関連する話題
吐息の先に…
ビー玉
SENA ~私の恋物語~

168㌢の君

レス 8 HIT数 225 あ+ あ-

自由人( 匿名 )
19-01-21 02:05(更新日時)

削除投票

君は突然現れた。

No.2772149 19/01/05 09:10(作成日時)
投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可

No.1 19-01-05 09:21
自由人0 ( 匿名 )

削除投票


私は3人姉妹の末っ子

裕福で何不自由なく育っていた
ある時 姉に誘われた
部屋に入ると異様な雰囲気を感じて 少し休憩しようと窓の1ヵ所だけカーテンが開いていて緑の木々がきれいな陽射しをあびているのを眺めていた

姉は言った。
今日は 両親は戻らないと。
私は 嫌な気配を感じ窓を開け、そこから逃げ出した。

No.2 19-01-05 09:28
自由人 ( 匿名 )

削除投票


元彼と会い お互いにお金もなくただ なんとなく一緒にいた
3時間くらい一緒にいたけど貧乏で努力しない過去を振り返った時 帰ろうと思い始めていた。

No.3 19-01-05 09:41
自由人 ( 匿名 )

削除投票

お腹すいたな。
これからどうしようかと考えてる時

君は突然現れた。
君たちは とても自由で笑っていて 君たちの楽しそうな雰囲気に心地好さを感じていた

君は笑顔で私に林檎を手渡してくれたね。

ありがとう。

No.4 19-01-05 18:45
自由人 ( 匿名 )

削除投票

君たちと一緒に海へ行ったね。
ふざけてサメがいそうな深い場所まで。
怖がってる私を からかうように笑いながら安全な場所に移動して 暑くて眩しい空を見上ながら君たちの自由な行動に心が揺れ動いたような気がした

No.5 19-01-05 18:49
自由人 ( 匿名 )

削除投票

だけど、このままはよくない。
1度 家に戻り これからどうするべきか考える為に家に帰ったのだが そこには警察官がいて何かが起きているのだと思いながら家に近づいた

No.6 19-01-05 18:58
自由人 ( 匿名 )

削除投票

家に入ると床に血痕が大量に残っていて 悲しいわけではなく いつかこんな日がくるような気がしていた。

両親は行方不明、姉妹は自殺していた。

自殺後 家の中は荒らされたのか家具など散乱し 近所の人達が適当に金目になるものを持ち出したのだろう
普段から良い印象のない家、家族だったから こうなるのも仕方がないと思っていた。

突然、警察官が私の手首を強く掴んだ。

そして簡単に拳銃を抜いて、こちらに銃口を向けてきた。

No.7 19-01-21 01:56
自由人 ( 匿名 )

削除投票

そこに君は現れてくれた。

警察官に拳銃をおろすよう説得してくれていた

ずっと一緒に居た証拠を警察官に突きつけて私の疑いを晴らしてくれた

私は近所の人達に白い目でみられ 少しの間ただ立ち尽くしていた

No.8 19-01-21 02:05
自由人 ( 匿名 )

削除投票

私は我にかえり君にお礼をと考えたけど家は荒らされ こんな状況だったけど冷蔵庫の中に残っていたジュースを君に渡してお礼を言った。

君は何も聞かないんだね。
ただ一緒に座ってジュースを飲んだ。

これから どうしたらいいのかな…あまり焦る気持ちではなく ただ呆然と考えていた。

最初
最新
ページ : 1 / 1

お知らせ

1/2 あけましておめでとうございます

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

携帯小説掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

[PR]株式会社ティファレト

掲示板一覧