関連する話題
観た記録2。
私がいままで読んだ本📖
あれこれどれそれ*ドラマ日記

記憶か記録か…ドラマ日記

レス 123 HIT数 1282 あ+ あ-

匿名( 匿名 )
18-12-17 00:52(更新日時)

削除投票

連ドラの感想、まとめ等

シーズン毎に記録して行くスレです。


基本、連ドラ対象ですが、その他のドラマを取り上げる事もあるかもしれません。


No.2700081 18/08/27 17:07(作成日時)
投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可
レス絞り込み
スレ主のみ

No.1 18-08-27 17:16
匿名0 ( 匿名 )

削除投票

「2018夏ドラマ途中経過②」

◎ハマっているドラマは
*ハゲタカ
*ラストチャンス
*この世界の片隅に
*dele

〇全部観ようと思っているドラマは
*義母と娘のブルース
*グッド・ドクター
*警視庁ゼロ係
*健康で文化的な…
*絶対零度

□多分全部観るだろうなと思っているドラマは
*刑事7人
*チア☆ダン
*高嶺の花
*ヒモメン

◇まだ判断保留のドラマは
●微妙なドラマは

▼視聴離脱したドラマは
*ゼロ 一攫千金←感想は前スレ参照。


※関東地区・民放のみ。深夜ドラマを除く。

No.2 18-08-30 00:20
匿名 ( 匿名 )

削除投票

【ここまでの短評】

「絶対零度」8話まで。
今回はストーリーもゲストの白石麻衣も酷かったなあ。
まあそれは置いといて、やっぱり桜木は生きていたね。元上司長嶋と組んでいるみたいだし、ますます警察内部犯行の線が強くなって来た感じ。

「ラストチャンス」7話まで。
「誠実な人と仕事をしたい」だったかな?樫村を落とした殺し文句は。大企業の常務まで上り詰めた小沢が、そんな甘ちゃんな訳が無いわな。大友の動きまでお見通しで出汁に使ったんだろうね。今回も面白かったなあ。

「健康で文化的な…」7話まで。
どうしてもレアケースを題材にせざるを得ないんだろうね。
阿久沢の娘は父親に復讐でもしたいのかねえ。

「高嶺の花」8話まで。
今回は初回以来位にテンポも良く話も面白かった。ぷーさんが辿り着いたももの精神世界の構造と結論の話も良かった。
千秋のポジションは何なんだろう?

No.3 18-09-01 21:45
匿名 ( 匿名 )

削除投票

【ここまでの短評】

「グッド・ドクター」8話。
病児のきょうだい児の話。これは本当に切ない。きょうだい児に一時だけでも母親を独占させるキャンプの話とか、以前何かで見た記憶もあるのだが。
今回のきょうだい児は年齢的にも父親の元に残せたと思うし、そちらの方がベストな選択だった筈だけど、もっと低年齢の場合はドラマの様な選択になるよね。
間宮科長が「出来る医師」に豹変した事は、アクセントとして受け入れよう(笑)
しかし今更の疑問だけど、あんなに腕の立つ高山が個人病院に在籍している理由は何なのかね。

「dele」6話。
今回の脚本は金城一紀。
「娘は何故自殺をしたのか?」納得出来ない両親の依頼を姉から持ち込まれ、嫌々引き受ける圭司だが、結局二人でどんどんのめり込み、ネットで若者を自殺に誘い込む冴えない中年男に辿り着くというストーリー。
今回も見応えがあったなあ。
デジタル圭司とアナログ真柴、これ以上無い位の凸凹っぷりが頼もしい相棒だな。

No.4 18-09-03 11:11
匿名 ( 匿名 )

削除投票

「この世界の片隅に」7話まで終了。

最愛の娘が時限爆弾の爆発で死に、一緒に外出して右手を失いながらも生き残ったすずを「あんたが付いていながら何で…」と責め立てる義姉・径子のやり場の無い怒りも分かるし、義母の世話どころか家族のお荷物になってしまい、申し訳無い、居場所が無いと思い悩むすずの気持ちも分かる。

後日、責め立てた事をすずに謝り本心を話す径子に、「やっぱりここに居させて下さい」とすがり付くすず、心を開き合い本当の家族に成り始めたんだなと思えるいいシーン。
そこに被せて描かれる原爆投下シーン、何も分からず何も知らされない中、戸惑う当時の人々の様子が「生活」の中で描かれていて説得力のある演出だった。


※松本穂香の主演抜擢は大成功だったと思う。流石プロの目の付け所は違うんだなと痛感。

No.5 18-09-03 17:01
匿名 ( 匿名 )

削除投票

【シーズン枠外ドラマ】

「透明なゆりかご」7話まで。
アオイは小学生の時にADHD判定を受けていたのね。ドラマ内でも言っていたけど、まだ判定出来る医師も少ないし、世間的にも今ほど認知はされていない時代の話だから、母親もさぞかし辛かっただろうなと思う。
(あのランドセルの担任から保護者宛の張り紙、今の感覚で見ると非人道的で酷い話だけど、実話として有り得たのかもと思う位、結構衝撃的なシーンだった)
でもアオイはイジメられている同級生に対して共感し助けたりする感性を持っているし、母親が思う程は本人は生き辛くは無かったのかも?
色々と深く考えさせられるドラマだな。

「いつかこの雨がやむ日まで」5話まで。
うん!?麻美の父親(参議院議員)登場で、今までいい人イメージだった剛田刑事(木村祐一)が、実は真実が暴かれるのを阻止する為に立ち回っていたのか?という展開に。

麻美のお腹の子の父親は天竺、それを知り麻美を殺したのは國彦を密かに愛していた姉の千尋?それを隠す為に父親が剛田を使って國彦に罪を被せた、って事なのかな?

