関連する話題
日本を巡る気になるニュース4⃣2⃣
日本を巡る気になるニュース4⃣5⃣
日本を巡る気になるニュース4⃣3⃣

日本を巡る気になるニュース4⃣4⃣

No.12 16/12/19 07:53
匿名
あ+あ-

在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン中将は12月14日午後3時、MV-22オスプレイが前夜、沖縄本島北部の浅瀬に不時着したことを受けて、記者会見を開きました。
ニコルソン中将はまず始めに、「私は以前にもこの場所に立ち、沖縄の報道関係者のみなさんにオープンにしていくと述べましたが、今日はそうするつもりです」と記者団に語りました。

ニコルソン中将は、昨夜午後9時半ごろ、沖縄から約30キロ離れた海上上空で、複数のオスプレイとCH-53ヘリコプターが米空軍C-130給油機からの空中給油訓練を行っていて、この訓練は世界中で日常的に行われているルーティーンであることを理解して頂きたいと説明しました。

続けてニコルソン中将は、
「昨夜10時ごろ、一機のオスプレイが米空軍C-130給油機から補給中、給油機から伸びていた給油ホースを切断し、ローターブレードに損傷を与えました。ホースが外れた後、機体は危険なほど振動し始めていました。
パイロットは沖縄の人たちや住宅地上空を飛行する危険を避けるため普天間飛行場に戻ることをあきらめ、即座にキャンプ・シュワブ方面へ向かう決断を下し、浅瀬に不時着しました。
これは搭乗員と沖縄の人々を守るための行動です。非常に困難な状況下での素晴らしい判断です」と説明しています。

その後、搭乗員5人全員が救出され、キャンプ・フォスターにある海軍病院に搬送されました。3人はすでに退院しましたが、2人は引き続き経過を観察するため入院中です。

ニコルソン中将は、「日本の海上保安庁の迅速な対応と沖縄県警による現場の安全確保の支援に非常に感謝している」と述べ、同時に、米空軍第33救難飛行隊の救助活動にも謝意を示しました。

続きます

12レス目(492レス中)
このスレに返信する

関連する話題

つぶやき掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