契約社員のよくあるお悩み「正社員の大きな違い」

契約社員とは何か

契約社員は、雇用期間が定められている従業員の事をさします。

正社員は契約の段階で雇用期間を定めておらず、解雇されたり、辞職したりする事がない限り、働き続ける事が出来るのです。

しかし契約社員は契約期間だけ働き、契約終了時点で更新しなければ、働き続ける事ができないというものです。

契約社員の契約期間は一部を除き長くても3年間と決まっています。

契約社員と正社員の違い

契約社員と正社員の大きな違いとしてはまず、雇用期間が決まっているかどうかです。

また、業務時間は、契約社員の場合、契約ごとに決められているのに対して、正社員は基本的に全員一律の時間で働きます。

大きな違いとして、二重契約の有無もあります。

契約社員は企業で何日働くか明記すると、その他の企業で働く事が可能なのです。

しかし、正社員にはこの二重契約は認められていないため、一つの企業でしか働く事ができないのです。

最後に、契約社員の場合、雇用契約でどこの勤務地で働くか明記しているケースに限り、勤務地が変わってしまう事がありません。

対して正社員は、勤務地を限定しない事が多いため、転勤の可能性が少なからずあるというのが大きな違いと言えるでしょう。

共感多数のみんなの投稿

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

他のテーマも読んでみませんか

契約社員のよくあるお悩み「正社員の大きな違い」についての話題を掲示板で探そう(165件)

ページ : 1 / 4

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順