注目の話題
知人に似すぎている書き込み
適職がない
旦那に言い返したい。助言ください。

中年ニートは親が殺すのが自然の流れになる?

レス48 HIT数 1934 あ+ あ-

匿名さん( 匿名 )
19/08/15 13:17(更新日時)

削除投票

川崎での児童殺傷事件を受けて、元事務次官が自分のニートの子どもを「世間に迷惑をかける危険性がある。」という理由から殺しました。

これからはこのように育児に失敗して、子どもをニート状態のまま40歳を越えさせてしまった場合は親が子どもを殺すというのが流行っていくと思いますか?

元事務次官まで上り詰めた人でも育児は失敗してしまうこともありますし、事務次官まで行った人の権力ですら働く気のない子どもを働かせることはできなかったということです。

元事務次官という能力と金ですら、この状況ですから一般家庭ではもはやどう対応してもニートを働かせることは不可能です。

年齢も殺した元事務次官は76歳、殺されたニートは42歳ですから体力的にも御しきれなくなってきます。ここが殺すにもギリギリでしょうね。

質問ですが

①これから40歳を越えた高齢のニートが親に殺されるというのは流行すると思いますか?

②実際、親がニートを殺す以外に働く気がない引きこもりのニートを処分する方法ってありますか?

40歳過ぎるまで引きこもってゲームしかしてないような人は100パーセント、自分からは働きに出ることはありません。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-0000

タグ

No.2859386 19/06/03 12:54(スレ作成日時)

No.1 19/06/03 13:02
匿名さん1 ( 匿名 )

削除投票

高齢親が中年子を殺すのが当たり前になる?現実は難しいよ。まず体力に圧倒的に差がある。大抵は親は老いてきたら体力がなくなって威勢もなくなるから、子に媚びていいなりになってしまうよ。
この事件、正直よく70後半のジジイが40代の男を殺せたなと思う

どうでもいいけど、このニート息子は自分をTwitterで農水次官の息子だって名乗ってたらしいね(笑)なんつうか親の威光を借りすぎというか、笑えるくらいのドクズのダメ人間だよなあ。

No.2 19/06/03 13:06
匿名さん2 ( 匿名 )

削除投票

危ない奴だったらしいし仕方ないな

自宅横に小学校とかヤバすぎ

で運動会の音で苛々して警察に電話とか馬鹿でしかない

No.3 19/06/03 13:19
匿名さん3 ( 匿名 )

削除投票

PL法です、当たり前。
誰にも迷惑をかけてない。

No.4 19/06/03 13:20
匿名さん4 ( 匿名 )

削除投票

①自然の流れにしてはいけないけど、このお父さんは一生懸命働いて老後は裕福に暮らせただろうにと思うと、やるせないやら辛いやら…
②登戸事件の二の舞にならないように息子を殺めたとはいえ、もっと他に頼れる何かがなかったものかと。

No.5 19/06/03 13:25
匿名さん5 ( 匿名 )

削除投票

隣の小学校に危害が及ぶ前に、親の手で防いだんだろう。
今後この方法が流行るとは思わないけれど、引きこもりを抱える親がこの事件のことをずっと心に留めることになるだろうね。

それにしても事務次官まで務めた人なのに、何か行政の窓口に相談できなかったんだろうか。

No.6 19/06/03 13:27
匿名さん6 ( 匿名 )

削除投票

なんかかわいそうだな…

親も大変だっただろうに。
この事件は親に同情するわ…

No.7 19/06/03 13:38
匿名さん7 ( 匿名 )

削除投票

流行らないだろうけど自分の息子がそうなったら私もやるかもしれない
家庭内暴力あるならなおさら…
だからこそそうならない様に育てたいと今は思ってる

義兄がヒキニートだから他人事とは思えない
でも義兄は株やったりFXやったりして収入はあるからまだいいかな…

No.8 19/06/03 14:02
匿名さん8 ( 匿名 )

