関連する話題
海未の名は?ンミチャ!海未です!
ラブライブ!&サンシャイン 1レスコント
ラブライブ!海未ちゃんと……?戦うか対談か

HONOHONOえいりあん❤

レス 27 HIT数 816 あ+ あ-

作家( 匿名 )
18-03-14 19:22(更新日時)

削除投票

『ラブエイリアン』の『ラブライブ!』版パロディドラマ(笑)。

穂乃果たちのもとに舞い降りたHONO、UMI、KOTORIの三人のちいさなかわいいエイリアン。
HONOたちは穂乃果たちに地球人やスクールアイドル、百合などについての疑問を向けたり未知なる能力を使っててんやわんやするコメディドラマ。

☆えいりあん側紹介
1、HONO:穂乃果に似たえいりあん
2、UMI:海未に似たえいりあん。『ケロロ軍曹』のギロロ似?
3、KOTORI:ことりに似たえいりあん。『ケロロ』のタママ似らしい

18/02/04 06:44 追記
☆新えいりあん側紹介2だよ
4、MAKI ツンデレのえいりあん。真姫似らしい
5、RIN 宇宙ラーメンが好きな活発なえいりあん。凛似ぽい
6、HANAYO 新たに来たえいりあんのなかでは内気なタイプ。花陽に近いタイプ

No.2592280 18/01/23 10:59(作成日時)
投稿制限
スレ作成ユーザーのみ投稿可
レス絞り込み
スレ主のみ

No.1 18-01-23 13:55
作家0 ( 匿名 )

削除投票

第いち話 うちゅうじんだよ!HONOだよ❤

穂乃果「つかれたよ」

ことり「ハイ穂乃果ちゃんお茶だよ」

海未「まったく今日は三人しかいないのに休憩だからてダラけて」

穂乃果「つかれ知らずな海未ちゃん」

ことり「きっと地球最強のスクールアイドルだよ」

ほのこと「ねぇ〜♪♪」

海未「誰が地球最強ですかぁぁぁ〜!!」

瞬間部室の窓がバリバリと破れ壁が吹き飛びにこが大事にしているDVDボックスやアイドル雑誌が吹き飛んだ!!
悲鳴が飛び交うアイドル部室!!ようやく気づく穂乃果たち

穂乃果「……う、うみちゃん」

ことり「海未ちゃんが部室の修繕費用およびアイドル部の備品やにこちゃんのコレクション弁償だね♪」

ほのこと「いぇ〜い♪」

海未「わ、私ではありませんよ!!サイヤ人でもありませんし」

ほのこと「海未ちゃんでしょう?部室を破壊したの」

すると破壊された窓からちいさな可愛らしいUFOが一機やって来て彼女たちの前に着陸した

?「ワレワレガヤッタノダ」

ほのことうみ「ゆーふぉーっ!?」

?「チキュウジンノコトバデハソウナルナ。ワレワレハサンメイイルカライマカラオリル」

UFOは輝く機体を部室の机の上に着陸しハッチらしいところが開き三体のエイリアンが現れた

HONO「アタシハHONOだよ」

UMI「ワタシハUMI」

KOTORI「KOTORIだよ」

ほのこと「カワイイ〜♪♪」

海未「待ってください!もしかしたら地球侵略に来た悪い宇宙人かもしれませんよ!ラブアロー……!」

ほのこと「だめぇ〜!!」

ふたりに止められ落ち着きを取り戻した海未はあらためて宇宙人を見つめた

穂乃果「カワイイ」

HONO「テヘ」

ことり「ホントだね」

KOTORI「テレチャウ」

海未「なに馴染んでるんですか」

UMI「マッタクです」

うみUMI「ん?気が合いますね」

穂乃果「だけど部室が穴だらけだしばらばらだよ!」

HONO「モトニモドスコトハできるよ」

瞬間部室はなにごともなかったように時間が戻ったように戻った

ほのことうみ「にこちゃんに怒られないですむ。ふう……」

No.2 18-01-24 05:40
作家 ( 匿名 )

