関連する話題
流星⭐&麗奈✨②
カラスの談話室11
・:* ೫̥♡⃛*ナナ&リィのお部屋・:*೫̥♡⃛

ちょっとだけよ。

レス455 HIT数 6619 あ+ あ-

匿名( 匿名 )
19/04/26 16:37(更新日時)

削除投票

私だ。 雨で仕事がないので。久しぶりなので・・・

No.2663866 18/06/20 09:42(スレ作成日時)

新しいレスの受付は終了しました

投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可
最初
ページ : 1 / 5
レス絞り込み
スレ主のみ

No.1 18/06/20 10:11
匿名0 ( 匿名 )

削除投票

誰こいつ?

と思ったあなた。流してください。

同居してるジジイとババアが嫌いなだけの嫁です。

さて。

おかげさまで息子たちとの愉快な生活は無事に続いています。

モゲラは定年を待たずして役職定年になり給料はダダ下がりましたが元気です。
まいにち定時に帰ってきます。
役職を失いもうかれこれ1年以上になりますが未だに毎日「定時っていいなあぁぁぁーー\(^o^)/\(^o^)/」といいながら帰ってきます。


ジジイとババアも元気です。
あと50年は生きるといってますのでUMAとしてテレビ出演させようと思ってます。

心の友カリン様は肥大型心筋症になってしまい3年ほど前に血栓により下半身が動かなくなりましたが必死のリハビリで復活し再び動けるようになりました。
その翌々年には胸水がたまり危篤状態に陥りましたが、毎日の水抜き処置が3日に1度、1週間に1度となり、やがて1ヶ月に1度の水抜き処置で日常生活には支障がなくなりもう1年経ちました。
手術には耐えられないとのことで心臓の持病はあるので気は許せませんが、この子の命がある限り全力でサポートしていこうと思ってます。




No.2 18/06/20 10:32
匿名 ( 匿名 )

削除投票

さて。

長男ですが、元気です。
独身です。あくまでも本人の強い希望で独身だそうです。
週末や雨で仕事ができないときはガテン系の友人(妻帯者)たちがこぞって遊びにきます。

ゲームやりたさに育児や家事に必死で協力するものの、妻と話すよりゲームがしたい本心を妻に見透かされ、ブチ切れられたあげく妻の親にも怒られて肩身がせまいでやんす~のA君。

結婚したって友情は宝だ!と亭主関白を気取ってはみるものの、あまりの頻度に「バカじゃーねーの?実家に帰るぞコノヤロウ!!」と妻にブチ切れられたB君。

息子たちと集まるのが嬉しすぎてウキウキ顔がですぎてしまい息子とできてんじゃねーか??と妻に疑われたC君。

そんな仲間たちの愚痴を聞きながら

「だろ?だろ?だろお??だから言ったじゃーーん!結婚なんてするもんじゃねえって~~(笑)(笑)(笑)」と自分を慰める長男。


そんな構図ができてます。

そんなこたあいいから、おめーは来年から自分で洗濯しろよと思う母です。

No.3 18/06/20 10:54
匿名 ( 匿名 )

削除投票

さて。


次男です。
独身です。まだ。

これについては彼女にただただ申し訳なく思います。
けれど健気に息子を信じ、また息子の仕事の状況を深く理解してくれている彼女(カワユス)です。

モゲラと私はもうとにかく彼女に申し訳なくモゲラは
「してまえ!結婚を。なんとかする。俺達も全面的に協力するからしてまえ!!」といってますが息子が聞き入れません。

それじゃあ彼女の父親にどの面さげて幸せにするといえるのか?
旦那の収入不足を常に助ける苦労を彼女がどこまで理解してるか、それが未知なのにできない。
だから俺が支えられる状況が整えてからだと。
胸を張って彼女のお父さんとお母さんに言えるよう俺がやるらしいです。
彼女も彼女のご両親もそんな息子を信じてくれています。

なので私は何も言いません。
ただ彼女への感謝は、このさき一生をかけて息子と共に返していこうと決めています。

No.4 18/06/20 11:28
匿名 ( 匿名 )

削除投票

あ、さて。次に。

でました。ジジイです。


食が細くなりました。
もとより好き嫌いが多いというか、食うものが限られてるぞジジイだったのが、さらに偏食がひどくなり、たのみの綱のはごろもフーズですら魚臭いと食べなくなり大好きだった肉も食べなくなりました。

食べられないものばかりのなかで唯一たべたいと思うのがマグロのトロだと先日あつく語ってましたが、そこは家計の都合で聞こえないふりしました。
いまはピーマン食ってます。

彼は2、3年まえから、嫌みが大好き&トルネード曲がりな根性のババアにひたすら虐められてます。

頭がトロい。ボケボケ老人。なんの取り柄もない。汚い・・・etc.
さすがの私も「そこまで言うかよ・・」と哀れみさえわきます。

No.5 18/06/20 11:41
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ときにはジジイも反撃しジジ&ババでバトってます。

ですがジジイの反撃は私のまえでしか行われず、反撃しながら私をチラチラ見ては応戦を求めます。
ババアはババアでこれまた私のまえだと被害者きどって素直にジジイに謝まってます。

ジャッジの私はジジイに対して

私に助けを求めるのかジジイ?
かつて私がその立場だったとき、おまえは気にする私がおかしいといい続けたではないか。
ここは自力で乗りきれ。私をたよるなアホ!と思いながらスルーして飯くってます。

ババアに対しては

でたよ、でたでた。被害者きどり。
さっきまで傷口をえぐりとるような暴言かましといての被害者きどりか?
どーせ後でジジイと2人になったらまた虐めるくせに。
おまえの手口はイヤってほどやられて知っとります!と思いながらスルーして飯くってます。

おもしろいので大バトル中の2人に「明日は雨かなあ?」と笑顔でいきなりふってみたりもします。

するとワシの手口もワヒの手口も通用しねえなと悟るのか、2人ともちゃんと答えてくれまして、その後は天気の話題に変わります。

2人は私が大好きですが私は2人が大嫌いです。



No.6 18/06/20 11:56
匿名 ( 匿名 )

削除投票

あ、さてさて次はババアです。


こいつはなんも変わってません。

強いてあげるなら毛染めが面倒になったのか白髪放置で白髪熟女を目指してるらしいのですが、頭頂部のズラスペシャル零式(茶髪)を装着するとなると地毛との違和感がでてしまうため現在むきださせてます。

その姿には人生をふっ切れた大人女子の清々しさを感じます。

No.7 18/06/21 08:42
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そして最後に私。

これまでの暴飲暴食がたたったのか血液検査の数値にほんの少しだけ異常がでました。

ハードな作業をこなすにはしっかり食べなあかん!
スリムなボデー?美白?紫外線対策??
なに語ですかそれ?
大事な息子にスタミナつけて自分も一緒に食って動いてまた食って!イエーイ!!!
とやってたら何とかの数値が高いとかで体重落とせといわれた。

息子が元気なら私はどーでもいい!!
そう思ってきたが・・・とりあえずジシババより先に逝くわけにはいかねえ!と一念発起。

食事は毎回計って高タンパク低キャロリー。米は麦入り。間食は自殺行為だ!作業でヘロヘロになった後にも欠かさずウォーキング。
ブルブルマシーンにぶるぶる揺られて酒を断ったらなんとか体重落ちました。

で、検診に行ったら「数値が標準値に戻りました!今後は年に1度の健診で変化がなければ大丈夫だよ~」と医者にいわれました。
けど私が「来年?ヤです。それじゃ今後のモチべが続かねえです!」と懇願したので来年じゃなく半年後にもチェックしてくれるとなりました。
始めて3ヶ月になるのでもうこの生活にも慣れました。

世の中の人って小腹が減った=米くおうじゃないんだ・・・。
普段から日常的に小腹が減った状態で過ごしてて、それが普通なんだ・・と初めて気づかされたこの頃です。


No.8 18/06/21 08:52
匿名 ( 匿名 )

削除投票


どうでもいいっちゃいいんですが、あと小姑です。

会ってないです。
ジジババは相変わらず電話で送迎にかりださせたり、突然の指令にすっ飛んでいきますが家に彼女がくることはありません。

お彼岸のときに余計なお世話で和菓子はもってきてるようですが、私は仕事に行くので会わないです。
だからって関係が険悪なわけじゃなく、ご近所の他人といった位置関係でとても快適。

次に会うとしたらジジババの葬式でかしら?と思ってます。

No.9 18/06/21 09:16
匿名 ( 匿名 )

削除投票

忘れてたけど、あと実家の母です。

こちらもおかげさまで元気です。
少しまえに持病の腰痛で2週間ほど入院しましたが神経ブロック治療で嘘のように痛みが消え無事に退院となりました。

母のことは私とあとの2人の兄弟で各々の得意分野を連携してサポートしたのでスムーズに対処できましたし、なにより母が私たちを動かせまいと配慮し可能な限り自分で対処してくれたので助かりました。
現在は完全復活し元気に暮らしてます。

退院後、母が真っ先にお礼の電話をいれたのは私たちの配偶者にでした。
私たちを使ってしまったために義兄、モゲラ、弟の奥さんに不自由をかけてしまったことへの謝罪。
来させてくれたことへのお礼。
それを忘れない母の姿勢は義親のあるべき姿だと私は思います。



No.10 18/06/21 10:35
匿名 ( 匿名 )

削除投票

その母の退院後、しばらくしてうちのババアが帯状疱疹になった。

はじめは両側に少しのかぶれ程度のもの。
けど大騒ぎするので医者に行けと説得。皮膚科を知らんというのでGoogleマップで近場を調べ教える。
それでものらりくらりと逃げ倒し、ようやく行ったはその1週間後。

ところが通院してもいっこうに治らず、そうこうしてるうちに顔面片側に明らかに別の湿疹あらわる。
これ・・・帯状疱疹じゃねーの?と疑った私が眼科と皮膚科があるおっきな病院いけと説得。

でも「やだ」ときかない。
おっきいとこは入院させるから死んでもやだと。
そのくせ痛い!痛い!とうるさい。
どーしてなんだろうねえ~
どうしてワヒがこんな目にあうんだろうね~。ワヒに何の罪があるんだろうね~
ねえ、知ってる??


知るかよアホ!

まあ・・知らないこともないがな・・。

No.11 18/06/21 10:44
匿名 ( 匿名 )

削除投票

愚痴る→医者いけ!→やだ!→ひどくなり寝込む→愚痴る→医者いけ!→やだ!→さらにひどくなり寝込む→愚痴る・・をババアと2人で繰り返してましたがバカらしくなり放置。
そのうち嘔吐と下痢までしだしたけどお粥つくって放置。

ジジイにいっても婆さんのいいなり。モゲラにいってもほおっておけ。
ババア「医者は絶対いかない。」

話にならん!と放置したはいいけど重病人きどりでわざわざみんなの所にきて泣き言を言う。

くんなこっちに!とりあえず息子たちにはうつすな!と思い、「酷いなら無理せず部屋で寝てて。お粥は運ぶから」と強行突破で部屋に運んでも食後に薬もってこっちくる。
で、みんなにわざわざ泣き言をつらつらつらつら・・。


だーら"!!!!医者いけつってんだろーがよ!! おまえが医者いきたくないのは勝手だが私や子供にうつすなアホ!!
うつすならモゲラとジジイにしてくださいm(__)m

そこでとりあえずアホ軍団はほっといて息子たちを隔離。飯は部屋で食えと告げ、いたるところに「んっとにもう!んっとにもう!!」といいながら除菌スプレーしまくった。







No.12 18/06/21 10:59
匿名 ( 匿名 )

削除投票

どうにもこうにも痛みに耐えられなくなりやっと医者に行ったのがその翌週。
帯状疱疹です。もうかさぶたになってますと医者にいわれ薬もらって帰ってきた。

その後も薬をのんだらのんだでお腹が・・便秘が~下痢が~頭痛が~とうるさいので

「気になったら病院にいくように。薬のことは調剤薬局できくように」

と幾度も教えたが・・コイツはまったく自分でやろうとせず顔をあわすたびに私に延々といってきた。

何度もスルーし聞こえないふりもし怒りもし説得もし説明もしたがいっさい効果なし。
ただ私にむかって、ひたすら私に同じ事を何度も何度もいってきた。

これは新手の嫁イビりなんだろーか?
手のこんだ嫁つぶしプロジェクトなんだろーかとさえ思うほど。

No.13 18/06/21 11:44
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ババアは私を医師免許をもってる嫁だと勘違いし、切々と症状を訴えたあげく粥で生きのびてるにもかかわらず、症状が少しおさまると小姑一家と隠れて寿司を食いに行きまた下痢を繰り返す。

生物なんぞ食うんじゃねえ!

