注目の話題
コンビニや服屋の店員ってなんで
誕生日を祝われなかったら、、、
夫行方不明

車あれこれ(要は雑談雑学) 3回目♪

レス150 HIT数 3769 あ+ あ-

銭無平次( 48 ♂ qa9ZVe )
19/08/18 02:49(更新日時)

削除投票

性懲りもなく(笑)第3弾のスレです。

車に関わる話は勿論、それ以外の話でも老若男女問わず好き勝手にレスして自由に参加して下され。

喧嘩や誹謗中傷さえしなければ横レスもOK!

タグ

No.2814445 19/03/13 01:35(スレ作成日時)

投稿制限
ハンドル名必須
レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ

No.1 19/03/13 02:24
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

1リッターから1,3リッターのターボでMTのFR車を150万位で売り出してくれないかなー。33スイスポをFRにしたような感じ。
絶対売れると思うんだよね。

No.2 19/03/13 03:19
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

スレ主さん、続きスレありがとうございます。

http://mikle.jp/thread/2372332/

↑このスレの続きです。

皆様、宜しくお願い申し上げます。



スイスポをFRにしたような車があったら面白いでしょうね。

でも150万円は、ちょっと厳しいでしょうか?

専用のプラットフォームを起こすことなく、既存の何かをベースに仕立てて開発コストを抑え、且つ日米欧その他国内外で販売可能で、大量に販売台数をこなしていかないと採算が採れないかもしれません。

エンジンやミッション、サスペンションなどの主要部品も、既存の何かを流用し、生産ラインも既存のものを流用して生産コストを抑える必要がありそうです。

特にアメリカは世界市場最大のマーケットで、アメリカで売れる車を作れば、国内では一部の車好きしか買わない車でも、輸出を含めれば販売台数はこなせます。

ただ如何せんアメリカは衝突安全基準が世界一厳しく、小さな車はよほどボディーをシッカリと作らないと米国安全基準には適合できないでしょうね。

もう製造中止ですが、タクシーのクラウンコンフォートでさえも、あの簡便な構造でドタバタガタガタした乗り心地でありながにして、結構お高かったですからね(それでも現行ジャパンタクシーよりは大幅に安かった)。

日本の自動車メーカーの多くはタイに生産工場を持っていますから、タイで現地生産して逆輸入するなどのコスト政策をすれば実現可能かもしれません。





No.3 19/03/13 04:17
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 2
こういう車を欲しがるのは、40代半ば以上の世代でしょう。

そもそも若い世代で車を欲しがる人は限られています。

もはや若い世代は車のみならず女性にも興味なく「彼女なんていらない。だからデートカーもいらない」という人が増えています。

仕事上のしがらみで嫌々ながら仕方なく取ったというより取らされた免許も、AT限定免許が殆どのようです。

車そのものを楽しむことは愚か、女性の前で格好つけることすら興味がなくなっているのです。

車に求めることは純然たる移動手段のみです。

アメリカではGMによるユーザーに対する啓蒙活動によって、FF=新式、 FR=旧式という概念が植え付けられていると言います。

こうした車を作っても150万円で採算を採るのはかなり難しそうです。




No.4 19/03/13 04:39
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

>> 2
コメントありがとうございます。

当初はKP61スターレットのような車をイメージしていたのですが、例えが古すぎるかなと思いまして(笑)

プラットフォームの共用まで視野に入れた場合、トヨタがスープラをリリースしたように、BMW1シリーズをベースに作る事は可能でしょうね。

但しその場合販売価格は最低でも250万スタートになってしまい、86/BRZと競合してしまうので実現しないと思います。
あとは軽トラックをベースにするくらいしかありません。

コンパクトカーが居住性とコストダウンを理由にFF化を進めて行ったのが
80年代の話。
今となってはFRという駆動方式は贅沢品なのかもしれませんね。

No.5 19/03/16 20:32
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 4
はじめまして、銭無平次です。

仰る通り、FRは現在ではかなり上のクラス(Dセグメント以上)のクルマやロードスター等の一部のスポーツカーにしか採用されていませんね。ある意味では贅沢品と言えます。

それだけでなく、FRは一般的なドライバーではやや持て余すと言う要素もあると思われます。

特に、雪路等の低μ路ともなればチョットだけでも失敗ると一発でスピンしますからね。

そう言う私は現在ではしっかりとFR車を所有しています。

何しろ、クルマ選びの基本条件が『FRのセダン』ですから。

これからも宜しくお願い致します。

No.6 19/03/16 20:55
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

勤務先の4t車破壊(笑)

あれは先週の金曜の夕方のコトです。

4t車に荷物を積んで客先に納品しに行った時です。

そこは入り口が異様に急なスロープで、客先の敷地に入りかけたその時、突如『バキバキッ』と4t車(満載だったのでかなり車高が沈んでいた)の下から異音が…、

それと同時に排気音がデコトラに…、

そう、私は4t車のマフラーを地面にぶつけてマフラーを破壊したのです(笑)

しかも悪いコトにフロントパイプが原形を留めない程にひん曲げて後の収拾が付かなくなり、仕方なく客先に4t車を置いて客先の運転手さんに勤務先に送って貰ったのです。

丁度車検の時期だったので同時に車検整備も行ったのですが、その間、殆ど新車の4t車(ファイター)で仕事していました。

来週月曜に4t車が帰って来ますが、年式の古い4t車なので部品が無くてあえなく廃車になり代替と言う夢物語は見事に玉砕しました(爆)

No.7 19/03/16 21:22
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 6
私の方はバモスがオルタネーターが故障の上、L602は後輪ブレーキが故障しております。

まずはバモスを修理に出して、現在は代車のアクティバンを借りております。

バモスはセーフティローダーにてディーラーに搬送してもらいました。

ローダーはいすゞエルフでしたが、ミッションはスムーサーEでした。

いすゞのスムーサーEは、ネットの口コミではあまり評判は宜しくないのですが、なかなかスムーズでした。

似たような仕組みかと思ったのですが、スズキエブリイのAGSのギクシャク振りとは、雲泥の差がありました。

バモスの修理が終わったら、L602のブレーキも修理する予定です。




No.8 19/03/16 21:33
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

それにしても一昨年の東京モーターショーで参考出品されていた日産キャラバンNV350型の救急車が、急に巷に溢れ出てきました。

2002年、私の母親が生前最後に乗った車は、日産エルグランド型の救急車でした。

2016年に私の父親が生前最後に乗った車も、エルグランド型の救急車でした。

ロングセラーだったエルグランド型救急車とも、いよいよお別れのときがやってきました。





No.9 19/03/28 22:47
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

俳優の萩原健一氏がお亡くなりになりました。

萩原健一氏と言えば、1994(平成6)年頃はマツダカペラのCMキャラクターでした。

そしてもうひとつ、

幻のCMキャラクターでもあったのです。

1983(昭和58)年4月発売の、トヨタAE80系スプリンターのCMキャラクターに内定していたのです。

テレビCMはもとより、カタログにも登場する予定だったのです。

しかしAE80発売を目前に控えていた1983年3月、萩原健一氏は大麻取締法違反の容疑で逮捕され、急遽降板と相成ったのです。

代役は古谷一行氏でした。

あれから36年、

萩原氏は天に召されました。

享年68歳

早過ぎる死でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。




No.10 19/04/01 01:41
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

悲願達成!

バモスに初代エスティマ用2.4Lスーパーチャージャー付き160psエンジンを搭載致しました。

国交省公認の、恐らく全国で唯一の3ナンバーのバモスです。

平べったいエンジンですので後席下にミッドシップマウントできましたが、初代エスティマ特有の補器類の取り回しには困難を極めました。

フロントメンテナンスフード内のウォッシャータンクは助手席シート下に移設し、バッテリーは左スライドドア脇のジャッキ収納部分を拡大してそこに収めました。

元々バッテリーとウォッシャータンクがあったところに、オイルタンクを設置したのです。

スペアタイヤとジャッキは降ろして、パンク応急修理キットで代用する傍ら、助手席床下のスペアタイヤ収納部には、オルタネーターと電動式エアコンコンプレッサーを設置しました。

平成排気ガス規制に適合させるべく、触媒は別の物を用意しました。

ラジエーターは特注品です。

社外電動ファンはECU連動はできず、手動スイッチ式です。

ATミッション後端がドディオンアクスルに干渉するため、ドディオンアクスルも特注品です。

勿論マフラーも特注品です。

4WD用のATミッションを用い、後輪ドライブシャフトへの動力伝達は、ミッション脇のトランスファーから伝えております。

車重は155kg重くなり重量増に対応すべく、サスペンションはRSRの車高調キットの装着で調整をはかりました。

1225kgの車重に160psのパワーですので思ったほど速くはならない上、重量増加分は床下に集中しているためか、むしろ低重心化に拍車がかかったようで意外なほど安定感があります。

改造費には、都合580万円を要しました。

私は父親の遺産を食い潰して、こんな道楽に没頭しております。

でも後悔はしておりません。



‥‥

本日4月1日はエイプリルフールです。

今回は現実から離れ、敢えて夢を語らせていただきました。

騙してすみません。

「今までにひっかかった一番のエイプリルフールネタは!?」
というシスオペスレから思いついたレスです。

http://mikle.jp/thread/2821997/

◎ すぐに嘘だと判った。

◎ 半信半疑だった。

◎ 信じてしまった。

皆さん、いかがでしたでしょうか?

短編小説のつもりでお読みいただければ幸いです。



No.11 19/04/01 19:10
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

私の愛車の車検証の「初年度登録年」の欄に「平成」の文字が入ったのは平成19年が初めてでした。

それも平成ヒトケタ(平成7年)の中古車です。

つまりそれまでの愛車はずっと「昭和」の車ばかりだったのです。

平成フタケタの車を購入したのは、平成25年が初めてでした。

恐らく私が「令和」の車を購入することがあるとするば20年近く先になるでしょう。

それまで生きているか否かか判りません。

生きていたとしても認知症を患うなどして、車の運転はできなくなっているかもしれません。

恐らく自分の愛車の車検証の「初年度登録年」の欄に「令和」の文字を見ることは終生ないでしょう。




No.12 19/04/04 04:00
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

日頃4tトラックに乗っていて思う素朴な疑問

大型貨物自動車進入禁止の道路標識。

大型トラックは入るなよ、という解りやすい意図の標識です。  

ところが、これに補助標識がつくと途端にややこしくなります。

一番厄介なのが「積3t」表示。

4t車に乗ってるとところどころで出くわしますが、積3tって一体どういう意味?
という疑問。

最大積載量3t以上の車両は通っちゃいけませんよ、という意味なのはわかります。

でも、4t車には車体総重量8t未満という縛りからくる最大積載量の「減トン」という概念があって、例えばトラックの架装重量が6.5tあった場合最大積載量は1,500kgになってしまいま
す。 

発泡スチロールとかを運ぶ見た目が大型車と変わらない通称「お化け4t」等も通行(道交法上は)出来てしまいます。
 
そうすると、この標識は何を規制して
いるのかよくわからないザル法になってしまう訳です。

No.13 19/04/05 00:56
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 12
そうですね。

最早、何を規制しているのか意味不明な標識ですよね。

一括りに4t車と言っても、例えば4tウイング車や4tユニック車ならば大抵は最大積載量が2,800kg程度ですし、平ボディ車に至っては4,000kg超の最大積載量の4t車も存在します(実際、私がいつも乗っている4t平ボディ車は最大積載量が4,350kg)。

一律で車両総重量で規制した方がいいと個人的には思いますね。

No.14 19/04/29 22:24
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

久々の長距離ドライブ


長野県の諏訪迄行き、茅野市でひとっ風呂(温泉:この地域の温泉は全体的に高温で長湯出来ない(笑))浴びて、山間部のドライブを満喫して帰宅しました。

往路は高速で移動しましたが、復路は普通の人では有り得ないコースを走りました(笑)

復路では茅野市から蓼科高原を抜け、佐久穂町、秩父市、飯能市、五霞町、柏市を経由したのですが、茅野市から圏央道の狭山日高IC迄の区間(R299)は殆ど山間部で、しかも途中で通行止めの箇所があり、一応舗装路ですが林道に迂回と言う、なかなか悍ましいコースを走りました。

しかも、GWと言うコトもあり、特に秩父市中心部で2時間近く渋滞で動かない(秩父市中心部近隣の羊山公園での芝桜まつり開催の影響)トラブルに見舞われました(大汗)

走行距離は意外と短く、約590㎞程の道のりでした(笑)

No.15 19/05/02 17:20
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

自宅駐車スペース改良


車庫入れ自体に支障があるワケではないのですが、防犯対策も兼ねて夜間の駐車スペースに明かりがどうしても欲しくて、ムサシ製の『12W×3 LEDセンサーライト』を高さ2.5m程度の場所に設置しました。

AC100V電源なので、10mの防雨タイプの延長コードを併用し、庭の外部電源に接続しました。

3灯タイプなのでかなり明るくなるコトを期待したのですが、実際に点灯させると、明るいを通り越して『爆光』状態で、予想以上の明るさです(笑)

しかも、プルスイッチがあり投光器としても利用出来るスグレモノで、これならば夜間でも洗車出来そうです(笑)

No.16 19/05/02 18:47
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 15
3灯が出たのですか?

