豊臣秀吉の女性達

レス12 HIT数 747 あ+ あ-

小説好きさん
23/04/29 22:07(更新日時)

秀吉は女たらしとよく呼ばれるが、実は秀吉はおね以外の女性とは肉体関係がなかった。竜子とは腕を組み、淀君とは何もせず、
プラトニックな恋愛を楽しむのが秀吉であった。

23/04/28 00:00 追記
彼は病気を患っていた。子供を作ることもできず、キスや性行為で相手にこの病気を移すこともあった。又は恋人つなぎでも移ると医者から言われていたのだ。彼は竜子から腕を組まれるで満足であった。ただそれだけで幸せだったのだ。

23/04/29 07:57 追記
秀吉は梅毒だったらしく今ならば医療も発達しているから問題ないけど昔は、進行すると接触感染もしていたらしいので、性行為はもちろんのこと粘膜からの感染キスや手と手を合わせて手を繋ぐ接触も感染経路であったらしいです。

タグ

No.3781915 23/04/27 23:15(スレ作成日時)

新しいレスの受付は終了しました

投稿順
新着順
主のみ
付箋

No.1 23/04/28 00:09
匿名さん1 ( 30代 ♂ )

豊臣秀頼は茶々(淀君)との間の子供では?

  • << 6 豊臣秀頼は作られた子供で父親はお寺の若い坊主とも大野治長とも言われております。

No.2 23/04/28 00:33
匿名さん2 

信長亡き後、織田家を滅ぼしたに近い秀吉ですよ。淀(茶々)を側に置いたのも、信長の妹の市への憧れがあったのだと思います。秀吉は、人たらし、狡猾、残忍、冷酷、意地悪い、そんな姿が垣間見えます。信長への、嫉妬が、かなりあったと思います。

No.3 23/04/28 02:44
通りすがり ( ♀ h6ghi )

色んな説があるよねー

No.4 23/04/28 06:48
匿名さん4 ( 30代 ♂ )

秀頼は、大野治長の子供説もあるけど
どうかな?

No.5 23/04/28 14:46
匿名さん2 

信長の家臣時代から、秀吉は女癖が悪かったのは書状とかで、残ってます。秀吉が淀を側に置く以前に、秀吉の妻が信長に相談して書き残された書状が、秀吉の女癖の悪さに触れています。そして、信長が秀吉の妻に「貴女は正室だから、堂々とされたし」との書状が、現存してます。秀吉は、女癖が悪っかったのは事実みたいですね。そして、信長から、「あの、ハゲネズミが!」書き込まれているようです。ただ、信長亡き後の秀吉は、嫌いですね。

  • << 7 豊臣秀吉は女癖自体は悪く、名もない女たちと遊びまくっていたために梅毒を移されたらしいです。そのため姫様たちに移さないために色んな対応していたみたいです。彼は織田信長の娘である淀君を側室に置きその子供にあとを継がせようとしました。ちなみに秀吉は束縛激しくなく長浜城の城主の時代に居た側室愛人たちは天下人になったあとは開放され他家に嫁に出されたりしております。又天下人になったあとも沢山の淀以外の側室も他家に嫁に出されたりしております。竜子とおねは出家したみたいですけど、そして淀君は織田信長の娘です。

No.6 23/04/29 07:58
小説好きさん0 

>> 1 豊臣秀頼は茶々(淀君)との間の子供では? 豊臣秀頼は作られた子供で父親はお寺の若い坊主とも大野治長とも言われております。

No.7 23/04/29 08:03
小説好きさん0 

>> 5 信長の家臣時代から、秀吉は女癖が悪かったのは書状とかで、残ってます。秀吉が淀を側に置く以前に、秀吉の妻が信長に相談して書き残された書状が、秀… 豊臣秀吉は女癖自体は悪く、名もない女たちと遊びまくっていたために梅毒を移されたらしいです。そのため姫様たちに移さないために色んな対応していたみたいです。彼は織田信長の娘である淀君を側室に置きその子供にあとを継がせようとしました。ちなみに秀吉は束縛激しくなく長浜城の城主の時代に居た側室愛人たちは天下人になったあとは開放され他家に嫁に出されたりしております。又天下人になったあとも沢山の淀以外の側室も他家に嫁に出されたりしております。竜子とおねは出家したみたいですけど、そして淀君は織田信長の娘です。

No.8 23/04/29 08:06
小説好きさん0 

淀君は織田信長と信長の従姉妹のお市との間に生まれた織田家純血の娘であります。もうひとり織田信長の娘が居ますが、純血の娘のほうが価値があるため、淀君に白羽の矢が立ったのであります。昔は母の身分や純血性は大切でしたので。

No.9 23/04/29 09:30
匿名さん1 ( 30代 ♂ )

>> 8 浅井長政は?
茶々は初や豪姫とは姉妹でないの?。

No.10 23/04/29 12:04
小説好きさん0 

>> 9 茶々こと淀君とはお市を通じての父親違いの姉妹ではありますが、
淀君は浅井長政の子ではありません。浅井三代記にも記述がなくその証拠に次女の方が、初ですよ。

No.11 23/04/29 14:40
匿名さん2 

名古屋市中村区の中村公園付近が、秀吉の生誕地とされてます、出自はっきりせず、農民レベルと思われます。武家の血は無いようだから、おそらく見境いなく気にいった女がいたら、手を出していた可能性はあると思いますよ。現代の世の中でも、狡猾で人たらしの類のヤツは、同じように見境いなく女に手を出してる。

No.12 23/04/29 16:37
小説好きさん0 

>> 11 一理ありますが、梅毒を移されれば淀君も妊娠出来なくなるでしょうから、多分姫君には人質の意味もあるので手はつけていないでしょう。

投稿順
新着順
主のみ
付箋

新しいレスの受付は終了しました

小説・エッセイ掲示板のスレ一覧

ウェブ小説家デビューをしてみませんか? 私小説やエッセイから、本格派の小説など、自分の作品をミクルで公開してみよう。※時に未完で終わってしまうことはありますが、読者のためにも、できる限り完結させるようにしましょう。

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

カテゴリ一覧