食事に気をつけるよう注意して粥の固さを調整しながら消化の良いものを食べさせ、やっと腹が落ち着いたか・・と思った矢先。
また小姑一家と隠れて天ぷら食いにいく。そして下痢。

そのたびに汚され、ふき取り残したトイレを掃除するはめになるのは私。
そのたびにまた全粥からつくりはじめるのも私。

畑から汗だくで帰ってトイレ掃除と粥つくり。
ババアの診察とカウンセリングしながら飯くって、定時バンザイと浮かれる旦那を横目に除菌スプレーふりたくり、夜中に喉が渇くババア用にぬるい茶を水筒に用意して、それに便乗したジジイにも用意して寝かせたら洗濯。

なんかくせーぞ・・・とふと見ると、ごみポリバケツのフタの上。ババアのそそうで汚したパジャマが置いてある。

ビニール袋にいれてくれ・・・たのむから。せめてビニールにいれてくれ・・・。

もう粥もおめーがつくれ!!トイレも汚れを残さず全部ふけ!
ていうかオムツしろ!外でしろ!!
小姑の家に永住しろ!!キェェェーーーーーッ!!!!

このあたり。イライラMAXでした。





No.14 18/06/21 14:11
匿名 ( 匿名 )

削除投票

イライラ度合いが文章からも伝わる前レスでしたね。

怒ってますね。
怖い((( ;゚Д゚)))怖い((( ;゚Д゚)))
トーンダウンしましょう。


そんな状態がしばらく続き、その後ババアの帯状疱疹もおさまり、やっと安定したのはつい最近です。
運悪くできた場所が顔面だったのでまだ帯状疱疹後神経痛という後遺症がわずかに出てなんやかんやと言うとりますが、トイレを汚されなくなったのはとても助かります。

自分の母親と姑を比べたら身内ですからどうしても親を欲目には見てしまいます。

それでも。

老いてもなるべくなら自分のことで誰かに迷惑をかけないように。

やむを得ずかけてしまったら相手への感謝を忘れない。

何より常にそうならないよう自己の管理をきちんとする。

この姿勢は年長者として当たり前のことだと思いませんか?

その姿勢なくして「義理とはいえ親ですよ」なんてとこだけ強調されても困ります。
嫁は何でもこなせる完璧人間ではなく姑より若輩者のおなじ人間です。

えらそうに言うなら、普段からえらそうに言えるだけの姿勢でいろ。

私はそう思います。










No.15 18/06/21 14:41
匿名 ( 匿名 )

削除投票

あ、そうそう。それから。
私がスレを立ち上げるのは、頑張ってる私を認めて!でも、私の気持ちに賛同して!でもありません。

私は限界を超えての無理はしないし、そんなものするくらいならババアに怒るし。けっこうこれでズルい嫁です。
それでもこうしてスレをたてるのは、いつかもっと後になってから自分の判断材料の参考にするため自スレを見たいからです。

義親たちと同居の日々は雨あり嵐ありの日々ですが、それをいちいち覚えていたら義親とは口をきくのもイヤになり生活が成り立ちません。
というよりそれでは私が楽しくない。
ですから良い意味で「忘れる」というのを心がけています。
けれど節目節目の決断が必要になったとき。

あれ?あんとき・・どうだったっけ??どうやったっけ??と思うことがたまにあります。
本能のままその場しのぎでやってる私は、用意周到な義親の手口にはまり、よく情にほだされ騙されそうになります。

そんなとき私は過去の自スレを読み返し、あ!そうだった!そういやこんなことあった!あった!と思い出します。
そしてそーだよ!あん時もこう言われてこうなったわ。そうだ、そうだ気をつけなきゃ!と改めて気を引き締めるわけです。

そのときの感情がよーくわかるように思ったままを記しますので言葉は汚いしえげつないですが、それが私の本心です。
本心でなきゃ将来の私にも伝わりません。
あと日記帳だと紛失させるだろうけど、ここなら携帯を使う限り閲覧できます。
もちろん具体的すぎる内容はかけませんが。

それらの意味でぼかしながら勝手にレスしてますので、どんなに過酷な状態になってもご心配ないように。
そこをご理解くださると有り難いです。











No.16 18/06/21 14:56
匿名 ( 匿名 )

削除投票


あと昨日と今日はたまたま雨により仕事が休みでしたが明日からはまた仕事です。
仕事が始まれば更新も思うようにできませんので明日からは更新も滞ります。

とりあえずの近況報告をかねて出没した次第ですが、様子を見て放置になるなら閉鎖をと考えてます。

束の間かもしれませんが、おなじく同居で疲れてるお嫁さんたちがここを見て少しでも和んでくだされば幸いです。


No.17 18/06/21 15:39
匿名 ( 匿名 )

削除投票

では、ここからはこれまでのジジババ撃退エピソードを。


1、ところかまわず立ちションするジジイへの撃退。


車で家に帰った私が、ズボンのチャックを上げながら明らかに立ちション直後ですのジジイを発見。おまけにそこは子供達の野菜苗が植えてある畑。

庭で通りかかったご近所の奥さんに声かけながらの立ちション。
私たちが通る道に立ちション。
停めてある車の横で立ちション。

ところ構わずするジジイ。

せめて人の立ち入らない隅でしてくれと譲歩しつつ何度も懇願したのにコノヤロウ。
よりにもよって1番しちゃあならねえ場所でしやがって!!

車のドアを開け放ちそのままジジイに怒!怒!怒!怒!怒!と突進。

逃げた。ジジイけっつまずきながら逃げよった。

No.18 18/06/21 15:48
匿名 ( 匿名 )

削除投票

逃げよったので夕飯の時に現場を見たぞ!と問いつめる。

そしたら、「ア、ア、アレはね、庭の隅っこでやって歩いてきてあそこでチャックあげただけなの。畑でなんかしてないの。隅っこでしたの」とぬかしよった。

ほう。アレか?
用を足してモノをむきだしたまま、わざわざ50メートルほど歩いて畑まで移動。で、そのあとチャックだけあげたのよとな?

「そーです!」

無理ありすぎ。
むしろ変態じゃねーか!
嘘つきジジイは嘘ばかりつくので「もう立ちションやめて。」といってやった。

すると「だからね、ワシはあそこでしてなくてね・・」と同じことばかり繰り返すがそこじゃねえ!!

じゃあ逆に聞くが外のトイレがすぐあるのにわざわざ立ちションするのはなぜだ?
ご近所にも爺さんまた立ちションしてたと評判になってもするのはなぜだ?
と聞いてやった。

そしたら「ん~昔からのやつかなぁ➰ここの男は昔からそうで・・」

古来から続く伝統行事ですかコノヤロウ!

面倒くせえのと言い訳ばかりの嘘つきなので「あとが臭いからやだ!!!」と究極のウェポンを発動。

撃沈して以後ちゃんと外のトイレでします。









No.19 18/06/23 08:05
匿名 ( 匿名 )

削除投票

おはようございます。

現在の仕事状況は土曜が休みです。
ですので更新があるとすればおもに土曜になります。
それでも休みは休みでたまった家事をこなす日になり更新はままなりませんが、家事の合間のひとときに、可能な限りしていってみようと思います。

本日こちらは雨。

梅雨で雨が多い時期でもあり、また本来ならこちらに来ない台風がおかしな時期にきたりして仕事がらここ数年、急きょ対策に追われたりとバタバタしております。

そんな状況下での更新となりますが何とぞご理解をm(__)m


No.20 18/06/23 08:40
匿名 ( 匿名 )

削除投票

さて。いきますよ~。

ジジイ対策その2。

テレビを見ながら好きなときにお菓子を食べ、なおかつ入れ歯を常にはめるのは嫌というジジババは、居間のテーブルのうえやソファーのうえ。呆れたことに床のじゅうたんのうえにも平気で入れ歯を転がして放置してある。

むきだしで。
かなり気持ち悪い。

うかつに居間を歩けば入れ歯地雷がセットオン。なので息子たちはデンジャラスゾーンと呼び居間へは絶対にはいらない。

ジジババと居間でくつろいでおしゃべりなんて拷問は私もお断りだし、夜は洗面所の入れ歯容器にしまってあるので私も日中は居間へはいかない。

ただどうしても嫌なのがどれだけ注意しようが諭そうが食後キッチンの洗い桶のうえで入れ歯を洗うくせ。

家族の食器があるうえで入れ歯を洗うのがなぜいけないのか?
人に対する配慮より自分の面倒くささと我を優先するジジババにはそれが理解できない。
キッチンの扉をあければすぐ洗面所があるのにそこで洗うのを面倒がる。
なにより嫁に言われて従うなんて彼らのプライドが許さないらしい。

これも何度も注意した。

最後はかなりきつめに言ったのでババアは何とかやめてくれた。
でもジジイは私のいないところで隠れてまでやってた。

No.21 18/06/23 08:59
匿名 ( 匿名 )

削除投票

やらなくなったなと油断してた矢先に、あるときキッチンにはいったらジジイの反抗現場を目撃。

耳が遠いジジイは私が近づいたことに気づいてない。
ババアはジジイに敵の襲来を知らせたい。だが時すでに遅し。

目がキョドり鳥みたいに首を左右にふって挙動不審。
このババアの様子で私がいないときはいつもやってやがったなと確信。

ジジイのそばに近づき楽しそうに入れ歯を洗う彼に「何してんの?」と優しく声をかける。

見られてはならないものを最も見られたくない相手に見つかったとき、人はほんとうに「あわ・・あわわ・・あわわ・・」と口にするんだな・・。

「((((;゜Д゜)))お、お、お、おはよー!!カポッ(入れ歯を口にはめこんだ音)」

そしてキッチンの椅子にドタバタぶつかりながら逃げた。

No.22 18/06/23 09:11
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そのようすがあまりにおかしくて吹きそうになった。

が、まずはババアから。

「アレ。いつも爺ちゃんやってたね?知ってたよね?婆ちゃん。
まさか婆ちゃんまで未だにしてなんかないよね?」

ワヒはやってない。もう絶対やってない。
それだけいってあとは黙秘のババア。

ほんとかよ・・??

「そう。なら良かった。じゃあ未だにやってんのは爺ちゃんだけね?
爺ちゃんは約束したのも忘れるのかなあ?ボケたのかなあ~。ま、じゃあとで話すわ。」

そういってキッチンをでた。


No.23 18/06/23 09:39
匿名 ( 匿名 )

削除投票

当然ながらその後ババアがジジイにそれをチクるわけで。
心臓バクバクで逃げたジジイはババアからそれを聞くわけで。

その5分後。
ジジイ自ら私のもとにやってきた。

「あのね、たまたま。うっかりなの。もうしない。たまたま、たまたま今日だけうっかりやっちゃったの。もうしないから。ごめんなさい」

な~にがたまたまだコノヤロウ!!と相変わらずの姑息なジジイにムカつく。
しかしわざわざ謝りにきてくれた年寄りを、ここでアレコレ責めてもしかたない。
ジジイたちがこれをやるのは別々に食べる朝だけ。じゃあそれならばと

「あのね。うっかりっていうのは常にやってるからしちゃう行動なの。たまたまなんかじゃないの。そんなの聞かない。
でも私も爺ちゃんを虐めたいわけじゃないの。こんなことやってても仕方ないからもう爺ちゃんたちの朝の食器は婆ちゃんに洗ってもらおう!
私は洗わない。そうしよう!婆ちゃんにそういっといて。」といってやった。

目の前にある醤油すらジジイに取らせるほど動かないババアが食器など洗うわけがない。そんなババアにジジイがいえる筈もない。いえば「あんたのせいでワヒの手間がふえたズラ!!」とジジイは毎日ネチネチと嫌みを言われる。

そっちのほうがジジイは恐怖なので
「しない!!もう絶対しない!!絶対洗面器で洗う!!だからそんなこと言わんと洗ってお母さ~ん(泣)(泣)」。

じゃあ絶対やめて。今度見たらソレやるから。で解決。

以後きちんと洗面所にいきます。






No.24 18/06/23 09:48
匿名 ( 匿名 )

削除投票

しかしなんだろうね~。

たとえ嫁に「食器のうえで入れ歯を洗うわないでくれ」と言われて、えらそうだと腹は立っても考えてみりゃそりゃそうか・・とならないもんかね?
普通の人ははなからそんな事しないだろうに。

それを隠してでもするかいな?

