期間限定スペシャルコラボ ミクル✕デジカフェ

新規スレ作成

シリア渡航計画のフリーカメラマン敗訴

1レス462 Hit

シリアへの渡航を計画したとして、外務省にパスポート(旅券)を強制返納させられた新潟在住のフリーカメラマン、杉本祐一さん(60)が、国を相手取り、旅券返納命令と渡航先制限の取り消しを求めていた裁判の判決が4月19日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は、杉本さんの請求を棄却した。

杉本さんは2015年2月、中東の過激派組織「イスラム国」が勢力を伸ばしていたシリアに渡航して現地を取材する計画を立てていたところ、外務省からパスポートの返納を命じられた。その後、同年4月に新しいパスポートを発給されたが、イラクとシリアへの渡航制限が付いていたことから、「取材の自由」に反するなどとして、同年7月に提訴した。

古田裁判長は「原告の生命・身体の安全を優先して保護しようとした外務大臣の判断が不当であるとはいえない」などとして、杉本さんの請求を棄却した。

17/04/20 19:00(スレ作成日時) [RSS]

レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

  • 画像処理中
  • ※250文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。