関連する話題
教師と保護者の恋
W不倫で年の差が…
彼女がいながら、他の女性を好きになりすぎて苦しいです。

寂しい既婚男性をかまってあげてください

レス 158 HIT数 8065 あ+ あ-

レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ

No.51 18-02-12 23:29
匿名さん46 ( 匿名 )

削除投票

>> 49
ありがとうございます。強い心を持たないとダメですね。本当に励まされます。
周囲の反対を押し切って、ふた回り上の人と結婚しました。付き合っているときは、毎日のようにありましたし、結婚したら子どももほしい!と2人で夢を語っていました。親子ほど年の離れた彼なら、きっとこれから先もずっと優しく接してくれると思っていました。
猛烈な求婚を振り切り振り切りそれでもアプローチしてくれた彼との将来を信じ結婚をしたのにこれです。
大学を卒業して7年勤めてきた会社も昨年末やめてしまいました。
パートでもいいから、また外に出てみようかなという気になりました。ありがとうございます。

No.52 18-02-13 01:56
匿名さん16 ( 匿名 )

削除投票

>> 48
ここでは、吐き出して楽になれるなら、いっぱい吐き出して大丈夫ですよ😉
また外に出だすことは、私も賛成です。
新婚一ヶ月で毎日泣いてるなんて、相当ですよ😢
私の場合はブランクがあったので、職安の職業訓練校に3ヶ月通い、比較的簡単に資格を取ることができました。(本当に簡単な資格なんですけど;)
そこそこ楽しかったですよ。
しかし、結婚してると言うと、必ずと言っていいほど「子供さんは?」と聞かれます。
貴女はまだ結婚したばかりだから、聞かれても大丈夫ですが、私は「あ、うちはレスなんで。」と言ってしまったことのある 図太い精神の持ち主でもあります(笑)
旦那さんとは、仲良くは 無いですか?
なんか 色々話したいので、また来て下さったら嬉しいです。
大人しそうに見えがちですが、ほんとはお喋りが好きなんですよ、私。(笑)

No.53 18-02-13 17:11
匿名さん16 ( 匿名 )

削除投票

>> 45
主人に、「ご飯でも食べに行こうよ!」と玄関先で提案すると
「食欲がない」と言われた。

「うーんと、何か食べれそうなものある?」
と聞いても、「別に」と返答された。

「回転寿司なら、食べたい量だけ食べれるね。あ、ラーメンとか。別に残してもいいと思うし。」

彼の返答は「外に出たくない」だった。


「うん。分かった。今日はゆっくりしようか。なんかごめんねえ。」
と言う私に、悲しそうな顔をしながら リビングに戻っていき、無言でゲームを続けた。


夜になってから、
「旦那さんのやりたいことって何かある?」と聞いてみた。

彼はしばらく考えてから
「自分が何が楽しいことか、全く分からない。
会社が休みになったら、休みの日自体がもう憂鬱でならない。」

うんうんと聞きながら、
「会社では、元気が出るんだね?」と聞いたら
取引先のお客さまから大変好評を頂いてもらっているからやる気が出るんだといった話をしてくれた。
ただ、他の社員はそれをやれていないといった話しをお客さまによく聞いており、それでストレスが溜まることや、
嫌な上司と違う部署になったのに、その上司を見かけるだけで どうしようもない怒りが込み上げてくることなどを話していた。

「あなたは病気なんだから、別に今の仕事を辞めてもいいんだよ。」

とは言ったものの、彼は今の仕事が好きなことを知っている。

職場を変えたら改善されるかもしれないと考えたのだが、
「自分はこれだけの年収がある」ということで自尊心を保っている彼のことだ。
いざ職場を変えたら、今より悪い方向に向かってしまうかもしれない。

私は毎日彼の仕事の愚痴を聞くことに徹した。

次第に、仕事の愚痴が
彼が帰ってきてからすぐ始まり、数時間にも渡るようになってきた。

いつの間にか、以前飲んでいた焼酎の大ボトルが無造作に置いてあった。

当然私は
「これは何?」と問い詰めたが、彼から返ってきた答えは
「お前には関係ないだろう」
という言葉だった。

No.54 18-02-13 17:15
匿名さん16 ( 匿名 )

削除投票

>> 53
次第に彼は、私へ暴言を言うようになってきた。

「泣いたって俺の知ったことか。かわいこぶりやがって。お前は可愛くはない!」

「働いて帰ってきてるのに、なんで酒くらい飲ませてやれないんだ!俺より稼いでから物を言え!」

「そんなにセックスしたいなら、外でしてこいよ!」

最初こそ泣いたものだが

彼は病気なのだ。

私にぶつけて安定するならそれでよいと思えた。

私は徐々に、彼の言う言葉を本気に捉えないことにした。ただ、目を見て「うん。うん。」と言うだけ。

朝起きたら、優しい主人に戻っていて、そして彼は仕事に行くのだから。

私には、携帯で現実逃避させてくれる彼がいる。

顔も声も知らない。だけどいつでも彼は正直で、わたしとおなじ、結婚したのに一人ぼっちな彼がいてくれる。

現実逃避の世界とはいえ、彼は現実世界に存在してくれる。

だから、私は大丈夫。



したいことは無い
と言っていた主人が、
「外で呑みたい」と言い出した。

「うん。一緒に行こう。どこに行く?」と言ったら

「一人で行きたいんだ。」と言う。

私は当然 猛反対した。

しかし、生真面目で 少なくとも私と一緒に居るときは、ずっと同じゲームしかしない引きこもり気味だった。しかしダメなものはダメだ。飲んだくれてお店の人に迷惑がかかったら、嫌われるのは誰でもない主人だ。しかし‥

「最後のお願いだから。」

何か分からないが、なぜかその言葉を聞いて 胸が痛くなり
遂には了承してしまった。

私は、迎えが必要な時や、何かあったら絶対に連絡するように言って、
彼を助手席に乗せ、車を走らせた。


彼は、呑み屋街を懐かしそうに助手席から眺め、彼の道案内に従い運転した。

「この店にいるから」

私の知らない店‥
色んな飲み屋さんを知ってるのだろうか。

「本当にありがとう。
それじゃ、行ってきます」
彼のその顔は、私が10年という歳月の間
一度も見たことのない、とても寂しい笑顔だった。

No.55 18-02-13 17:21
匿名さん16 ( 匿名 )

削除投票

>> 54
家で考えていた。
彼は度々「最悪でも死ぬだけだから」と言って、私を笑わせた。
「ロックかよw死んだら元も子もないでしょーが。ほんとやめてよ。」

彼はただ私の反応を楽しんでたのだと思っていた。


深夜に警察署から電話がかかってきて、
「奥さんに迎えにきてほしいとのことです」と、店で大の字になって眠り込んでしまった旦那を過去に迎えに行ったこともある。

彼は「死のうと思って、雪道を歩いていた」らしい。

「僕が死んだら、君は生きていけないね」と言った時、「どうかなぁ。私はあなたのいない世界は考えられないわ」という会話をしたこと。


酷いことを言われて私が憤慨した時、
「そのうち、分かるから。ほんとに。」と謎の発言をしたこと。

昔から「君は、僕じゃなくどんなにかお金持ちとも結婚できたのに」と言われてきたこと。




彼は死ぬ気だ。
確信に気付いた時、私の知ってるお店のマスターから着信が鳴った。

ページ : 10 / 31

お知らせ

11/28 当サイトへのお問い合わせについて

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

恋愛相談掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

[PR]株式会社ティファレト

掲示板一覧