あげくにバレて嫁に怒られて。
ならいっそ。

「じゃあいい!ワシがお婆さんに洗わせる!!」と言えないこのジジイの情けなさ。

たかが年寄り2人の食器の片付けすら何でワヒが!と怒れるババアのぐうたらさ。

さっぱり理解できん。


No.25 18/06/23 10:06
匿名 ( 匿名 )

削除投票

犯行が反抗になってましたね。
ごめんなさいm(__)m

さて次は、ぐうたらババアの撃退。

仕事がら朝5時ごろから仕事に行く私。
家に帰るのは昼休憩の12ちょいまえ。
昼を食べたらまた仕事。

うちにはお釜が2つあり、大きいほうは私たちの麦入り飯。小さいほうは麦が嫌いなジジババ用の白米柔らかめのお釜。

あさ家族が起きてないうちにでかけた私たちの後にジジババは起きて朝食をとる。
麦入りお釜で事足りる私たちはジジババのお釜に用はないので開けたりもしない。
ただ米が終わっても炊くことなどしないババアなので自分達の釜が空になるとジジイが取り出し水につけて放置してある。
ババアは一切ノータッチ。
ジジイがいなかったらこの釜は永遠に空のままカラカラになって炊飯器にはいってる。

水につけてだしてあれば終わったんだなとわかり私が炊く。
いつもはこう。



No.26 18/06/23 10:15
匿名 ( 匿名 )

削除投票

だけどジジババが朝米を食ってこの釜の米がちょうど終わったとき。

私は作業に出かけてる。米が終わったのは知らない。
汗だくになってヘロヘロで作業から帰って昼ご飯をつくるのが12時ちょいまえ。

見ると釜が水につけてある。
この釜で米を炊くには1時間かかる。早炊きモードでも45分。今からじゃ間に合わねえ。そんなことがよくあった。
冷凍した米はまずいとジジイがいやがるので冷凍のうどんとか、ジジイの好きな冷凍たこ焼きとか、そんなもので間に合わせてはいたが・・・。

そもそも私が昼ちかくまで帰れないと知っててババアは朝に米が終わった時点でなんで炊かねーの?って話なわけで。



No.27 18/06/23 10:30
匿名 ( 匿名 )

削除投票

その日も同様に昼ちょいまえに帰り、あせって昼ごはんをつくりおかずを用意した。
その日はジジババ用の釜は出されてなかった。

で、いざ食べようとなったとき。
釜に飯がないとババアが怒りだした。
驚いて見るとカピカピになった空の釜がそのまま炊飯器にはいってる。
ジジイが取りだし忘れたらしい。

ババアが怒ってるのは私にではなく取りだしておかなかったジジイにだ。
「ほんとにボケ老人だ!アホじゃねえ??これじゃ飯も食えんわ!!」
とひどい言いよう。

あまりの言われようにジジイが可哀想になり、だしてなかったから気づかんかった。私が見てあげれば良かったね。と私がフォロー。
するとジジイは「俺が出すのを忘れたから。お母さんのせいじゃないから。仕事いってるんだから。」と私を庇ってくれたがババアの怒りはおさまらない。

「この人は何でもすぐ忘れる!!飯を食ったのに飯がないのも忘れるなんてバカじゃあるまいし!!」とそれはそれはすごかった。

あげくにでました。ババアのテポドン。
「飯がないのもわからんような爺さんじゃ死んだほうがいいわ!!」


はい。ア・ウ・ト。

No.28 18/06/23 10:45
匿名 ( 匿名 )

削除投票

以後リアルなまんまの言葉を記します。


「あのさ。爺ちゃんが気づくまえに少なくなってるのは婆ちゃんも食べたときわかったはずだよね?
じゃあなんで婆ちゃんが炊かないの?
(この2人、朝は時間差でババアが先、そのすぐあとジジイが食べてます)
これで爺ちゃんが食べたら終わるなってわかるよね?
私が昼ギリギリになるのも知ってるよね?
あげておいてくれたってそれからご飯炊いても間に合わないのもわかってるよね?
じゃあなんで婆さちゃんが炊かないのよ!!」

ババア沈黙。

ふてくされて沈黙。

うちが他所様のお宅と違うのは、くだらねーことにここでジジイが

「ちがう!ちがう!お婆さんはな、米がなくなったのを知らなかったんだ。だから炊けなかったんだ。俺が釜をあげなかったから悪かったんだ!俺があげればよかったんだ!お婆さんじゃないんだ!」


てめ・・・なにいってんの??

死ねとまで言われてまだババアかばってんの?
おまえのそういう意味不明な体制がな、このババアをつくりあげたんじゃボケ!!!!

おまえらのヘタレ夫婦漫才なんぞどーでもいいわ!!!!
それより私は昼に焦って飯炊くのにはウンザリなんじゃ!!

No.29 18/06/23 11:02
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ボケだの死ねだの臭いだの生きる価値なしとまで言われたのにババアをかばうドM気質のジジイを無視して

「んなこたあどーでもいい!家にいるのにたかが飯を炊くのがなぜできんのか?私はそれを婆ちゃんにきいてんのよ!
仕事でいないとき以外は間に合うなら私がする。
けど私が仕事で間に合わないなら、飯を炊くのは女の婆ちゃんじゃないの?
私たちの米まで炊けとは言わない。
自分達の分だけじゃん!!なんでそんな簡単なことができないのよ!!」と私。

ババア黙る。

すかさず再びジジイが

「だからな!俺が釜をあげんから・・」

「釜をあげるあげんの話じゃねえ!!!!爺ちゃんは黙ってて!!」

ジジイ「はい。」


「明日からは終わったら婆ちゃん炊きなよ!それがイヤなら2人も麦めしね!!」

で、ババアが

「わかりました。やります。」

以後、ババアはちゃんと炊いてます。

解せないのはジジイがさも、おお可哀想に婆さん・・怖い嫁にたけられて・・。とでも言いたげにババアのそばにいってはコソコソ嫁の悪口であろう話をしてる点ですが、そんなこたあ私にすればどーでもいいです。
文句があるなら直接きやがれ!!

それより私は昼に焦らなくて良くなったので一件落着。
ジジイのためではなく、おかしいことをおかしいと言わず、それをババアの当たり前にさせてきたこの家の膿を、私は私と子供たちのために変えたいだけです。



No.30 18/06/23 11:27
匿名 ( 匿名 )

削除投票

これにより朝以外にジジババのお釜が空になって私が炊くとババアは
「炊いてくれたんだね。ありがとう」というようになりました。
私も「婆ちゃんだって、あさ炊いてくれてありがとうね。」と言います。

感謝しろって話じゃないけど、これはババアにとってずいぶんな進歩です。
この家のジジイがもしこんなヘタレでなく、もっと筋の通った男ならババアはきっとここまで酷いババアにはならなかった。

ジジイはいま自分がめちゃくちゃババアに攻撃されるのもババアが周りを傷つけてきたのも、ババアがそうなるようにした原因が自分にもあったからだと気づかなくてはいけません。
しかしそれをジジイが認めることはありません。
一見優しいふりをしてババアよりずる賢く頑固なのはジジイのほうですから。

自分に被害が及んだときだけ自分が可哀想だと訴える。そんな自分の目線でしかものを見られないジジイの存在ありきで、うちのような形ができあがったんだと私は思ってます。



No.31 18/06/26 11:20
匿名 ( 匿名 )

削除投票

おはようございます。
出荷にわずかな空きの間ができました。
出荷は天候や価格等の条件によりすぐに変更しますし、出荷がなくとも維持作業はありますので更新はランダムです。
予測不能な更新ですが合間をみながらさせていただきますm(__)m

No.32 18/06/26 11:29
匿名 ( 匿名 )

削除投票

私をご存知な方はうちのジジババのしょうもない性格をよく知ってくださってると思います。

過去のことはあえてつらつら記しませんが、これまでのジジババは類いまれなるドあほうでした。
ですがうちが俗にいう一般の嫁舅姑とちがったのは、私の腹のくくり具合が少しちがったからかも知れません。

No.33 18/06/26 11:38
匿名 ( 匿名 )

削除投票

世の中には姑キライ!舅キライ!ウザい!早よ死ね!と仰るお嫁さんがたくさんおられます。

以前は私もそうでした。
今でも正直それは思います。

けれど私が思ったのは、それでもここでやっていくしかないなら。

旦那と離婚もしない。
その旦那は頼りにならない。
もう知らねーよ!と義親を無視して現実逃避しても同居してる義親が老いていく限り必ず何かしらの負担は私にまわってくる。
そして可能な限り私と私の子供が過ごしやすい環境はつくりたい。
その私がここでやっていくしかないなら・・。

本気で自分の置かれた現実を考えたとき、無視や現実逃避、無駄な意地の張り合いは私には無意味に思えました。


No.34 18/06/26 12:34
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ですが相手は世代のちがう、しかもド田舎の閉鎖的な環境で生きてきた年寄りです。
嫁いだ嫁は姑舅に逆らわず誠心誠意義親のために努める。
たとえ自分はそんな嫁でなかったにしろ、自分の姿は省みず嫁にはあたりまえにそれを求める。
それがうちのジジババでした。

No.35 18/06/26 12:47
匿名 ( 匿名 )

削除投票

今では親の介護は実子の役目。嫁は実子のサポートこそすれど直接そこには関係ないが王道の時代ですが、それはうちのジジババにしたら異星人の言葉。極悪非道な嫁の言い分としか受け取ってもらえませんし、そんな言葉には聞く耳すらもちません。

世間はどうだか知らないがうちはうち。
これがうちのやりかた。それがうち。
これが我が家のジジババです。

じゃあ古来から伝わる奉仕嫁を求める義親自身の姿はどうか?といいますと。
ここだけは現代版です。
嫁いでも娘は娘。娘の子は嫁の子とちがい可愛い。嫁いだっていつでもこの家においで。娘の家でもあるんだから。
あんたは嫁なんだから仕方ない。
悔しけりゃここの娘に産まれるんだったね!となります。

さて。この腐った理不尽な思考にどう立ち向かおうか・・・。

それがまず1つの課題でした。





No.36 18/06/26 13:00
匿名 ( 匿名 )

削除投票

2つ目の課題。

娘と息子に苦労はさせたくないが嫁の苦労はあたりまえ。
ジジババの基本にはこれがありますから、介護はとうぜん嫁の努めとなります。

娘なら気を使わないけど嫁になんてたのみたくもないわ。
すぐ近くに娘も住んでるんだから。
娘はいつだって、いえ呼ばなくたって来るんだから嫁になんか意地でもたのまないわよ。
かわりに嫁になんか何もしてやんないわ!

これが一般的な意地悪姑の考えでしょうね。

でもうちはもう少しだけハードです。

No.37 18/06/26 13:13
匿名 ( 匿名 )

削除投票

娘には1寸の苦労もさせたくない。
息子にも余計な手間をかけさせたくない。そこはぜんぶ嫁がやれ。
そのために嫁にもらってやったんだから。それが嫁なんだから。
あと年寄りを老人ホームにいれるなんてもってのほか!
ここはワシらの家。死ぬまでこの家にいる権利がある。だから死ぬまで嫁がみろ。

これがジジババの本音です。
ただこれをモロにはいいません。
そのままいえば嫁に「やなこった!」といわれるかもしれない。
「じゃあ私達はここをでるわ!」と見捨てられるかもしれない。
じっさい老いる自分への不安もある。

そこで彼らなりに策をねるらしく、こういいます。
「ワシらが死んだらここはおまえたちのものだからな。継ぐのはおまえたちなんだからな」

要はおまえらここの財産ほしいだろ?
だったらワシらを大事にしろよ・・と。
先手をうってジジババがいってくるわけです。

アホです。



No.38 18/06/26 15:18
匿名 ( 匿名 )

削除投票

◯◯して欲しければやれよ。
おまえがちゃんとやれば◯◯してやるからな。

義親たちのこの傲慢な本音。
これこそが私は間違いだと思ってます。

子供は親に喜びをくれた。
子供がいてくれたから親は笑っていられたし頑張れた。
だから結婚しようが独身だろうが子供のためにできることはしてあげたい。
しかしながら親にも生活があり、なかなか思うようにはしてやれない。
おまけに老いれば意に反して少なからず子供夫婦に面倒はかけてしまう。
が、そこはやがて子供たちも通る道。
迷惑はかけてしまうだろうが、そこは1つのみこんで何とか許してもらいたい。

これがせめてもの親の姿勢であるべきじゃないですか?っての!




