関連する話題
車あれこれ(要は雑談や雑学)
雑学知識織り交ぜながら
雑学は雑多な会話の中に有る

車あれこれ(要は雑談雑学) 3回目♪

レス 20 HIT数 853 あ+ あ-

銭無平次( 48 ♂ qa9ZVe )
19-05-12 18:14(更新日時)

削除投票

性懲りもなく(笑)第3弾のスレです。

車に関わる話は勿論、それ以外の話でも老若男女問わず好き勝手にレスして自由に参加して下され。

喧嘩や誹謗中傷さえしなければ横レスもOK!

タグ

No.2814445 19/03/13 01:35(作成日時)
投稿制限
ハンドル名必須
レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ

No.1 19-03-13 02:24
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

1リッターから1,3リッターのターボでMTのFR車を150万位で売り出してくれないかなー。33スイスポをFRにしたような感じ。
絶対売れると思うんだよね。

No.2 19-03-13 03:19
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

スレ主さん、続きスレありがとうございます。

http://mikle.jp/thread/2372332/

↑このスレの続きです。

皆様、宜しくお願い申し上げます。



スイスポをFRにしたような車があったら面白いでしょうね。

でも150万円は、ちょっと厳しいでしょうか?

専用のプラットフォームを起こすことなく、既存の何かをベースに仕立てて開発コストを抑え、且つ日米欧その他国内外で販売可能で、大量に販売台数をこなしていかないと採算が採れないかもしれません。

エンジンやミッション、サスペンションなどの主要部品も、既存の何かを流用し、生産ラインも既存のものを流用して生産コストを抑える必要がありそうです。

特にアメリカは世界市場最大のマーケットで、アメリカで売れる車を作れば、国内では一部の車好きしか買わない車でも、輸出を含めれば販売台数はこなせます。

ただ如何せんアメリカは衝突安全基準が世界一厳しく、小さな車はよほどボディーをシッカリと作らないと米国安全基準には適合できないでしょうね。

もう製造中止ですが、タクシーのクラウンコンフォートでさえも、あの簡便な構造でドタバタガタガタした乗り心地でありながにして、結構お高かったですからね(それでも現行ジャパンタクシーよりは大幅に安かった)。

日本の自動車メーカーの多くはタイに生産工場を持っていますから、タイで現地生産して逆輸入するなどのコスト政策をすれば実現可能かもしれません。





No.3 19-03-13 04:17
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 2
こういう車を欲しがるのは、40代半ば以上の世代でしょう。

そもそも若い世代で車を欲しがる人は限られています。

もはや若い世代は車のみならず女性にも興味なく「彼女なんていらない。だからデートカーもいらない」という人が増えています。

仕事上のしがらみで嫌々ながら仕方なく取ったというより取らされた免許も、AT限定免許が殆どのようです。

車そのものを楽しむことは愚か、女性の前で格好つけることすら興味がなくなっているのです。

車に求めることは純然たる移動手段のみです。

アメリカではGMによるユーザーに対する啓蒙活動によって、FF=新式、 FR=旧式という概念が植え付けられていると言います。

こうした車を作っても150万円で採算を採るのはかなり難しそうです。




No.4 19-03-13 04:39
たけ ( 46 ♂ XHFdWe )

削除投票

>> 2
コメントありがとうございます。

当初はKP61スターレットのような車をイメージしていたのですが、例えが古すぎるかなと思いまして(笑)

プラットフォームの共用まで視野に入れた場合、トヨタがスープラをリリースしたように、BMW1シリーズをベースに作る事は可能でしょうね。

但しその場合販売価格は最低でも250万スタートになってしまい、86/BRZと競合してしまうので実現しないと思います。
あとは軽トラックをベースにするくらいしかありません。

コンパクトカーが居住性とコストダウンを理由にFF化を進めて行ったのが
80年代の話。
今となってはFRという駆動方式は贅沢品なのかもしれませんね。

No.5 19-03-16 20:32
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

>> 4
はじめまして、銭無平次です。

仰る通り、FRは現在ではかなり上のクラス(Dセグメント以上)のクルマやロードスター等の一部のスポーツカーにしか採用されていませんね。ある意味では贅沢品と言えます。

それだけでなく、FRは一般的なドライバーではやや持て余すと言う要素もあると思われます。

特に、雪路等の低μ路ともなればチョットだけでも失敗ると一発でスピンしますからね。

そう言う私は現在ではしっかりとFR車を所有しています。

何しろ、クルマ選びの基本条件が『FRのセダン』ですから。

これからも宜しくお願い致します。

No.6 19-03-16 20:55
銭無平次 ( 48 ♂ qa9ZVe )

削除投票

勤務先の4t車破壊(笑)

あれは先週の金曜の夕方のコトです。

4t車に荷物を積んで客先に納品しに行った時です。

そこは入り口が異様に急なスロープで、客先の敷地に入りかけたその時、突如『バキバキッ』と4t車(満載だったのでかなり車高が沈んでいた)の下から異音が…、

それと同時に排気音がデコトラに…、

そう、私は4t車のマフラーを地面にぶつけてマフラーを破壊したのです(笑)