私は管理しているアパートと静岡で、ムサシの2灯式を使っております。

以前は27Wの蛍光灯タイプだったのですが、壊れてLED2灯タイプにしたところ、27Wの蛍光灯よりも明るくなったぐらいです。

3灯でしたら本当に明るいでしょうね。

私も次は3灯を考えてみます。





No.17 19/05/02 21:49
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 16
はい。某大規模ホームセンター(JH)にて8,000円で購入しました。

実際の画像を添付させて頂きます(画像は一部加工しています)。

ボンネットに映っている青白い『・・・』が3灯タイプである証です(笑)

駐車スペースどころか、道路(6m幅)を越え、向かいの家の塀まで明るく照らします。

LEDで12W×3=36Wですから、これまでの電球の電力に換算すると約9倍の電力になる為、108W×3=324W、つまり約320W相当と言うコトになります。

最早、水銀灯を3灯照らしている様なモノですね(爆)

No.18 19/05/03 22:52
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

>> 17
銭無さんお久しぶりです。
ホームセンターの名称とドライブのルートでどの辺りにお住まいか察してしいました(笑)
 
最近のLEDライトは優秀ですね(笑)
これなら車庫入れも安心だし
防犯対策にもバッチリですね!

No.19 19/05/04 02:14
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 18
たけさんお久しぶりです。

私は何処に住んでいると思います?(笑)

件のLEDセンサーライトですが、触れ込みでは40,000時間の耐久性があるとしていますが、実際に点灯させると灯体がかなり熱を持つので(本来LEDは熱に弱い半導体なので)そこまでの耐久性はない様な気がします(笑)

まぁ、あれだけの性能ですので、センサーが検知するといきなり『カッ‼︎』と点灯するので恐ろしい明るさです( ̄∀ ̄)

No.20 19/05/12 18:14
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

エアコンフィルター様々♪


エアコンフィルターの交換時期になり、エアコンフィルターを交換しました。

ゼロクラウンのエアコンフィルターの交換作業は非常に簡単ですので10分もあれば交換出来ます(グローブボックス内のモノを出すのと仕切りを外す作業がありますが)。

古いフィルターを見てみると、悍ましい量のスギ花粉等が堆積しており、交換作業中にスギ花粉症を発症すると言うアクシデントに見舞われました。

普段は外気導入にセットしていますので(内気循環だとCO2が溜まり易くなり眠気を誘発し易くなる為)如何にエアコンフィルターが大事なモノであるか身を持って分かりました(笑)

私の場合、エアコンフィルターは1年持たないので、次回は年末に交換です。

No.21 19/05/25 13:46
脳内とリアルnostalgia ( 48 ♂ y9MeWe )

削除投票

こんにちは(^^;)久々の登場であります、皆さん、宜しくお願いします。

まずは銭無さん、新スレ ナイス!(笑)
匿名さん、やはり考え方が同じようですよ(笑)
たけさん、まさかKP(EPではなく)名前が出てくるとは驚きましたよ!

それで本題ですが、個人的ですがテンロクかテンハチ辺りで、勿論MTです。
車幅は税金等の関係で5ナンバー枠にしてほしいなぁ、とか色々ありますけどね♪

いやはや、車の事を考えると止まりません(爆)

蛇足ですが、現在の前の愛車は、夜間に電柱らしきものに突っ込んで(恥ずかしながら事故った時には寝ていた、いわゆる寝落ちです)
いい恥曝しになっちまいました(爆)
散らばったパーツを拾って、JAFにお世話になりながら帰路に着きました。
入ってて良かった♪

開いてて良かった♪ は某コンビニですね(笑)

でわでわm(__)m

No.22 19/05/25 20:31
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 21
お久しぶりです。


私の方は、本日、ゼロクラウンのバッテリーを交換した位でクルマ関係ではあまり大きな動きはありませんでした。

そのバッテリーですが、ゼロクラウンはD23Lクラスのバッテリーが搭載されており、しかも充電制御車ですのでバッテリー自体がなかなか高価であります。

80D23Lを選択したのですが、ホームセンターにて交換し(勿論DIYでの交換自体は朝飯前だが外したバッテリーの処分に困る為)、工賃含め2万円ちょっとかかりました。

何しろ、3年以上無交換でしたので、ある意味アブなかったです(爆)

No.23 19/05/26 11:00
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

お久しぶりです。

バモスに2017年11月に取り付けたLEDヘッドライトバルブは、早くも右側が玉切れ状態になりました。

バモスはヘッドライトバルブの交換が大変ですので、明るさよりも耐久性を重視しノーマルバルブに戻そうと思い、以前マイナーさんに教えていただいた伊東のオートバックスに出向きました。

しかし1度LEDの魔力を味わってしまったあとでは、あの誘惑には勝てません。

「レイブリック(スタンレー電気)ならば3年保証ですし、自動車メーカーに納入実績あるメーカーですから少なくとも今までのものよりは耐久性はあると思います」と言われ、結局レイブリックのLEDにしてしまいました。

明るさも更に一段と明るくなりました。

プラットフォームが露出してサマータイヤとして使っていたスタッドレスタイヤ、ダンロップDSX2、165/65R13は、いよいよ限界になり、とりあえず季節外れながら手持ちのブリザックVRXに交換しました。

あくまでも暫定措置で、泥濘地用タイヤ、ダンロップグラントレックTG4、145R12を候補に考えておりました。

グラントレックTG4はカタログ値では外径547mmです。

VRXは155/70R13なのですが、カタログ値では外径555mmです。

ブリヂストンRD604V、155R12は、このサイズの規格としては、やや小さめで外径がカタログ値では553mmです。

数値データを鵜呑みにすれば、RD604V、155R12が装着できそうです。

ただあくまでも規格上は、メーカー指定サイズよりもワンサイズ上です。

以前使っていたヨコハマY828、145R12はカタログ値では外径548mmでした。

これでもステアリングを切るとフロントバンパーと、タイヤのショルダー部とのクリアランスは結構ギリギリでした。

RD604V、155R12はこのサイズとしては小さめとは言え、ステアリングを切った際、フロントタイヤショルダー部がフロントバンパーに干渉するのでは?という一抹の不安があり、やはり当初の予定通りグラントレックTG4、145R12にするべきか迷っております。





No.24 19/05/26 19:58
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 23
私のバモスのタイヤ選びのこだわりは、まずは泥濘地に強いことがあります。

これは静岡の敷地内が雨天時にはぬかるむという実用上の理由です。

あとこれはいささか趣味的なこだわりですが、フェンダーのホイールオープニングとタイヤとのクリアランスが、無駄に空きすぎているのは好みません。

当たらない範囲内で、なるべく大径のタイヤが希望です。

RD604Vの145R12は、外径541mmと同サイズのヨコハマスーパーディガーY828の548mmや、ダンロップグラントレックTG4の547mmに比べてやや小さめなので、候補から外しておりました。

前回のタイヤ選びではY828とTG4とで迷っていたところ、たまたま調達できたのがY828でした。

Y828がダメだったというわけではありません。

しかし前回はY828を購入したので、今回はTG4を試してみるつもりでした。

ところがRD604Vの155R12は外径553mmと、現在装着中のブリザックVRX155/70R13の555mmよりも幾分か小さいので「これはもしや装着可能では?」という思いが脳裏をよぎったのです。

尚バモスのメーカー指定サイズのタイヤは、145R12と155/70R13です。

ちなみにステアリングを切った際、現在装着中のVRX155/70R13のショルダー部とフロントバンパーとのクリアランスは、僅か10mmほどしか空いておりません。



No.25 19/05/27 00:15
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 23
LED製品は有名ブランドの製品の方が信頼性が高いですから、多少高価でも有名ブランドの製品を購入するのが間違いないですね。

ゼロクラウンについてもポジションランプとリバースランプとライセンスランプはLED化してありますが、何れも日星工業製(PORARGシリーズ:純正採用アリとの事)を使用しています。

好みの問題もあるでしょうが、タイヤは目的に沿ったモノを選択すればいいかと思います。

外径が極端に違わなければ車検にはパス出来る筈です。

少なくとも、私程の拘り(※)はないでしょうから(笑)


※私のタイヤ(特にノーマルタイヤ)に対する拘り

①タイヤライフが最低5万㎞以上

②オゾンクラックが最低3年以内は絶対に発生しない

③クルマ自体の問題もあるがロードインフォメーションが明確に伝わる

④どれか一つの性能が抜きん出ておらず全ての性能がバランス良く纏まっている(要はトータルバランスが高次元で優れている)

etc…


結局、MICHELINしか選択肢がないんですよね…(笑)

No.26 19/06/06 21:14
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

ゼロクラウン足廻り異音(汗)

ここ最近、我がゼロクラウンのフロントサスペンションからキコキコ異音が…。

で、ボンネットを開けてクルマをユッサユッサ揺すってみると、

左のフロントからキコキコ音が聞こえて来ました(汗)

恐らく、ショックアブソーバー辺りが怪しいので、定期点検の時に左右共に交換になると思われ、アライメント調整も含めてまた費用の工面をしなければなりません(ーー;)

No.27 19/06/08 18:40
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 26
No.26レスの結果発表を致します。



やはり、ショックアブソーバーが一番怪しく、交換となると25万円位かかると言う見積もりでした。

で、ゼロクラウンの年式(2004年)、部品供給の終了時期(2023年2月頃)、車検満了日も考慮しつつあと何年乗れるか(せいぜい3年)、修理によって発生した費用の対費用効果等々を総合的に検討して悩みに悩んだ結果、
















乗り換えるコトに致しました。
















しかも、


























10年以上は乗りたいと考え、型式『6AA-AZSH20-AEXRB』、つまり現行クラウン2.5RSを新車で購入すると言うとんでもない暴挙に出ました(O_O)

オプションはボディーカラー(パールホワイト)、ドライブレコーダーを選択、更に初めて希望ナンバー(現在のゼロクラウンと同じナンバー:抽選なし)を選択し、値引き含め総額550万円(当然ローンです(5年後残価設定型))です。


ハイブリッド車なので自動車税の13年超の15%増は対象外で、しかも使用ガソリンはレギュラーなので意外とランニングコストはかからないと思われます。

恐らく納車は7月初旬頃となります。

ただ、金額が金額なだけに毎月のローンの金額は自宅の住宅ローンのそれよりも高額ですけどね( ̄◇ ̄;)

No.28 19/06/08 22:34
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 27
私の方はバモスが未だVRXを履きっぱなしです。

昨日も静岡の敷地内はぬかるんでおり、泥濘地用タイヤかスタッドレスタイヤ以外は使えません。

先のレスに挙げた、ブリヂストンRD604V155R12を購入する勇気が出ず、躊躇しております。

というのも、かつてL602に145/80R12を履かそうかと考えたことがあります。

外径538mmで標準の155/65R13でも532mmのものがあり、直径6mmの違いならば装着できるかもしれないと思ったからです。

しかし155/65R13と145/80R12を並べてみると、明らかに後者の方がハッキリと大きいのです。

更にL602の後輪タイヤハウスに145/80R12をあてがってみると、見るからに当たりそうでした。

どうもタイヤという代物は、カタログに表記してある外径寸法よりも、規格上のサイズ表記の方が正確なのでは?などと思えてしまいます。

155R12はバモスの指定サイズよりワンサイズ上ですので、いくらカタログ上の外径を見る限りでは装着できそうに見えても、現実に装着すると当たってしまうのでは?という一抹の不安が拭えないのです。