No.39 18/06/26 15:18
匿名 ( 匿名 )

削除投票


してくれるかどうかわかんないから餌をぶら下げて誘ってみる。
しないとこれはやらないぞ・・?
ほしけりゃこうしろよ?

これじゃあ親子もヘチマもありゃしない。
なまじ中途半端な家屋を所有してたりする義親だと、それを盾に息子夫婦がホイホイつられると勘違いしてこういいます。

おまえの息子はものを与えないとおまえを捨てる息子なの?
おまえの息子は、ものを与えないと旦那の親を見捨てるような嫁に何も言えない息子なの?
そんな観点で従った息子夫婦におまえたちは本当に心から満足できるの?

情けないったらありゃしない!

No.40 18/06/26 15:22
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ですが残念なことに、いくらこちらの思いを叫んでも変わった親子がいるもので・・。

「そんな言葉にゃだまされない!」
「だったらおまえらが全部やってくれんの?俺ら金ださねーけど?」といいだすアホな義親。
それがうちのジジババでした。

そしてそんな親を「死んでもわかりっこないからほおっておけ」という息子。

それがモゲラでした。

No.41 18/06/26 15:30
匿名 ( 匿名 )

削除投票

いやいや。

あんたがそういうならほおっておきますよ?
私ゃべつに痛くも痒くもねーですし。

ただですね。

困ることが2つあります。

1つめは、それはじゃあ言われるままジジババをほおっておいたとしましょう。

でも人は必ず老いるわけで。

そのとき看るのは誰ですか?
容態が急変して慌てて救急に連れてくの誰ですか?
通院に付き添うのは誰ですか?

モゲラ・・あんたには会社に行くって役目ありますが、だとするとそれをあんたの代わりにするのは誰ですか?

突然苦しんだジジババを放置して見殺しにしろってことですか?
そんな役目を私にやれってことですか?

それともあんた会社やめます?

そしたら生活どーします?

何にも払わないジジババにかわって出してる今の生活費どーします?

そこんとこ。納得できるように具体的に教えてもらえませんかね?

となりますよね?妻としては。

No.42 18/06/26 15:41
匿名 ( 匿名 )

削除投票

それから2つめ。

娘かわいさに超がつくほどの過保護で娘にお金貢いでるジジババですけど?

いざ介護になって介護費だしてといわれても、そりゃあアンタ。
あたしゃ納得できません。

息子夫婦に養われながら貯蓄もせずに介護費すらなくなるまで娘に貢がなくったっていいんじゃねーの?って話でしょ?

それじゃモゲラは家族のためジジババのため、そして小姑一家のために働いてんのけ?って話でしょ?

いやいやいや。

ジジババまでは許すけど小姑一家は知らねーよ。

だったら介護費ぐらいはせめてジジババにおのれらで出させろや。
もしくは小姑に貢いだ分だけ返してもらえアホ!!

あらら、小姑に貢いで無くなったの~?
しょーがないわね~。んもう爺ちゃん達ったらウフッ(笑)

ってな・・・。

そんなゆるキャラ嫁が日本のどこにいるんじゃボケ!!

No.43 18/06/26 15:58
匿名 ( 匿名 )

削除投票

この課題すべてを消化するには身をもって彼らにわからせるしかない。

ジジババは悪気があっていってるわけじゃなく、その考えはそういう環境や時代背景がつくりあげてきた考え。
だから新しいやり方なんか信じないし、いくら喧嘩したって理解はしない。
だからわからせるようにするしか説得は無理でした。

No.44 18/06/26 16:06
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そのために私が最初にしたのは、ジジババに何もさせないこと。

当時私の仕事はもっとハードで朝は2時、3時に起きて作業してました。
でも朝、昼、夜と必ず3度の食事は私がつくりジジババには

「とにかく休んでて。」

これを繰り返してました。

人というのは楽にはすぐに慣れます。

それまでがむしゃらに動いてたジジババは極楽だと言いながら上げ膳据え膳を満喫し、買い与えられたおやつを食べながらずっとテレビを観てました。

1、2年ほどすると高齢なわりにめちゃくちゃ動けたジジババの身体は次第にぐうたらになってきました。

私の生活は超ハード極まりなかったけど、それでも必ず、必ず私の望む時はくると信じてました。

No.45 18/06/26 16:21
匿名 ( 匿名 )

削除投票

高齢でぐうたら生活になれてしまうと、すぐに老いは加速します。

昨日できたことが今日はできない。

そんな老いに不安を感じたジジババは私の作業を手伝い体力を取り戻そうとしましたが、私はそれをさせませんでした。

それでもやる気があればジジババにもできることはたくさんありました。
私のいない間の自分達の食事づくり。
健康維持のための散歩や友達との気晴らし。

でも彼らはそれをしようとはしなかった。しても3日坊主で続かない。

彼らがしたかったのは私と一緒に行動し上から指の示をし、手伝ってやったと恩を着せること。
だからワシたちを大事にしろとわからせたかったこと。

それを知ってた私は自分の仕事には一切ジジババを参加させませんでした。

見返りのない努力をきらう彼らは更に家に閉じこもり小姑の使い走りだけをしてましたが、その小姑も子供が大きくなるにつれジジババが用無しになったようでジジババには日に日に何もすることがない日が増えていきました。

No.46 18/06/26 16:28
匿名 ( 匿名 )

削除投票

時を同じくして、ちょうどその頃から近所でも老人施設にはいった同年代のジジババの知り合いの話が彼らの耳にはいりだしました。

食卓でもその話題がでました。
◯◯さんのところね、あそこ老人ホームにいれられたって!
可哀想にね~。子供は何やってんだろうね~。

ババアがこの話題をわざわざ私に聞かせる意図は

老人ホーム=可哀想な老人が行く場所。
行かせれば子供がこうして世間から悪く言われる。少なくとも自分はそんな事は絶対に許さない。

それを告げたかったからだと思います。

No.47 18/06/26 16:36
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもそのとき、もう私の働きなしでは回らなくなったこの家庭ができてましたので私はババアに言いました。

入りたくても入れない介護難民老人が世の中に激増してること。
介護には莫大な費用がかかること。
だから家でみてもらうしかないのに看る嫁が激減してること。
その介護の費用と労力負担に比べたら義親の持つ財産なんか何の意味もないこと。

ジジババと私だけ。モゲラもいなかったけどそれをはっきり言いました。
だってそれが現実ですから。

そして介護の費用は貯めておくように。
私たちにそんな余裕はない。
私たちが養ってるんだし年金あるから貯められるでしょ?。とも。




No.48 18/06/26 16:41
匿名 ( 匿名 )

削除投票

もちろん言われましたよ。

親をみるのは子供の義務だって。

だからいいました。

義務だよ。モゲラと小姑のね。
でも私の義務じゃない。
私の義務は爺ちゃん婆ちゃんにじゃなく私の親に対してだけだと。

もう大喧嘩でしたけどね。
大喧嘩というか、私は冷めてましたけどジジババは凄かったですわ(笑)

出ていけ!!!!って言われました。

だから私、いったんです。

出ていかないよ!出るくらいならこんなところにわざわざ来ない!!
そんな中途半端な気持ちで私はここにいるんじゃない!!!!覚悟してきてるんだ!!って。

舅の家なのに?

舅所有の家に私たちが住んでるのに?

知りません。んなこたぁ私には関係ない。

No.49 18/06/26 16:50
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そしたら舅が「じゃあワシらが出ていく!」っていうんで。

どうぞお好きに。爺ちゃんがそういうなら仕方ないわねといっときました。

まあケンカするとすぐ出ていく!!といい、翌日あやまってくるヘタレ舅なのでコイツの手口はわかってました。
べつに舅たちがでていこうが私はそれでも構いませんし。

で、結局翌日やっぱり舅が謝ってきておさまりました。

これをするには、土台に「嫁が居なくなったら自分達の生活がかなり面倒になる」とジジババに思わせる期間が必要でした。

そのための「何もしなくていいよ。休んでてね」でした。

No.50 18/06/26 19:02
匿名 ( 匿名 )

削除投票

きっとジジババはなんて生意気な嫁!と驚いたことでしょう。
世代のちがうジジババたちにとって私のいった言葉は極悪非道に聞こえたと思います。

でも私がしたかったのはジジババに老いる現実をわからせること。

誰もが老います。それはジジババのせいではありません。
嫁だからとかじゃなく人として縁あって一緒に住んでるこの2人を私は見殺しにはできません。
だからわかってほしい。
あなたの息子は悲しいことに親子なのにその現実から逃げていて娘は役に立つ間だけあなた達を使おうとしてる。
老いて動けなくなったとき、用をなさなくなったとき、あなたが達に頼りになる子供はあてになどならないよ?
親なのにいったいどんな育て方したのさ・・・。

だけどいられる限り老いてもこの家にいたい。
動けなくなる悲しみに耐えながらでも少しでも穏やかにいたい。
それがあなた達の1番の望みなら、娘より息子より最もそれに必要なのは同じ家にいて1番近くにいる私。

それを知りやがれ。認めやがれコノヤロウ!
そこを基準にすべてを考えろや!って気持ちです。

感謝しろっていうんじゃない。
低姿勢になれっていうんでもない。

私たちは家族だ。
だからいいたいことははっきり言う。
あなた達と暮らすために。
家族だから私はいう。
気をつかっての嫁姑なんてがさつな私には無理。
でも言いたいことをいいながら喧嘩して仲直りして、また喧嘩して。
そうしてわかり合い家族になることはできる。

嫁も姑も上下もない。
家族だ。ただの。それだけだ。

それをわかってほしかった。





No.51 18/06/26 23:51
匿名 ( 匿名 )

削除投票

この後もジジババには私の言わんとする意味を理解してもらえませんでした。

じっさい家族だなんて思ってるのは私だけで、ジジババにしたら私はただの息子の嫁。黙って尽くしてりゃいいんだよ。
将来おまえのいうようになるとは限らないしポックリ逝くかも知れないじゃないか。
そうなりゃおまえの世話になんかならないよ!えらそうに!
ジジババには、そんな考えしかなかったと思います。

そんなの知ってた。だけど旦那が頼りならず義親は嫁いだ娘にばかり貢ぎ、負担のすべてを私にかけようとするこの人たちと私はずっと暮らしていくしかない。
それが私の現実なら、せめて私は私らしくいたい。
おなじ家にいて口もきかない人がいる生活なんて私が楽しくない。
大嫌いなのに、考えたくないのに常に頭の片隅に常にその人をおいて憎み暮らす、この今の私がどうにも嫌だ。

あの頃の私は心の底でそう思って抗ってたんだと思います。
だから大喧嘩をしてもそのあとの食事は一緒に食べたし会話もしました。

それはそれ。これはこれ。
無理にそう割りきって。

きのうケンカしたあれ?
私は間違いを間違いだといっただけ。
大したことじゃない。
だから堂々としてればいい。

必死でそう自分に言い聞かせて。


No.52 18/06/27 00:15
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ポックリ逝くっていうけどさ。
これだけ医療が発達した現代でポックリいく老人なんて実はそうそういない。

圧倒的に多いのは次第に身体が弱って何かしらの病になってジワリジワリと命を終えるパターン。
ポックリなんて簡単に死なせてはもらえない。

ポックリ逝くはずだったうちのジジババも、無理すれば膝が痛くなる腰が痛くなる。
白内障になる。食道が細くなってむせる。昔は食べられた固いものが食べられなくなる。
痩せて入れ歯が合わなくなり痛くて食事が食べられない。
味覚が変わった。口が不味くなった。
食べすぎればお腹をこわす。胸やけする。
それらをとっかえひっかえ繰り返しながら少しずつ少しずつ弱っていった。
ビンのふたが開けられない。
文字が見えない。耳の聞こえが悪くなる。
あれをしてみようかと何かをすれば後で必ず身体にツケがくる。
だからへたに動きたくない。けれど動かなきゃ動かさないで間接が痛くなる。
1つが治って動けばまたちがうものがでる。
動きたいのにその後が怖くて動けない。
忘れっぽくなる。
誰かに一緒に探してもらわないと家の鍵すら見つからない。
そうして自分の老いを知る。認めたくないのに身体は認めざるを得ない答えをだす。
抗っても抗っても身体はもう無理だよと答えをだす。

こうして老いていった。


No.53 18/06/27 00:29
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そんななかで聞くのは仲良しだった友人が認知症になったという報告。
知り合いだった人たちが老人ホームにはいったという報告。
訃報回覧でまわる故人が自分と同年代から年下にかわる。
テレビをつけても自分達が好きだった世代の人はもう亡くなってる。
自分だけが残されてる。
ジワリジワリと病みながら。

膝がいたいから旅行ももう行けない。
娘の孫はもう友達に夢中でジジババなんか相手にしない。
病院にいけば医者はPCばかり見てこちらを見ようともせず何をいっても「年のせいですね」で済まされる。

自分を相手にしてくれる人がいない。
自分の声を聞いてくれる人がいない。

もしこれで爺さんが死んだら?
もしこれで婆さんが死んだら?

