注目の話題
彼氏の家に呼ばれない件
三年付き合った彼と結婚できないと言われ破局。
肉が食べられない(嫌い)人の気持ち

官能小説語り

レス374 HIT数 17765 あ+ あ-

名無し
20/08/06 07:56(更新日時)

マドンナメイト、フランス書院などの官能小説を語る部屋。
個人的官能小説名作。
☆マドンナメイト 館淳一『セーラー服恥じらい日記(上下)』
☆マドンナメイト 橘真児『セーラー服童貞「姦す」』『ロリータ粘液検査』
☆マドンナメイト 睦月影郎『放課後うぶ毛検査』



16/06/01 04:20 追記
番外編としてアダルトアニメやアダルト漫画などにも触れることあります📝📖。

17/07/27 16:30 追記
最近、購入および本棚から出した書籍

☆私は女/カルーセル麻紀(購入)
カルーセル麻紀氏の半生エッセイ(購入)。
☆愛しのパンティコレクション/大森堅司
パンティを中心にした世俗風俗本(本棚)
☆スカートの下の劇場/上野千鶴子
☆こちらもスカートの下を中心に話題にした世俗風俗本(購入)。
☆ゆりだんし/撮影者 立花奈央声/マイウェイ出版
男の娘(こ)を中心にした写真集。

No.2319955 16/04/06 20:50(スレ作成日時)

投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可
投稿順
新着順
主のみ
付箋

No.1 16/04/07 05:50
名無し0 

官能小説で女装を含めて男子男性にランジェリーや女性の衣服を着させる(着る)シチュエーションは魅力的。

No.2 16/04/07 08:24
名無し 

フランス書院美少女文庫のわかつきひかるさんの『銀盤プリンセス』はフィギュアスケートとツンデレヒロインで可愛らしい。

No.3 16/04/07 13:26
名無し 

はじめて買った官能小説は橘真児さんの『セーラー服童貞「姦す」』だったと思う。
極端に過激な描写ではない橘真児さんであるけど読みやすい。それでいてジュブナイル小説みたいでもある。

No.4 16/04/07 17:27
名無し 

ある一時期、ハマッたのは櫻木充さん。
下着フェチのへんたい主人公、それを取り巻くヒロインたち。
この人のデビュー作『ふたりの女教師・教え子狩り』はおもしろい。また他の本もおもしろい。
ランジェリーが好きな人は読める作家さん。

No.5 16/04/08 05:12
名無し 

館淳一さんはノーマル、SM、女装やニューハーフ、同性愛など多く書かれてる。
けど、個人的な名作は『セーラー服恥じらい日記』。女子高を舞台に女教師とレズやスバンキングあったりまた後半に女装少年が姉の下着や制服をみにつけてヒロインたちの女子高に潜入したりまたヒロインの兄をもうひとりのヒロインが性的に解消させたり。
マドンナメイト当時は上下巻になってた。

No.6 16/04/08 09:42
名無し 

館淳一さんに興味ある人は館さんのブログを一見しとくのもいいかも。
<館淳一の『いろ艶筆』>にはいろいろな性の話題やよもやま話あります📝。

No.7 16/04/08 10:46
名無し 

館淳一さんの本は私が読んだ限りは性については事細かい描写。
女装やニューハーフについてのちがいやSMプレイなど丁寧な描写されてる。
女装でも必ずしも同性愛者でなくふつうに異性を愛する人たちがいたり性癖は人の数ほどある。
性医学に近い感じはありました。たぶんにむかしの学校の保健体育の教科書よりは性の勉強にもなった。

No.8 16/04/08 12:54
名無し 

橘真児さんの『ロリータ粘液検査』は一見、ふつうの官能小説。
だけどヒロインのひとりがめずらしくふたなり化しちゃう物語。ファンタジーやゲーム系小説でもないのに。
この本もまた性のことについて触れられてた📝。
雰囲気として館淳一さんの『セーラー服恥じらい日記』に近い。

No.9 16/04/08 13:50
名無し 

官能小説で女装もありだけどリモコンローターの場面は好きなところ。
リモコンローターで恥じらいを覚えたり辱めされたり。
美少女文庫の北都凛さんの『放課後の獲物たち 保健の先生と…』は表紙イラストがリモコンローター挿入された絵がえっち。

