注目の話題
付き合い出したら急に下ネタ
姉の義父の遺産について
バレンタインを貰えず、その後デートをドタキャンされた者です。

新春2021!ゴジラVS海未ちゃん!!

レス15 HIT数 541 あ+ あ-

常連さん
21/02/25 08:45(更新日時)

ことり「ついに激突するゴジラと海未ちゃん!はたしてどうなる!?」

穂乃果「ドキドキだよ!」

海未「なぜゴジラと戦わないといけないのですか」

ほのこと「つおいから」

海未「む」

凛「海未ちゃんは強いにゃ」

花陽「同感」  

真姫「まあ否定はしない」

にこ「ゴジラと戦えるだけ凄いわよ」

希「まあ頑張ってや」

絵里「海未てゴジラと戦えるのね。ハラショー!」

亜理沙「素敵な海未さん」

海未「」

穂乃果「さあ始まるよ!」

ことり「ゴジラVS海未ちゃん!スタート!」

No.3210852 21/01/05 11:43(スレ作成日時)

投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可
投稿順
新着順
主のみ
付箋

No.1 21/01/05 20:38
常連さん0 

プロローグ 最強のゴジラは誰だ!

ここは日本の小笠原諸島にあるゴジラアイランド……
いまここに初代ゴジラからシン・ゴジラまでのゴジラが互いの雌雄を決するまで戦っていた!

初代ゴジラ「グアア!」

モスゴジ「ガアア!」

キンゴジ「グオオ!」

平成ゴジラ「グアア」

ミレニアムゴジラ「キシャャー」

シン・ゴジラ「グオオ!」

幾多のゴジラたちは互いに闘争本能のまま戦いあるものは放射能火炎で焼かれあるものは爪や無惨にやられていた……
残ったのは初代ゴジラとシン・ゴジラだけであった

初代ゴジラ「グオオ!(園田海未と戦うのは俺だ!」

シン・ゴジラ「キシャャー(いや!オレ様だ!」

しかし最後に残ったのはシン・ゴジラだった……

シン・ゴジラ「グアア!(見事だったぜ初代ゴジラ、園田海未はオレ様が倒す」 

初代ゴジラ「グオオ!(まかせたぜ。シン・ゴジラ)」

こうして海未の戦う相手は決まるのだった……

No.2 21/01/06 19:46
常連さん0 

第一話 旅立ちの海未
 
その日の朝、園田家に光り輝く眩しい太陽がカーテンの隙間からねてる海未に注ぎ彼女は目を覚ました

海未「ついにこの日が来ましたか……」

彼女は髪をブラシで流し制服に着替え母が待つ道場に向かった。すでに母は待っていた……

海未母「ついにこの日が来ましたね海未さん」

海未はしばし沈黙しながらようやく口を開いた

海未「……本当にゴジラと戦わねばならないといけませんか」

海未母「それは代々園田家の娘が受け継ぐ運命なのです」

海未は難しい顔をしながらもしぶしぶ頷いた

海未「分かりました……」

彼女の母は対ゴジラ用の弓矢を渡した

海未母「代々先祖の園田家の娘が使った聖なる弓矢です」

海未「これが……」

彼女は聖なる弓矢を受け取り瞳が輝いたようだった
そこへ明るい声が届いた

穂乃果「おーいンミチャ!」


No.3 21/01/08 08:25
常連さん0 

第二話 ンミチャ!