誰と話せばいい・・・?
そんな不安が頭をよぎる。

そうしてやっとわかる。

声を聞いてくれるのは・・
発した言葉に返事をしてくれるは・・・
してもらいたいことを的確にしてくれるのは・・・

一緒に暮らす嫁なんだと。

No.54 18/06/27 01:27
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもそうなってからじゃ遅すぎるのよ。

もっと早くそれを理解しようとしてくれてたら。

私の言葉に聞く耳をもってくれてたら。


今より何度おいしくご飯が食べられた?

今より何回笑い合えた?

ジジババにはそれを無駄にした大きさに気づいてほしかったなあ。

No.55 18/06/27 01:34
匿名 ( 匿名 )

削除投票

自分の老いを知りやっとのことでうちのジジババたちが変わったのはほんの2年ほど前。80をかなりこえてから。

老いる自分の体の現実とまわりの年寄りから見せられる現実。
自分の言葉を聞かなくなる世間。
これを思い知るとさすがのジジババも嫁への対応を変えるしかない。

変わったのは私のためじゃないし子供のためでもない。
そうしないと自分たちが損だと悟ったからだ。
もしくはどうせもう年だから。ハイハイということをきいてりゃ嫁がするだろ。

そんなとこ。

いまは老いた年寄りでございます。
弱い年寄りでございます。
だからワシたちを助けてね。

すっかり弱者を気取ってる。

ここになるまでの何年か私はこの人たちに何度も正論を叩きつけたし訴えた。
それは「気づいてよ!」という私の叫びだったけど、この人たちに私の心は通じなかった。

だから私は考えを変えた。

かつて財産という餌で私とモゲラをつろうとしたジジババを、今度は私が介護という餌で釣ってやろう。

そう思った。

さきに老いるのは私じゃない。あんたたちだよ。

死んだらおまえたちにやる?
介護は死ぬまえにあるんだよ。

No.56 18/06/27 08:52
匿名 ( 匿名 )

削除投票

おはようございます。では更新つづけますm(__)m

もともと財産など期待もしてないし私は子供たちと働ける畑があればそれでよかった。
だからそう決めた以後はジジババがまだ元気なうちから

"死んだらおまえたちにやる"

このジジイの上から目線に必ずこう返すようになった。

「死んでからって(笑)私たちにくれる云々の前に死ぬまえには、もっと大きな介護があるのよ?
それには爺ちゃんたち1人1人に何千万って介護費がいる。
爺ちゃんたちがいま持ってる貯蓄はそのためのもの。
子供にくれるのはそれが運良く残ったらの話でそんなものは介護がすんでみなきゃわからない。
爺ちゃんたちの貯蓄は介護のためにあるものなんだから。
自分のために使うお金を自分たちで貯めておいてといってるだけじゃん?だからそれをよろしくね。」と。


これは、理解力の乏しいジジババに。

あんたのいう"残してやる"の餌はあんたの強みになんかなりゃしない。
それより先に老いるあんた達の尻には既に火がついていて、自分でその火を消すだけで精一杯。
私にえらそうに言える余裕など、あんたにはないのよ?
その介護費まで娘かわいさにばらまいたら困るのはおまえたちなんだぞ?

これに気づかせるため。



No.57 18/06/27 09:25
匿名 ( 匿名 )

削除投票

私のこの返しにジジババは見事に術中にはまり、更にこう返してきた。

「介護費なんか長男なんだからお前らがだせよ!」

え?じゃあ爺ちゃんたちが貯めてるお金は何に使うの?
私たちが養って浮いたお金は何につかうために残すの?

私にこう聞かれたジジババ。
まさか娘に使いたいなんて本音を言えるはずがない。

「それはアレだ。いつか死んだら長男夫婦のおまえたちに残してやるために・・」

おまえ達にだあ?ウソつけコノヤロ!!
そうしてのばして私たちに負担させ、その間に娘により長く垂れ流し続けるためだろが!!おまえの魂胆はみえみえじゃ!!

だからその手にのるかと私はすましてこう返した。










No.58 18/06/27 09:26
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ありがとう。じゃあ死んでからじゃなくていいわ。
死んでからなんかじゃなく介護のときにそれを使って。
どうせ私たちにくれるんだよね?
だったらもらう私たちがいうわ。
死んでからじゃなく死ぬまえの介護に使って。
貯めたのは爺ちゃんたち。
そこには爺ちゃんたちが働いてためたものも含まれてる。
爺ちゃんたちが頑張って貯めたものなら爺ちゃんたちのために使わなきゃダメ!介護に使って。

舅や姑を思う優しい嫁のふりをして私はこういい続けた。

自分のために使えという嫁のこの言葉にジジババは怒れる筈がない。

本音は長男夫婦にださせて娘に貢ぎたいのだがそれは言えない。
かといって嫁のこの返しを切り崩せる他の理由がない。

No.59 18/06/27 09:33
匿名 ( 匿名 )

削除投票

優しいふりをしたジジババと、これまた優しいふりをした私の茶番の押し問答は何度も続いたが、私の強い強い優しさ?(笑)により「わかった」と答えるしかなかったジジババ。

ところが実際は私たちのことなどどうでもいい。
ジジババは、ただただ長男夫婦にださせて浮いたお金を娘にやりたい。
しかし介護費は任せたぞと嫁に言われた。
やべえ・・・とっておかなきゃならねえ。そしたら今までのように貯蓄を娘に垂れ流せねえ・・。

焦ったでしょうね(笑)
だけどどーしてもこーしてもあの手この手で私を騙し、娘にしてやりたいジジババがこのあとした行動。

No.60 18/06/27 09:45
匿名 ( 匿名 )

削除投票

「介護費がそんなにない。」
「足りなかったらおまえらが出すんだろうな!」

これを私に訴えてきました。

私はそれまでにジジババの年金額を把握しておきました。
年金には手をつけず貯めてあると言ってた言葉も。

だからはっきり聞きました。

爺ちゃんたち2人の年金は月に◯◯円。
使うお金はおやつと病院代と年寄り付き合いの冠婚葬祭。
多くみたって要るのは月これぐらい。
現に婆ちゃんはそれで足りるといっていた。
あとは私たちがだしてる。

これまで年金もらってウン十年。
浮いたはずのお金を足したらこれだけ。

足りるはずだけど?
どこいっちゃったん?ソレ。
何に使っちゃったん?ソレ。

舅たちのお金の動きを嫁が詮索するなんて?
義親のお金の動きまで嫁がどうこうす言うなんて?

うるせーです。

私たちにかかってくるお金です。
私は子供を守りたい。
必要なものならわかる。でも娘に無駄使いしたジジババの尻拭いなんぞまっぴらです。



No.61 18/06/27 10:03
匿名 ( 匿名 )

削除投票

これは以前のスレに詳細を書きましたが、このあと私の突っ込みに焦ったジジババは残金不足を証明するために自ら私に通帳を見せ、それにより娘に垂れ流してた数々の証拠を私に暴かれ、さらに地位を落としました。

でももしこれがなかったとしても息子夫婦を騙してまで娘に貢いでたジジババへのツケは、いつか本人たちにまわったと思います。

その後も

じゃあ娘の家のある土地を名変してジジイから娘の名にしたい!とか。
(これは娘に貢ぎたくってたと知った私たちが娘を恨み、相続でごねると思ったジジババの先手のつもりでしょう)

じゃあジジババのお付き合いの冠婚葬祭費もおまえらが出せとか。


ワシら出てくとか。

そりゃあもうあの手この手でなんとか今後も娘に少しでもとジジババは抗いました。






No.62 18/06/27 10:06
匿名 ( 匿名 )

削除投票

私はこの姿を見て怒れるというより悲しかった。

同じ娘と息子の我が子なのに、そんなに息子夫婦が憎いかと。
私という嫁が憎いかと。

いつかあなた達は年をとり私に恥部をさらして世話してもらうのに・・ここまでするかと。

もうやめなよ。

そう思って悲しかったです。

No.63 18/06/27 10:09
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもわからないんですよね・・・。

自分が老いるという現実をまったくわかろうとしてない。
自分の住むこの小さな地域が日本のすべてじゃなくて世の中はもうそんな事とおらなくなってるんだよってのを知ろうとすらしない。

ただただ嫁にバレた。
娘にやれなくなった。
どうやって嫁を騙そう。
どうやって娘に渡そう。

彼らの頭にはそれしかありませんでした。

No.64 18/06/27 10:19
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そんな状況下でも私はジジババと普通に食事をしてたし会話もしてました。

こんなジジババ早く死ね!
こんな奴らに負けてたまるか!
そう思いながら。

それでもこんな家でも私は私と子供の望む家庭を築こう。
私と子供だけでも私たちの望む家庭をつくっていこう。
そう思い続けてやってました。

私がそうしていられたのはすべて息子たちのおかげです。
この子達がいなかったら私はここにはいないし、こんな生活も続けてはいられなかった。
笑えもしなかった。
私は息子を思い息子たちは私を思う。
その親子愛だけが動力源でした。

No.65 18/06/27 10:42
匿名 ( 匿名 )

削除投票

土地の名義を娘に変えろといわれれば
「じゃあここも名前を旦那に変えてよね」といい。

ジジババのものを負担させられそうになれば「それは爺ちゃんたちが出すものでしょ!」と突っぱねる。

あの手この手をうってくるジジババにそのたび怒って正論で突っぱねる。
この頃はこんな揉め事が週に1度はありました。

けれど攻防戦のなかでも私は一切ゆるがず、世間の嫁姑がどうであっても、ご近所がどうであっても常識がどうであっても私は私のやり方を貫く!と決めていました。

だってこの人たちが死ぬまえの1番大変な役目をするのは私だよ?