削除投票

① 親子がいがみ合って生きている家庭は多いと思います。 (省略)
結論から言うと、親が死んでから子供自身がどこまで出来るか問われる。
そこからが問題となる。
家から出られないタイプは飢え死にすると思います。大変です。
殺される事はありませんが、介護の問題も色々とあると思います。

② 引きこもりの原因が分からないので
すが 人それぞれだと思います。
障害がある人もいると思います。
ブランクを乗り越えて雇ってくれる会社もあると思います。

本当に能力のある引きこもりの人は
賢いので これから社会の為に貢献されると思いますよ。

No.9 19/06/03 14:35
匿名さん9 ( 匿名 )

削除投票

身内に中年ニートいるけど、40過ぎたら働かせる以前の問題で社会生活、人間関係が問題になってくるよ。
親は子供より老いて、先に亡くなるし、親が亡くなったらどうなる?

社会問題だよね。

このお父さんに同情と拍手をする。
殺人はやってはいけないことだけど、どんな良い施設でもお金があっても、この息子を更生できる見込みがないと判断して、苦渋の選択だったんだと思う。
身内にも40になる中年ニート、何十年も働いたことがなく、身内が経営している会社で働いても半日がやっと。

理由が眠いから、寝たいから、ゲームしたいから、
働く以前に、社会人として駄目。
中年、だけど、中身は小学生以下

身内に中年ニートがいるから、お父さんの心情がわかる





No.10 19/06/03 14:51
匿名さん10 ( 匿名 )

削除投票

私も息子が引きこもりがちですけど、

この事件とその理由を聞いて無性に腹が立ちました

殺された息子さんがあまりにも気の毒です

元農水次官かなんか知らないけど、この熊沢容疑者はただの人殺し…長年息子さんのことに蓋をしてきて最後はもっともらしい理由つけて手にかけた

こうなる前に、少しずつでも子供の気持ちに寄り添って何とか立ち直るように心を砕く、或いは第三者の協力を得るとか、全力で子供の救済に奔走すべき

それが親のやるべきことでしょう

その大変さから逃げただけ、まったくの身勝手なクズ、こんなの親のやることじゃないです

No.11 19/06/03 15:07
匿名さん11 ( 匿名 )

削除投票

なんか、このスレ


気分悪い!

No.12 19/06/03 15:08
通行人12 ( 匿名 )

削除投票

76才のおじいさんが、息子が世の中に迷惑かけるかもしれないからあやめてしまった…と聞いて、悲しい話だな、と思いました。
何十年も悩んでたんでしょうね。
いつか、そうなるのでは…と思い続けてた所に似たような年齢、生活環境の人が起こした事件を見て、自分が犯罪者になってもいいから、と息子をあやめてしまったんでしょうね。
責任感強いからこそ、起こしてしまった事件なのかもしれません…。
流行る流行らないとかは、分かりませんが。
犯罪おかしたとは言え、76歳だとあんな場所は身体にこたえそうでお気の毒…

No.13 19/06/03 15:32
通行人13 ( ♂ 匿名 )

削除投票

40才の大の大人に向かって育児に失敗もないもんだ。
そいつはもう、大人になってから20年も生きてんだよ。
育児の失敗もくそもねえし、親の責任もない。

子供じゃねえんだから、社会はちゃんと、そいつを一人の大人として見てやらなければだめだ。

大人として、当然のことは自立。
自立しなきゃホームレス、そして餓死。
それが大人だ。
親は関係ないし、責任もない。

社会に危害を加える恐れがあるのなら、社会的に隔離をしなければならない。
そして、それを実行するのは親ではなく社会でなければならない。
いつまでも子供扱いをしては、大人のそいつに対して大変失礼なことだ。


個人的には、そういうヤバいやつらは無人島にでもお連れして、自由に生き延びて頂くのが良いと思う。



No.14 19/06/03 15:40
匿名さん14 ( 匿名 )