海未は能天気な彼女の声に玄関に飛び出した!するとパーンと弾ける音が彼女を包んだ

ほのことまきりんぱなにこのぞえり「おめでとう!海未(ちゃん)」

海未「なにがおめでとうですか!?そもそも穂乃果があんな企画を出さなければゴジラと戦うなどと」

穂乃果「ほのかだよ」

海未「む、あなたというひとは」

ことり「ンミチャが強いからだよ」

凛「本当に強いからゴジラと戦えるにゃ」

花陽「そうだよ」

真姫「せいぜい怪我しないようにね」

希「ゴジラはほんま強いからな」

絵里「海未頑張ってね」

海未「誰も止めませんね」

穂乃果「ンミチャ!ンミチャ!」

海未「海未です」

そこへ海未の母が来て弓を渡して伝えた

海未母「対戦相手はシン・ゴジラに決まったようです。心を引き締めて向かいなさい」

穂乃果「シン・ゴジラ。まさに最強の相手だよ」

海未「む。わかりました」

そこへ政府の者が来てシン・ゴジラが日本に向かっていることが伝えられた。
戦いの時は迫っていた……

No.4 21/01/10 11:03
常連さん0 

第四話 回想

穂乃果「海草といえばワカメだよね」

ことり「だよね」

海未「違います」

海未は思う、そもそもなぜこんなことになったかと……

海未『はあはあ、すべての敵を倒しました……』

悟空『つ、強え……』

ベジータ『ま、まさかオレ様が敗れるとは……』

そこには『鬼滅の刃』の丹次郎くんもいた

丹次郎『海未さんこそ最強の呼吸を身につけている……』

のび太も負けていた 

のび太『さすが海未さんだ』

海未『はあはあ』

彼女は満身創痍のなか海の方向から怪獣の咆哮がした……

海未『海未は私ですが』

穂乃果『その海未じゃないよ』

ことり『ゴジラだ。まだゴジラがいたんだ……』 

こうして彼女の最後に戦う相手がゴジラに決まった……

穂乃果「ンミチャ頑張ってね」

ことり「応援してるよ」

海未「む、戦うのはこれで最後ですからね」  

そこへシン・ゴジラが東京湾まで来たと一報があった

No.5 21/01/14 19:00
常連さん0 

第四話 ゴジラが消えた!?そして……

政府高官からゴジラが東京上陸直前に消えたと一報があった

穂乃果「ゴジラが消えた!?そして海未ちゃんも?」

マリーセレステ号の再現かUSのメンバーに戦慄が走った!

海未「ここにいますが」

穂乃果「おお!?あまりに身近すぎて気づかなかったよ」

ことり「ンミチャとは幼い頃からそばにいるもの」

穂乃果「ンミチャとは空気みたいなものだよ」

海未「誰が空気ですか」

そんな会話をしてると政府高官から東京湾岸からゴジラの卵の欠片らしいものが見つかったと報告がありU一同で見に行くことになった

No.6 21/01/18 18:10
常連さん0 

第五話 ゴジラの卵

穂乃果たちは卵の欠片があるという埠頭に向かった
そこにはたしかに卵の欠片があった

海未「これがゴジラの卵」

真姫「どうやらゴジラは一度卵に戻り孵化したようね」

ゴジラを解説する真姫はまるで科学者のようであった

穂乃果「これで目玉焼きや卵焼きを作ったら美味しそう」

ことり「月見蕎麦や月見バーガーだね」 

食べ物の話をするふたりはたのしそうだった

にこ「アホね」 

凛「にゃ」

花陽「穂乃果ちゃんらしい」

海未「ゴジラはどこに……」

海未はゴジラの行く先が気になった

No.7 21/01/27 09:02
常連さん0 

第六話 ひとときの回転寿司
 
穂乃果「まぐろ!まぐろ!」

ことり「たまご美味しい!」

凛「ラーメンにゃ!出汁が聞いてるにゃ」

花陽「しゃりも美味です」

真姫「回転寿司もいけるわね。こんなにしゃりやネタはともかくサイドメニューも充実しているとは思わなかったわ」

にこ「ふふん、当然でしょ!日本の回転寿司だもの」

希「なぜにこっちが威張っとんの」

絵里「ハラショー!ホント日本のお寿司は美味しいわ」

皆が回転寿司で盛り上がるなか海未だけがむっつりとしていた

海未「むむ」

穂乃果「食べないの?」

「政府がンミチャのためにご馳走してくれているんだよ」

海未はむっつりして言う

海未「なんで皆して食べているんですか!?戦うのは私ですよ」

穂乃果「お腹が空いては戦いはできないよ。ンミチャ」

ことり「さあ食べようよ」

海未「わかりました。いただきます」

穂乃果たちに言われ渋々お皿に手を伸ばす彼女であった
しかしいつゴジラが上陸してくるか分からなかった

No.8 21/01/30 14:09
常連さん0 

第七話 ゴジラ出現!? 