義親の介護から逃げられるお嫁さんならこんなめんどうなことはしなくていい。
同居してる義親が目のまえで痩せ細り倒れても笑っていられるお嫁さんもする必要ない。

義親の介護がはじまると同時に旦那と離婚すると決めてるお嫁さん。
旦那がつねに矢面にたち守ってくれるお嫁さん。
義親に理解があり終活バッチリな義親をもつお嫁さん。
そのときはそのときと具体策がなくても現実逃避のできるお嫁さん。
介護費がいくらかかろうが任せておけといえるリッチなお嫁さん。
義兄弟が善人ばかりのお嫁さん。
そういう方々ならこんなクソ面倒なことはしなくていい。

だけど私はちがった。
それでもここにいると決めた。
だからこうしました。



No.66 18/06/27 10:57
匿名 ( 匿名 )

削除投票

あの手この手をそのたび潰しているうちにジジババは老いていきました。
前のレスにあるように少しずつ少しずつ。

攻防戦のなかにあっても老いは進むわけで。
ときには怪我したジジイを息子が抱えて病院にいったり。
私がババアの検査に付き合ったり。
入院の手続きをしたり日々できなくなる動作を手伝ったり。

こいつらはクソだけど一緒にメシ食うならしょうがねえからつくってやるか・・と息子が若者料理を食べさせたり。

ケンカはケンカとしておさめ、飯はうまく食おうぜ!がモットーの私と息子ですので、時にはジジババと笑いあったり冗談を言ったり。

婆ちゃん今風な言葉知ってるね~なんて孫に言われれば嬉しくなったババアが会話のどこにでもそれをぶっ込んだりと。

笑いあうよりケンカの数のほうが多かった我が家の比率が少しずつ変わってきました。
私は黙々と仕事と家事をして嫁をしてジジババが理不尽なことをいったりしたときだけ怒る。

そうしてるうちにジジババはこれをすると嫁が怒る。
これをいうと嫁が怒る。と学習したようです。

背景に自分達の加速する老いの実感があるので、こうなったら・・やっぱりこいつに頼るしかないのかも・・・・。

彼らもそう思い始めたんでしょうね。

No.67 18/06/27 11:18
匿名 ( 匿名 )

削除投票

2年まえぐらいからジジババが変わったとまえにレスしましたが、どこが変わったのか?

私が出かけても嫌みを言わなくなりました。

おはよう!おやすみ!そして何よりありがとう!これを何かにつけ言ってた私でしたが、昔から挨拶をしなかったババアがおはようをいうようになりました。
さらには◯◯しておくね~という私に「ありがとう」を言えるようになりました。
今では事あるごとにけっこういってくれます。

それから私の息子たちの仕事にケチしかつけなかったのが、息子たちを認め、無理するなと言ってくれるようになりました。

母の日が近づくと催促されてたプレゼントですが、それもなくなり渡すと「申し訳ないね、ありがとう」と言うようになりました。


なにより嬉しかったのは少しまえに
「おまえを見てきて、やっとおまえという人間がわかった。おまえのいったことがわかった。
これからも世話はかけるけどよろしくお願いします」といってくれたこと。

これは泣けました。
嬉しかったですね~。

でも警戒心は心の底に忘れないようにしています。
理不尽なことは許しまへん。
何てったってうちのジジババですから。





No.68 18/06/27 11:31
匿名 ( 匿名 )

削除投票

今では長男と婆さんの2人で酒で泥酔したときの過去の失敗で盛り上がったりしています。

その声をきいてると幸せを感じます。

年に1度程度ですがジジイが急かしてババアを手伝わせ夕飯を作ってくれます。

私たちは大袈裟に喜んで息子たちは美味い美味いとはしゃぎます。

息子たちは苦しんだ私をずっと見てきました。
こうすることでまたジジイたちが私の手助けをしてくれ、家族が平和になるように。みんなで笑ってご飯が食べられるように。
それを願ってるんだと思います。

心配かけてごめんね。
気苦労かけてごめんね。

息子たちのこの姿を見ると私はいつもそう思います。

No.69 18/06/27 11:43
匿名 ( 匿名 )

削除投票

で。


で、ですよ?


これだけの話のなかにモゲラはいっさい登場しないわけで。

確かに毎日稼いでこの家の生計を成り立たせてくれてたのはモゲラだけど。
それ以外はゴルフと打ちっぱなしと飲み会とドラマ見てただけ。

すべての修羅場は私の事後報告で「ふうん・・良かったね!お母さん。」
で終わりでした。

良かぁねーんだよ!
おめーがやれよ!って話なんですが、こいつはやり込められるのでジジババとの交渉には向きません。

かわりにこいつには

《介護が限界になってもジジババが老人ホームに行かなくて。妻から無理だと告げられたとき。
俺は仕事をやめます。やめて俺がみます。
仕事をやめて減った収入はジジババの介護を自宅でするかわりとしてジジババの貯蓄からださせます。
その交渉は俺がします。
今までぜんぶ妻に押しつけてきた俺がそれをやります。》

という内容の誓約書を書かせました。

No.70 18/06/27 11:55
匿名 ( 匿名 )

削除投票

その頃にはジジババはもっと窮地にいます。
限界をこえて自宅にいたいなら私だけじゃなくモゲラの協力なしじゃ無理。
働き手のモゲラを介護にまわすならそのぶんの収入をだしてもらう。

もしくはモゲラでなくとも福祉機関や第3介助をお金でたのんで私の補助としてくれ。私1人じゃ不可能。

それを納得してモゲラもしくは有料介助をたのむか?
それともホームに行くか?
さあどっち?

この選択の決断はジジババにしてもらおうと思ってます。

どれだけしこりがとれようが、どれだけ義理の義がとれそうになろうが、綺麗事じゃ介護はできません。

将来ある身の私としては限界をこえ身体壊してまでの介護なんかできません。
可能な限りは自宅に置いてあげたいと思ってますが。

ですがこの現実をジジババに教えるのは今じゃない。

もっともっと老いてからです。



No.71 18/06/27 13:04
匿名 ( 匿名 )

削除投票

嫁に限らずこれが介護の現実で実の親子でもそうなのよ。なんていまジジババにいったってわかる筈がありません。

なによ!見てくれるんじゃなかったの!!となるでしょう。

自宅にいたいジジババの気持ちはわかる。だから可能なかぎりは私がみる。
でも限界こえての介護は無理。
ぜったいの自宅介護約束はできない。
今はまだジジババにこれが通じない。

過去の経緯からのジジババの学習能力進歩はあって
「なにがなんでも老人ホームには行かない!」から「ボケたら入れていいよ」にステップupはした。けどそれも本気じゃない。
酸素ボンベを部屋に入れて生涯介護した人の話を聞けば家もそれをいま入れようとすぐに言う。

介護になったってモゲラは逃げるかもしれない。
だからの誓約書も絶対ではない。

だからってリアルで近々そうなるジジババに動けなくなったら・・・認知になったら・・・ともちかけたって確約ではないし気もひける。

それじゃあどうしよう・・。
そうだ。こうしよう。



No.72 18/06/27 13:34
匿名 ( 匿名 )

削除投票

片方が動けるうちは配偶者がおもにみるべきで私はその補助。それを徹底しよう。

ジジババというのは1つをやればそれが当たり前になり2つを望む。
やがてはそれが3つ、4つとなりどこまでもそれに甘えてくる。
へたすれば我が身を脅かす介護という重大任務なら特に。
最初からの嫁のとばしすぎには無理がでる。

私は初めはでない。はじめは補助。
まずは片方に介護の現実を体験させ、いかに大変かを認識させる。
必要に応じて手助けもできる。代わりもできる。
でも主にはならない。

やがてそこにモゲラ+有料介助を投入。こうしてみんなで介護しようと計画している。







No.73 18/06/27 13:44
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ジジババへの説得は老いる段階に応じてだけど、主たる介護者には必ずジジイかババアのどちらかをおく。
これを徹底すればその説得は受け入れられやすい。
それどころか介護に疲れた主たる介護者のジジババから自ずと老人ホーム案がでるかもしれない。

モゲラは誓約書を書いたときから既に「俺が看るなら施設に入れる!」と初期介護すら嫌悪してる。

でもね、残念ですね~モゲラさん。

認知でない限り本人が承諾しなきゃ老人ホーム入所はできねーのよ。
入所したって本人が出る!の一点張りなら出されちゃうのよ。
でもってはなから承諾するわけねーのよ。うちのような年寄りは。

老人ホームにいれてやる!あなたは簡単に言うけれど、生身の人間なのよジジババだって。権利もあれば意思もある人間なのよ。

一緒に暮らす者は、この頑固者たちをいかに納得させ、いかに自ずとそう決断するように仕向けるか?が決め手なんでやんす。
だからの病んでないほうの片割れを、私たちの手にとりこんでおく必要があるんでやんす。

No.74 18/06/27 14:28
匿名 ( 匿名 )

削除投票

我が身として考えてごらんよモゲラ。

あんたがジジババだったとする。

家族に迷惑はかけてるが老人ホームにはどうしてもいきたくない。
そんな思いがあるとき、あんたの耳には誰の言葉が1番響く?

子供?
けどその子は、はなからみたくない。すぐに施設に入れといった息子だよ?

娘は使うだけ親を使って、老いたら「お兄ちゃんお願ーい!」と逃げた娘だよ?

そんな子供たちの頼みを老いたあんたは聞くかい?
自分を思ってくれなかった子供のために死ぬほど嫌な施設に我慢して行ける?

じゃあ嫁?

ほかの誰より施設入所を望んでるであろう嫁に、それを頼める?

動けないあんたがまず1番わかってほしいのは、ずっと一緒に生きてきた妻や夫じゃないの?

息子や娘がみないといったって嫁が無理だといったって女房がいれば、旦那がいれば・・。って
こいつがいればまだ何とかできるんじゃと甘えたくなるのは妻や旦那になるんじゃないの?

そのとき最後の砦の旦那や妻から
「もう無理だよ。家での介護は無理なんだよ」と言われたら?

それがいちばん響くでしょうよ。
それがいちばん諦めがつくでしょうよ。

だから介護はもう片方の相方にやらせなきゃだめ。

こんな頑固な年寄りに引導を渡せるのはもう1人の片割れしかいねーのよ。




No.75 18/06/27 17:31
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ご理解いただけないかも知れませんが、私のなかには色んな思いがあります。

若い頃は、死ね!まぢ死んで!ほんと死んで!世界で宇宙で1番キライ!!と思ってたジジババでした。

でも今は死ねよ!じゃなくて、もうそろそろいいんじゃないですか?
爺ちゃん婆ちゃん自身も老いを日に日に感じながら、このさきどうなるんだろうと不安な毎日もけっこう辛いでしょう?
あまり長く苦しまず、そろそろ楽に逝けたらいいですね。に変わりました。

日に日に老いて、ご飯をよそったのに、またもうひとつ別の茶碗にご飯をよそっちゃって「だめだなぁ~」と笑うジジイを見たとき。

お風呂からあがって部屋にいくババアの痩せ細った後ろ姿を見たとき。

だめでしょ!と怒る私に「はい。」としょんぼりするとき。

私と話したくてみんながキッチンからでて私が1人になるのをひたすら待って。
そのあいだする事がないからとなりで何度も薬をだしたり入れたりしてみんなが去るのを待つババアを見たとき。


しょーがねぇなあ~と情がわきます。
まえより痩せたな・・・と後ろ姿を見つめます。
若かった頃のこの人たちを思い出します。

そのときの私の頭には昔いわれた嫌みも嫌がらせも浮かびません。
ただ遠い親戚の田舎の爺ちゃん婆ちゃんに感じるような・・・そんな思いでジジババを見てます。





No.76 18/06/27 17:50
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもひとたびジジババに我が儘や理不尽なことを言いだされたとき。

私にとって遠い親戚の爺ちゃん婆ちゃんが一瞬にして舅と姑に変わります。

かつて私を虐めたおし、これ以上ないほど傷つけた鬼の姑がそこにうつります。

大風呂敷を広げて私を騙し、それで娘に楽させようとした舅がそこにうつります。

そうなると私も、だからあんた達は変わらない!ほんとまじで死ななきゃなおらねぇ!!
そう思います。

嘘みたいだけど本当の本当に、この両方とも嘘偽りない私の気持ちなんです。

こういう気持ちって・・何なんでしょうね?
自分でも不思議でなりません。

家のなかにケンカより笑いが増えたように、いつかはこれも姑と舅のときより遠い親戚の爺ちゃん婆ちゃんに見える時間のほうが増えたりするんでしょうか?