尚、L602はリヤブレーキが壊れたままです。

勿論ブレーキが壊れたまま乗り回しているわけではなく、ずっと休止状態です。

L602は昨年から故障が頻発しており、且つ部品もなくなってきており、そろそろ実用車としては、もはや限界か?という考えも脳裏をよぎり始めております。

私の実用車としての次期候補車はDA17エブリイです。

つまりL602を引退させる傍ら、バモスをL602の後継車とし、DA17をバモスの後継車とするということです。

DA17には165/60R14の設定があり、フロントのホイールオープニングもバモスより幾分か大きめのように見えます。

そこで一か八かの賭けに出て、まずはRD604V155R12を発注して、もしバモスに装着して当たってしまうようだったら改めてダンロップTG4、145R12を発注し、RD604V155R12は、ゆくゆくDA17を購入して、そちらに装着しようか?などという暴挙を考えつつも、今ひとつこうした言わばギャンブルには手を出せず、躊躇している今日この頃です。




No.29 19/06/08 23:15
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 28
クラウンRSの納車後、私も当然ながらスタッドレスタイヤを調達しなければなりません。

現在のゼロクラウンとはタイヤサイズ自体が全然違う(225/45R18)為、かなり高額になると思います。

ゼロクラウンのスタッドレスタイヤ(215/60R16)は恐らくホイールが適合しない(特にインセットが合わない可能性大)のでほぼ間違いなくキャリーオーバー出来ないと考えられます。

多分、スタッドレスタイヤ/ホイールセットは安価なアフターパーツのホイールとなり、スタッドレスタイヤはBLIZZAKは選択出来ないかも知れません。

No.30 19/06/09 15:18
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 29
DA17エブリイも、いつかは絶対に買うと決めているわけではありません。

この車はバッテリー搭載位置が、荷室ド真ん中の床下にあります。

荷物を満載した状態でバッテリートラブルが発生したときのことを考えると、購入は躊躇してしまうのです。

これを考えると現行生産車の中ではバッテリーが助手席シート下にある、ハイゼットカーゴ/アトレーの方が良いかもしれないのです。

ハイゼットカーゴ/アトレーのタイヤサイズはアトレー上級グレードの165/65R13が最大サイズです。

これに155R12を履くと、やはり当たってしまうことが懸念されます。

RD604V155R12を在庫しているタイヤ店があれば、在庫品をバモスのフロントフェンダーにあてがって、現物合わせができます。

しかしこうした不整地/泥濘地用タイヤを標準在庫しているタイヤ店は、私の知る限りではなかなかありません。

冒険は避けてバモスに確実に装着可能なダンロップTG4、145R12でいくか、一か八かの賭けに出てRD604V155R12を発注するか、結論が下せない今日この頃です。




No.31 19/06/25 21:36
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

さて、件のクラウンRSですが、本日ディーラーより連絡があり、私の予想通り当初の予定であった今月中の納車は陸送の関係(元町工場→茂原市(納車整備?)→ディーラーと言うルートの模様)でギリギリ間に合わず、7/6(土)納車の運びとなりました。

だからと言って、現在のゼロクラウンは決して粗末に扱わず、クラウンRSの納車日まではこれまで通りキチンと管理します。

そろそろ、クラウンRS用のスタッドレスタイヤ/ホイールセットの調達を考えなければなりません(シーズンオフでないと割高な為)。

No.32 19/06/26 10:05
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 31
私の方は相変わらず優柔不断なままです。

タイヤショップに行っても例のブリヂストンRD604V 155R12を思い切って発注する勇気が湧きません。

ならば無難なダンロップグラントレックTG4 145R12を発注しようかと思っても、カタログデータを見る限りではRD604Vの155R12ならば装着できそうにも思え、発注できません。

「装着してみないことには何とも申し上げられませんね。私共の立場としてはお勧めできるのは、やはり145になります。そこをどうしても敢えて155をお試しになりたいのでしたら、お客様の自己責任でということになります」

「RD604Vの155R12の在庫があれば装着しないまでも、あてがってみれば当たりそうか否かか、おおよその見当がつくんですけど」

「RD604Vは特殊なタイヤですから取り寄せになります。あれを標準在庫しているショップはなかなかないと思います」

こんな具合で、未だに季節外れなVRXを履きっぱなしです。

梅雨のさなか、ひと雨毎に灼熱のアスファルトに近付きつつある東名高速ではバーストが怖く、100km/h巡行ができません。

左車線を70~80km/hで流しており、結果的には燃費が良くなるという副産物を享受している今日この頃です。




No.33 19/06/27 01:42
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 32
それにしても「クラウンRS」というのを聞くと私のような爺は、中古車情報誌のインデックス欄に記載されていた「ロイヤルサルーン」の略や、初代観音開きモデルや往年のタクシー仕様車の型式を思い出してしまいます。

車のグレード名としては、かつてのスカイラインRS=レーシングスポーツや、シビックRS=ロードセーリングも思い出してしまいます。

なんでも「ランナバウトスポーツ」の意味だそうですが、もはや脳味噌に生えかけたカビが邪魔をしてしまい、時代の変化についていけません(笑)。




No.34 19/06/27 21:12
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 33
確かにS22#(3,500ccハイブリッド及び2,000cc直噴ターボ)&SH2#型(2,500ccハイブリッド)クラウンはグレード体系が大きく変わりましたから、『ランナバウトスポーツ(RS)』と言う単語が非常に新しく感じますよね。

正直、私も当初は『レーシングスポーツ』の頭文字だと思い込んでいました。

ところが、『ランナバウト』と言う単語自体はトヨタでは決して新しい単語ではないんです。

『ミッドシップランナバウト2』…

つまり、W1#又はW2#型のMR2がそれです。

恐らく、後継モデルのMRSもほぼ同じ意味だと思います。

No.35 19/06/28 13:03
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

訃報。

俳優の高島忠夫氏がお亡くなりになりました。

高島忠夫氏と言えば、初代RT6#/7#系コロナマークIIのCMキャラクターで、妻の寿美花代氏と共演されていました。

RT60マークIIはこの当時、私の父親の愛車でもあり、私にとって思い出深い車でもあります。

享年88歳。

ご冥福をお祈り申し上げます。





No.36 19/06/29 21:08
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

今、巷ではG20サミットの話題で持ちきりです。

私はG20という言葉を聞くたびに、初代C30、2代目C130ローレルに搭載されていた、直列4気筒2000ccOHCエンジンを思い出してしまいます。

G7という言葉を聞いても、やはりサミットよりもプリンスグロリアスーパー6や縦目グロリアに搭載されていた、直列6気筒2000ccOHCエンジンを思い出してしまいます。

いずれも私の脳味噌に生えた、カビの作用によるものなのであります(笑)。

それにしてもG20型エンジンはローレル専用エンジンで、ハコスカやケンメリへの搭載がなかったのは、ちょっと意外という気もします。




No.37 19/07/01 00:39
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 31
そう言えば…

実はクラウンRSで1つだけ出来ないコトがありました。

全グレード共に『字光式ナンバー』の装着が出来ないのです。

詳しくは聞きませんでしたが、どうも『インテリジェントクリアランスソナー(衝突軽減装置?)』が誤作動を起こすらしいのです。

最近のクルマで字光式ナンバー装着車が少ないのはひょっとするとこの様な安全装備に何らかの悪影響を及ぼす可能性があるのかも知れません(輸入車の場合はアフターパーツの電装品の取付による配線の追加自体がヤバいと聞いたコトがある)。

No.38

削除されたレス (自レス削除)

No.39 19/07/01 06:33
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 37
他にも、いわゆる自動ブレーキ装着車はタイヤサイズをメーカー指定外のサイズに変えたり、車高をローダウンしたりハイアップするなどしても誤作動を起こすことがあるということを聞いたことがあります。

バモスは自動ブレーキなど付いていないのですが、現在装着中の5J13インチホイールと155/70R13VRX(外径555mm)の組み合わせは、スペアタイヤ収納部に収めるには、外径、太さ共に、やや無理があることが判明致しました。

少なくとも4、5J13インチホイールと、165/65R13ダンロップDSX2(外径544mm)の組み合わせの方が無理はありませんでした。

ホイールだけでも5J(スバルプレオの純正品)から手持ちの4、5J(旧タウンボックスの純正品)に戻そうかという考えが脳裏をよぎると共に、迷っていた例のブリヂストンRD604、155R12(外径553mm)は止めて、無難なダンロップグラントレックTG4、145R12(外径547mm)にしようかと思っております。

因みに155/70R13タイヤは、ホンダの純正オプションサイズです、

それがスペアタイヤ収納部に収めるのに外径に問題があるというのは、一般的にこのサイズ表記のタイヤは外径がせいぜい548mmぐらいなのに対し、VRXは555mmもあるからと思われます。

次回のスタッドレスタイヤ選定の際は敢えてVRXは避けて、外径が548mmぐらいのものを探すことを考えております。

リム幅についてはバモスの標準の12インチホイールは3、50Bで、オプションの13インチでさえも4、00Bなので、5Jのホイールは太過ぎたのでしょう。

バモスのスペアタイヤは、助手席床下に下側から出し入れするタイプです。

一般的な乗用車のようにカーゴスペース床にスペアタイヤ収納用のバケット?があるタイプではありませんので、規格外の多少大きなタイヤや太いホイールでも融通性があるのではないかと、ちょっとタカをくくっていたのですが、現実は思いのほかシビアだったようです。

リム幅も4、5Jではなく、4J(4、00B)にした方が更に無難かもしれませんが、155タイヤとの組み合わせでは最低限、4、5Jのリム幅が欲しいのが私の個人的な好みです。





No.40 19/07/02 22:23
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 39
クラウンRSに至ってはスペアタイヤ(テンパータイヤ)自体標準搭載されていません(オプション)。

簡易的なパンク修理キットが付属しているのみです(笑)

テンパータイヤでさえオプションですから、純正サイズのタイヤ(※)なんてスペアタイヤとしてはまず搭載出来ないでしょうね。

特に、今回私が購入したクラウンRSはハイブリッドですのでカタログを見る限りではメインバッテリーがトランク下にありますので尚更です。


※クラウンRSの純正タイヤ/ホイールサイズ

225/45R18 91W

18-8JJ 5H-114.3 INSET45㎜

No.41 19/07/06 14:08
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

クラウンRSですが、無事に納車致しました。

25年ぶりの新車(ST191型コロナSF以来)となります。

慣らし運転がてら、早速スタッドレスタイヤ/ホイールセットを調達しました。

流石に18"となるとなかなかいいお値段ですが、私なりに何とか価格を抑えて調達しました。


内容は、

①タイヤ
BS BLIZZAK VRX
225/45R18 91Q

②ホイール
インターミラノ クレールDG10
18-8JJ 5H-114.3 INSET45㎜

です。

総額168,000円かかりました(・・;)

特に新品スタッドレスタイヤ/ホイールセットは遅くとも9月中に購入しないと高価になるばかりか、今年に至っては10月の消費税増税が控えていますのでかなり割高になってしまいます。

従って、本格的な夏前にもかかわらず早目に購入した次第です。

ホイールの意匠は、シンプルな10本スポークでカラーがダークグレーMのモノで、恐らく良くも悪くもなくごく普通にフィットするデザインです。

尚、ホイールの在庫がなかった為、現物は来週末になります。

No.42 19/07/06 14:47
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 41
で、肝心なクラウンRS(2.5Lハイブリッド)の私なりのインプレッションです。

スタッドレスタイヤ調達時に50㎞程度走らせたのですが、ハイブリッド特有の走行中のエンジン/モーターの切替時にごく僅かなショックが(特に登坂時に)発生すると言う不自然さやCVT特有のタイムラグがやや残るものの必要十分なパワーは確保されています(私個人的には概ねS15#系クラウンの2JZ-GE車相当と考えられる)。

特筆すべきはシャーシーの良さで、コーナリング時のステアリング特性がダイレクトで直進性も含めてかなり安定しています。しかも、タイヤサイズが225/45R18(BS REGNO GR001:クラウン専用タイヤ)と言うロープロファイルタイヤを履いているにもかかわらずこれまで乗っていたゼロクラウン(ロイヤルサルーン)よりも乗り心地が良い位です。

また、ドライビングポジションがこの手のクルマとしては低めのポジションですがキチンとキマる(スポーツカーに近いか?)ので下手すると5時間位ぶっ通しでドライブしても疲れ難いかも知れません。

そして、ハイブリッドの最大の強みである燃費が予想以上で、この50㎞程度の走行で燃費計で19㎞/Lと言うスゴい数値を叩き出しました(恐らく実燃費は17㎞/L位)。

結論としては、クラウンRSはドライビングを楽しむ為のスポーティーセダンであると言えますね。

No.43 19/07/07 04:38
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 42
まずはご納車、おめでとうございます。

ただ、せっかくの新車の納車日が、この悪天候というのは、他人事ながら残念に思います。

私だったらディーラーに「納車日をズラしてもらえませんか?」と、相談してしまうかもしれません。

220系クラウンの6ライトキャビンを見ていると、ST191コロナSFを思い出します。

なんだかそのフォルムには、どことなく相通じる共通性を感じるのです。

トヨタのDNA、血筋が流れているのでしょうか?