回転寿司を黙々と食べる海未であった……

海未「もぐもぐおいしいです」

穂乃果「意外に食べるね」

ことり「まぐろにエビにサイドメニューのポテトにうどんなどがンミチャのお腹日本入っていく」

にこ「腹が減っては戦えないのが海未なのよ」

絵里「九人もいたらテーブルがお皿だらけね。ハラショー!)

希「いちおう二組二番目分けてあるけどね」

穂乃果 ことり 海未 凛
花陽 にこ 真姫 絵里 希

海未「もぐもぐまだまだ入ります」

ほのこと「ンミチャ朝食食べてきたはずなのに」

にこ「太るわね」ポツリ

海未「む、太りません」

彼女の気合に黙るにこだった

にこ「」ヒヤアセ

食事を終え海未や皆はデザートやお茶の時間に浸っていた時だった……!

ほのこと「うまうま」 

海未「けっこう食べましたね」

真姫「(ほぼ全メニューを制覇したわね)」

そんな時だった!
ゴジラ出現の報が彼女たちに伝わった!!


 


No.9 21/01/31 11:04
常連さん0 

第八話 向かえ海未ちゃん!

ゴジラ出現の報に海未は勢いよく立ち上がった!!……かに見えた!?

海未「う、動けない……」

食べすぎた穂乃果とことりに挟まれて彼女は動けなかった!

総理大臣「なんだと!!」

官房長官「まさか穂乃果ちゃんとミナリンスキーに挟まれて動けないとは!?」

防衛大臣「ゴジラが現れたというのに」

海未「えい!なんとか抜け出せました!」 

ほのこと「ガンバレ」

棒読みの応援を背に受け彼女はゴジラのもとへ向かった!!








 

No.10 21/02/06 08:57
常連さん0 

第九話 戦え!海未ちゃん!?

海未が出現地点に向かうとゴジラ第一形態の姿があった!
キッと尻尾だけを出してるゴジラをにらみつけ背中から矢を出し弓を構えたのだがあることに気づいた

海未「ラブアローシュー……!?あれ弓と矢がありません」

なんとあろうことか彼女は弓矢を忘忘れてしまった!
その頃の穂乃果立たちはというと

穂乃果「あれ?これ弓と」

ことり「矢だね」

彼女たちは海未が弓矢を忘れていたことに気づいた!慌てる穂乃果たち!

ほのこと「あたふたあたふた(゜Д゜;≡;゜Д゜)」

そこへ海未から連絡があった

海未「穂乃果!ことり!聞こえますか、弓矢を至急届けてください!」

ほのこと「わかったよ!」

こうして八人は海未のもとに弓矢を届けにいくのだった!

No.11 21/02/09 10:18
常連さん0 

第十話 走れ!穂乃果

穂乃果たちは海未のもとへ走った!
途中凛があることに気づく!

凛「ラーメン屋にゃ!」

凛を置いていくことにした
途中花陽があることに気づく!

花陽「ゴハンヤです!」

花陽を置いていくことにした 
途中穂乃果があることに気づく!

穂乃果「パン屋だよ」

ことり「おいしそうなパンだね」

その時海未から連絡が入る

「まだですか!?」

穂乃果「いまパン屋にいるよ」

海未「む、早く来て下さい」

穂乃果はパンを選んで袋いっぱいに買って食べながら走った!
途中凛と花陽も合流し走った
ようやく海未のもとへ辿り着いた!