No.10 16/04/09 05:51
名無し 

櫻木充さんのヒロインは主人公に劣らずえっち。
えっち描写は過激。

No.11 16/04/09 08:19
名無し 

櫻木充さんはランジェリーものだけど、たまに女装プレイある。
だけど櫻木充さんの書く主人公は女装プレイでえっちするけど女装そのものにハマらない(>_<)。

No.12 16/04/09 11:27
名無し 

睦月影郎さんの『放課後うぶ毛検査』は女装モノでもあるけどヒロインが男装モノでもある📝。
内容自体も女教師を襲ったり下級生のヒロインとレズや下級生の母親ともえっちしたり。
だけど女装した主人公が同性の下級生の不良にフェラする場面もある(苦笑)。
けど全体的には異性装モノとしては男装女装あって内容は豊か📖。
男装するヒロインに悲しい過去があるのは性のむずかしさが伝わる📝。
そこも含めて個人的に名作にしてる。

No.13 16/04/09 18:10
名無し 

官能小説にはヒロインたちのなかに男性恐怖症を持つキャラがいる。
男性に恐怖経験を持ってしまって恋愛さえできなくなってしまうのもある。現実にそういう人たちがいないとも限らない。
だけど官能小説ではなぜかそういうヒロインは可愛らしいショタや女装の魅力に弱い(苦笑)。

No.14 16/04/10 05:29
名無し 

牧村遼さんの本はたいして持ってないけど『いけないお姉さんは好きですか!?』はよかったかな。
家庭教師のヒロインが主人公の日記をたまたま見たことで好意をもち愛し合う。
家庭教師しながら他の子ともえっちするけど最後は主人公に気持ちを寄せる❤。
主人公は別な女性にえっちなことしてるのを見つかり早漏といわれちょっと傷つき悩む。
官能小説はえっちを中心に書かれてるけど恋愛や性で悩むことも書かれてる📝。

No.15 16/04/11 05:19
名無し 

鷹羽真(シン)さんの官能小説で読んだのはフランス書院で一冊、美少女文庫で二冊。
フランス書院『ホームスティ 青い目の留学生』という外国人ヒロインもの。担任の女教師に誘惑されながらヒロインのマリと愛し合い、またヒロインの親友とも愛し合う(苦笑)。ネタバレですが、ラストにヒロインはメイドコスプレしてくれる。
美少女文庫のは『お嬢様は白いのがお好き美少女?』シリーズの二冊。
精液フェチのヒロインというのはなんか官能小説のなかで異色な感じ。
だけどえっち漫画的に読みやすい。内容はこのシリーズは好みわかれやすいと思える。

No.16 16/04/11 08:44
名無し 

わかつきひかるさん×イラストあきらの美少女文庫は好きなシリーズ。
あきらさんの描く美少女が可愛らしい。わかつきひかるさんの書く少女たちの純粋な想いとひたむきなえっちさが淫美。
あまりどろどろした印象がないから読みやすい📖。
ツンデレや不器用だったりヒロインたちが等身大にみえる。
過激なえっちはそうないけどツンデレヒロインがえっちの時はマゾになるギャップも魅力❤。

No.17 16/04/11 14:02
名無し 

マドンナメイトはむかしの方がよかったかなと思う時もある。
たいして手に入れてはないけど表紙に実写写真が使われてたり表紙が白地だったり📖。
ミストレスになってちょっとハード路線が目立つようになっていまに至る。

No.18 16/04/12 11:39
名無し 

マドンナメイト、フランス書院(美少女文庫含む)以外はほとんど読んだことない。
そろそろ別出版社の官能小説を読みたいもの。
好みがあるからまたむずかしい←大人になるとむずかしいことばかり考えるのか。
えっちなことも(苦笑)。

No.19 16/04/13 05:44
名無し 

館淳一さんの本で『黒い下着の牝臭』だったかな。
短編集だけどこの中に亡き旦那さんが実は少年と密かに関係を持っていてそれを奥さんが知って今度は自分と関係持ちましょうという話あった。
館淳一さんはたまに男性同士の関係の話も書くからある意味、凄い。
マドンナメイトスペシャルの『甘媚な儀式』でも取材に基づいたと思われる女装者のお話あった📝。

No.20 16/04/13 09:38
名無し 

館淳一さんの物語は恋愛面は薄い感じなのは私がそういう本しか読んでないからだろうか。

No.21 16/04/13 16:44
名無し 

ロリな官能小説で文章表現がおもしろいのは白鳥聖子さん。
表現がよくも悪くも子どもな雰囲気📝🚹🚺。
マドンナメイトで三冊出してたみたいだけど入手できたのは二冊のみ📖📖。ランジェリーやスキャンティの表現が淫美。