社外品ながら純正と全く同一サイズのホイールですね。

しかもそのデザインは、インターミラノクレールの方が純正品っぽく見えます。

純正品の方が、あたかも社外品のようです。

センターキャップの王冠マークを見て初めて「あ、これ純正品なんだ!」と、気付くようなデザインです。

燃費は羨ましい限りです。

バモスはどうあがいたところで、12km/Lがやっとです。

季節外れのVRXでバーストを懸念することから、東名高速でもサマータイヤならば100km/hで流すところを70~80km/hで流しております。

燃費は向上するはずですが、ここのところむしろ全般的に若干低下気味です。

スペアタイヤ収納部への収納にすら無理がある外径555mmが災いして、走行距離がやや少なめに表示されることからくる、数字上の問題と思われます。

早いところグラントレックTG4を発注したいと思いつつも、1日伸ばしになっている今日この頃です。





No.44 19/07/07 07:18
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 43
梅雨時ですから天候ばかりは仕方ないですね(^_^;)

私は3,500㏄車を選択しなくてホントに良かったと思っています。

3,500㏄車の場合、RSアドバンスを含めて全グレード共に18"となるワケですが、フロントブレーキにビッグキャリパーが装着されている為、無闇矢鱈にアフターパーツ品のホイールは装着出来ません。

キャリパーとホイールが干渉してしまう為です。

当然ながら、ホイールの選択肢がある程度狭まり(ビッグキャリパー対応品でないとならない)、場合によってはかなり高価になります。

仰る通り、220系クラウンは6ライトウィンドウを採用しています(4ドアセダンとと言うよりも(メルセデスCLAの様な)4ドアクーペに近い)。

しかも、クラウンの象徴であったCピラーの王冠マークがありません(オプション)。

私個人的な指摘ですが、リアドアウィンドウの三角窓周辺がやや忙しいデザインになっているのがデザイン上の欠点の様な気がします。

で、大抵の日本人が好むディーラーオプションのサイドバイザーは私はあまり好きではない為(余計な空気抵抗をかけたくない)、装着しておりません。

従って、私のクラウンRSはカタログの写真まんまとなっています。

インテリアに目を向けると、これまでのクラウンと違い天井やピラーも含め殆どブラック1色(標準の場合)のインテリアカラー(RSグレードはカーボン調パネルを一部使用)と言うコトもあり最早スポーツカーのインテリアとなっています。

ステアリングも本革巻の3本スポークとなっています(ウッドコンビステアリング等のオプションは一切設定していない:しかもハイブリッド車はステアリングヒーターを装備している為アフターパーツ品の装着も不可能)。

で、私がまだ実用上戸惑っているのがパーキングブレーキで、220系クラウンのパーキングブレーキは自動ロック/解除となっており、DレンジやRレンジにすると自動で解除され、Pレンジにすると自動でロックされる仕組みです。

まぁ、何はともあれ、取扱説明書が600ページを超える代物なので、クラウンRSの一通りの装備を使いこなすのは至難の業であり遥か先になるでしょう(笑)

No.45 19/07/08 00:23
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

更にビックリしたのがナンバーです。

クラウンRSでは希望ナンバーを取得したのですが(ゼロクラウンと同じ数字を希望した:語呂合わせ等の小細工はしていない)、種別番号が変わったのみで、4桁の数字は勿論、選べないハズの頭文字がゼロクラウンと一致したと言うミラクルが起きたのです(ホントの話です(笑))。

もしかしたら、ゼロクラウンから取得しているナンバーは私にとって縁起がいいのかも知れません(笑)

No.46

削除されたレス (自レス削除)

No.47 19/07/09 01:09
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 45
さ   す せ そ = 4

た ち つ て と = 5

な に ぬ ね の = 5

は ひ ふ   ほ = 4

ま み む め も = 5

や   ゆ   よ = 3

ら り る   ろ = 4

4+5+5+4+5+3+4=30

1/30の確率ですね。

天文学的確率ではありませんので、起こり得る確率かとは思います。

こうしたことは銭無さんは、ご存知かと思いますが、ここのスレ/レスはインターネットが使える環境下でしたら誰でも閲覧可能です。

そこで一応、敢えて補足説明させていただきます。

まず「あ行」と「か行」は、普通車の場合、タクシーなどの営業用車=即ち緑ナンバー車専用となっており、自家用車は軽自動車以外には存在しない平仮名です。

「し」は「く」と誤認しやすいことや「死」を連想させることから省かれています。

「へ」は「屁」を連想させることから省かれています。

「れ」「わ」は、レンタカー専用です。

「を」は、私の知る限り営業用車の字光式ナンバー以外、見たことがありません。

「ん」は、単独では発音しにくいことから省かれています。

尚「ろ」は、かつては字光式ナンバー専用にあてがわれていましたが、現在では希望番号制の場合、必ずしも字光式とは限らなくなっているようです。

米軍基地のある地域で時折見かける、平仮名箇所がアルファベットになっている車は、米軍関係者の車です。

銭無さんは、私なんぞよりも遥かに、お詳しいお方です。

至らない点がございましたら、加筆訂正していただければ幸いかと存じます。





No.48 19/07/10 21:59
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 47
『を』は、私の身近なトコロで過去に字光式ではない通常のナンバーが存在していました。

まだ希望ナンバー制を導入されていない頃ですが、私の地元の『習志野』ナンバーで、分類番号11(大型トラック)及び22(大型バス)で実際に払い出されていました。

最近では、『〇〇30A』等の様に(〇〇は払い出された運輸支局名又は自動車検査登録事務所名)、分類番号にアルファベットが記されているモノも登場していますね。

当然ながら、今のところは全て(切り番や1ケタ等の)抽選を伴う希望ナンバーだけです。

No.49 19/07/11 19:52
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 48
字光式以外にも「を」は、あったのですね。

加えて「30A」というのは、今のところ抽選を伴う希望番号だけなのですね。

最近、私が管理する賃貸住宅の駐車場に停めてある車の買い替えがあり、新しいナンバーは、まさにその「30A」でした。

早速、仲介した不動産会社に報告致しました。

不動産会社は幾多の駐車場を取り扱っていますから、当然「30A」というナンバーの出現はご存知かと思いきや、初めて聞くナンバーとのことでした。

まだまだ珍しいのですね。

因みにその車種は、マセラティクワトロポルテから、ベントレーコンチネンタルGTCへの買い替えです。

いずれも珍しい車種ですので、これ以上詳しく書くと特定されかねないので、これぐらいにしておきます。

いつもいつも色々教えていただき、ありがとうございます。

話は変わりますが、本日、バモスをカスタマイズ致しました。

と言っても、サイドモールを貼り付けただけです。

純正のオプション品で、スライドドアのレールを、そのまま前方にボディーサイドいっぱいまで延長したようなデザインです。

これによって今までスライドドアのレールが、やや取って付けたように目立っていたのが、モールと併せてその一部のようになり、むしろスッキリとしました。

加えて全体的にも、ちょっと豪華な雰囲気になりました。

私が28番のレスに挙げたエブリイを購入するのは、かなり先のことになるでしょう。

当面はバモスのカスタマイズを、随時行っていくつもりです。





No.50 19/07/13 19:55
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 49
分類番号にアルファベットが登場した経緯は、何のコトはありません。

数字を(300〜399)使い切っただけの話です。


クラウンRS辺りになると、最早ドレスアップと言う言葉は無縁と言っても過言ではありません(笑)

現在のクラウンRSにて私がやっているドレスアップ?は、

①ドライブレコーダーに付属していたステッカー貼付け(リアウィンドウ)

②ルームミラーにブルー鏡のワイドミラー取付(JZX100マークIIの時から愛用(笑))

③フューエルキャップにTRDロゴのガーニッシュ貼付け(カラーは赤:ディーラーオプション)

位で、③に至っては見えないトコロのオシャレ的なモノで、ゼロクラウン迄のクルマに装着していたナンバーフレームも今回は装着していません。

ナンバーフレームの場合、2021(R3)年からは保安基準が厳しくなると言う事情もある為、今回は装着を見送った次第です。

で、クラウン辺りになるとほぼ当たり前となるウィンドウフィルムですが、今回は敢えて施工致しません。

ドライブレコーダー(前後2カメラタイプ)を装着している為で、ドライブレコーダーを実際に後続車に視認させて煽り運転等に対する抑止力を狙っている為です。

万が一、迷惑運転されたならば録画したデータを警察に提供すれば迷惑運転したドライバーを検挙(場合によっては逮捕)出来るのです。

実際、かなり効果が認められ、後続車は接近して来ません。

本日、かねてより購入していたスタッドレスタイヤ/ホイールセットを持ち帰って参りました。

ホイールなんですが、10本スポークデザインでカラーはダークグレーと言うコトですが、思ったよりも黒っぽくなく(僅かにブルーがかったカラー)、落ち着いたカラーです。

試しにクラウンRSにフィッティングしたのですが(純正タイヤの前に置いてみた)、純正のスパッタリング仕上げの5本スポークホイールよりも純正らしく見えるのです(笑)

リアは4本出しマフラーなのですが(勿論純正です)、デザインだけでなく、エンジン稼動時は意外とスポーティーな音(音量は決して大きくないのである意味私好み)を出します。

このコトからも、クラウンRSはデザインの完成度が高くてドレスアップは不要なクルマと言えます。

No.51 19/07/13 22:01
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 47
レンタカーでは、登録車の場合、北海道地区で『れ』となり、それ以外では『わ』となりますね(軽自動車の場合は一律『わ』のみだと思った)。

そして、軽自動車の事業ナンバーでは、頭文字は『り』と『れ』が割り振られています。

分類番号では、百位(1桁目)が『4及び6(小型貨物)』、『5及び7(小型乗用)』、『8(特装車)』のうち、十位(2桁目)が『8』及び『9』が軽自動車に割り振られています。

極め付けのコアな割り振りでは、

〇〇405
る XX-XX

です(〇〇は陸運支局名もしくは自動車検査登録事務所名でXX-XXは…1〜99-99)。

ズバリ、この割り振りはオート三輪トラックの割り振りです(コレを知っている方はごく少数)。

本来、オート三輪トラックは分類番号『6』を割り振られていましたが、登録台数が著しく少ない為、現在では小型貨物の『4』の続番として割り振られています。

その為、オート三輪トラックについては現在では上記のナンバーが割り振られているのです。

因みに、分類番号『7』は元々はオート三輪乗用車(主な車種はダイハツ Bee)に割り振られていたのは周知の通りです。

No.52 19/07/13 22:17
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 50
やっぱりそうですか。

あのホイールは純正品と社外品が、あたかも逆のように見えます。

私のバモスは先日の純正サイドモールの取り付けに続き、いささか太過ぎてスペアタイヤ収納部への収まりに無理があったスバルプレオ純正5Jホイールを、再び旧日産クリッパーリオ純正4、5Jホイールに戻しました。

インセットが46mmでハミ出しは全くなく、元々軽ワンボックス用にデザインされていますので、寸法的にもデザイン的にもバモスにピッタリだと思っております。

しかし何故かバモス/アクティバンに、この旧タウンボックス/クリッパーリオ用のホイールを装着しているのは自分の車以外、見たことがありません。

ディッシュタイプのデザインですので、ブレーキダストの清掃作業も楽々です。

ただこのホイール、唯一の欠点は、センターキャップがホイールの内側からはめてスプリングで留めるタイプであることです。

走行中の不用意な脱落の心配は皆無ですが、ホイールバランスを取り直すたびに、バランサーに掛ける都合上、作業担当者に、この一種独特ともいうべき、ある種特異なセンターキャップの仕組み、取り外し方を説明しなければなりません。

