注目の話題
車を運転する皆さん
旦那の借金
ニートだけど結婚したいです…

番は作らないって決めたけど幼馴染に恋しちゃって第2話

レス0 HIT数 188 あ+ あ-

小説大好き( 匿名 )
19/05/10 21:46(更新日時)

削除投票

第2話

俺には幼馴染がいる
名前は吾妻 翔
同じクラスで産まれた病院が一緒で
産まれたのは1日差。
翔の方が早く産まれたから年上
そして翔はβだ
………その…俺が初めてヒートになったときも翔に手伝ってもらったりする

キーンコーンカーンカーン♪
「よっしゃあ 業間休みだー‼︎」
「うるさ」
翔は硬派で静か
そして…俺と同じくらいモテたりする‼︎
「翔‼︎遊びに行こ〜ぜ!」
翔はチラッとこっちをみて
はぁ〜と大きく溜息をついたら
「仕方ないなぁ」
と不本意げに答える
読んでいた本を閉じ席を立つ
「なにやんの?」
「ドッヂボール」
「任せろ」
「おぅ」
インドア派な翔が唯一楽しみにしている
外の遊びがドッヂだ
そして…
「ぎゃあ!」
「くそっ」
「あはは まだまだー(棒)」
そう…翔はめちゃくちゃドッヂが強い
はっきりゆうと俺も勝ったことがない
「あ〜くそっまた負けたー」
「また勝ったー」
「お前なんでそんなに強いんだよ」
「さぁ」
(……)
むしゃくしゃしながら
水飲み場で翔と二人で話していると
少しボーっとしてきた
体が熱い
熱?いや違う
やけに下半身がむずがゆい
まさか…ヒート‼︎‼︎⁇
やばいうずうずする
「しょお?」
頭が真っ白になる
翔がこちらを見てギョッとする
「おまっ まさかヒート⁈
ちょっと待ってろ今すぐ先生を呼びにっ」
がしっ
俺は無意識に翔の脚を握っていた
「やらぁ 行かないれぇ」
ろれつが回らない
翔はごくっと唾を飲み込む
「…………はぁ…竜五が悪いんだからね」
「ふぇ?」
「竜五には秘密にしてたけど
俺、ほんとはαなんだ」
「えっ」
そのとたん目の前が真っ暗になる
口の中が熱い
気持ちいい
キスされてる?
ああでも気持ちいい
もうどうでもいい
「しょお……して?」
翔は眼を見開く
俺は何を言ってしまったのだろう
「もう無理」
翔が俺の上に覆い被さり服を脱ぎ始める
目線を下にすると
翔のアソコは完勃ちだ
俺もあっと言う間に脱がされ
愛撫される
乳首を触られたり
アソコをいじられたり
そうされると自分のものとは思えない声が
出てきてしまう
「ふあっ⁈」
すると翔がケツの穴に触れ始め指を入れてきた
「ちょっふあっ?!やめっ痛っ
指入れっあぁっ」
コリッ
「うあっ⁈⁈!」
「いいとこみーつけた」
普段硬派な翔がエロい顔で饒舌になる
すると翔はそこばっかりいじってきて
声が抑えられない
「もっそこ、やっ♡」
「…まだだよ 」
ズンッ
「はっ……おっひぎっ」
翔のアレが容赦なく腹の奥を突いてくる
「あーすっげ気持ちいい」
「うあっ」
何度も抜き挿しされ
もう感覚がなくなるほど
グチャグチャにこね回される
「大好きだよ 竜五♡」
「あっ俺もっんっすきっ♡」
「さあ竜五俺の子を孕んで」
「やっ中出しはだめぇ~♡」
そのまま中に出され孕んでしまったかもしれない恐怖と快感に襲われた
そこから先は覚えてないけど
俺たちは両想いでラブラブやってます❤︎

No.2846223 19/05/10 21:46(スレ作成日時)

投稿制限
年齢性別必須
該当のレスが一つもありません。
このスレに返信する

携帯小説掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