No.22 16/04/13 18:14
名無し 

館淳一さんの本は女装でも性同一性障害がどうか否かとか性的不能(インポ)による治療などを物語によっては書かれてる📝。

No.23 16/04/14 15:34
名無し 

去年はじめて官能ロマンの島村馨の野球モノ三冊読んだけどあんがいおもしろい⚾。
官能小説はドラマ的、官能ロマンは二時間ドラマな雰囲気。ちょっと渋い雰囲気する。

No.24 16/04/15 04:50
名無し 

性的マイノリティといま呼ばれてる人たちがそのうち増えてLGBTがあたりまえの世の中になりそうと思う。

No.25 16/04/15 10:04
名無し 

女装は男性を愛するひといれば異性の衣服やランジェリーが好きなひともいる。
櫻木充さんはプレイの一環で書いてるけど館淳一さんや橘真児さんは愛情表現かな📝。
館淳一さんがいちばんハードな感じ。SMやマゾな女装を書いてたり。
櫻木充さんははあくまでランジェリープレイのひとつな感じ。描写は細かい。
橘真児さんはヒロインたちが女装してもいいよと優しく諭し受け入れる。だけど主人公のお尻プレイはたいがい未遂に終わるという(苦笑)。

No.26 16/04/15 21:13
名無し 

私が持ってる官能小説の変わり種は『少年注意報 ゆんゆんパラダイス』。
いちおうおねえショタだけど実はショタBL(笑)。

No.27 16/04/17 10:23
名無し 

官能小説はむかしにくらべたら幅が広がったと思う。
出版社は新進気鋭の新人を見つけたいし書かれてない分野などもあるだろうし。
去年かな。館淳一さんのブログで女流官能大賞だったかな。どうなったかな。まちがえてたらすみませんm(__)m。

No.28 16/04/18 05:09
名無し 

アダルトゲーム系のノベライズもいくつか買った。『新体操(真)』『Xchangeシリーズ』『ないしょのティンティンタイム』。
女装、女体変化、ふたなり。女装モノは官能小説でそこそこ所持してるけど女体変化の『Xchangeシリーズ』はこれはおもしろかった。
男性が一度、女性になるといい気になってしまいヒロインから嫌われてしまう。シリーズが進むごとに主人公とヒロインの関係が進むのはアニメや漫画のラブコメぽい。
『ないしょのティンティンタイム』は逆にヒロインに男性期が生えてしまう(苦笑)。ヒロインが男の気持ちを考えながら……。

No.29 16/04/18 09:06
名無し 

島村馨さんの野球モノ官能ロマンにも性的不能(インポ)は書かれてた。
館淳一さんの作品にもあったけど中高年になると衰えあってなるんだろうか。
館淳一さんの本にはインポになった中高年が本来は性的対象ではない女装少年を女医から見せられて回復する兆しあった。

No.30 16/04/18 15:08
名無し 

橘真児さんのフランス書院『女教師ふたり』は珍しく主人公がヒロインの女教師にフラれ別な同級生のヒロインと結ばれるところで終わる💔←ネタバレしてる(゜o゜)\(-_-)。
橘真児さんの書く小説で共感するのは十代の学生をメインに据えた物語📖。先にも書いたけど劇的な表現ではないけど読みやすく等身大の学生目線みたいな感じが好み。

No.31 16/04/19 08:53
名無し 

館淳一さんの『セーラー服恥じらい日記』で校則云々で下着について書かれてるのは妙なリアリティあった📝。
舞台が女子校というのもあって。

No.32 16/04/19 14:28
名無し 

アダルトゲームの『Xchange』はプレイしたことないけどノベル三冊はあんがいおもしろかった。
特にさいしょのは。男が女体化してしまうとヒロインより自分がいい女と思いこみしてしまうのはあり得ると思う。

No.33 16/04/19 19:07
名無し 

ちょっと話題はちがうけど昨年テレビ放送された『おっぱいバレー』の雰囲気は八十年代ぽい。
むかしのちょいエロ青春映画に少し雰囲気似てる。
官能小説でもたまにそういう雰囲気を醸し出してる作品ある📖。

No.34 16/04/20 05:10
名無し 

佐伯悠希さんの『小悪魔チアガール』の主人公はヒロインたちになにを勘違いされたのか謎のままだったような(汗)。

No.35 16/04/20 13:51
名無し 

官能小説でいつから淫語を使われてたのかな。もちろん伏せ字にはなってたとは思うけど?