何しろこのホイール、私自身数年前の購入直後はセンターキャップの取り外し方が判らず、日産ディーラーにホイールを持ち込んで尋ねたぐらいです。

ところが日産ディーラーのツナギを着ているメカニックの方も取り外し方が判らず、ホイールをしげしげと眺めてようやく仕組みが判ったのです。

このとき日産ディーラーのメカニックは
「このタイプは初めて見た」
と、おっしゃっていました。

まあ旧クリッパーリオは日産製ではなく、三菱タウンボックスのOEMです。

当初は三菱ディーラーの専売車種だったのが、カルロスゴーン氏の意向で後手後手に日産へのOEM供給が決まった代物です。

尚、このホイールはエンケイ製ですが、この一種独特なセンターキャップをエンケイが考えたのか? 三菱が考えたのか? は謎です。

いっそのこと外付け式の汎用センターキャップと替えてみようかという考えも脳裏をよぎります。

ただ内径44mmといういわば極小の汎用センターキャップが存在するのか否かかは判りません。

因みにハブ穴径は56mmとバモスにジャストフィットで、ハブリングを必要としません。




No.53 19/07/13 22:33
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 51
もっと言っちゃうと、ダイハツBeeは現存台数は僅か3台で、うち1台はダイハツが所有しています(静態保存)。

カッコ書きの注釈を入れたワケは、実は動態保存車がたった1台だけ存在する為で、実際にナンバーを取得して公道走行が可能な状態です。

因みに、分類番号は画像では『〇〇530(小型乗用登録:ほぼ間違いなく希望ナンバー)』となっています(首都圏ナンバーなのだが地名を出すと特定されてしまう危険がある為伏せました)。

No.54 19/07/13 22:51
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 51
ありがとうございます。

確かに黒ナンバーの軽自動車は「り」と「れ」ですね。

言われるまで、気づきませんでした。

オート三輪トラックのナンバーの「405る」も、知りませんでした。

オート三輪トラックと言えば、子供の頃にマツダとダイハツの6ナンバーを見て以来、お目にかかったことがありません。

ダイハツBeeは知識としては7ナンバーになることは聞いておりましたが、モーターショーなどのイベント以外では見たことがなく、ナンバー付きを見たことがありません。

ただ7ナンバーの三輪乗用車は、大型バイク(ホンダのゴールドウイングGLが多い)をベースに改造したトライクでは見たことがあります。

因みに北海道のレンタカーのナンバーが「れ」になっているのは、60年?ばかり前、東京霞ヶ関の運輸省でレンタカーのナンバーは「わ」と決めて全国の支局にファクシミリで通達を出したところ、当時のファクシミリは性能が悪く画質が不鮮明で、北海道の支局で「わ」を「れ」と勘違いしたことが発端になっているという話を聞いたことがあります。




No.55 19/07/13 23:24
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 54
実は、千葉県ではオート三輪トラックが現存しています。

しかも、私が目撃した時点では現役で稼動していました(マツダT2000若しくはT1500)。

ナンバーも現在の割り振りである『405る』だったと思います。

No.56 19/07/14 07:38
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

さて、クラウンRSを迎えて1週間が経過し、クラウンRSの使い勝手等が分かって来ました。

シャーシーが良く尚且つドライビングポジションがキマる(ドライビングポジションがキマらないといくらプロのテストドライバーでもニュルブルクリンク北コースを全開ではまともに走れない)のは先述の通りです。

そして、乗り心地が良いのも先述の通りです(今にして思うとゼロクラウンはピッチングが多いクルマだった)。

クラウンの18"タイヤ装着車の最小回転半径は5.5mなのですが、それなりに小回りが利くものの、以前のゼロクラウン程の小回りは利きません(恐らくボディーサイズ(ゼロクラウンよりもほんの少し大きい)やタイヤサイズに起因している)。

室内スペースは十分な余裕があり、スポーティーなクルマにもかかわらず意外とタイトではないのですが、運転席周りのデザインはコックピットとも言えるデザインで、これまでのクラウンとは全然違います。

実用上でのウィークポイントはオーディオの音場で、スーパーライブサウンドシステムを標準装備していますが、イマイチ臨場感に欠けるのです。

前後左右バランスがノーマルのど真ん中だとフロント側が重過ぎて特に低音域を担うリア側が希薄で、イコライザー非装着と言うコトもあり音質がやや軽い傾向があります(恐らく低音域を担うリアスピーカーがあまり強力でない上に運転席よりかなり遠い位置にあるのも原因かと)。

従って、音場のセンターをリア側に持って行くコトになりますが、それもかなりリア側で、センターが室内長の最前部から3/4辺り(リアシートのど真ん中辺り)だけがスイートスポットとなり、ちょっとでもずらすと一発でチグハグになります。

あとは、7/28の1ヶ月点検時にあくまでも私の好みですが、以下の設定をディーラーにて変更する予定です。

①電動格納式ドアミラーはオートで作動するが、現在のスマートキーのロック/アンロック連動からメインスイッチ(通常のガソリン車のスタータースイッチに相当)ON/OFF連動に変更

②悪天候時に(厳密にはワイパー使用時に)ヘッドライトも含め灯火類を無条件で点灯する様に変更(欧州車に近い設定:私は悪天候時は昼夜問わず点灯する為)

No.57 19/07/14 10:03
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

ダイハツBeeは、あのトヨタ博物館でさえも所蔵していない極めつけの超希少車ですね。

トヨタ博物館のトヨダAAはレプリカとのことですが、トヨタ博物館が子会社ダイハツの許可を取って、ダイハツBeeのレプリカを作ってくれたらなどと思ってしまいます。

横浜では排気ガス規制で車検が取得できませんので、オート三輪トラックは見かけません。

ただ荷台を潰して最大積載量ゼロにすれば、乗用車扱いで登録できるはずですが、これも見たことがありません。

排気ガス規制が緩い静岡でも走っている姿は、見たことがありません。

でも確か修善寺から沼津へ向かう途中で、ダイハツ製だったと思いますがミゼットより更に旧い、バイクの前半分の後ろにリヤカーを付けたような形のオート三輪が保管してあるのを見たことがあります。

それにしてもかつてはマツダとダイハツはライバルで、ホンダとスズキがライバルでした。

そしてトヨタのライバルは日産でした。

1969(昭和44)年頃でしたが、ホンダは原付バイクのダックスホンダのCMで、RT7#系のマークIIをモロに登場させて、ダックスがマークIIのトランクに入ることを売り物にしていました。

ホンダは自社製品のダックスと併せて、ボランティアでマークIIのCMもやっているような感じでした。

当時トヨタとホンダ間に競合車種は殆どなく、異業種のような間柄だったのでしょう。

ダイハツも1976(昭和51)年頃でしたが、当時2ストロークエンジンしか持たなかったスズキに、マックス550の4ストロークエンジンを供給して、フロンテ7Sに搭載していました。

当時のダイハツは、スズキをライバル視していなかったことが伺えます。

今やホンダのライバルはトヨタです。

ダイハツのライバルはスズキです。

トヨタにとって、もはや日産は眼中にない気配すら感じます。

時代の変遷と共に企業間のライバル関係をも変わってきたのですが、隔世の感があります。




No.58 19/07/14 10:34
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

クラウンRSを所有していてふと考えたのが、あまりお世話になりたくない『パトロールカー』の次期モデルです。

パトロールカーでの現行モデルであるS21#系では、警邏向がロイヤル系GRS210型(2,500cc)、交通機動隊向がアスリート系GRS214(3,500cc)となっています。

警邏向と交通機動隊向が別グレードになっている理由は市販車の搭載エンジンの排気量と関係があり、交通機動隊向のパトロールカーは特殊な場合(GC8インプレッサ(2,000cc)やR32GT-R(2,600cc)等の例もある)を除いて排気量が3,000cc以上と定められている為で、市販車で3,000cc以上のモデルはS21#系ではアスリート系にしか存在しません。

よって、白黒覆面関係なく交通機動隊向はアスリート系ベースなのです。

クラウンのパトロールカーは市販車で言う『後期型』しか存在しないのは周知の通りです。

あと2年も経てばS22#(又はSH2#)系に移行すると思われます。

そこで、パトロールカーの次期モデルを私なりに勝手に推理してみました(笑)

①警邏向
型式はARS220(2,000ccガソリン車)若しくはAZSH20(2,500ccハイブリッド車)で
ベースとなる市販車のグレードは標準グレードのS又はボトムグレードのB(ARS220のみ)

②交通機動隊向
型式はGWS224(3,500ccハイブリッド車)でベースとなる市販車のグレードは標準グレードのS又はスポーティーグレードのRS

この様に予想したのですが、S22#系では3,500cc車はS21#系と違って標準グレードとRSグレードの両方に存在します。

予想が難しいのは交通機動隊向で、足回りのセッティングが標準グレードとRSグレードでは違う為、どちらのグレードがベースとなるか未知数です。

GWS224(3,500ccハイブリッド車)のパトロールカーが実際に登場となった場合、市販車よりも装備が簡素化される為車重が軽くなり、更に最大出力264kw(359PS)と言う性能を考えると恐ろしく速いパトロールカーとなるでしょうね。

No.59 19/07/14 18:37
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 57
現在の日本市場ではトヨタとホンダはかなり差が出ていますね(完全にトヨタの圧勝)。

まず、トヨタですが、主力であるハイブリッド車のラインナップが充実しているのが最大の特徴であり尚且つ強みです。

ハイブリッド車を列挙すると、ヴィッツ、アクア★、シエンタ、カローラフィールダー、CH-R、RAV-4、プリウス★、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、エスティマ、アルファード/ヴェルファイア、カムリ★、クラウン、センチュリー★、営業車であるジャパンタクシー★等、錚々たる顔ぶれです(★印はハイブリッド車のみラインナップ:高級ブランドのレクサスはここでは除外)。

センチュリーは別としても、基本的には何れも街で見かけない車種ではありません。

注目はカムリで、カムリは世界戦略車(EUではある程度販売台数が見込めたアベンシスの後継車種となっている程)である為かなり車格の大きいセダン(クラウンとほぼ同等のサイズ)ですが、あまり重要視されていないであろう日本でもまあまあ売れています(恐らくかなりの顧客がマークXに見切りを付けて流れて来た)。

これに対して、ホンダは残念ながら軽自動車のNシリーズ(一番売れているのはN-BOXカスタム)とコンパクトカーのフィットしか販売台数が見込めない状況で、その次にフリードやヴェゼルが多少頑張っている程度です(いずれも普通車はハイブリッド車がラインナップされている)。

かつて売れ筋だった2大ミニバンのステップワゴンやオデッセイはかなり悲惨な状況で、ステップワゴンはトヨタノア3兄弟や日産セレナに顧客を掻っ攫われ、オデッセイに至ってはかつて販売されていたエリシオンとの統合による高級化が仇となった形です。ステップワゴン、オデッセイ共にハイブリッド車がラインナップされていないのも不利に作用しています。

他、インサイト、アコード、レジェンドと言ったセダンは風前の灯です。

再びラインナップされたシビックについても車格が大きくなり過ぎて尚且つ高価ですのでこちらも期待薄です。

決してトヨタを持ち上げるワケではありませんが、最早トヨタのライバルは日本メーカーではなく、ダイムラー、VW/アウディグループ、BMW、GM等と言った欧米の主力メーカーであると言っても過言ではないでしょうね。

No.60 19/07/15 01:41
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 58
220系クラウンはスタイリングからして、パトカー仕様は想定していないという噂もあるようです。

ただ210系登場時にも言われていましたので、こうした噂は、あまりアテにならないと思います。

それにしても210系で驚いたのは交機/高速隊用に、アスリートを用いたことです。

3500ccがアスリートしかないからとのことですが、国費モノは市販車をあとから改造して仕立てるわけではなく、最初からパトカー仕様で作られます。

かつての交機/高速隊用のクラウンやセドリックは、内外装はタクシー仕様に準じていながらにして、エンジンは2800や3000ccというパトカー専用仕様でした。

ですから外装はロイヤル仕様で、エンジンはアスリートというパトカー専用仕様を作ろうと思えば作れたはずです。

警察はアスリートのようなヤンチャな佇まいは毛嫌いすると思っていたので、意外でした。

ヤンチャな仕様を好むのは、西部警察だけと思っていたからです(笑)。

一頃、これから警邏用はレガシィになって、交機/高速隊用はマークXになるという噂もあったようです。

しかしレガシィの警邏パトカーは事実上、一発屋で終わりましたし、マークXは市販モデルの年内生産終了が決まっています。

まあ、捜査用はスズキのキザシを用いたりしていますので、トヨタ以外のメーカーになる可能性もゼロではないと思いますが、警察は保守的な組織ですので、当面、国費モノは警邏用、交機/高速隊用共にクラウンになりそうに思えます。

ただかつて警邏用はマークIIとスカイラインで、交機/高速隊用はクラウンとセドリックと車種が違うこともありました。

私個人的には警邏用パトカーは、ゆくゆくはミニバンに移行していくのではないかとも思っております。

かつて交機/高速隊向けにあったフェアレディZやスカイラインGT-Rは、性能的には申し分なかったものの、いかんせんボディー使い勝手が悪く、現場の隊員からは必ずしも評判は良くなかったと聞きます。

220系クラウンRS3500の動力性能はかつてのスカイラインGT-Rを上回っていると思われますので、4ドアの使い勝手の良さを併せ持つ、隊員にとっては理想的なパトカーになるかもしれません。





No.61 19/07/15 02:28
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 60
40年ばかり前の警邏用パトカーの謎です。

MX30マークII後期型に限り、ヘッドライト内側のスモールランプが、パトカー仕様だけはメッキのふちどりのみで中身は空っぽでした。

実際のスモールランプはチェイサー用のフロントコンビネーションランプを流用して、バンパーに組み込まれていました。

何故パトカー仕様だけ、それも後期型に限ってこういう仕様にしてあったのか?

