注目の話題
両親の結婚記念日に最悪の事態です、、、
結婚指輪、シンプルかダイヤ付きか
レジでお客さんに

【短編】超タイムラプス

レス7 HIT数 190 あ+ あ-

自由なパンダさん( 10代 )
21/09/12 20:55(更新日時)


 写真のように完璧な一瞬一瞬を
生きていきたいと決意したのは20
18年7月29日午前11時28分32秒の
ことであったと彼は正確に記憶し
ている。それは恐るべき天才性の
賜物では決してなくその日その瞬
間に決意を込めて自撮りをしたと
いうただそれだけのことなのであ
る。
 彼はもとより大層な写真好きで
あった。原因は彼の家庭にあると
いってよい。彼は四歳の時母親か
らいわゆるチェキを誕生日プレゼ
ントに贈られた。母親が買って飽
きたのである。
「ほうら、ほんとに撮れるんだよ
このカメラ!」
 しかしその時の彼にとってゲー
ムボーイアドバンス以外はすべて
等しく外れの品であった。彼は泣
いた。ぐずった。母親の予想通り
であった。まあ今年はこれで我慢
してもらって、来年、買ってやる
かと母親は泣き疲れて眠る彼の背
中をさすりながら思案した。
 ゲームボーイアドバンスが購入
される日はとうとう来なかった。
子供の適応力とは全くとてつもな
いものだ。彼はチェキを光と音の
出るおもちゃとして認識し、光と
音と紙切れの出てくるおもちゃと
して再認識し、ついにカメラとい
うものを理解したのである。彼は
撮った。目につくものをちょうち
ょだろうと頭痛薬のビンだろうと
テレビの画面だろうと無差別に撮
りつくす。自分の見てるものが撮
れているようなのに、何かが、決
定的に違う。出来上がった一枚を
みれば二枚目が撮りたくなってく
る。自分が渡した手前、母親は替
えのフィルムを求める息子の声を
無下にできない。母親は根負けし
た。五歳の誕生日、彼女はゲーム
ボーイアドバンスより一層値の張
るデジタルカメラを買わされるこ
とになった。



No.3369054 21/09/07 23:10(スレ作成日時)

投稿順
新着順
主のみ
付箋

No.1 21/09/09 21:10
自由なパンダさん0 ( 10代 )

 彼にとってその機械のかたまり
は重い。首にかけても重い。かま
うものかそんなこと。彼は何千回
もシャッターを切りつづけた。切
りつづけているうちに見知らぬお
じさんが話しかけてくることがし
ばしば起きた。
「ぼく、カメラ好きなんか?」
彼らはいつも自分のよりごつい兵
器のようなカメラをぶら下げてい
る。その巨大なレンズにつられて
彼はついて行ってしまう。後で叱
られるかもしれない、その代わり
に彼は構図、露光、ぼかし、技術
みたことを断片的に習得した。
 彼の自己満足であった写真がま
わりの人間を揺さぶりはじめた。
月に一度いくらか現像をさせてや
ると両親はぎょっとする。おいな
んだこのタンポポは、こう、あれ
だ、シノヤマキシンみたいじゃな
いか! 二人は写真家には疎かっ
た。
 ときどき撮影旅行に連れて行っ
てもらえるようになった。小学二
年生の彼が初めて撮るものはたい
てい初めて見るものである。日本
海と、瀬戸内海と、太平洋の違い
? シラカバ林とスギ林の違い?
機械を追いかけるように彼の眼は
鋭さを増す。いかなる現象、存在
に対しても彼は何らかの美を発掘
し始める。小学校の花壇のマリー
ゴールドに彼がむけるのはすでに
無邪気な好奇の視線ではない。
 そして彼は十一歳を迎えた。

No.2 21/09/11 12:06
自由なパンダさん0 ( 10代 )

 第二次性徴期を生きる肉体は矛
盾に満ちている。拡大する胸郭、
伸長する体中の骨、どこからとも
なく生えてくる毛の群れ群れ、相
変わらず細い手足。強くて弱い。
柔らかくて重い。鏡に映るそれは、
最も清潔な意味においての官能性
をなみなみと含んでいる。彼は自
らの肉体を被写体として発見した。
 いままで彼は人間を撮ったこと
がほとんどなかった。両親のため
の記念写真を撮ってみたことがあ
るくらいだった。カメラを向ける
と両親はピースしたりはにかんだ
りする。ようするに虚飾する。そ
れで彼は父母をうまく撮れたと思
ったことがない。二人以外の人間
には、普通の少年らしく話しかけ
られないでいた。一方自分の体。
遠慮は要らない。
 お年玉を使って三脚を購入した。
手始めに自分のあばら骨を撮って
みる。上半身を裸にして風呂場の
白い壁を背景にタイマーを十五秒
だ。肋骨が浮き出るように身をく
ねらせながら構図を計算する。長
い十五秒。別に誰に見られている
わけでもないが、目のやり場に困
る。カメラの向こうに想定された
撮影者としての自分があるように
感じて恥ずかしくなる。長い十五
秒が
「パッシャ」
それらしい形のものはあるがこれ
は からだ じゃないと彼は思う。
もう一度。肘関節を撮る。手を撮
る。足の裏を撮る。胸元を撮る。
どうしても肉が写せない。
 最後ふと思いついて、鏡の前に
立つ。全身の服を脱いでカメラを
構える。今までで最も自然な形、
自分はもうカメラとくっついてし
まったのだなと彼は思う。そのま
まシャッターを切る。陰毛の生え
かけた少年がこちらに向かってカ
メラを向けている浴室。そこに生
きている人間がある。