削除投票

殺人の正当化? 被害者にも落ち度があるなんて少しでも言うと、いつもは飛ぶ鳥を落とす勢いで批判してくるのにね。犯罪者予備軍と決めつけて事件を起こす前に殺すしかないって思考で、実際に殺人を犯すって、ひきこもり以上にやばい気がしますけど。予備軍なんてひきこもり以外にもいますし、本来、社会を怖がって外に出ないひきこもりに殺人を犯す度胸はないでしょう。事務次官なら、公務員お得意のコネでなんとかすれば良かったのに。働く必要がないなら働かなくても良いよ。だいたい、もとから人に危害を加える人間は働こうが引きこもり(ニート)だろうが結局同じ。働いててもヤバい人なんてたくさんいる。女性だったら、専業主婦という形で形式だけでも結婚でも出来たんだろうね。

No.15

削除されたレス (自レス削除)

No.16 19/06/03 16:27
匿名さん16 ( 匿名 )

削除投票

真面目そうなお父さんだったもんね。仕事最優先で家庭は奥さん任せだったのかな。
先ずは省庁の中から働き方改革しないとね。ちゃんと家庭を省みられるような働き方になるようにしなきゃ。
国会も質問をもっと前から提出して、徹夜しなくても大丈夫なシステム作るくらい出来そうなもんだし。
国会議員も選挙前に答弁が自分で読めるか、作れるか、候補者共通試験でも受けさせてその成績公表の上、国民に選ばせるべき。

親も高齢化してくるし、引きこもりの人達でシェアハウスとかあればお互い交流して孤独感が癒されないかな。


No.17 19/06/03 19:04
匿名さん17 ( 匿名 )

削除投票

しかし、息子を殺めておいて、元役人らしい「世間に迷惑をかける危険性がある。」という理由で??実際に、この愚息が、川崎事件のようなことをするか、しないかは分からないのに。そんなのは殺めていい理由にならないよ。この親にして、この愚息としかいいようないけど。親族ににニートいるけど、無理に何かをさせようとはしてない、ましてや、元事務次官みたいな戦慄あるような親子関係までには至ってないけど。ニートである事には変わりない。

No.18 19/06/03 23:23
匿名さん18 ( 匿名 )

削除投票

この事件の被害者とされる息子は、どこに行ってもトラブル起こすし、どこに居てもトラブル起こすんだろうね。元々働きもせず高齢両親に、殴る蹴るの暴行を加えたからアパートをかりて家を出したそう。

そうしたらアパートの住人とゴミ出しでトラブルを起こし、騒音問題でトラブルも起こし、いずれも住人を殴り実家に帰って来ていたと報道されていた。そして今回運動会の音にアイツら煩い!ぶっ殺す。と切れてとうとうそして父親が決断したみたい。

殺人はいけないけど……8050問題でないけど、報道も事件を起こした元官僚云々と面白おかしく伝えるのではなく。しっかりとニート問題、働かない人間の狂暴性を報じて欲しい。そして断腸の思いで息子を始末したお父さんに執行猶予的な寛大な判決を望みたい。

No.19 19/06/03 23:58
匿名さん19 ( 匿名 )

削除投票

この引きこもりは周りに危害を加えていたようだけど、そうじゃない引きこもりだっている。引きこもりを一括りにして、あろうことか法治国家で殺人の推奨に賛成するなど、相模原障害者施設殺傷事件の犯人と似た感覚を感じる。昔やっていたと言われる隔離収容政策のほうがまだマシなくらいで、精神病院に入院させるとかそういうのはあるが、被害妄想の域を出ないで処分や殺すだのは論外です。結局、物事で両極端な考えは異常者や犯罪者と似るんです。

No.20 19/06/04 00:55
匿名さん20 ( 匿名 )

削除投票

♂ですが。

まあ、私も考えたことはあります。
100%という単語を気軽に使うわけにはいかないですが、
事実上それに近いでしょう。

殺処分については。
方法は問題ありませんが、
大義名分の用意に困ります。

確かに世間に迷惑をかけるかかけないかなら、
生産性の面のみでもかけるでしょう。

生かすのは難しいのですが、
正しく処分するのもまた難しいのです。

毎年100個体ほど選出して、
統計に影響を及ぼさない様に徐々に処分する程度でしょうかね。

No.21 19/06/04 09:15
匿名さん4 ( 匿名 )

削除投票

>> 20
私の勘違いだと良いのですが、「正しく処分」というのは具体的にどう言った意味ですか…?