40年を経た未だに謎です。





No.62 19/07/15 04:26
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 60
GRS214パトロールカーでもかつてのGT-Rの性能を上回っている可能性がありますね。

搭載エンジンは市販車と同じ2GR-FSE型で、燃料噴射方式は直噴とポート噴射併用のD-4Sで、最大出力は232kw(315PS)となります。

恐らく、スピードリミッター位は解除していると推定され(でないとスピードリミッターを装着していない(又は250㎞/hリミッターを装着している)輸入車に追い付かない)、上記の出力からすると最高時速は240〜250㎞/h程度だろうと考えられます。

もし、GWS224がパトロールカーに採用された場合、出力は更に上回る264kw(359PS)ですので、最高時速は確実に250㎞/hを超えるでしょう。

ただ、RSグレードを採用するかどうかは未知数です(市販車では標準グレードであるSにも3,500cc車がラインナップされている為)。

No.63 19/07/15 13:25
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

さて、クラウンRSに給油しました。

満タン法による実燃費を算出したいと思います。

条件は、

①走行モード NORMAL
②エアコン AUTO(設定温度24℃):前席集中モード
③走行条件 通勤及び短距離ドライブ(郊外の一般道及び市街地)
④路面状態 ドライ/ウェット:比率はドライ3ウェット7位

です。

422㎞走行し、22.46L給油致しました。

計算すると、

422÷22.46=18.788…=1/100以下切捨てで18.7㎞/Lとなります。

今回の給油時点でのクラウンRSの燃費計では19.2㎞/Lでしたので、0.5〜1㎞/L程度の誤差があります。

予想よりも低燃費です。

燃費は外気温等も影響して来るので一概には言えないのですが、通勤だけでも18㎞/L位は走れると思います。

ゼロクラウンと比較すると、給油量がゼロクラウンの60%弱位で、燃費はゼロクラウンの1.9倍程度、更にガソリン代は1ヶ月平均ほぼゼロクラウンの半額(ゼロクラウンはハイオク指定だがクラウンRSはレギュラー指定)と言う計算になります。

No.64 19/07/16 01:01
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 60
もう一つ、交通機動隊向覆面車がアスリートモデルになったのは、隠蔽性向上も狙っていたと思います。

S210系は市販車ではアスリートモデルの方が売れていたハズです。

交通機動隊としても、当然覆面車であるコトが分かり難い方が好都合ですから、出回っているアスリートモデルをベースに開発したのではないかと思います。

その証拠に、GRS214覆面車にはグレードエンブレムがしっかり取付けられています(実際に昨年常磐道で『ATHLETE S』エンブレムを取付けた覆面車に遭遇した)。

ただ、ちょっとだけ注意深く観察すれば覆面車であるコトが直ぐに分かります。

覆面車も市販車と同じ225/45R18サイズのタイヤ(主にPOTENZAが多い模様)を履いており、アルミホイールも市販車と同じ形状のモノを履いています。

しかし、仕上げが違い、市販車のスパッタリング仕上げに対して覆面車では通常のシルバー塗装仕上げになっているのです。

寧ろ、外見では先代のGRS202覆面車よりも分かり易い位です(変なところをケチるからバレバレ(笑))。

まぁ、覆面車は何となく異様なオーラが出ていますから外見を観察しなくても雰囲気で分かりますけどね(笑)

No.65 19/07/16 23:50
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

ちょっと遅ればせながら報告です。

バモスは去る7月9日(火)19:00、静岡県伊豆市柏久保119付近路上にて、走行距離170000kmを達成致しました。




No.66 19/07/16 23:59
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 35
引き続いて、また訃報です。

去る7月12日、女優の純アリスさんもお亡くなりになりました。

純アリスさんと言えば1977(昭和52)年頃の、三菱ランサーセレステのCMキャラクターでした。

「妹は20才」というキャッチコピーで、20才ぐらいの妹を持つ、若い男性向けの車として販売していました。

享年66歳。

死因は癌とのことです。

高島忠夫さんに続いて、思い出深い車のCMキャラクターがまたひとり、逝ってしまいました。

ご冥福を、お祈り申し上げます。





No.67 19/07/17 00:13
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 64
それにしても最近は、アルミ地肌そのままのアルミホイールは見かけませんね。

私が初めて入手したアルミホイールは、GX71に装着したS130フェアレディZターボ用、日産純正ホイールでした。

スパッタリングは愚か、シルバー塗装もバフ掛けすらもしていないアルミ地肌そのままのホイールでした。

それが最近のホイールたるや現在、静岡県のガレージ内で休眠中ですが、ブリヂストンのジーロYT6という、ブリヂストンがスタッドレスタイヤ向けに販売していた、お買い得アルミホイールでさえも、シルバー塗装が施されています。

やはり、アルミ特有の白い粉を吹いたような腐食を懸念しているのでしょうね。




No.68 19/07/17 00:24
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 67
因みに現在バモスに履いている旧クリッパーリオ用純正アルミホイールは雨水に濡れると、ところどころ表面が白くなります。

そして乾くと白いのがなくなり、元に戻ります。

表面にクリアー塗膜が塗布してあり、それが水分を含むことで白くなるようです。

製造元はエンケイです。





No.69 19/07/17 21:24
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 63
バモスでは、どうあがいても絶対に無理な数値です。

先日、高速道路をずっと左車線をキープしつつ70~80km/hでノンストップのまま数百キロを走るという、最も燃費に好条件な運転をしたのですが、それでも11、83km/Lでした。

先日お話した通り、バモスは外径548mmぐらいのタイヤが基本設計になっているところを、外径555mmのVRXがトリップカウンターの数値を少なめに表記させることから、こうした凶悪な燃費をはじき出すことと思われます。

本来の外径548mmぐらいのタイヤに履き替えれば、12km/L代になるでしょう。

しかしそれでも12km/L代です。

これ以上は、ちょっと無理という感じです。

転がり抵抗の少ないエコタイヤにすれば、更に伸びるかもしれませんが、静岡の敷地内の泥濘地対策を考えるとそれもままなりません。

季節外れのVRXから、サッサとダンロップグラントレックTG4を発注して履き替えれば良いのですが、例えこれを励行したところでクラウンRSの燃費には遠く及ばないことは明白です。

バモスの基本設計は、もはや20年前です。

加えてE07型エンジンは、ルーツを辿れば初代トゥディのE05型550ccエンジンのスケールアップ版です。


根本的な設計の旧さは、いかんともしがたいのでしょう。

因みに日本で唯一、120km/hの合法運転が可能な第2東名で120km/hクルージングをすると、8km/L程度しか走りません。




No.70 19/07/17 21:46
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 69
アクティバン/バモスの初期のモデルのタイヤは、145R12しか設定はありませんでしたね。

142R12はダンロップグラントレックTG4や、ヨコハマスーパーディガーY828のようなマッド&スノータイヤを除けば、外径542mmぐらいが一般的です。

基本設計は、このぐらいでしょうか?

それをたまたまタイヤハウスにちょっと余裕があったことを利用して、あとから外径548mmの155/70R13を設定したという方が正しいでしょうか?





No.71 19/07/18 00:32
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

ロールスロイスには何とも信じ難い、様々な都市伝説的神話があります。

その中のひとつに、メーカー指定工場以外でエンジンを分解することは禁じられているものの、とあるマニアが禁を破ってロイスのエンジンを分解したところ、コンロッドがクロームメッキされていたというのがあります。

私はいくらなんでも、作り話だと思っておりました。

ところがこの話、実は全く根も葉もない作り話ではないことがわかりました。

何でも外国のとあるショップで、壊れたロイスのコンロッドを土産品として格安販売していたのを買ってきた日本人の話があったのです。

一部が焼損していて、ゴゲて変色し、土産品としてわざわざアトからメッキを施したわけではないことが伺える品物だそうです。

ピカピカになっていて、あたかもクロームメッキを施したかのごとく見えるのですが、実はメーカーで入念に研磨して鏡面仕上げを施してあるそうです。

鉄の地金にもかかわらず、錆びないそうです。

これをクロームメッキと勘違いした人がいても、おかしくないはずです。

クロームメッキは事実ではないものの、鏡面仕上げを施してあることは事実で、全く根も葉もない全くの作り話ではないことが今更のごとく判明した次第です。





No.72 19/07/18 09:14
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 70
ダンロップグラントレックTG4はバモスに合うサイズは145R12しかなく、現在のVRXの155/70R13より幅が狭くなります。

ホイールも12インチになって軽量化され、転がり抵抗も少なくなるでしょうから、外径が小さくなることによるメーター上のカラクリだけでなく、実際の燃費も幾分か向上するでしょう。

ただそれでも、クラウンRSの燃費には遠く及ばないものです。

私は伊豆スカイラインというワインディングロードを、しばしば走ります。

基本的に冬季はスタッドレスタイヤ155/70R13、ないしは165/65R13。

夏季はマッドタイヤ、ヨコハマスーパーディガーY828、145R12を履いておりました。

この組み合わせですと伊豆スカイラインでは、冬季のスタッドレスタイヤの方がコーナリング性能が良いのです。

マッドタイヤで13インチの偏平タイヤですと競技用ラリータイヤしかなく、一頃はヨコハマアドバンA031、165/65R13を履くという暴挙に出ておりました。

泥濘地に強い上に、伊豆スカイラインでのコーナリング性能にも優れておりましたが、買う前からわかっていたこととは言え、パターンノイズがあまりにもうるさい上に、僅か15000kmでスリップサインが出てしまい、再び夏季はY828に戻った次第です。

グラントレックTG4、145R12は未体験ゾーンです。

未体験だからこそ試してみたいのですが、良くも悪くもヨコハマY828と大差ないのは?とも思っております。





No.73 19/07/18 20:51
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 71
気筒数と排気量以外のエンジンの最大出力等の非公開も有名でしたね。

これについては、ロールスロイスは現在BMWの子会社である以上、BMWの本拠地であるドイツでは馬力課税ですので最大出力等を非公開にすると課税の根拠が見えない為、現在ではキチンと諸元は公開しています。

尚、現在VWの子会社であるベントレーについても同様です。

No.74 19/07/19 05:53
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 72
バモスの燃費は、かいつまんで申し上げると、だいたい以下の通りです。

高速70~80km/h巡行 = 12km/L

高速100km/h巡行 = 10km/L

高速120km/h巡行(第2東名) = 8km/L

市街地 = 6、5km/L

まあこの車が発売された1999(平成11)年は東名高速道路でさえも、軽自動車の100km/h走行は認められておらず、80km/h規制でした。

第2東名に至っては、道路そのものが存在しない時代でした。

海外への輸出もなく、国内専売車種です。

80km/h以下しか想定しておらず、高速燃費が悪いのは仕方ないとしても、やはり全般的に燃費は良くありません。






No.75 19/07/19 22:52
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 72
クラウンRSの新車装着タイヤはREGNOなのですが、市販のモノとはちょっと違います。

