部屋に向かった。

    ドアをノックすると、「どうぞ」と小さく声が聞こえた。部屋に入ると友香がベッドに腰掛けていた。びっくりしたような顔をしている。どうやら摩耶だと思っていたみたいだ。

    「気分はどう?酔いが醒めて気分悪くなってない?」
    「琴乃・・・来てくれたの?怒ってない?」
    「うん。あのさ・・・私摩耶があんなに寛容だって知らなくて、今回はあくまでも友達みたいにしなくちゃいけないと思って・・・。摩耶から言われたの、あれくらい何とも思ってないって。私、融通が利かないから額面通りにしか受け取れなくて、ごめんね。」
    「いいの、琴乃が謝る必要なんてない。私がはしゃいで飲み過ぎたからいけないの。ごめんなさい。」
    「あのさ・・・私やっぱり慣れてないんだ。誰かが居る所で友香と抱き合ったりできない。恥ずかしくて。」

    友香は膝を抱えてうつむいた。うつむいたまま何度も頷いている。
    私は友香の隣に腰掛けて肩に手を回した。

  • No: 57パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻17/01/03 14:08

    「私達いい友達持ったね。麻耶って本当に良い子だね。」
    友香がそろそろと顔を上げた。
    「本当に怒ってない?私を嫌いになってない?」
    「何でそうなるの?嫌いになったりしないよ。ちょっとした捉え方の違いじゃない。あれくらいで嫌いになれるなら告白なんてしないよ。」
    私は友香を押し倒した。

    「え?待って、琴乃?」
    「二人の時はいいの。最後まではできないけど・・・キスしたいの。」
    唇を重ねると友香からはワインの味がした。舌の動きがいつもよりぎこちなく感じる。

    「友香・・・愛してるわ。」
    見つめ合うと自然に言葉が出てきた。抱きしめるとふっと友香の力が抜けた。
    「嫌われたと思ったの?バカね。こんなに愛してるのに。」
    耳元で囁くと友香は強く私を抱きしめた。
    「琴乃が怒ったと思った・・・怖かった。凄く怖かった・・・。」

    「逆に聞くけど、友香は私にイラついたり怒るような事があった場合、私を嫌いになってしまうの?」
    「ならない!私には琴乃しかいないんだもの。怒っていても嫌いにはならないよ。」
    「じゃあ私もそう思ってるとは考えてくれないの?私だって友香しかいないのよ。友香にしか愛してると言わないのよ。」

    「分かってはいるの。琴乃を信じてる。でも私は・・・不安なのよ。ちょっとでも気分を悪くされたら捨てられると思うとどうにも耐えられなくなる。」
    「・・・分かった。じゃあ私はその度にこうして友香を抱きしめて、愛してるって言うわ。心配しなくていいよって言うわ。」
    「ごめんね。私面倒くさいよね。本当に今日はどうかしてる。」
    「飲み過ぎただけだよ。心配ない。面倒くさくもない。」
    私はもう一度、今度はおでこにキスをした。
    「さ、夜は長いし、麻耶の所へ戻ろう。それとも少し眠る?」
    「ううん。麻耶にも迷惑かけたし、一緒に行く。本当にごめんね。」
    私は立ち上がって手を差し出した。友香がその手を取って顔を見合わせて微笑んだ。
    そのまま手をつないで麻耶の所へ戻った。摩耶が私に軽く頷いて、私が頷き返した。

    その夜はまだまだ終わりではない事を、私はその時まだ知らなかった。

  • No: 58パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻17/01/05 03:27

    私達はその夜遅くまで話し、話し疲れてそれぞれの部屋に引き上げた。楽しい気分の余韻と、摩耶に聞いた友香の話を思い出して顔がにやけた。

    化粧を落としてそろそろ眠ろうとした頃、部屋のドアがノックされた。
    多分友香だ。摩耶は運転していて疲れている。もう眠ってしまったのだろう。友香がその隙を見て忍んで来たに違いなかった。
    友香に迫られたら拒む自信はない。もしばれても摩耶が大目に見てくれるだろうと思った。いや、きっと知らなかったふりをしてくれる。