No.3 21/09/12 11:42
自由なパンダさん0 ( 10代 )

 セルフポートレイトの作業が彼
を世界と隔絶した気持ちにさせる。
自分の顔や身体がいかに平凡か、
または悪い方向に非凡であるかと
いうことを思い知るたび、これま
で見てきた数限りない風景に矮小
な彼自身が押しつぶされるような
気になる。いつしか彼はあらゆる
人間の写真に畏敬の念を抱き始め
る。そこの俳優さん、あなたは何
故写れるんですか。写されるもの
になるって、とっても残酷なこと
なのに。今そこのあなたが、一番
すごいって本当に言い切れるのか
? 彼は写真をやめようかなと初
めて思う。同時に最大の登るべき
山を見つけたと思う。ほかの一切
を中止して、自分だけを撮ること
に彼は決めた。彼は世界の美しさ
をもう十分知っていた。
 毎日を暮らしながら一日一日更
新されていく手、足、首、胴、顔
、バランス感覚、そして撮影記録。
ハードディスクドライブが膨らん
でいく。声質と頭身が変わり、撮
影機材が変わり、少年の通学先が
変わり、無限に見える生活のあり
とあらゆる反復が彼の作業の完成
を待たずして改まっていく。だが
同時に流れていく何ものも彼のか
らだのダイナミズムに勝てはしな
い。

No.4 21/09/12 19:26
自由なパンダさん0 ( 10代 )

 果てしない彼の追求のうちにも
、唐突に少年の終わりはやってく
る、彼のもとに、一九歳になろう
とする前日、それはやってきたの
だった。いつものように撮影を始
めた彼は木枯らしを宣言する気象
庁職員のように鋭敏にそれを了解
した。彼の指にすらすでに細い細
い毛が生え始め、肩から上腕にか
けてはっきりとした筋肉の隆起が
生まれ、巻き爪になりかけた親指
の付く足にはすでに老人のような
角質層が渋滞している。
 終いにしようかと彼は思う。
 深夜の、金属のような鈍い重い
黒い空を見ながら思う、自分の能
力のなさを呪いながら、意志の弱
さに怒りながら、もう二度と戻っ
てこない少年だった自分のからだ
を爪の先で強く押して、傷つける。
結局最高の写真などというものは
存在しないのではないか、それは
最初から完璧に生きているものに
よってしか、それを撮ることによ
ってしか、………。




 彼はなぐさみに、これまで撮っ
た写真たちをつなげ合わせはじめ
る。自分が生け捕りにできなかっ
た生命の蠢きの、その道程を、三
分に仕立て直す。
 再生ボタンが押される。

No.5 21/09/12 19:51
自由なパンダさん0 ( 10代 )

そこにあるからだが
からだが/からだが/からだ/が/から/だ/が/カラダ/ガ/カラ/ダ/カ/ラ/ダ/ガ//カ///ラ///ダ///////ガ///////////カ///ラ//////////カカカカカカカカカカカ//カカカカ////ラララララララ////////////////////////////////////////ダダダダダダダダダダダダダダタカ//////////ララララララララダ///////////////ラ/////////////ダ///////////////ガ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

No.6 21/09/12 20:49
自由なパンダさん0 ( 10代 )

 彼は自らを液体と錯覚する、こ
んこんと、それを証明するかのよ
うにかれの眼から一筋の涙が流れ、
彼はかつて、七年前に隔絶した世
界と少しだけ和解した心地を味わ
う。写真のように、自分が撮れな
かったあの写真のように、完璧な
一瞬一瞬を生きていきたいと思う。
2018年7月29日午前11時28分32秒、
かれは平凡な自撮りを、初めてス
マートフォンで行った、画面の中
央に光るまなざしは、窓の向こう
の明るみつつある空のように屈託
なく存在している。



No.7 21/09/12 20:55
自由なパンダさん0 ( 10代 )

レス制限解除しました。
思いつきではじめると後がしんどいのです。
ただ一行を十五文字にして見やすさとデザイン的効果を狙うってのは我ながらいい思い付きだと思います。

人間の体によるタイムラプス、ほんとにあるんでしょうか?
筆者はひげが伸びるさまを映したやつしか知りません。面白かったです。

投稿順
新着順
主のみ
付箋
このスレに返信する

前スレ・次スレ

小説・エッセイ掲示板のスレ一覧

ウェブ小説家デビューをしてみませんか? 私小説やエッセイから、本格派の小説など、自分の作品をミクルで公開してみよう。※時に未完で終わってしまうことはありますが、読者のためにも、できる限り完結させるようにしましょう。

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

カテゴリ一覧