• No: 135匿名さん105(匿名)更新時刻18/05/16 04:27

    結婚前からの車のローンは、今後主さんも車に乗るなら払うべきとか。車は目に見えてわかりやすいものですが、奨学金だってあなたの学業のためにあてられたもので、あなたの知識、学歴、経験値などあなたを形作っているものの一部になっているんですから。大袈裟に言えば、学校行ってなかったら今とは違う人生で、彼にも出逢っていなかったかもですしね。結婚したらいきなり専業主婦になり、貯金はキープで、あとは家計から返済お願いします!と言ってるわけじゃないのにね…。夫婦になったら自分のものとか彼のものとか、それが過去のことだろうが全部納得して一緒に未来のことを考えていくものじゃないのかなと私は思います。
    私の主人も学費返済してますが、全く気にならないです。学校に行って勉強したから今の仕事があると思うし、そういった過去の積み重ねで出逢えて好きになったと思います。なので主人と私のお給料合算の中から出て当たり前の支出です。主人はごめんねと言っていますが、何も気にならないです。もちろん、ギャンブルとかで作った借金ならそもそもそんな人好きにならないですしね。
    夫婦の手元に残る金額は結果同じなのに、支出の出どころに拘る人が多いようなので。別口座を用意してそこから返済するのが良いのかもですね。あと指摘もあったと思いますが、女性の場合妊娠、子育てで働けなくなる時期がくるかもなので。その時の返済金にあてるためにあなたの貯金はとって置いた方がいいのかもですね…。
    それだって、結婚前に貯金したお金はあなただけのものってことになりますけど、私も結婚前からの自分の貯金ありますが、自分だけのものという認識はもうないです。
    私はこういう考えですし、主人と納得して家計合わせて生活してます。その中で自分の趣味や、必要な返済や、医療費や、個人のためだろうが2人で使おうが、お金が必要ならその都度尊重しあってます。私たちの場合はそこの価値観が合ったので問題になっていませんが、主さんと主さんのご家族と、彼とではそこの考え方が違うので問題になっているのですね。どちらが正しいとかじゃないので、結婚するのであればお互い納得いく形を探せたら良いですね!