関連する話題
🎭ある暗黒卿の気紛れな呟き🎵+⚡✒🐱

🎭ある暗黒卿の気紛れな呟きⅡ🎵+⚡✒🐱

No.5 19/03/02 14:33
メッテルニヒ=パレオロゴスAUT ( 40代 ♂ MLdWxe )
あ+あ-

🎵最近のピアノ練習メニュー。

リスト(タウジヒ編曲):交響詩「レ・プレリュード」

シューマン:グランドソナタ,Op.14

ベートーヴェン(リスト編曲プラスα):交響曲3番「エロイカ」,Op.55

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲3番,Op.30


さて、数日これらをかなり集中してやり、僅かだが手首が痛いので、今日は仕方なく大事をとり、休む(泣)

やはり、いくら頑丈な手でも慣れてくるまで、このメニューではキツイか?


難易度だとこうなる。

レ・プレリュード<<グランドソナタ<<ラフマニノフ3番≦エロイカ交響曲。

リスト編曲の楽譜通りなら、逆にエロイカ<ラフマニノフ3番だろうが、私はこれに、かなりオクターブやトレモロ、重音を加えたから、総合的にラフマニノフ3番より難しくなった。


多分、このベートーヴェン「エロイカ交響曲」が私の最高のライフワークに成るかも知れない。

原作自体が圧倒的な名曲なのが一番の理由だが、リストと私の編曲により、現代ピアノで十分の効果を発揮できる。

ベートーヴェン後期のピアノ超大作「ハンマークラヴィーア・ソナタ」や「ディアベリ変奏曲」でも、当時のピアノに合わせた面があり、現代ピアノだと思い切った効果が出ない部分があるのだ。

因みにシューマンでは、「グランドソナタ」は一つ前の作品番号である「交響的エチュード」よりダイナミックであり、やはり演奏効果抜群。
Opus/作品11から22までのシューマンは傑作揃いであるが、特に難易度高く、効果抜群なのは14のグランドソナタ、次いで13交響的エチュード、17幻想曲あたりか?

また、ラフマニノフ協奏曲3番は、内容でエロイカ交響曲と比較は流石に酷であろう(エロイカと並ぶ傑作なんて全音楽史で十曲も有るまい!)

ラフマニノフ3番もピアノ作品としては最上の部類で、実際にこれを弾き終わった時の充足感は、圧倒的なモノがあるのだ♪

5レス目(459レス中)
このスレに返信する

関連する話題

つぶやき掲示板のスレ一覧

日常のつぶやきはこちらで。日々の中で感じた事をポツリとつぶやいてみませんか❓

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