海未「穂乃果!ことり!弓矢を!」

弓矢を投げたふたり

ほのこと「え~い!!」

弓矢は彼女の前で落ちた

海未「」

No.12 21/02/10 09:29
常連さん0 

第十一話 ゴジラVS海未ちゃん

九人の声が異口同音に「あ」と重なったがすぐさまに立ち直ったのは海未だった。彼女は弓矢を拾うと構え矢を向けた!

海未「ラブアローシュー……!?しまった!」

なんとあろうことかゴジラは尻尾を振り土砂をまき散らしながら地中深くに潜ってしまった!唖然とする九人

穂乃果「逃がしたね。残念」

ことり「ホント」


海未「弓矢を忘れた私も不覚でしたが、弓矢をなぜちゃんと渡してくれなかったのですか」 

ほのこと「ごめんなさい(>_<)」

絵里「その辺にしときなさい」

希「そやで人間誰しも失敗あるもや」

海未は頭を垂れ「はい…」と答えた

勝負はどうなる!?

No.13 21/02/14 10:16
常連さん0 

第十二話 対策Gルーム! 

穂乃果たちは政府関係者によりゴジラ対策Gルームに呼ばれた。そこでは歴代ゴジラ対策作戦などが多くのモニターに映し出されていた!
  
凛「凄いにゃあ」

花陽「ゴジラに関する資料もたくさんあります」

しかし海未は沈黙したなか総理大臣たち政府関係者話彼女に握手を求めた 

総理大臣「やあ海未くん、よく来てくれた」

防衛大臣「歓迎する」

海未「は、はあ……」

穂乃果「ンミチャモテモテ」

ことり「妬けるね」

絵里「ふたりともよしなさい」

そんななか真姫もまた沈黙していた

にこ「真姫ちゃん?」

真姫「なぜゴジラは一度タマゴに戻ったのかしら」

彼女の疑問は政府関係者もまた疑問だった

No.14 21/02/19 10:43
常連さん0 

第十三話 ゴジラは何処に

政府はゴジラ探索を急いでいた!被害が出る前に海未ちゃんに戦ってもらわないとどれだけ被害が出るか分からないのだ!

総理大臣「ゴジラはどこにいるか分からないのか!?」

オペレーター「反応ありません!」

防衛大臣「第一形態で現れたのなら次に進化するはずだ!」

その頃穂乃果たちは……

穂乃果「大変だね。はむはむ」

花陽「ご飯が美味しいです」

凛「ラーメンもにゃ」

海未「食べてる場合ですか」

ことり「まあまあ」

真姫「ゴジラはきっと現れるわ」

彼女の一言は確信にあらわれていた 

No.15 21/02/25 08:45
常連さん0 

第十四話 海未の想い、穂乃果の想い

穂乃果『ンミチャがゴジラを倒したらケッコンしてあげるよ!』

海未『ほ、ホントですか!?』

自らの妄想に海未はよだれを垂らしていた……

穂乃果「海未ちゃんよだれよだれ」

海未「はっ!す、すみません穂乃果」

ことり「変なンミチャ」

海未「あはは、そ、そうですか」

なかなか本心を打ち明けられない彼女だたが決心して口を開いた!

海未「ほ、穂乃果!」

穂乃果「んあ?なに」

海未「穂乃果、ゴジラを倒せたら結婚してください!!」

ほのことまきりんぱなにこのぞえり「ええ~!?」

あまりの発言にゴジラ対策本部は騒然となった!!

穂乃果「ン、ンミチャと結婚……」

海未「本気でお願いします!」

穂乃果はパンを食べる口を止めてようやく口に出した

穂乃果「……ん、いいよ!結婚しよう」

ことり「ピィ~!!」

海未「やりました。なんとしてもゴジラを倒してみせましょう」

海未の背後には強いオーラがあった!!

投稿順
新着順
主のみ
付箋
このスレに返信する

小説・エッセイ掲示板のスレ一覧

ウェブ小説家デビューをしてみませんか? 私小説やエッセイから、本格派の小説など、自分の作品をミクルで公開してみよう。※時に未完で終わってしまうことはありますが、読者のためにも、できる限り完結させるようにしましょう。

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

カテゴリ一覧