注目の話題
理解されない世の中。
バイトの彼からのプロポーズ、父が反対
皆さんならどっちを選びますか

マントラミルキー

レス24 HIT数 577 あ+ あ-

小説好きさん( 60代 ♂ )
24/04/10 08:52(更新日時)

お釈迦様は、ミルク飲まれて悟りひらかれました。それから2500年あまりの歳月流れました。ある朝お釈迦様の誕生日に牛の赤ちゃんがお生まれになりました。牛の赤ちゃんはマントラミルキーと名付けられました。やがて大きくなったマントラミルキーはお釈迦からの声が聞こえました。マントラミルキーよ、地球上の至る所にしあわせ運ぶミルク届けよとマントラミルキーはお釈迦様にいわれました。

タグ

No.3933524 23/12/07 01:29(スレ作成日時)

投稿順
新着順
主のみ
付箋

No.1 23/12/07 10:09
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーは、よりよいミルク届けよとお釈迦様に会いに行こうと決めました。しかしお釈迦様は遙か彼方の山超えていかなければなりません。マントラミルキーが考えているとき、お猿の悟空神と名乗るお猿が現れました。

No.2 23/12/10 15:24
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

悟空神と名乗るお猿は、私はお釈迦様のもとで長年修行して参りました、よりよいミルク届けるためわたしくしといつしょに、お釈迦様にお会いに生きましょうとマントラミルキーに悟空神はいいました。

No.3 23/12/10 15:29
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 2 マントラミルキーは、悟空神と一緒に山登り始めました。しかし山はとても険しく大変です。するとそなたたちはなにしていると大きな体のだるま様が現れました。

No.4 23/12/14 15:09
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

地球上にしあわせになれるミルク届けたいのです、マントラミルキーはいいました。するとだるま様はわたしくと一緒に修行せよといいました。

No.5 23/12/25 17:48
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

だるま様は、マントラミルキーにいいました。いいか、私はしばらくここ離れる。お釈迦様のお会いするための修行だ、これからお経常に唱えよとだるま様はいいました

No.6 24/01/04 06:38
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

すると、マントラミルキーの前に次々と助けてほしいと言われる人間さんや動物さんたちが現れました。そのときだるま様はが現れました。これがいまの地球上でおきていることだ、いいか全力で地球救えとだるま様がいいました、

No.7 24/01/06 08:05
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーたちは、ダルマ様に言われたとおり、地球救う行動に出ようとしました、するとだるま様は、、いいか、お釈迦様の元に行き弟子になり仏のエネルギーいただきなさいとだるま様はいいました。

No.8 24/01/11 12:28
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーは、悟空神たちととともに高い小山超えました、やこわてひろびろとした、だいちがみえました、マントラミルキー様、いよいよてんございますと、悟空神はいいました、空ご光り輝きマントラミルキーたちは幸福感に漂いました。そしてお釈迦様があらわれました、。

No.9 24/01/14 07:18
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

お釈迦様はお空の上からいいました、地球救うためこのお経をすべて写せといい空からお経様が落ちてきました。

No.10 24/02/04 07:30
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 9 それは大般若経と言われる600と言われる長いお経様です、写すことはとても大変です。しかしマントラミルキーは大般若経の経典書写始めました

No.11 24/02/13 07:21
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 10 マントラミルキーは悟空神たちととともに長いお経様の書写始めました、それはとても長い歳月です、終えたとき100年の歳月たっていました。しかし、それは地球時間であり、マントラミルキーにおいては時間はていししていました。

No.12 24/02/19 18:15
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

経典書写し終えたマントラミルキーはさらにやまこえました。やまのいただきにそびえるおてらみえました。そのおてらはちきゅうじょうにおいて、もつともたかいところにあるおてらです。そうですそこはちべつとといわれるばしょなのです。

No.13 24/02/25 07:25
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

チベット、世界最高の山がそびえ立つ所です。そなたたちはなにしに来た。人間のお坊さんが出てきました。マントラミルキー杯言いました。お釈迦様にお会いする旅しておりますと言いました。

No.14 24/03/02 07:58
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

そうか、牛どのよそなたのミルクまずお釈迦様に差し上げよ、そうすれは、この地球は幸福になるだろうと、チベットのお坊さんは言いました。

No.15 24/03/09 07:00
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 14 マントラミルキーたちは、さらに山超えることに決めました。しかし、その前にマントラミルキーはさらによりよいみるくにするにはどうすべきかかんがえていました。

No.16 24/03/15 08:23
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

よりよいミルクにするため、マントラミルキーは牛大王様のもとにいくことにけめました。牛大王様、それは天上から、牛さんたちまもつている、神様です。

No.17 24/03/16 06:59
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 16 牛大王様、その方はお釈迦様にミルク授け、悟り与えた方です、チベツトのお坊さんたちは、マントラミルキーにいいました。

No.18 24/03/17 08:06
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキー殿、ここにミルク授けよ、しれはとおといミルクになるだろう、そうマントラミルキーにチベットのお坊さんはいいました。そしてお経が始まりました。

No.19 24/03/18 06:58
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 18 マントラミルキーは、チベツトのお坊さんと一緒にお経唱え、そしてチベット仏教お坊さんと一緒に修行しました。やがてマントラミルキーは悟りひらかれました。

No.20 24/03/19 07:19
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 19 よくやった。マントラミルキーよ、さあ、お釈迦様の元に向かいなさいと、チベットのお坊さんはいいました。

No.21 24/03/26 14:15
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーは、山越え、やがてインドという国につきました。しかし、お釈迦様はどこにいるのかわかりません。だがインドという国は牛さんに対して尊敬の心持つ国です。牛様だ、みんな礼拝せよと一人の人がマントラミルキーにいいました。

No.22 24/03/27 16:59
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

>> 21 マントラミルキーは改めて感じました。牛様、お釈迦様の元にご案内しましょうと、人々はいいました。

No.23 24/03/31 07:07
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーは、お釈迦様似合う前に、聖なる牛乳作ろうと考えました。私はお釈迦様に聖なる牛乳差し上げたいと申し上げました。

No.24 24/04/10 08:52
小説好きさん0 ( 60代 ♂ )

マントラミルキーの願い叶い、時空越えお釈迦様の元にマントラミルキーはたどり着きました。

投稿順
新着順
主のみ
付箋
このスレに返信する

小説・エッセイ掲示板のスレ一覧

ウェブ小説家デビューをしてみませんか? 私小説やエッセイから、本格派の小説など、自分の作品をミクルで公開してみよう。※時に未完で終わってしまうことはありますが、読者のためにも、できる限り完結させるようにしましょう。

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

カテゴリ一覧