期間限定スペシャルコラボ ミクル✕デジカフェ

腸痙攣に関するみんなの投稿まとめ

腸は、食べ物を消化し、排泄するため、人間にとって欠かせない器官の一つです。

しかし、様々な原因によって腸は不調を起こし、疾患を伴う場合があります。

腸にみられる症状の一つとして「腸痙攣」はご存知でしょうか?

これは、腸の働きが正常とは異なり、便秘や下痢を起こしやすくなるなどの症状がみられるものです。

ストレスや自律神経の乱れ等が原因として関わる場合があります。

この「腸痙攣」を自覚している方々は、どのような悩みを訴えているのか見ていきましょう。

便秘と下痢を繰り返す症状

腸痙攣が原因で、過敏性腸症候群を起こし、便秘と下痢を繰り返し起こしている方は多いようです。

その方々は悩みや意見は様々で、普通の便秘等とは異なる辛さがあるのですね。

過敏性腸症候群だけではなく、胃の症状も合わせて起こしてしまう例もあるようですね。

腸痙攣による痛みの症状

腸痙攣を患う方は、便秘や下痢の症状ではなく、強い痛みを訴える方もいるようです。

これは、大腸の過剰な運動により、下腹部に強い痛みを伴う事があり、食後に起こりやすいとも言われます。

痛みだけではなく、ドクドクとした脈を打つ感覚を伴っている方もいるようですね。

その感覚が気持ち悪いという人も多くみられます。

まとめ

腸痙攣の話題を見てみると、症状が辛い方は医師に相談されている方が多いです。

病院では食事療法や薬物療法、また心身医学的療法などが用いられる事があると言われます。

症状を感じたら我慢せず、一度専門医に相談してみると良いかもしれませんね。

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、予めご了承ください。

17/02/27 更新

他のテーマも読んでみませんか

腸痙攣についての話題を掲示板で探そう(9件)