No.22 19/06/04 09:21
匿名さん22 ( 匿名 )

削除投票

ひきこもりなだけで、まるで犯罪者扱い。これではどのみち同じだ。なんかまるで中二病のようだが、自分が処分される側や社会に迷惑をかけているようにならないように気を付けるんだね。

No.23 19/06/04 10:17
匿名さん20 ( 匿名 )

削除投票

>> 21
表現するならば。

不当な殺害
ではなく、
適切な処分
になるからです。
(人間を殺すのは体裁が悪いですから)

殺すのは至極簡単です。
ただし、まるで家畜かの様に処理するには、
相応の理由と体裁が必要です。
ましてやこの場合、
かつては人間だった何かを廃棄物として扱うに然るべきでしょうから、
死刑(殺害)といった“殺す”も適切ではありません。
つまり、端的に言えば、
“廃棄物を処分する”
と、なるはずです。

No.24 19/06/04 10:32
匿名さん4 ( 匿名 )

削除投票

>> 23
要するに…
育成に失敗した人間は処分するんですか。
その思想は危険です。

No.25 19/06/04 12:11
匿名さん20 ( 匿名 )

削除投票

>> 24
いえ、この表題に合わせて話すならそうなります。

確かに個として考えるなら、
死ぬ側には回りたくないという気持ちは理解できますが、
全体として考えるならは、
個はもはや個では無いからです。

個を守るために全体を殺すわけにはいきません。
どんなに異質な発想も検討の価値はあります。

No.26 19/06/04 12:22
匿名さん26 ( 匿名 )

削除投票

ひきこもりなだけって

近隣ともトラブル起こしてるし
暴力事件起こしてるし

その点は犯罪者じゃないの?

親の権力で好き勝手して
挙句親に殺められて
誰も幸せではないね。

No.27 19/06/04 12:50
匿名さん18 ( 匿名 )

削除投票

報道では元事務次官は息子のニートに月々30万円の大金をとられ、マンガのコミュケの出展に付き合わされ(店番をさせられ)母親に暴行していたみたい。

容疑者の元事務次官の身体もアザだらけだった様だから……毎日暴行をうけ、もう自分の手でヤルしかない。こいつを生かしておいても他人に危害を加える。

その強い意思の証拠に元事務次官は顔を隠していないし、フラッシュを炊くカメラに伏し目がちでもない……やり切った!っていう達成感だろうか?

殺人は良く無いが、諸事情を考慮し執行猶予にして欲しい。ある意味害悪を始末したんだし……他人に危害は加えられなかったんだから。

No.28 19/06/04 13:01
匿名さん4 ( 匿名 )

削除投票

>> 25
極端な過去例だと、やまゆり園施設利用者殺害の植松聖被告の発想と似通ってませんか?

社会全体が責任を負いたくないからと弱者を切り捨てるような国だと、格差も広がり貧困が噴出して益々犯罪者が増えてしまうと思います。

No.29 19/06/04 13:46
匿名さん29 ( 匿名 )

削除投票

息子の心の叫びに早くから母親が気づいていたら、と残念に思います。
父親がいくら立派でも、息子がそういう生まれ持った資質があるのかどうか見極める事も大切だと思います。
もっと息子さんに寄り添ってあげていれば、と思う。
本当の事は分からないですが。
中学生になって暴力をふる前までも息子はきっと苦しんでいたのだと思う。
又悲しい事件が起きてしまって辛いです。

No.30 19/06/04 14:30
匿名さん3 ( 匿名 )