そして姑と舅が現れず、ずっと親戚の爺ちゃん婆ちゃんばかりになったら・・

そしたらジジババの命の火は消えるのかもしれません。


なんか・・。

ズルいよなって思います。





No.77 18/06/27 17:59
匿名 ( 匿名 )

削除投票

なんか・・・。

話それますがm(__)m


私のスレにずっと共感してくださる方がいらっしゃいます。
こんなわけのわからない気持ちを共感してくださる方がいる。

おなじ思いをされた方なのかも知れません。ちがったらごめんなさい。

私だけじゃないんですね。

ありがとう。

わかってくださって。
ありがとうございますm(__)m

できることなら・・・。

ずっと親戚の爺ちゃんと婆ちゃんでいてくれたらいいのになあ。

そしたらしてあげたいことがもっとあるんだけどなぁ・・・。

でも、こう思うと見事に裏切られるんだよなぁ・・・。


くぅーーーーっ!ちくしょうめ!!

No.78 18/06/27 18:44
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そろそろモゲラが帰るので今日はこれでおしまいにしますが。

でね、あともうひとつ。

そうやって情みたいな?
哀れみみたいな?

そんな感情がわくとき、どこかでこうも思うんです。


いや待てよ・・・・。

私はジジババの望みをとりいれて可能な限りの介護をしようとしてるし、親戚の爺ちゃん婆ちゃんにも見えたりするこの2人だけど・・・。

もし。もしも万が一この人たちより私が先に死んだら。

この人たちはどうするだろう・・?って。

嫁は憎いが孫かわいいって話はよく聞くけど、うちのジジババは違います。

たしかに娘の子は目の中にいれても痛くないほど可愛がるけど、私の息子たちは "介護してもらう嫁の子だから気を使っておかないと " という扱いです。
息子たちに何かすれば嫁の私が喜ぶ。だからする。
それは孫かわいさのソレでは決してないんです。

ならその私がいなくなったら?

No.79 18/06/27 18:46
匿名 ( 匿名 )

削除投票

肝心かなめの介護要員がいないならジジババは、おそらく介護を私のかわりに娘に託し、無理やり娘にたのんだ介護だとアレコレ理由をつけて娘にまたダダ流しするでしょう。

息子のモゲラは実質収入をもってくる係。
それで浮いたお金は娘のもとへ。
そのためにモゲラと息子たちはここに住まわせたまま。

ああ悲惨・・・。

そうしてでもジジババは介護要員を確保するでしょうし私がいなくなったのを理由にそれはそれは好き放題するでしょう。

そもそも私が死んでも孫の息子たちだけはワシら見るからね!なんてウザい愛でも愛あるジジババなら、私はこれまでのアレやコレやをしてません。

考えてみると、これって理不尽な話ですよね?

さんざんジジババを養って介護要員だとあてにされ、死んだら用なし。
使えるなら息子や孫は使うが利益にならねーなら知らねーし。

こうなるのがみえみえのジジババですので・・

いやいやいや!感傷にひたってるより現実みろアタシ!!と叱咤する自分もいるわけです。



No.80 18/06/28 09:00
匿名 ( 匿名 )

削除投票

おはようございます。

ここ半年まえぐらいからジジイが急に痩せた。

もともと超がつくほど偏食だったから食べられるものが限られてたジジイ。

野菜なら人参、ゴボウ、レンコン、もやし。タケノコ以外の山菜もだめ。
鶏肉、魚もだめ。マグロ以外のなま物ダメ。
洋風な味付けはだめ。でもしょうゆベースのつゆもダメ。だから丼ものはダメ。お酢がはいってるとだめ。
味付けは醤油をそのままかソースをかけるかしかない。
だけどこの中で絶対に食べられないものは一握りで、ほかの多くは自分が食べようとしないだけ。

酢が嫌いなのに寿司は食べられる。食べるのはマグロだけだけど。
麺も肉をいれれば食べてくれた。
だから絶対に無理なわけじゃない。
けど肉が入ってないと麺もたべない。
簡単にいうと大好きなもの以外は食べない頑固な人だった。









No.81 18/06/28 09:02
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そんなわけでジジイの食事メニューはずっとみんなとは別枠で作ってた。
これまでは豚や牛の肉がメイン。味付けは焼いて醤油をかける。
あとは食べられる野菜を炒めて醤油をかけたり天ぷらにしたり。
ほとんどの魚介類は魚臭いからと食べなくて魚介で唯一食べられるマグロの刺身をたまにだしたりとかしてた。

「食べられないわけじゃないんだからなるべく食べないと」とジジイの好きな味付けにしても、とにかく頑固でいっさい食べようとすらしない。

じゃがいもなら食べるからと肉じゃがをつくっても肉だけ拾って食べてしまう。
あとに鍋に残った野菜の残骸は他の家族が片付ける。
「食べられるなら野菜もバランスよく食べないと。」
そんな言葉もききゃあしないし、それでやってきた偏食家だった。

だからって好きなものがなくても、おかずの文句は言わない。「あるものでいいから」と本当にあるもの、らっきょうとかキムチとかツナ缶とか海苔とか。そういうのだけで済ませてしまえる人だった。


No.82 18/06/28 09:21
匿名 ( 匿名 )

削除投票

それでやってきたジジイだったけど。

大好きなあん物も胸やけがすると食べられなくなった。
肉をだしても食べなくなった。
マグロすら味がしないと食べなくなった。

茶碗に八分目程度まで食べられたご飯も半分になりそのまた半分になり、いまは1食に盃1杯程度しか食べない。

体重はどんどん減って足も細くなりズボンがすべて緩くなり、座っていてもお尻の肉がないから痛いと何度も体勢を変えながらでないとテレビもみてられない。

ここ最近は口の中がずっと苦いといい、水なのに甘く感じるといったり、味がしないと言いだした。
これに関してはたぶん味覚障害なんだと思う。

ジジイのこの変化が現れるごとに私は医者にいくようにと言った。

もちろん聞くわけがない。
ババア以上に医者が嫌いなジジイなんだから。

「はいはい。ありがとーございます。
でもだいじょーぶ。だいじょーぶ~(笑)(笑)」と笑ってきかない。

何度もいうなかでは「ふざけないで!ちゃんと聞いて!軽いうちに行かず大っきらいな病院に入院ってなったらどーすんの?」と怒りもしたし真剣に説得もした。






No.83 18/06/28 09:30
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でも絶対に行こうとしない。

この人がズルいと思うのは、私が心配して怒ると

「ありがとうね~心配してくれてすまんね~。優しいね~。申し訳ないね~」はめちゃめちゃ言うくせに絶対に絶対に我を通すところだ。

口ではうまいことを言うくせに本気で申し訳ないなんて思ってない。
迷惑をかけることになるしとも思ってない。
うるせーなと思いつつ、もめたくないし行きたくない。だから調子よく言って適当にその場を逃げてるだけ。

それがわかるからムカつく。

だから私も「爺ちゃんのためだけじゃないよ?私が困るの!じゃあ知らないよ?痛くなっても痛いって言わないでよ?酷くなったら入院だからね!そのまま手遅れになっても知らないからね!行かない爺ちゃんのせいなんだから私はなんもしないからね!!」と怒る。

それでも

「はいはい。わかりました。そーしてください(笑)もう年寄りなんでアレコレ検査していじられるのはイヤです。ほかっておいてください。どうせ死にますから(笑)」とくる。



No.84 18/06/28 09:49
匿名 ( 匿名 )

削除投票

現にこの人はババアと違ってどんなに痛くても言わないし、脂汗を流しながら布団で我慢してでも私には隠そうとする。

もしうちにババアがいなくてこの人と私たちだけだったら、この人は死ぬまで何も言わないかもしれない。
それぐらい頑固で医者嫌いだ。

けどうちにはババアというグズ女がいて。
まあこいつがうるさいうるさい。

ジジイもババアには夫婦だから言うわけで、聞いたババアが逐一それを私にいってくる。

"お爺さん痛いって~。さっき座ってたらよろけたんだよ~。熱もあるのか体が熱いよ~。咳をしてるよ~。夕べは痛くて寝られずゴソゴソしてたよ~。

どっかおかしいんじゃないかね~。
大丈夫かね~。腰も痛いって~。辛そうだよ~。これも食べなかったよ~。気持ち悪いって~。胸が痛いって~。"


No.85 18/06/28 10:02
匿名 ( 匿名 )

削除投票

それはそれはもう・・・病的なほどうるっさい。
はじめは「ふう~ん。そう」で何度も流す。
でもそれ以上に何度も何度も言われる。

そのあまりのしつこさに私が病みそうでイライラし
「だからね?爺ちゃんには医者に行けっていってんの!でも行かないっつーんだから私はそういわれてもやりようがないの!じゃあ婆ちゃんが医者にいく気になるように爺ちゃんを説得してよ!そしたらすぐにでも連れてくよ!!」とババアにも怒る。

すると「ほんとだね~困ったもんだね~。まああれは死ぬしかないね~。」

???・・まあ・・どうでもいいわ!じゃあこれで終わりなはずだな?いいな?と思ってそれでおく。
ところがこのババアは何を聞いてたのか、つぎのご飯のときにまた "~"の間の愚図を延々といってくる。
朝、昼、夜と日に3度。
ちゃんと返事するまでずっとだ。


だ、か、ら!!!!
オメーはバカなのか?さっきいったろうが!!
んっとにオウムみてぇに同じことばっか毎度毎度繰り返しやがって!!
その口、ガムテープでとめるぞ!!!!

頭の毛穴から火がでそうなぐらいイラついてるが

「だからね!」と私は朝いったセリフを昼にまた繰り返す。夜にもまた繰り返す。翌日の朝にも昼にも夜にも。

こんなループが延々続く。

そのうちにこっちが鬱になりそうになる。


No.86 18/06/28 10:09
匿名 ( 匿名 )

削除投票

あまりのイライラにジジイんとこにいって

おまえが医者行かねーとババアがうっせーんだよ!!!!!
行くぞ医者にほら!とジジイを引きずり倒し医者に連れていきたくすらなる。

でもそんなこと言ったってババアはやめないしジジイも行かない。
泣いて柱にすがってでも行かないだろう。

だから知るかもう!と思うのだけど。
ババアの粘着気質がたまらない。

それでモゲラにいうと

「ふうん・・・ほかっておけ。それよりさ、今度あたらしいアイアンセットが欲しくてさ🎵」とニコニコして言いやがる。


・・・。


わかった買おう。

それでおまえらみんなナイスショットで飛ばす。

No.87 18/06/28 10:37
匿名 ( 匿名 )

削除投票

人はよく「聞く耳もたなきゃいいんですよ」「スルーすればいいんです」というけど。

バックグラウンドミュージックのように食事中にこのババアの愚痴が常に聞こえてて、それ以外にも家のなかで顔を合わせればきこえる。その状況はほんとにたまらない。

夏の夜、耳もとで蚊がプウ~ンと音をたてる。
電気を消すと居なくなり消すとまた現れる。
ところどころ蚊にくわれて痒いわ眠いわ、でもしつこい蚊が見つからねーわ・・・。
あれを何度も繰り返してるようなイライラとおなじ。


ジジイに関しては怒ろうが説得しようが本人が行かないというんだからやりようがない。
それで手遅れになろうが本人の望んだことだし、入院し退院して家でみるのが辛ければ老人施設を検討するか手薄い自宅介護でも仕方のないこと。
ジジイは自業自得だからいい。

問題はこの蚊だ。



No.88 18/06/28 10:52
匿名 ( 匿名 )

削除投票

婆ちゃんうるさいから食事別にしようといえば「ごめん、もう言わない」というだろう。

でも必ずまたいう。

強行手段で食事を別にしたところで私が1人でキッチンに立ってるとき。

洗濯のために干場にいるとき。

顔を合わせるたびに。いや、2人になるときをつくってでもババアは私に言うだろう。

朝、昼、夜の支度でキッチンに立たなきゃいけないのに。
食事の片付けだってあるのに。
同じ家にいてそこに入ってきたババアに

「おまえは入ってくんじゃねぇぇぇぇーーっ!!!」とでも言うのか?

切ってた食材をそのまま放置して
「あらアタシ他にすることあったわ🎵」と逃亡しろと言うのか?

それじゃあ飯はつくれねえ。

「もううるさい!!
何度も何度も聞きたくない!!いい加減にして!!!!」

ちなみにこれはもう言ったし怒鳴った。

それでも「そうだね~」といってまた言うんだ。このババアが。いっちまうんだ。

これは新手の嫁イビりなのか?
それともコイツはボケてんのか?
だったらコイツは40代の頃からそうだけど、そんときからボケてたのか?
それで80過ぎまでそのままなのか?

