注目の話題
二股されているのを知ってしまいました、、
夫がご飯を食べなくなった
沢田研二のコンサート中止になる

イクメンってなんなん

レス 65 HIT数 2931 あ+ あ-

No.26 18-02-12 01:58
匿名さん7 ( 匿名 )

削除投票

>> 18
18さんの意見に凄く同意できます。
時代が変わろうが、子育ての本質は変わりませんよね。

マスコミを中心とした社会の風潮がおかしいんですよ。
イクメン。イケ旦。

これって、メチャクチャ旦那に負担大な事を当たり前とする風潮。
なんなら、専業主婦でも旦那に家事や育児参加を言えちゃう感じがしますよね。

家事や育児を旦那が手伝うって発想すらオカシイという、なんとも恐ろしい常識感覚。

もちろん。手伝って然るべきだけども。

はっきり言ってさ。
奥さんにはパートに出てもらわなくてもいいんですよ。
子育てに集中して欲しいですよ。
生活水準を下げてね。
でも、下げたくないから、パートに出てるんじゃないですか?
自身のキャリアとか社会とつながりたいとかワガママもあるんじゃないですか?

自分の稼ぎの範疇で、生活水準を下げて、家で子育てに集中して欲しいんですよ。男の本音は。

でも、そこは理解しようと変わってきているわけですよ。男も。
今の女の価値観を。

それなのに、仕方なしに仕事をしてるんだから。と男の甲斐性にダメ出しするような意見には納得できませんね。
働くのが嫌なら、仕事せずに家事や育児に専念して欲しいです。生活水準を下げて。

奥さんが働きたいなら、働くも自由です。
でも月数万円のパートの稼ぎで働いてる仕事は同等だから、家事や育児も同等に。
って言うなら、かなりワガママな感じがしますけどね。
じゃあ、家にいて欲しい。生活水準を下げて。
って思うのが男心。

やっぱり風潮がおかしい。

No.27 18-02-12 03:21
匿名さん8 ( 匿名 )

削除投票

>> 23
子供が中学卒業すれば、確かに手はかからなくなります。
しかしお金は今まで以上にかかりますので引き続き働く必要もありますし、家事もやらねばなりません。
そして子供が大学卒業して完全に育児が終わった頃、次は親が老いてきて親への手助けが必要になってくる。。。
親がお金を持っていれば、お金で解決出来ます。
しかしそうでなければ自ら手助けしなければなりません。
自分の両親はお金は持ってますので、それは心配ないのですが、うちの場合は旦那の両親が貯金0です。
そして自分達の老後も考えなければならないので仕事も辞められません。
女性は育児が終われば介護と家事とパートの両立を求められます。
介護は女性でなくても出来ます。むしろ力のある男性の方が向いているかもしれません。
しかし妊娠出産育児で15年間のブランクがある妻が、旦那の15年を上回ることは事実難しい。
その流れから、結局は介護まで妻の仕事になってしまう。
イクメンから話は逸れましたが、「トータルで同じようになるようには出来ていない」と思います。


No.28 18-02-12 05:07
匿名さん28 ( 匿名 )

削除投票

全く育児や家事を手伝わない
人もいる

育児やらない人もいる

イクメンとは 育児を率先して子供を育てたり 奥さんを大事にしている方

男は仕事
女は家事 育児と考えてる方もいるから家庭により色々あるから

なんとも言えません うちの夫は
双子なので育児 間に合わない家事を手伝うの方ですイケメンじゃないけどイクメンです

No.29 18-02-12 05:16
匿名さん28 ( 匿名 )

削除投票

>> 15
共感です
専業主婦 事態がヘルパーで換算すると1ヶ月の収入30万の大変な仕事

の中パートしてる方もいる

我が家は双子をみてくれる親はいないから夫は育児 間に合わない家事をする率先して。 私も旦那の事はそう言う思いの旦那だから かなり大事にしている

No.30 18-02-12 08:11
匿名さん18 ( ♀ 匿名 )

削除投票

>> 27
中学までいかなくともお子さんが小学校を卒業する頃には子育ても楽になります。その後の高くなる教育費については妻だけが稼ぐものでなく夫にもそれまで以上の負担が課せられます。
あなたのいわれる家庭の形なら夫の収入が主で妻の収入がその補助である限り夫と妻の負担度合いはそのままの比率で続くのですから。
たとえば子供が幼いときなら妻が育児、夫が稼ぎ手。
働けるようになった妻ならサポート程度の仕事収入+家庭の仕事
夫は稼ぎ手+昇進による労働負担の増大。
これでやっと五分五分では?
なのに稼ぎ手の夫に度をこした育児家事協力の強要。おかしくないですか?

あなたはこれに介護が妻に足されるというけど、今の時代に自宅介護で夫の親を看取ろうとする妻は皆無です。
ミクルをご覧になってもわかるでしょう?
夫の親など知らない。扶養義務は実子の夫にあるといわれるお嫁さんたちばかりですよ?
それに自宅介護はこれからの時代には不可能です。
今後は妻が夫の親のためにする介護協力はせいぜい介護費援助のために妻の働いた分を足して夫婦として援助する程度でしょう。
ならば夫にも負担は同じく増え夫と妻の稼ぐ比率度合いのちがいは何ら変わらない。
ご自分たちの老後をといわれるがそれも同じく負担度合いの差は変わらず平行していくだけです。

子供の手が離れたら夫のサポート程度で家計に協力し、教育費が増えてもサポートなのには変わりなく夫の親の介護でもこれまた費用サポートにかわりない。
これが稼ぎに視点をおいた場合の妻のできうることです。

これでわかるように妻と夫の稼ぐ収入に差がある以上、妻と夫はちがうんです。
主に稼ぐものとサポートとして稼ぐもののちがい。この差が生涯ある限り子供の幼少期には家庭に長く留まれる妻が主な子育ての役割を果たし、その後は稼ぎ手の夫をサポートをし家計を助けていきながら家事をする。
そうなるのが自然でありこれで夫婦のバランスがとれるんです。

結婚まえに自分が男と同等に稼げるスキルや実力があるかどうかは自分が1番よくわかってたはず。
なのにそれを勘違いし夫婦だからと主たる稼ぎ手の夫に度をこした協力を強要するのは妻の甘えでしかありません。
だから、それをいうなら妻と夫の稼ぎをおなじにしてからでなければおかしいでしょ?といっているのです。


ページ : 5 / 12

お知らせ

10/17修正 PC版デザイン変更の実施について(完了)

注目の話題

ニュースピックアップ

育児ストレス掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

掲示板一覧