しかも悪いコトにフロントパイプが原形を留めない程にひん曲げて後の収拾が付かなくなり、仕方なく客先に4t車を置いて客先の運転手さんに勤務先に送って貰ったのです。

丁度車検の時期だったので同時に車検整備も行ったのですが、その間、殆ど新車の4t車(ファイター)で仕事していました。

来週月曜に4t車が帰って来ますが、年式の古い4t車なので部品が無くてあえなく廃車になり代替と言う夢物語は見事に玉砕しました(爆)

No.7 19-03-16 21:22
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

>> 6
私の方はバモスがオルタネーターが故障の上、L602は後輪ブレーキが故障しております。

まずはバモスを修理に出して、現在は代車のアクティバンを借りております。

バモスはセーフティローダーにてディーラーに搬送してもらいました。

ローダーはいすゞエルフでしたが、ミッションはスムーサーEでした。

いすゞのスムーサーEは、ネットの口コミではあまり評判は宜しくないのですが、なかなかスムーズでした。

似たような仕組みかと思ったのですが、スズキエブリイのAGSのギクシャク振りとは、雲泥の差がありました。

バモスの修理が終わったら、L602のブレーキも修理する予定です。




No.8 19-03-16 21:33
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

それにしても一昨年の東京モーターショーで参考出品されていた日産キャラバンNV350型の救急車が、急に巷に溢れ出てきました。

2002年、私の母親が生前最後に乗った車は、日産エルグランド型の救急車でした。

2016年に私の父親が生前最後に乗った車も、エルグランド型の救急車でした。

ロングセラーだったエルグランド型救急車とも、いよいよお別れのときがやってきました。





No.9 19-03-28 22:47
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

俳優の萩原健一氏がお亡くなりになりました。

萩原健一氏と言えば、1994(平成6)年頃はマツダカペラのCMキャラクターでした。

そしてもうひとつ、

幻のCMキャラクターでもあったのです。

1983(昭和58)年4月発売の、トヨタAE80系スプリンターのCMキャラクターに内定していたのです。

テレビCMはもとより、カタログにも登場する予定だったのです。

しかしAE80発売を目前に控えていた1983年3月、萩原健一氏は大麻取締法違反の容疑で逮捕され、急遽降板と相成ったのです。

代役は古谷一行氏でした。

あれから36年、

萩原氏は天に召されました。

享年68歳

早過ぎる死でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。




No.10 19-04-01 01:41
匿名希望 ( ♂ pxFC4 )

削除投票

悲願達成!

バモスに初代エスティマ用2.4Lスーパーチャージャー付き160psエンジンを搭載致しました。

国交省公認の、恐らく全国で唯一の3ナンバーのバモスです。

平べったいエンジンですので後席下にミッドシップマウントできましたが、初代エスティマ特有の補器類の取り回しには困難を極めました。

フロントメンテナンスフード内のウォッシャータンクは助手席シート下に移設し、バッテリーは左スライドドア脇のジャッキ収納部分を拡大してそこに収めました。

元々バッテリーとウォッシャータンクがあったところに、オイルタンクを設置したのです。

スペアタイヤとジャッキは降ろして、パンク応急修理キットで代用する傍ら、助手席床下のスペアタイヤ収納部には、オルタネーターと電動式エアコンコンプレッサーを設置しました。

平成排気ガス規制に適合させるべく、触媒は別の物を用意しました。

ラジエーターは特注品です。

社外電動ファンはECU連動はできず、手動スイッチ式です。

ATミッション後端がドディオンアクスルに干渉するため、ドディオンアクスルも特注品です。

勿論マフラーも特注品です。

4WD用のATミッションを用い、後輪ドライブシャフトへの動力伝達は、ミッション脇のトランスファーから伝えております。

車重は155kg重くなり重量増に対応すべく、サスペンションはRSRの車高調キットの装着で調整をはかりました。

1225kgの車重に160psのパワーですので思ったほど速くはならない上、重量増加分は床下に集中しているためか、むしろ低重心化に拍車がかかったようで意外なほど安定感があります。

改造費には、都合580万円を要しました。

私は父親の遺産を食い潰して、こんな道楽に没頭しております。

でも後悔はしておりません。



‥‥

本日4月1日はエイプリルフールです。

今回は現実から離れ、敢えて夢を語らせていただきました。

騙してすみません。

「今までにひっかかった一番のエイプリルフールネタは!?」
というシスオペスレから思いついたレスです。

http://mikle.jp/thread/2821997/

◎ すぐに嘘だと判った。

◎ 半信半疑だった。

◎ 信じてしまった。

皆さん、いかがでしたでしょうか?

短編小説のつもりでお読みいただければ幸いです。



最初
ページ : 1 / 3

お知らせ

5/14 スレ主用メニューの表示位置を変更

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

趣味掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

掲示板一覧

[PR]株式会社ティファレト