クラウンの18"車向けに開発された専用設計のタイヤで、ブランド名は『REGNO GR001』となります。

他、現行センチュリーにも同ブランドのタイヤが新車装着されていますが、センチュリー向けのモノはクラウン向けとはトレッドパターン及びタイヤサイズが違う為、全くの別物です(センチュリー向けのタイヤサイズは225/55R18 98H)。

クラウン用GR001は新車装着タイヤの割には高性能で、ドライでは比較的しっかりグリップします。

ウェットでは平均的と言ったところです。

新車装着タイヤと言えども、そこはREGNOですから、乗り心地と静粛性はしっかりと確保されています。

後は、どの位持つかですが、REGNO系はオゾンクラックが比較的早く発生する傾向にありますので、初回の車検を迎える3年後が要注意です。

タイヤ交換時期が来たら、私は恐らくREGNOは選択せずにPIIOT SPORTS若しくはPRIMACYを選択する可能性が高いと思います。

No.76 19/07/21 17:12
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 74
軽自動車って、燃費では意外と普通車よりも不利ですからね。

バモス辺りの車重が重いクルマだと宿命でしょうね。

さて、1週間の片道約15㎞の通勤及び週2回のスーパーでの買物(要は普段使い)のみでの走行条件でのクラウンRSの実燃費ですが、今回の(殆どデータ取り目的)給油では約18.2㎞/Lとなりました(給油量は11Lちょっと)。

これから更に気温が上がってエアコンフル稼働となると恐らく18㎞/Lを若干下回る燃費になると思われます。

クラウンRSの実用上のウイークポイントも少しずつ見えてきました。

『とにかく洗車し難い』クルマなんです。

シュアラスターのゼロウォーター (親水性)を使用していて汚れが落ち易いコトもあり、ボディー本体はそれ程でもありませんが、ご存知の通りクラウンRSは前後のデザインや造形がやや複雑で、特にフロントグリルとフロント&リアバンパーのメッシュ部分の拭き取りが結構重労働です。

更に、当然ながらクラウンRSのドアロックはスマートシステムですが、解錠時はゼロクラウンと同じくスマートキーを携帯してドアノブを握るコトで解錠されますが、施錠時にドアノブの前部に触れるだけで施錠される様になっています(ゼロクラウンではドアノブに存在するボタンを押すコトで施錠)。

コレが洗車時は意外と厄介で、ドアノブ付近の洗車及び拭き取り時にその都度施錠されてしまうのです。

施錠をさせない様にスマートキーを車内に置いて洗車すれば施錠されませんが、今度はドアノブ付近の作業をするたびにブザーが鳴る有様(キー閉じ込み防止機能が作動)です。

かと言って、施錠しない様に気を付けてスマートキーを携帯して洗車の作業をしていると今度は施錠されていないと言う注意喚起メールが届きます(笑)

そして、ゼロクラウンよりもほんの僅か車体サイズが大きくなったコトもあり、自宅ガレージでの洗車はより狭い場所となりました(笑)

No.77 19/07/21 22:56
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 76
バモスの掃除で大変なのは、やはりルーフです。

脚立を使わずにルーフの掃除を行うには、タイヤの上に足を乗せて立ち上がったり、スライドドアを開けて靴を脱いで、後部座席の上に立つしかありません。

旧クリッパーリオの純正アルミホイールは、シンプルなディッシュタイプですので掃除は簡単です。

話は変わりますが、先のレスで述べたようにバモスのタイヤには、純正でサマータイヤ外径548mmの155/70R13の設定があります。

私のようなオタク族はともかく、そもそも一般的な普通の人は、自分の車のタイヤサイズなど知らないでしょう。

こうしたタイプのバモスのユーザーがスタッドレスタイヤを買い求める際、サイズやブランドの選定はショップ任せのはずです。

ショップの店員は顧客の愛車に装着されているサマータイヤのサイズを確認の上、同サイズのスタッドレスタイヤを選定/発注するでしょう。

外径555mmのVRXを発注した場合、いざという時スペアタイヤキャリアに収まらないことになります。

純正仕様でこうしたトラブルは、あってはならないこととも思えます。

そこで思ったのですが、もしかするとバモスの場合、145R12と155/70R13とでは、スペアタイヤキャリアの大きさが異なるのでしょうか?





No.78 19/07/22 10:12
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 77
加えて旧クリッパーリオ/タウンボックスのホイールにも疑問が残ります。

先のレスにも書きましたが、このホイールのセンターキャップは、内側からスプリングをはめたり外したりして脱着を行うタイプです。

でも多くのメカニックは、センターキャップを内側から外側へ突きます。

そのたびに私が
「このセンターキャップは内側のスプリングをプライヤーで外して内側へ取り外すタイプです」
と、説明しております。

ようやく構造を理解していただき、取り外しても、再装着の際、スプリングが上手くはめられず、私がメカニックに教えたり、代わりにはめたりします。

今や殆どの自動車ユーザーは、自分でホイールをハブから外した経験はないそうです。

私はたまたまオタク族だから、こうした事情を知っておりますが、一般的な殆どの人は、タイヤショップなどでメカニックがセンターキャップを取り外そうと懸命に内側から突いて、どうしても外れなかった場合、こんな顛末が予想されます。

「お客さん、このセンターキャップどうやって外すのですか?」

「センターキャップって何ですか?」

「この真ん中の三菱のマークが付いているところのヤツです」

「エ~ッ! アタシもそんなとこ外したことないしぃ~! わかんないです」

「普通は内側から棒で軽く突くだけで、外側にスポンと抜けるように簡単に外れるんですよ。でもコレっていくら突いても外れないんですよね」

「外さなきゃダメなんですか?」

「外さないとホイールバランスが取れないんですよ」

挙げ句

「お客さんすみません。センターキャップが外れないんで強く突いたらセンターキャップが割れちゃったんですよ。普通は軽く突いただけでスポンと抜けるんですけどね」

「じゃあ、取り替えてくれるんですね」

「これ古いから固着しちゃってたんですよ。普通は軽くスポンと抜けますもん。これ三菱の純正ですよね。当店では取り扱っておりませんので三菱のディーラーでお買い求め下さい。」

「弁証してもらえないんですか?」

「老朽化による固着ですからウチの責任ではありません。あれだけガチガチに固着しちゃってたら、どこのショップさんだって壊さない限り外れないはずですよ」

と、まあこんな妄想話が、現実にどこかで起こっているのでは? などと勘ぐってしまうのです。

それぐらい認知度の低い構造なのです。



No.79 19/07/23 00:13
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 78
本日、ホンダカーズに行ってきました。

バモスのスペアタイヤキャリアは1種類のみで、13インチ用というのはありませんでした。

元々アクティバン開発時にタイヤは外径542mmの145R12しか想定しておらず、この際にオフロードタイヤには外径548mmのものもあることからこの外径を基準というより上限として、スペアタイヤキャリアを設計したようです。

そして155/70R12のサマータイヤの外径が548mmだったことから、後手後手にオプション設定し、更には1部グレードに標準採用したようです。

従ってこの155/70R13のスタッドレスタイヤの中にある、外径555mmまでは想定していない設計だったということが伺えます。

次回のスタッドレスタイヤ選定時には、敢えて外径548mmのヨコハマアイスガード6あたりにしようかと思っております。



No.80 19/07/23 01:09
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 79
正誤表


155/70R13 = 正

155/70R12 = 誤




No.81 19/07/23 07:16
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 80
VRXにせよアイスガード6にせよ、サマータイヤにせよ、最近は左右非対称パターンのタイヤが増えています。

内側と外側が、予め決まっているわけです。

にもかかわらず、サイドウォールには内外共々、メーカー名、ブランド名、サイズなどが表記されています。

内側はツルツルのノッペラボウにしておいても良さそうなものですが、両側面に文字を表記してあるのは、偏磨耗等によって、敢えて内外を逆にして装着することなどを想定しているのでしょうか?

別に内側に文字があったから邪魔になるわけではありませんが、素朴な疑問です。




No.82 19/07/26 21:03
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 81
このたび、私の運転免許証が更新されました。

1ヶ月以上前に手続きは済ませてあったのですが、試験場ではなく警察署で更新手続きを致しまたので、ようやく新免許証が手元に届いた次第です。

とあることを、楽しみにしておりました。

5年前の更新時には設立されていなかった準中型免許が創設されたことで、これまで全14ヶ所あった免許証の取得欄が全15ヶ所になるはずだということです。

私の旧免許証の取得欄は

上段
大型/中型/ー/大特/大自二/普自二/小特

下段
原付/け引/大二/ー/ー/ー/ー

となっておりました。

ところが新免許証の取得欄は

上段
大型/中型/ー/ー/大特/大自二/普自二

下段
小特/原付/大二/ー/ー/ー/け引

となっているのです。

つまり若干レイアウトが変わっただけで、全14ヶ所の取得欄数は変わっていないのです。

新設された準中型免許は、中型免許と新普通免許の中間に位置する免許です。

準中型免許と新普通免許の違いは、最大積載量と車両総重量の上限の違いだけです。

つまり乗車定員10人以下という乗車定員の上限は変わりませんので、旅客輸送業務に従事する二種免許は準中型免許には制定されておりません。

よって、これまでの全14種類から全15種類に増えたことから、私は取得欄左側の「種類」の記載を、これまでの上下段に跨いだかたちから、上段部分のみに「種類」と記載し、その下半分を取得欄とすることで、全15種類の取得欄にするのではないか?と、予測しておりました。

しかし全14種類の取得欄数は、依然として変わっていないのです。

フルビットの運転免許証の場合、如何なるものになるか疑問が残ります。

調べてみたところ、下段右側の「け引」の1ヶ所の取得欄に「引 引二」と「け」を省略した上で、ダブルで記載するそうなのです。

これは、ちょっと意外な顛末でした。





No.83 19/07/27 07:48
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 82
そんなワケですので私の運転免許証は、全14ヶ所の取得欄のうち5ヶ所が歯抜け状態です。

現有免許より下位免許である、普通/中二/普二の3ヶ所は仕方ないにしても、大特二/け引二の2ヶ所は埋めたいという思いはあります。

しかし準中型免許の新設により、仮に大特二/け引二を取得しても、け引二は、け引と同一箇所に併記されてしまい、埋まるのは大特二1ヶ所のみで、残る4ヶ所は歯抜け状態のままです。

私は若い頃より「日本花子」の免許証のように、全ての取得欄を埋めることが夢でした。

だからこそ原付取得後に小特を取得したのです。

でも度重なる免許制度の改正に伴い、免許は次々と細分化され、どうしても空欄ができてしまいます。

20年程前でしたが、自動車雑誌「ベストカー」誌に究極の免許マニアが紹介されていました。

その方はまさに「日本花子」の免許そのもので、全ての取得欄が完全に埋まっていました。

その方も1996年の法改正により、自二が大自二と普自二に細分化され、下位免許である普自二欄が空欄になってしまいました。

そこでその方は、上位免許である大自二をわざわざ一旦返納した上で、改めて下位免許である普自二を取得してから上位免許である大自二を取得し直し、空欄を全て埋め尽くしたそうです。

恐らく、あの方は中型や準中型新設のたびに、上位免許返納→改めて下位免許から再取得を、繰り返しておられるのでしょう。

私は大二を取得する際にも、よっぽど普二を先に取得すべきか迷いましたが、普二を取得してから大二を取得するという、その手間の煩雑さに嫌気がさし、いきなり大二を取得するという「手抜き」に出てしまい、もはや取り返しがつきません(笑)。

この時点で私は既に腰抜け状態になっており「ベストカー」誌に紹介されていた、あのお方には頭が下がる思いです。

銭無さんは多分、ご存知かと思いますが、ここを閲覧なされる方の為に補足説明させていただきます。

「日本花子」とは、各地の運転試験場などの警察関係機関で一般向けに配布している、運転免許関連のリーフレットなどに掲載されている運転免許サンプル画像中の架空の女性です。

ただ架空とは言っても顔写真はCG合成とは思えず、実在するモデルと思われますが、全14ヶ所全ての取得欄が埋まったサンプル免許画像は「日本花子」という氏名からしても架空のはずです。