削除投票

昔、中2牧場を作る妄想をする契約社員男性のマンガがあったが、老人ホームみたいなニートホームか、ニート牧場をつくって行動を制限するしかないかもね。
秋葉原の犯人ってつくばだっけ?
お父さん官僚だったよね。

No.31 19/06/04 15:58
匿名さん17 ( 匿名 )

削除投票

もし、戦国時代の天才軍師、黒田官兵衛が、軍事とは違う現代の社会における家庭の歪みをどんな風にみて、どんな解決策を見いだすでしょうか。官兵衛は、むやみに人を殺さなかった、「命の使い道」この言葉にヒントがある気がします。時代背景が明らかに違う自由で平和な世の中でも、生かしておけば使い道はある。

No.32 19/06/04 21:15
匿名さん20 ( 匿名 )

削除投票

>> 28
否定はしませんが違いますね。
(どっちだ)

あれは一応憐れみを元とした犯行という側面があります。

私は事実としての観測点なので、
処分の理由も意味合いも違います。

人間が自分だけの世界で個人を観測するなら、
それは個(個人)です。
国がその立場から個人を観測するなら、
それは単に要素であり数値です。

(それが生きているか死んでいるか、むしろ人間かどうかも問題ではないということです)

また、仮に処理を体裁を気にせず行えるならば、
格差は限りなく0になります。
(まあ、少なくとも下限は)

むしろ、社会が責任をもって処分を請け負うことになります。

No.33 19/06/04 21:20
匿名さん33 ( 匿名 )

削除投票

川崎の犯人といい、このドラ息子といい、いい年した大人が何やってんた…

No.34 19/06/05 00:28
匿名さん34 ( 匿名 )

削除投票

親が百パーセント悪いと思う。

44年前、何も解らずオギャアと生まれ、この両親に育てられ、

ろくに社会性も身に付けさせてもらえず、

暴力だって小さい頃からいっぱいいっぱい抱きしめて愛情を注いで暮らしていたら、優しい子に育ったかも知れないのに、

どう育てたら母親を殺したいなどという人間に育つのか知りませんが、

年令に応じて身に付いているはずの事が身に付けられなかった家庭環境で年だけ取っていき、

最後は父親に殺される…

この男性の44年は、なんだったんだろう。

何のためにこの世に誕生したんだろう。

きちんと育ててもらえず、苦しみを聞いてくれる人も居らず、そして殺された。

親が百パーセント悪いだろう。


No.35 19/06/05 03:59
匿名さん35 ( ♂ 匿名 )

削除投票

>> 5
むしろ逆だと思います。

「いやぁ、熊沢さんの御子息様も当然東大をご卒業なされて、ゆくゆくは霞ヶ関の省庁にお務めになって官僚になられるのでしょうね」

「…」

「官僚だなんて失礼ですよ。熊沢さんの御子息様でしたら官僚を経て、ゆくゆくは閣僚になられますよ」

「…」

「いやいや、未来の総理大臣は熊沢さんの御子息様で決まりでしょう」

農水省ではこんな会話のもと、周囲からは熱い期待が込められた会話がなされていたでしょう。

そんな中、熊沢容疑者は在職中から息子の実態を誰1人相談することができず、その実態をひた隠しにすることに終始していたはずです。

私の近所に、83~84歳で大蔵省(現財務省)の元官僚がいます。

52~53歳で引きこもりニートの息子とは連日連夜、大声で怒鳴り合う声が路上に聞こえてきます。

周囲の家や、たまたま前を通りかかった通行人などから、連日のように110番通報が入り、頻繁に交番のバイクが駆けつけています。

警察官によると
『我々が駆けつけると、お父様がお出になって
「息子はもうここにはいません。とっくの昔に自立して家を出ていっています。怒鳴り声はどこか近所の余所の家です。ウチもこうして誤解を被って迷惑しております。どうかお引き取り下さい」
の一点張りなんです。我々も怒声が飛び交うのは聞いておりますし、それを鵜呑みにしているわけではありません。ただ現状では法律上事件性はなく、我々も家宅捜索令状がない限り、宅内には踏み込めません』
という話になります。