    私はドアを静かに少しだけ空けた。しかしそこに友香はいなかった。いたのは摩耶だった。何だか深刻そうな顔をして、腕組みをして立っていた。私は訳も分からず、ともかく摩耶を部屋に通した。

    「話しておきたい事があるの。友香の事よ。手短に言いたいから質問は挟まないで。」
    私は頷いた。聞かれた時だけ答えろということか。
    「眠っている友香が突然起き上がるのを目撃した事はある?」
    私はいきなりの衝撃に目を見開いた。
    「ある!でもどうして摩耶がそれを知って」
    「質問は後で。」
    私の言葉を遮って摩耶が続けた。
    「そうなるのは友香がどうしようもなく嫌な夢を見たから。毎回同じ、前の彼女に振られた瞬間を繰り返し見ている。」

    「はっきり言うけど、友香は彼女に未練がある訳じゃない。友香は心の底からあなたを愛しているし、あなたに愛されて本当に幸せよ。」
    聞きたい事は山ほどあった。しかし今は摩耶の話を最後まで聞いた方が良い。

    「友香にも分からないのよ。どうしてそんな夢を繰り返して見なければならないのか。自分はこんなにも琴乃に夢中なのに、愛される実感に浸れて幸せなのに。」

    あの夜、友香は泣いていた。『どうして?』
    あれには色んな意味があったのだ。どうしてこんなに幸せなのに?彼女を吹っ切ったのに?どうして愛する人の隣で眠っていたのに?どうしてこんな夢を繰り返し見なければならないの? 

    「摩耶はそれも相談されていたのね。」
    私が尋ねると摩耶は頷いた。
    知りたかった謎の答えが分かっても、対処の方法が分からない。摩耶も私も、友香の為に何もしてあげる事が出来ない・・・。

  • No: 59パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻17/01/05 23:21

    摩耶は私を信頼して打ち明けてくれた。この話は友香の口からは絶対に聞けない。前の彼女が絡んだ話を私にする筈がない。
    「それを見たのは一度だけだった。何だかうなされていると思ったら、急に飛び起きてそっと泣いていた。私に分からないように。朝になってもいつも通りに振る舞っていたから、ああ私には言えないんだって思った。だからといってすぐに忘れる事が出来る位の出来事じゃなかった。やっと謎が解けたわ。教えてくれてありがとう。」
    摩耶はほっとしたような顔をしていた。
    「今度そういう場面に出くわしたら、黙って抱きしめるから。私にはそれしか出来ないんだもの。悔しいけど。」
    「ありがとう。そうしてあげて。」

    摩耶が出て言った後、私は溜め息をついてベッドに倒れ込んだ。友香の傷の深さ、それに対する私の無力さを痛感した。
    聞いた所でどうしようもない。私に出来る事はただ側に居るだけ。何も知らない顔をして、今まで通りに。