No.84 19/07/27 13:41
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 83
恐らく、『日本花子』さんは取り敢えず警察庁レベルでの美人を取っ捕まえて来たのだと思います(笑)

クラウンRSに、5,000円未満のドレスアップを敢行致しました。

内容は、

①TRDのエアーバルブキャップ取付(キャップのロゴはレーシーな赤を選択)
②TRDのロゴステッカーを30年愛用してる(笑)CDケースに貼付け(CDケースのカラーはブラック:元々はPIAAのステッカーが貼られていた)
③ドライブレコーダーステッカー取替え

と言う、結構セコい内容です(爆)

③は、元々付属していたステッカーを貼ってあったのですが、洗車時にうっかり剥がしてしまい、市販のモノに交換した次第です。

①は、クラウンRSの純正アルミ自体がアフターパーツ品の様なデザインですので、たかがキャップですがそれを生かすべくさりげなく主張させようとした次第です。

あとは、TRDのシートベルトパッドが欲しいのですが、コレが9,000円となかなかお高いので今回は見送りました。が、近日中に調達の予定です。

私は、結構TRD信者なんですよね…

No.85 19/07/28 16:25
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

クラウンRSの新車1ヶ月点検を本日行いました。

当初予定していたカスタムセッティングから内容を変更し、

①ワイパー連動にてヘッドライト点灯
②オートライトの点灯タイミングを早める

セッティングを行いました。

尚、ドアミラーのオート電動格納機能の作動タイミング(スマートキー連動→メインスイッチ連動にする予定だった)は慣れて来たコトもあり変更しませんでした。

今のところ、クラウンRSの燃費はコンスタントに18㎞/Lを超えるのですが、それをディーラーの担当者に話したらかなり驚いていました(笑)

で、ある意味運がいいのかも知れませんが、クラウンRS(ハイブリッド車)はここ最近2件のリコールが出ていますが、私のクラウンRSについては2件共にリコール対象になっていません。

まぁ、私個人的にはリコールが出たからと言っても決して悪く考えるワケではなく、寧ろ不具合が発生したらすぐにリコールを出して欲しい位で、以前の三菱自動車の様なリコール隠しだけはやって欲しくないと考えています。


リコール内容(ざっくりと)
①RS仕様車にて、リアクォーターウィンドウのモールディング脱落の恐れ(最初期生産分)
②ハイブリッド車にて、ブレーキブースターポンプのポンプモーター構成部品の成形不良→警告灯が点灯し、最悪ブースターが効かずに制動距離が伸びる恐れ

No.86 19/07/29 02:42
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 85
燃費もさることながら、各種多彩なセッティング変更ができることにも驚きです。

もはや20年前の設計であるバモスなんぞとは異次元の世界です。

もっとも私なんぞは原始人のようなものですから、220クラウンのような多彩な機能は宝の持ち腐れです。

ただ燃費だけは、如何ともしがたいものです。

新東名で120km/h巡行をすると、8km/Lしか走りません。

80km/hで巡行すると12km/Lになります。

飛ばすと経済性もさることながら、航続距離が短くなり、長距離では頻繁な給油を要します。

この給油時間がバカにならず、80km/hで巡行して燃料を節約したのと、現着時刻が変わらないことになりかねないのです。

頻繁な給油を避け、航続距離を稼ぐためには、ひたすらゆっくりと走行するしかありません。

そんなわけでスピード違反などするはずもなく、ゴールド免許になったのは高速燃費の悪いバモスのおかげかもしれません。

航続距離を稼ぐにはさ燃料タンクを大型化すれば良いのでしょうが、バモスをリフトに上げて床下周りを覗くとスペースに余裕がなく、燃料タンクの大型化も事実上不可能であることが伺えます。





No.87 19/07/29 20:09
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 86
恐らくバモスの燃料タンクは駆動方式が悪さしている気がしますね。

RR方式な上に、いざ燃料タンクを増量となるとフロアが高くなる等、実用面でも悪影響が出るのだと思います(恐らくホンダ自体もバモスの航続距離の短さは分かっているハズ)。

220系(H20系)クラウンについても、実を言うと燃料タンクは少なくともゼロクラウンのそれより減量されています(ゼロクラウンの71Lに対して220系(H20系)クラウンは66L)。

もし、私が車両価格をケチって2,000㏄直噴ガソリンターボ車(主力の2,500㏄ハイブリッド車よりも少し安価)を購入していたら、燃費の悪さ(以前のゼロクラウンとほぼ同じか少し落ちる)に加えて航続距離がヘタするとゼロクラウンより短く、しかもハイオク仕様なのでガソリン代だけでもバカにならなかったと思います。

No.88

削除されたレス (自レス削除)

No.89 19/07/29 22:22
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

本日夕方、横浜トヨペット磯子営業所近くの路上にて、タイの名車?トゥクトゥクが走っているのを目撃致しました。

なかなかキビキビした走りっぷりで、追いつくのが大変なぐらいでした。

何でも現在のトゥクトゥクは、ダイハツ製の660ccエンジンを搭載しているそうです。

私の知る限り、元来トゥクトゥクは60年ばかり前のダイハツミゼットをベースに、荷室に座席を設けてタクシーに改造したのが始まりと聞いております。

その後ミゼットが製廃になると、タイでミゼットをコピーするかたちで復刻版を継続生産し、今日に至っているとも聞いております。

ナンバーは緑フチの小型標板で、250ccを超える中大型バイクと同じタイプです。

トゥクトゥクが日本の公道を走っているのを見るのは、初めてでした。




No.90 19/07/30 03:35
脳内とリアルnostalgia ( 49 ♂ y9MeWe )

削除投票

皆さん、超お久しぶりですm(__)m
多忙なのと、スマホ慣れしてなかったりでこのサイト(ミクル)にたどりつけなかった(爆)
のです。
あと、皆の書き込みはさら~っとしかよんでないので悪しからずですm(__)m
できるかぎり個々にお返事するつもりであります。ご了承ください。

さて、肝心のマイマシンですが、8月1日で車検切れ(あと2日”水爆”)車屋さんから代車の電話待ちであります。
か、金がたいへんだ…orz

あと、シンクロが壊れてて(要は4速から下のギアに落とすのに2速にいれる必要がある(核爆)
あとは特に問題はなく、私は目立ちがり屋なのか、皆が乗って無いような車が好きなんですよ。
あれ、私の現在の車種紹介しましたかな?(自分でわすれてる(涙)keiworksです。
ホーンだけ変わっていてフルノーマルですよん。

でわこの辺で。マニアックな方達が集まるといいなぁ、銭無さんのこのスレッド。

でわでわm(__)m

No.91 19/07/30 20:22
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 90
お久しぶりです。

keiworksで一つだけ気になったコトがあります。

社外品のホーンが付いているとのコトですが、大抵の軽自動車の純正ホーンは1つのハズです。

社外品のホーンは大抵2つになるワケですが、まさか、リレーを介さずに純正の配線からそのまま分岐してホーンが2つ付いていないだろうか?と言う心配が頭をよぎりました。

もし、上記の様にただ分岐させているだけならば、上手く鳴らないばかりか、最悪の場合、配線が火を噴く可能性があります。

車両火災を防止すると言う観点から、是非ともリレーを割り込ませた配線に引き直すコトをオススメ致しますm(_ _)m

No.92 19/07/30 20:51
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 90
一応、配線図をUPしておきますね。

No.93 19/07/30 22:28
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 90
こちらこそ、お久しぶりです。

> マニアックな方達が集まるといいなぁ

そうおっしゃって下さると幸いです。

私自身、あまりにもオタクっぽいコアなことばかりを書き込み過ぎて、皆さん呆れ果てて去っていってしまったのではないか?などと思いかけておりました。

最近は、バモスに今更のごとく純正オプションのサイドモールを貼り付け、日産クリッパーリオの純正アルミホイールを履いた姿をしげしげと眺めては自己満足の世界に浸りきって、悦に入っている今日この頃です。

これからも、宜しくお願い申し上げます。




No.94 19/07/31 04:58
脳内とリアルnostalgia ( 49 ♂ y9MeWe )

削除投票

>> 91
おはようございますm(__)m
お久しぶりですね。

ホーンですが、車自体購入した時にミツバ(だったかな?)のがついてまして、じつは、実話です…… しまった、バイクのネタでした、ははは。

本題ですが、後は”あの”端子”(ど忘れしてます涙)を固定するだけなのです。

ただのめんどくさがり、とも言います(笑)
ご親切に配線図ありがとうございますm(__)m

代車なにかなぁ、と楽しみでもあります。

でわ、よい一日を送ってください。m(__)m

No.95 19/07/31 05:15
脳内とリアルnostalgia ( 49 ♂ y9MeWe )

削除投票

>> 93
お久しぶりですm(__)m
おはようございます。
いえいえ、私もマニアックですから。気にする事ないですよ(^_^)

ほんと、コアな車ファンが集まるといいですね。
実は先日、某中古パーツ屋さんで中古タイヤを予約してきました(・ω・)
ブリヂストンのネクストリーです。

と、こう書くとブリヂストン派に見られがちですが(カズ足Gグリッドは昔の愛車に履いてました)
YOKOHAMAのM3とか(これは音だけ派手でした涙

いやぁ、ネタはつきませんね。
あと、SA22Cのミニカーを買ってきたり(笑)
年式的にも経済的、維持費も実車は無理ですがね。

では、此方こそ宜しくお願いしますm(__)m

No.96 19/07/31 22:15
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 95
SA22Cのミニカーって、ヨネザワのダイヤペットかトミカダンディでしょうか?

千葉県にあるリサイクルショップ千葉鑑定団辺りに、結構なプレミアム価格で売っていそうな代物です。

因みに私はカバヤビッグワンガムのオマケのSA22Cを持っております。

1983年頃、どこかのコンビニで¥150で買った代物です。

縮尺は1/38で、左右ドアとヘッドライトのみ開閉ができます。





No.97 19/08/01 04:24
脳内とリアルnostalgia ( 49 ♂ y9MeWe )

削除投票

>> 96
おはようございますm(__)m
KYOSYOですよ。
NGKプラグとか、色々ほどこされてますが、どういう仕様のSAなのでしょうか?

あとは、AW11ミニカー二台、32Rラジコン(40分の1製)、おなじく32Rプラモデル12分の1、70系?(マフラー2本のです)ミラTR-XXミニカー、S800ラジコンなど持っていますm(__)m

ほとんど病気ですね(笑)

No.98 19/08/01 05:28
脳内とリアルnostalgia ( 49 ♂ y9MeWe )

削除投票

訂正。

KYOSYO ×

KYOSHO ○

です。m(__)m

No.99 19/08/02 07:01
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 97
私も数え切れないぐらい、ミニカーを保有しております。

子供の頃、親に買ってもらったヨネザワのダイヤペットを今も持っていたり、今ではディアゴスティーニやアシェットなどのミニカーコレクションを定期購入しておりますので、どんどん増え続けております。

脳内とリアルさんが殆ど病気でしたら、私はステージⅣの重篤末期患者です(笑)。

京商製のNGKプラグのステッカーが貼られた、そのSA22Cは、恐らく1979年のボンネビルスピードウィーク参加車両がモデルだと思います。

アメリカ、ユタ州の塩湖跡の巨大な平原で毎年8月に開催される、自動車の最高速度記録を競い合うレースです。

ここでSA22Cは、295km/hの記録を叩き出し、RX-7の知名度を世界的に高めることにつながったようです。

もっともこのレースは直線の最高速度のみを競い合うレースで、参加車両の中には航空機用のジェットエンジンを搭載して1000km/h以上のスピードを記録する車両もあります。

ただRX-7の295km/hという記録は、当時の量販市販車ベースのものとしては驚異的だったようです。





No.100 19/08/02 20:02
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 89
本日16:30頃、横浜横須賀道路六ッ川料金所付近にて、陸上自衛隊16式機動戦闘車、つまりナント戦車が走っているのを目撃いたしました。

73式中/大型トラック(いすゞ製)や、73式1/2tトラック(三菱パジェロベース)などは幾度となく目撃してきておりますが、戦車を公道上、それも高速道路上で目撃したのは初めてです。

まあ戦車と言ってもキャタピラー式ではなく、4軸ながらタイヤ式なのですが、高速道路を疾走する戦車の姿には、先日のトゥクトゥク並みかそれ以上に圧倒されました。





レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ
このスレに返信する

趣味掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