本当は警察に対しても、ざっくばらんに実態を打ち明けるべきなのでしょうが、この83~84歳の元大蔵省官僚は世間体を重視するあまり、その実態をひた隠しにすることばかりに終始しています。

高級官僚の家庭は、周囲から熱い期待が込められる余り、子育てに失敗したケースでは、その実態をひた隠しにすることにのみ終始し、誰にも相談しない、できないのが現実のようです。

横レス失礼。





No.36 19/06/05 08:41
匿名さん18 ( 匿名 )

削除投票

ここにもいる。親の残した資産で結果的に養ってもらい、食わしてもらい……自分はここ20年間は働いて居ないくせに、偉っそうにニートを小馬鹿にしてニートを批判して……

その自分は、社会経験やコミュニケーション能力がないから、矛盾した長文や意味不明な文章の自慢話や書き込みを他者にそれを指摘されると、気が狂った様にやられたやられたと被害妄想の嵐。

働けば良いのに長年働いてもいないから、年下に使われるのは嫌だとほざく還暦近い老齢ニート。ここにもニートの闇のメカニズムが隠れている。

No.37 19/06/05 10:57
匿名さん35 ( ♂ 匿名 )

削除投票

>> 35
この私の近所の52~53歳の引きこもりニートは、小学生時代は地元町内会では「神童」と呼ばれ、絵に描いたような理想的な少年として有名でした。

イメージとしては、「名探偵コナン」や、かつてのトヨタのCMの「子ども店長」のような秀逸な小学生として崇められていました。

地元小学校のPTAや町内会の子ども会の会報誌には「神童〇〇君」として紹介され「みんなでよく勉強して〇〇くんのようなよい子になりましょう」などと記されていました。

「あの小学校の校庭には〇〇君の銅像が立つね」

「〇〇君は将来は百科事典に名前が載るよ」

「お札には〇〇君の肖像画が書かれるね」

などと言われていました。

家庭環境からしても、父親は大蔵省官僚で母親は専業主婦という、経済的にも裕福な絵に描いたような理想的家庭とされていました。

そんな「神童」に変化が露わになったのは大学を卒業してからです。

大学院浪人という大義名分のもと、敢えて就職はしませんでした。

しかし4年目の浪人をすると言い出した辺りから、親子関係は険悪化の一歩を踏み出したようです。

今にして思うと「神童〇〇君」は、良くも悪くも子どもらしくない子どもでした。

親や周囲の熱い期待の中、ひたすら「よい子」を演じることを強要され続け、本人にとっては苦痛だったはずです。

私は熊沢容疑者の話を聞くと、どうしてもこの地元の元大蔵省官僚と、その息子のことが被ってしまいます。

元々町内会で有名だったことや、今では連日連夜怒声が飛び交っているので目立つ存在なのですが、全国津々浦々にはこうした問題を抱えている家庭は相当数が潜伏していることが推察されます。

その意味ではこれから元官僚によるこうした事件は、増えるかもしれません。






No.38 19/06/05 12:52
匿名さん35 ( ♂ 匿名 )

削除投票

>> 37
私の近所の52~53歳ニートは小学生の頃、自動車博士としても有名でした。

当時、巷はスーパーカーブームで、小学生の車談義と言えば、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、ロータスばかりでした。

そんな中、彼だけはシャレードやミラージュ、ファミリアなどの実用的な国産小型車に詳しかったものでした。

「もう車をステータスシンボルにする時代は終わったんです。これからは実用性と経済性を重視したFFツーボックスカーの時代なんです」

「〇〇君は偉いね。おじさん車買い替えようと思ってるんだけど何がいい?」

「シャレードがいいと思います。シャレードは‥」

小学生とは思えない論理的な解説に、町内会の大人たちは驚愕したものです。

「あの子は将来は自動車評論家になるね」

折しも巷では「間違いだらけの車選び」という書籍がベストセラーになり、それまでその存在すら知られなかった「自動車評論家」という職業があるということが、一般にも認知しかけていた矢先でもありました。