    友香との間に、こんなジレンマが生じるとは思わなかった。聞きたくても聞けない私と、言いたくても言えない友香。
    どちらが辛いのだろう。

    どちらも嫌だ。

    恋愛は難しい。百組の恋人達がいるなら、それぞれが抱える問題も百とおり。分かっているつもりでも、突き付けられるとやはり苦痛だ。

    友香はこの夜をどう過ごしてる?
    友香の部屋を訪れたい衝動にかられる。あの白い肌の胸に顔を埋めて、友香の匂いに包まれて眠りたい。

    それよりも、今は友香が夢をみないでいてくれるのを願おう。どんな理由であれ、友香が泣くのは耐えられない。

    体の疲れが睡魔を呼んだのだろう。私はいつしか深く眠っていた。夢も見ない程、深く深く眠っていた。

  • No: 60パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻17/01/10 19:22

    早朝の済んだ風が洗いたての髪を撫でていく。湖畔の遊歩道には誰もいなかった。私は一人で涼しい朝の散歩をしていた。

    昨夜の摩耶の話がまだ頭の中を駆けめぐっていた。友香はたまに夢を見る。元カノの夢を・・・。
    友香にとって辛い過去だ。辛くて辛くて、夢にまで見てしまう程に。

    逆に言えばそれだけその人を想っていたという事だ。いや・・・『いた』じゃなくて『いる』だとしたら・・・。
    私はぶるぶると頭を振った。駄目だ、私は友香を信じているのに。摩耶も言っていたではないか、友香は私を愛していると。友香もあんなに私に対して愛情を注いでくれる。私は幸せな女なのだ。

    なのに・・・こんなモヤモヤした感情って何なのだろう。嫉妬?・・・とも違う気がする。
    私はこの行き場のない気持ちを完全に持て余していた。

    何度も自分に言い聞かせる。大丈夫。私は友香を愛している。信じている。友香の傷が癒えるまで、見守っていける。

    気がつくと朝日が湖に反射して眩しく光っていた。私は足を止めてその光に見入っていた。眩しさに涙が出てくる。流れるままにしていると不意に胸が苦しくなった。

    「友香・・・」
    呟くと胸の痛みが更に強くなった。
    友香・・・お願いだからその人に囚われないでよ。その人の夢を見たりしないでよ。その人のせいで胸を痛めたりしないでよ。
    涙は止まることなく溢れ、それが眩しさのせいなのか訳の分からない胸の痛みのせいなのかよくわからなくなっていた。

    ただただ切なくて、でも一人で泣くしか無くて、涙はここでだけ、二人の所へ戻ったら笑顔で過ごそうと決めて私は泣いていた。

  • No: 61パンダっ子(UUqVnb)スレ主更新時刻17/01/19 10:03

    「あ・・・あぁ・・・いいっ」
    友香の反応を見て指の動きを緩めた。まだ終わらせない。一旦手を離して丁寧なキスをする。唇を離すと友香が強く抱きしめてきた。
    「まだイかせてはくれないの?」
    「まだよ。ゆっくり楽しみましょう。友香の身体、隅々まで味わいたい。」

    北海道旅行の後、私は友香とのセックスに時間をかけるようになった。いつもより丁寧に友香の身体を愛撫し、褒め称え、たくさん声を上げさせ、汗をかかせる。
    友香が疲れて眠るように、深く眠って夢など見ないように。私に出来るささやかな試みだった。

    友香の為というより、自分の為かもしれなかった。朝まで気付かずに眠ってしまいたい。もう二度とあんなに辛そうな友香を見たくない。そんな願望が私をそうさせているのかもしれなかった。


    「琴乃は最近積極的になったね。」
    行為の後、裸のまま寄り添っていると不意に友香が言った。
    「うん?そうかな。」
    つとめて冷静に答えたつもりでも内心焦っていた。(バレるよね、流石に。) 
    「そうだよ。旅行から帰ったあたりからじゃない?」
    そこまで気づかれていたのか。
    私は友香に向き直った。
    「摩耶の話を聞いて、自信がついたのかもしれない。友香に対して良い意味で照れがなくなった。私にしか出来ないやり方であなたを愛したい。」
    友香はこの答えに満足したようだった。にっこり笑ってキスをくれた。

    「しつこく感じるなら言って。・・・止めないけどね。」
    友香はクスクスと笑い、腕を伸ばして私の頭を抱えるように抱きしめた。友香の裸の胸が目の前に迫り、思わず唇を寄せたくなった。
    「ふふ、止めないんだ。でもそれでいいわ。」
    友香は私の目を覗き込んだ。
    「すっごく良いから。」

    二人で声を上げて笑った。私は友香の背中に手を回した。すべすべの肌を撫でているうちに猛烈な眠気に襲われた。
    そう、これでいい。
    このまま眠りにつこう。朝の光を見るまで、二人抱き合って眠ろう。

レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

  • 画像処理中
  • ※1000文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。

このスレをみた人は、こんなスレも見てます