No.36 16/04/21 06:36
名無し 

スレ検索したら意外に性同一性障害のスレありますね。
官能小説では私の知る限り館淳一さんの本に見られます。興味ある方は探してみてください。

No.37 16/04/21 09:41
名無し 

昨日、ちょっと本棚の奥にあった櫻木充さんの本出したらそこそこ出てきた。
櫻木充さんの本に出てくる主人公は下着好きでフェチだけどヒロインたちも劣らない変態。
そんな意味ではあんがいリアルな書かれた方してる📝。

No.38 16/04/21 13:59
名無し 

昨夜、ちょっとだけ牧村僚さん(遼ではなかった)の本ちょっとだけ出して読んだ。
フランス書院ナポレオンノベルスにあとがきあるのは官能小説ではめずらしい。ワンパターンな終わり方云々とあったけど『官能小説は恋愛小説』と一文には感銘を受ける📝。

No.39 16/04/21 20:30
名無し 

ソウリュウノベルズの館淳一さんの『黒い下着の牝臭』(ちなみに館淳一さんのブログによるとタイトルは当時の編集担当が決めたとか)の短編、隣室の倒錯者はちょっと気に入ってる話。
未亡人がひょんなことから亡き旦那が残したビデオを見つけ彼が幾人かの少年と関係を持ってたことを知る。そのうちのひとりは隣室に住む少年だった。
またなぜかその少年だけは旦那と性行為してる時だけパンティ着用だった。
そのことから興味を持った未亡人は少年を呼び出し事情を聞いて関係を持ちましょうと肉体を交えるところで物語は終わってゆく📝。

No.40 16/04/22 11:26
名無し 

性同一性障害や女装、ニューハーフ、LGBTなどをいまだに混同してる人たちいますね。
興味あるなら館淳一さんの女装やニューハーフが出てくる小説をおすすめします。
たいぶLGBTはマスメディアで取り上げられる世の中になった。

No.41 16/04/23 09:39
名無し 

たまに本棚から出して再読するとおもしろい。
作家か内容に惹かれて買ったのかおぼえてない本もあるけどあいまいながらその当時のことはおぼえてる。
けどふつうの本屋さんがなくなりました。むかしは駅前や商店街などに本屋があってよく寄ったもの📖。

No.42 16/04/23 11:10
名無し 

官能小説でレイプや凌辱モノは私はあまり持っていない。
櫻木充さんはあんがい逆レイプや童貞を奪うパターンある。館淳一さんも年上女性がえっちしてセフレにしてしまう。
橘真児さんの学生ものは館淳一さんにあんがい近い雰囲気📝。
だけど女性がリモコンローターで辱しめを受ける場面はなんかいい。

No.43 16/04/23 15:18
名無し 

わかつきひかるさんの『銀盤プリンセス』のようにフィギュアスケートあるいはバレエをもとにした官能小説はないかな。
むかしの劇画ならダーティ松本さんはあるけど。
う〜ん。

No.44 16/04/25 13:45
名無し 

フランス書院の櫻木充さんけっこう持ってるつもりだったけどこの前見たらそうでもなかった。
なかなか古い本は中古書店でも目にしなくなる👀📖。

No.45 16/04/25 15:13
名無し 

フランス書院美少女文庫の『あねきゅん❤お姉様はお嬢様な三姉妹』に妾腹という古い言葉が使われてるのは驚いた。

No.46 16/04/25 16:01
名無し 

女装モノはあまり主人公に男言葉は使ってほしくない。

No.47 16/04/27 08:53
名無し 

ふつうの本屋がいまはむかしほど見られない。官能小説はたまにコンビニでも扱ってるところはある🏪。

No.48 16/04/27 21:06
名無し 

女装や性転換について興味あるひとはフランス書院の館淳一さんの『女医・秘密診療室』をお探しになった方がいいかもしれん。
女装、ニューハーフ、性同一性障害、ふたなりについて物語内で触れられてたと思う📝♂♀。

No.49 16/04/28 09:21
名無し 

女装モノの官能小説がおもしろいのはあくまで私が読んだ範囲だけど思春期の主人公たちが姉や幼馴染み、同級生から影響を受けて女性ものの下着や制服などに興味を持つところ。
少しずつ異性装しながら性的快感に目覚めてゆく📝。

No.50 16/04/29 09:05
名無し 

館淳一さんはいまの時代の官能作家という雰囲気。
作品のなかでネットを上手に活用してる感じする💻。そこからまた世界観が広がる。

投稿順
新着順
主のみ
付箋
このスレに返信する

お知らせ

8/4 新着スレ通知の表示時間を延長しました

日記掲示板のスレ一覧

携帯日記を書いてみんなに公開しよう📓 ブログよりも簡単に今すぐ匿名の日記がかけます。

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

カテゴリ一覧