しかし彼が大学生になったとき、教習所で指導員からこっぴどく怒鳴られて泣いて帰ってきて「もう免許は取らない」とわめいたそうです。

親は教習を再開させるべく、運転免許の取得もままならない息子に車を買い与えたのです。

その車とはソアラ3000GTリミテッドでした。

「ソアラ? 俺も53歳だけど学生の頃は親に買ってもらったよ」

ミクルの中にもこういう人はいそうです。

しかし、その多くは同じソアラでも330万円ぐらいの2000GTツインターボだったはずです。

3000GTリミテッドは500万円でした。

当時500万円といったら国産車では最高級車でした。

長嶋一茂氏がヤクルトスワローズに入団した際、契約金で買った車としても有名でした。

この父親の愛車はクラウン3000ロイヤルサルーンGで400万円ぐらいでした。

親は親の車よりも高価なソアラを餌にすれば、教習を再開してもらえると目論んだのでしょう。

しかし親のこうした行動は息子には要らぬプレッシャーをかけるだけで、結局教習を再開することなく教習期限は終わったのです。

このことは、この官僚の家庭の親子関係悪化の第一歩だったようにも思えます。

こうした家庭は財力に任せて世間体本位の行動をとり、傷ついている息子の心理を逆撫でする傾向を感じます。




No.39 19/06/05 16:24
匿名さん35 ( ♂ 匿名 )

削除投票

>> 38
「ボク、自動車のこと詳しいね。スーパーカーは何が好き?」

「ああいう車には興味ありません。ああいう車は室内が狭い上に荷物も積めません。ただスピードが出るだけです。でも今は小さくても室内が広くて荷物も積めて低燃費な車がもてはやされる時代なんです。車にスピードを求める時代は石油危機で終わったのです」

「ボクの話を聞いているとシャレードやファミリアの話が多いけど、セリカやフェアレディなんて興味ないの? カッコいいじゃない」

「ああいう車も、やはり室内が狭いし、2ドアで乗り降りはしにくいしカッコだけの車です。使いやすさを考えたら車は4ドアに限ります」

「神童」は小学生の頃からこうした持論を展開していました。

こうした考え方を持つ少年が大学生になって、真逆ともいうべきソアラのような車を欲しがったりするとは思えないのです。

やはりあのソアラは、親が自分の都合=世間体を重んじるあまり、息子の意向を全く考えずに一方的に押し付けた車に過ぎないのではないでしょうか?

官僚の家庭というと経済的には裕福で、息子は欲しいものを何でも買ってもらえそうに思います。

でも現実には親の世間体本位の意向が、息子の意向を踏みにじっていたりするものです。

あの当時ソアラは大学生に大人気でしたが、息子が親にねだって無理して買ってもらったというより、大学生になる我が息子がソアラに乗っているということが、親の立場としても世間体上、都合が良かったのだと思います。

車選びに限らず、官僚のような気質を持つ人は、自身の家庭環境を子育てに理想的なものと自負しがちです。

しかしその実態たるや、あまりある親の経済力と世間体を重んじる気質が絡み合い、進学や就職についても息子には要らぬプレッシャーをかけるだけで、お世辞にもいい家庭環境とは言えないことがあるしょう。

こうしたことが息子を引きこもりニートにしてしまう原因にもつながっているのでしょうが、親は我が家は秀逸な家庭環境であると自負し、己の間違いに気づかないはずです。

親がこの辺りの間違いに気付いて、これまでプレッシャーでがんじがらめにして縛り付けていたことから息子を解放してやれば、40歳過ぎたニートの息子の自立もあり得るかもしれません。

しかしそれには、まずは70歳を過ぎた親の意識改革が必要ですが、その意識改革は現実的には不可能でしょう。



No.40 19/06/05 17:33
匿名さん3 ( 匿名 )