んなアホな。

これはババアの性格で超粘着ッキーなだけ。





No.89 18/06/28 11:06
匿名 ( 匿名 )

削除投票

これがどうにも厄介で。

もしかしたら常にババアと2人でいるジジイも過去の出来事にアレコレ因縁つけられてて。

グズグズグズグズ愚痴を聞かされていて。

すでに鬱なんじゃねーかしから・・・?
それからの味覚障害なんじゃねーかしら??とも思ったりする。

現にジジババの2人が居間でテレビを見てるとき、隣のキッチンにいた私はそれらしき会話のやりとりを何度も聞いた。

耳が遠いジジイは大きな声しか聞こえないので何度も「はあ?」「はあ?」と聞きなおす。
だからババアの声がこちらまでよくきこえてきて
「だからだいたいあんたは昔からね!」と度々やっていた。

No.90 18/06/28 13:27
匿名 ( 匿名 )

削除投票

かしら?がかしからになってる・・m(__)mごめんなさい。
誤字が多いな。ごめんm(__)m


でね、時にはジジイがフンガフンガ怒って食事にきて、私に切々とババアの言ったことをチクる。
ババアは誰のこと??みたいにトボけてるけど、これは私も若い頃さんざんやられたからババアのもののいいようは熟知してるわけです。

「俺にな、アホだボケだって言ったんだ。あんたなんか頭がおかしい。みっともないって。そりゃあ酷いんだ。
聞いてて泣けてくるんだ。そこまで言うかってほど悪魔みたいに言うんだ」と半泣きでチクってくる。

私はとりあえずババアに
「なんでそんなこと言うの?爺ちゃんと婆ちゃんはずっと一緒にいてやってきたんだよ?もしどっちかが死んじゃったら寂しくて生きていけないほど一緒に行動してんだよ?
婆ちゃんはそうやって生きてるうちに爺ちゃんに甘えて酷いこといって、そんでいざ爺ちゃんが死んだら、私にもっとアレしてやれば良かった。コレしてやれば良かったって絶対ぐずるでしょ??
そんなぐらいなら2人とももう年なんだから一緒にいられる時間を大事にしなよ。笑って一緒にいなよ。」と諭す。

ババア「そうだね・・」としんみりして答える。

それを見たジジイがすかさず

「おまえなんか直りゃしない!お母さんがそう言ってくれたって人の居ないとこでこの婆さんは絶対また言うし直りゃしない!!!絶対また俺に言う!!絶対の絶対だ!どんだけいったってまた言うんだ!!直りゃしねーんだ!!」と怒りでプルプル震えて叫ぶ。




No.91 18/06/28 14:10
匿名 ( 匿名 )

削除投票

さらに

「俺が手伝ってやったって結婚してからこいつは1度たりともありがとうを言いやしねえ!手伝ってと自分から言ってもきやがらねえ!そういう可愛いげのないところが大嫌いだぁぁぁ!!!」と叫びます。


思わず「じゃあなんで爺ちゃんはやるの?」と私が聞きますと。

「そ、そ、そりゃおめえ婆さんが可哀想かなぁと思うからで・・・」と答えるジジイ。

だから「じゃ、やんなきゃいいじゃん。婆ちゃんが頼んでくるまでやんなきゃいいじゃん。
爺ちゃんがやんなきゃ婆ちゃんは1人でできないんだからたのむしかなくなるじゃん?
なのに爺ちゃんが先に先にやるから言わないんじゃないの?
まず自分でやらせなきゃ頼むこともしてくれた有り難みもこの婆ちゃんはわかんないよ?」

そういってやった。


No.92 18/06/28 14:50
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そうだよ。


すべてはアンタのそのババア甘やかしが元凶なんだよ。

ババアが何にも言わずとも先にいそいそ動いてご機嫌をとり、調子にのったババアが虚言をはこうが疑いもせずにそれを真に受け、真実をいってる人達を叱りたおし何人もの人を傷つけた。

まわりの人すべてがおまえは女房に騙されてるぞと教えてくれても

「それが嘘でも俺は女房が可愛い!こいつのためなら嘘でも何でも味方する!」

アンタはむかし誰の言葉にも耳を貸さずそう言い切った。

自分の親が泣きながらアンタに虐待の事実を告げたときも、アンタはババアの嘘を知ってて庇って親を見捨てた。
あげくに共犯者にもなったよな?

そうして親を見殺し兄弟全員と絶縁。
それでもババアの汚さを知りながら許してたのはアンタだよな?

このババアをつくったのはアンタだよ。
その標的がアンタの親から私になり、敵わなくなったと知ってアンタに変わった。
それだけだよ。

アンタのつくったモンスターだ。
そいつにやられるなら本望だろうが!


ジジイが私に泣きつくとき、その哀れな姿を可哀想だと思う気持ちとこの気持ち。
私のなかにはこの2つの気持ちが絡みあう。

No.93 18/06/28 15:13
匿名 ( 匿名 )

削除投票

目の前でジジイが助けを求めてくればジジイのためというより人として一応いうべきことはババアにいう。

ババアがそれを聞いても聞かなくても。
言うのはジジイのためじゃない。
もちろんババアのためでもない。
その場をほおって逃げる私を私が好きじゃないから。ただそれだけだ。

でも心のどこかに

いま直接の被害者になってるジジイなら・・・。
もしかしたら・・・・。
もしかしたら・・・・。

あのときの俺は間違ってたと。
どっかでわかってくれたかも知れない。
親父とお袋に悪いことしたと、どっかで気づいてくれてるかもしれない。

そしたらそれだけでもあの人たちの供養になる。

そんな小さな期待をもってみるけど。

私がそういうと今度は怒ってたジジイ本人がババアを庇いはじめる。

「まあでも・・お婆さんのおかげでここまでやってこれたしな。お婆さんじゃないと俺もだめだったしな。まあ、お母さん、そこまでにしてやって(笑)
はいはい。年寄りの説法でした。はい!終わり!エヘヘ。」

といいだすのはジジイ。
ババアはこの男はしょせんこんなもんだと鼻で笑ってる。

アホくさ・・・。
やっぱりな・・・。

鬱になろうが痩せ細ろうが好きにしやがれ。

で、私の無駄な期待は裏切られ、こいつらはこんなもんだと割りきります。
そして、まあいい。私にゃ人の血の通った息子たちがいるさ!と自分を励ましてやってます。

No.94 18/06/28 18:20
匿名 ( 匿名 )

削除投票

こういうジジババの姿を見ると、途中から暮らした私でさえ呆れ果てるやつらなのに、この親のもとに生まれ育ったモゲラは私以上にこいつらのこういう姿を見てきただろうなあと思う。

だからの「ほおっておけ」なんだとも思う。
娘の小姑ですら「あの人たちは変わらない。頭おかしい」といっている。
だから小姑はさんざんこのジジババに貢がせておきながら平気で「こんな人たちすぐに死ぬから。お義姉さん、無駄なことはしなくていいよ」という。
だからこれまで1度だってこのジジババの事で私に文句をいったことはない。

だからってアンタ達ね!と子供たち2人に反論したい部分はあるが、こういうジジババの姿を見ると・・・。
モゲラの姿勢にも小姑のこの人たちに対する扱いにも妙に納得してしまう部分はある。

No.95 18/06/29 09:44
匿名 ( 匿名 )

削除投票

こんにちは。

今日は風がつよいです。
今朝畑の様子を見ましたらおかげさまで野菜が成長しもうすぐ作業再開です。
夏の野菜は早朝というか暗いうちからになるので手の空いた時間や状況により更新はランダムになります。
陽射しで体力の消耗が激しいため、疲れてほったらかしちゃう日もでてくると思います。
状況に応じてですが続けられるところまでですが更新していきますm(__)m

No.96 18/06/29 09:59
匿名 ( 匿名 )

削除投票

ここ最近、さらにジジイから笑顔が消えました。
元気がないです。

遅めに起きた今朝はヨロヨロと玄関をでてきて洗濯物を外の洗濯機に入れてました。

ジジババの洗濯に関してはババアがしてくれますが、ジジイが自分で洗濯機まで持っていかないと放置されてます。

部屋に洗濯かごを置けば・・と買い与えましたが使いません。

それでもジジイが悪いときぐらい持ってってやれよ・・と思いますが、そのへんババアは容赦ないです。

ジジイがよろけようがヨタついてようがNHKの連続テレビに夢中です。
それを見るためにずっと早起きしてるのでジジババの朝食は時間差で食べてます。



No.97 18/06/29 10:13
匿名 ( 匿名 )

削除投票

仏間にお供えにいったらジジババの部屋の戸が開いていて、ふと見たらジジイがお布団に寝てました。
耳が遠いのでジジイは私に気づいてません。
だからしばらく見てました。

枕元に自分で用意した水筒をおいて耳が遠いためテレビの音を大きく聴いてしまうのだけど、それをババアに怒られるのでイヤホンをして。
痩せた体で布団に横になってました。

・・あんたはもう・・・なにやってんだよ・・・・。

と虚しくなり「どこか痛いの?」と声をかけると。

股関節が痛いそうです。
でもやっぱり即答で「大丈夫。医者に行くほどじゃない」と先に言われました。

痛み止は?
湿布は?

痛み止めは薬をすごく嫌がるジジイなので飲まないそうです。
湿布もあるけどいいそうです。
それよりテレビの通販でエアーマットを宣伝してて、騙されたと思ってそれを買おうと思ってなと嬉しそうにいってました。


そこじゃねーだろ・・・・・( ´△`)

No.98 18/06/29 10:21
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもまあ嬉しそうに笑ってたのとマットも私が買うわけじゃなし。
ジジイがそうしたいなら好きにしろと思いまして。

「そう。じゃあ無理しちゃだめだよ」と寝かせておきました。

こういうジジイに、ババアは悪くなったことを責めます。
動けなくなって自分の役に立てないことを責めます。
なのに世話は私にやらせようと私に愚痴をいってきます。

責められたジジイは、じきにまたフンガフンガなることでしょう。

まあジジイはこうして更に動けなくなっていくでしょうし、それも自業自得です。

けど自分の役に立たないからとジジイを責め、尚かついっさいその補助をしようとせず私に丸投げしようと企むババア。

こいつの手口にだけはのらないようにと気を引き締める私です。

No.99 18/06/29 11:05
匿名 ( 匿名 )

削除投票

そもそもババアが私に、お爺さんったらアレなのよ~コレなのよ~といってくるのがおかしい。

まず妻のおまえがせいや!って話だ。

妻のババアがまずそれをして自分1人じゃ手に負えなくなって、それから私にいう。
これが順当なんじゃねーの?って話じゃん?

その"まず妻が"するのをすっとばしていきなり嫁に泣きついて。
じゃあ妻のババアは何すんの?といえば。

ジジイをこき下ろして怒らせる。
お友達とお茶に行っちゃう。
老人サークルに出かけちゃう。

今日はねぇ~。こういう老人体操したんだよ~\(^o^)/
こんな映画みたんだよ~ん\(^o^)/
みんなで手芸して作品がこれよ~ん\(^o^)/

でもって「お母さ~ん。お爺さんが~アレもコレもできね~の~(泣)(泣)」

ときには「ううん、爺さんなんかよりワヒ!きょうはワヒの目がなんか見えにくいの~(泣)(泣)」


おまえ・・頭おかしいだろ?








No.100 18/06/29 11:16
匿名 ( 匿名 )

削除投票

でもさらにもっとおかしいのが、この無責任なババアにもっと言え!
ちゃんと世話せい!と言え!とジジイに直訴したとき。

「お婆さんは悪くない!俺はいいんだ。もういいんだ。
それより・・・さいきん婆さんはすごく嬉しそうにしょっちゅう出かけるが・・・・男がいるなんてこたぁ・・・ねーよなぁ・・?」




おわった・・・。



・・・・・・。



さあ、夕飯は息子の好物にしよっと!

こんなことをほんとにやってる1家族がここにいます。





最初
ページ : 1 / 5
レス絞り込み
スレ主のみ

新しいレスの受付は終了しました

お知らせ

6/17 ページ送り(100レス) への移行(完了)

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

つぶやき掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

掲示板一覧

[PR]株式会社ティファレト