No.6 18-09-03 23:28
匿名 ( 匿名 )

削除投票

「ラストチャンス」全8話終了。

狸の小沢常務にしてやられ、土俵際まで追い込まれた樫村だったが、最後は食のビジネスに本物の愛情を掛けられるカタヒラ食品の社長を口説き落とし、十和子と結城も加えたトライアングル体制を構築する事で、小沢を見事にうっちゃってみせた。

そして食ビジネスは専門家に任せて、社員に惜しまれながらも自分は退任、企業再生請負人の道に進んだ。

ハラハラさせられたけど面白かった。
現実は誠実な人間が最後は勝つ!ばかりでは無いけど、ドラマはこういう終わり方が丁度いい。


※強気に出たり土下座をしたり、立場がクルクル変わり狂言回しみたいな役回りの銀行員が、滑稽でもあり哀れでもあり。
オーバーな演出を付けているから笑えるけど、現実はね…。

No.7 18-09-06 11:21
匿名 ( 匿名 )

削除投票

【ここまでの短評】

「義母と娘のブルース」8話まで。
やはりこのドラマの肝は、亜希子がビジネスで培ったノウハウをどの様に生活の中で生かすのか…だな。

みゆきの発想は「普通」だったけど、それを喜ぶ亜希子の表情はすっかりお母さんになっていた。
みゆきもびっくりな麦田と亜希子の恋!?まさかね。

大樹くんって頭いいのね。

「刑事7人」9話まで。
天樹が資料を読み込み過ぎて、現在の犯罪を50年前の犯罪の模倣と読み違える、新しいパターンで面白かった(徳永富彦脚本)。

「高嶺の花」9話まで。
千秋はももの仕込みだったのね。病院の娘でバリバリの脳外科医。幼少時に跡取りの弟の誕生で梯子を外され、心の真ん中に寂しさの塊を抱えたまま成長。
ももとは似た者同士。だから直人に惹かれてしまうのも必然か。

実の父親が高井と知り絶望の淵に陥ってしまったもも。直人は助け出せるのかな?

宗太の「もがき」=ももの心象風景という解釈をすると分かりやすい。

No.8 18-09-07 00:07
匿名 ( 匿名 )

削除投票

「ハゲタカ」全8話終了。
裏切りや危機設定でハラハラさせておいて、土壇場できっちり打ち負かすという展開は面白かったけど、ラスト3話位かな、綾野剛の力み台詞の演出が過剰に感じられる様になり、ちょっと興味を削がれる部分があった。

また1997年~2018年と、20年以上の月日が流れた設定なのに、綾野剛・沢尻エリカを筆頭に、キャストのほぼ全てがスタート時の容貌のまま殆んど老けなかったという演出も、非常に違和感が有った。

特に3話までは文句なしに面白かっただけに、尻すぼみになってしまったのは残念だった。

No.9 18-09-10 16:03
匿名 ( 匿名 )

削除投票

【ここまでの短評】

「グッド・ドクター」9話まで。
湊担当の伊代は小腸移植をしないと助からない状態だが姉からの移植手術を拒む。そこには姉妹の互いを思いやる感情が交差して…。
伊代が好きなバスケ少年は実は副院長の別れた実子だった。

ドラマ部分は分かっていても泣かされる話だったけど、「事実を知る」きっかけが立ち聞きのオンパレードなのは、いくら韓ドラ原作とは言えシラケるから止めて欲しいな。

「dele」7話まで。
今回の依頼人は死刑囚の息子。自殺が確定した為削除する筈が「父親の事件に関する証拠があるかも」と姉に止められ、二人は事件を調べ始める。

真犯人の可能性のある人物が何人も浮上し、「えー、もう時間が無い、続きは次回かあ?」と思った瞬間、「死刑が執行された」で唖然。こんな展開って有りなんだ。モヤモヤ感はあるけど凄い所を突いて来たなあ。忘れられない一話になりそう。(徳永富彦脚本)

「この世界の片隅に」8話まで。
玉音放送で終戦を知る市井の人々はあんな感じだったのかなあ。神と崇めていた天皇は、変な抑揚ではあるが日本語を喋る人間だった…。
「うちは納得出来ん、まだ戦える」と一人荒ぶるすず。晴美を死なせてしまい、自分も右手を失ったのは何の為だったのか。
と言っても、戦勝国にも命を失った者も障害を負った者も沢山居る訳で、戦争の本質、残酷さを改めて考えさせてくれるストーリーだった。

No.10 18-09-10 16:22
匿名 ( 匿名 )

削除投票

「ヒモメン」全7話終了。
まあ、ゆり子が最後に翔を選ぶのは分かっていたけど、翔が負けを認める形で身を引いたのにはちょっとびっくり。
ゆり子の私物を勝手に売り払っていた頃よりは、少しは思いやりの面で成長したのかな。
当初はつまらなかったけど、ラスト3話位は面白かった(特にヒモ更正プログラムの回は面白かった)ので印象としてはまあまあだったかな。

※窪田も良かったし、全体を支える側に徹していた勝地も上手かった。

最初
ページ : 1 / 24

お知らせ

11/28 当サイトへのお問い合わせについて

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

日記掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

[PR]株式会社ティファレト

掲示板一覧