削除投票

経済的に恵まれた家庭、優れた地位の家庭が引きこもりの重症化を起こしていると思います。
親が金を与えれば、当座は凌げる、高い地位にあるから相談できず…を30年続けて、親が死ぬ年齢になった時に、世間からは歓迎されない、ピンピンした初老の息子が残る。
酒の飲み過ぎで脳梗塞になり、障害者になった方が、行政や病院の目もあるから楽だと思います。
親の金で外に出るのは、引きこもりではないけど三田佳子の息子みたいなのでしょ。
あれも反社会的行為ばかりだから問題です。

No.41 19/06/05 18:04
匿名さん17 ( 匿名 )

削除投票

元事務次官、きっと妻を庇い自らが全ての責任を負い、息子を殺めた気がします。この家の家庭危機を、他の政治家は助けたでしょうか。助けられるはずないと思いますよ。

No.42 19/06/06 16:24
匿名さん17 ( 匿名 )

削除投票

生涯において刑務所から出てこれないかも知れない覚悟を背負い、元事務次官が自身の息子を殺めた心境。妻や第3者に、新聞沙汰になるほどのことに発展する前に決行した気がする。安倍総理や二階は、何も助けることなく。一般論で、もし、元事務次官から安倍総理に自身の一家庭問題を振られても、安倍総理も、手立てはなかったと思うし、また、一家庭の問題に首突っ込みたくはないと思う。でも、一家庭での解決の範囲を越えた問題、そして、刃と言う武力解決。個人的には、仕方がないと思う。時には、武力が必要な時もある、妻や第3者に取り返しのつかない被害出る前に・・。

No.43 19/06/14 05:56
匿名さん43 ( 匿名 )

削除投票

うん、親が廃棄物の責任をもって処分したんだからえらいよ。

No.44 19/06/14 06:53
匿名さん44 ( 匿名 )

削除投票

43も廃棄物にならないように気を付けな。今度から被害者でも廃棄物っていいます。怒らないでください。

No.45 19/08/14 23:08
匿名さん45 ( 匿名 )

削除投票

>> 10
親の方が正しいよ。それを全部やって駄目だったから親としての最後の落とし前を付けただけにしかすぎないよ。そう考えたらいい親だと思います

No.46 19/08/15 09:00
匿名さん46 ( 匿名 )

削除投票

>> 45
全部やってないでしょ。

No.47 19/08/15 09:20
匿名さん47 ( 匿名 )

削除投票

引きこもりに隠れた病気障害があるとしたら見過ごしたとか、知ってて適切な対処をせずだと親の責任は大きいし、自分勝手な理由で殺すのは親の務めではない。子の暴力が怖くてもさし違える覚悟で早期に自立させるよう行動するべきです。きちんと上記のことをしていても改善せず心身病んで子を殺したのならまあ親の方に同情する。

No.48 19/08/15 13:17
匿名さん10 ( 匿名 )

削除投票

>> 45

すみませんが「全部やって駄目だった」なんて何の根拠があっての投稿なのか、過去の報道を私なりに探してみましたが見当たりませんでした

殺された息子さんは以前SNSで"自分は10代の頃統合失調症の診断を受けたことがある"と言っています

もしそれが本当なら、親はいくら難関進学校に通わせていたとしてもそこで方向転換をするべきだったのだと思います

親が子どもをありのままで受けとめてやらないから、子どもは苦しむのではないでしょうか

私の子どもも家庭内暴力があって、私も暴力を受けて骨折したりいろいろあります

でも「落とし前を付ける」なんて考えたこともないです

逆になぜそんなに暴れるのか、そのことを考え試行錯誤の毎日です

「いい親」だなんて…それこそ殺されていい命こそこの世にひとつもないでしょう?

あの父親はちゃんと息子と対峙しないまま、結局は逃げたにすぎません

このスレに返信する

育児その他掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