削除投票

第に話 なにしにきたの?HONO❤

穂乃果「何しに地球にきたの?」

HONO「ウンとね」

KOTORI「カタコトミタイナコトバだとワカリニクイので翻訳ソウチをツカウね」

ほのこと「おお〜!?」

KOTORI「これでいいはずだよ?わかる?」

ほのこと「わかる〜♪」

HONO「あたしたちは地球や地球人のことを調べにきたんだよ」

海未「地球侵略か征服でしょうか」

海未に睨まれHONOとKOTORIが怯えるなかUMIだけは小さな身体で構える

UMI「やりますか」

穂乃果「地球最強の海未ちゃんが再び部室を破壊して」

ことり「にこちゃんに叱られる」

ほのこと「あはは!!」

海未「アホですか!」

UMI「まったくです」

HONO「ちなみにこの部屋はなんなの?」

穂乃果「アイドル部部室だよ」

ことり「あたしたちはスクールアイドルu’sだよ」

HONOKOTO「みゅ〜ず?」

ほのこと「可愛い❤」

HONOKOTO「//////」

海未「困ったものです」

UMI「ほんとです」

海未「気が合いますね」

UMI「いえ」

穂乃果「とりあえずNASAに連絡しようか」

ことり「だね」

HONO「NASAはやめてください!」

KOTORI「NASAに捕まったら解剖やら拘束やら可愛い服を着させられてアンアン♪です」

UMI「KOTORIあたまはだいじょうぶです?」

穂乃果「いやナカムラサツマイモ店に」

ことり「おイモを注文しようかと」

ほのこと「通称ナサ、NASA」

海未「アホですかぁぁ!!」

ほのこと「ひいい!?」

UMI「とにかくNASAにもナカムラサツマイモ店にも連絡はなしです。わかりましたか」

ほのこと「はい」

海未「ナカムラサツマイモ店、ナサ……NASA」

穂乃果「ツボにはまる海未ちゃん」

ことり「ふだんはお堅いから」

HONO「ゴロゴロ」

KOTORI「ゴロゴロ」

UMI「地球人をとりあえずこの三人から調べますよ」

ことり「えっちなことはなしだよ」

うみUMI「あたりまえです!!」

No.3 18-01-24 16:11
作家 ( 匿名 )

削除投票

第さん話 すくーるあいどるてなに?HONO❤

HONO「スクールアイドルてなあに?」

穂乃果「学校のアイドルだよ!唄ったり踊ったり活動してるの」

UMI「なぜそんなことをする」

穂乃果「学校が廃校でなくなっちゃうかもしれないから」

KOTORI「廃校。つまり学校がなくなること。少子化が原因の一途」

ほのこと「ケッコンしてつくろうね❤❤」

海未「女性同士でできませんよ!」

ほのこと「じょうだんなのに」

UMI「スクールアイドルのメンバーはお前たちだけか?」

穂乃果「ううん、凛ちゃんに花陽ちゃん真姫ちゃん希ちゃん絵里ちゃん他一名」

海未「にこです。バックダンサー扱いかマネージャーみたいにしない」

ことり「バックダンサー扱いされた時にいちばん怒りに燃えてた海未ちゃんだよ?」

ほのこと「ね〜♪♪」

海未「むう」

HONO「ここがなくなっちゃうの?」

穂乃果「なくなる時は地球最強の戦士園田海未ちゃんが取り壊しさぎょうをするから」

ことり「お母さんの代わりにお願いするよ」

海未「私は建設業者か土建屋さんですか」

ほのこと「うん」

海未「ちがいます」

UMI「そんなに強いのか。この少女は」

穂乃果「『ケロロ軍曹』だと日向夏美さん」

ことり「『ウルトラシリーズ』だとウルトラマンベリアルかな?」

海未「なんですか。そのたとえ」

UMI「うむ」

HONOKOTO「地球人こわい……」

ほのこと「よしよし」

海未「納得できません」

HONO「アイドルなんだね。がんばってね」

KOTO「応援するよ」

ほのこと「ありがとう」

穂乃果「海未ちゃんは廃校になったら建設業者か土建屋さんにしゅうしょく……」

海未「しません」

ことり「天下一武闘会に」

海未「でません」

UMIは思う
地球最強の生命体に違いない

No.4 18-01-24 19:53
作家 ( 匿名 )

削除投票

第よん話 身体をすきゃんされたよ! UMI

HONOはある機械を手にし三人の身体は何か測られていた

穂乃果「なにしてるの?」

HONO「三人のすたいるを測ってるんだよ」

KOTORI「うんうん。三人の身長体重すりーさいずなどわかったよ」

ほのこと「どれどれ」

ほのことHONOKOUMI「気にしないでね」ポンポン♪

海未「はい?」

穂乃果「アニメ二期では凛ちゃんの次にクルマ同士の間を通れるはずだったのに……」

ことり「希ちゃんたら……」

海未「怒りの矛先がいまいちわかりませんが」

UMI「はっきり言えばお前の身体に空気抵抗がない!」

海未「あなたに言われるおぼえありませんよ!」

UMI「……む」

ほのことHOKOKOTO「気にしないでね」ポンポン♪

UMI「気にしますよ!」

うみUMI「なぜムネのことでこんなに苦しむんですか」

ほのこと「カワイソウ」

海未「感情が込もってません」

HONOKOTO「カワイソウ」

UMI「なぜこのふたりにバカにされないといけないのですか」

穂乃果「人間生きていくにはなやみあるんだよ」

ことり「天は二物を与えずだよ」

海未「よけいみじめになる言い方はやめてください!」

ほのこと「みじめ?よし!」

海未「ガッツポーズはどういう意味ですか」

HONOはUFOからあるヒミツな機械をコソコソと出した

HONO「おムネを大きくしたい?」

海未「で、できるんですか!?」

ほのこと「いやいやいくら宇宙人でも」

KOTORI「できるよ」

ほのこと「え〜っ!?」

UMI「我々をなめるな」

この様子を覗いてる者がひとりいた

希「穂乃果ちゃんたち誰と話してんのかな?」

アニメ『ラブライブ!』シリーズ唯一の人間型機動兵器東條希だった

希「ウチ人間」

No.5 18-01-26 17:15
作家 ( 匿名 )

削除投票

第ご話 ムネが大きくなりました!UMI❤

HONO「これはシボウゾウダイガンだよ」

三人は思う。
脂肪というのは身体の脂身、つまりはメタボのもと……つまりは希のようになると思い穂乃果とことりはとっさに海未を盾にした!!

HONO「えい!」ビビビ

海未「きゃああ」ビビビ

ほのこと「せーふ」

UMI「ひどくないです」

KOTORI「どれどれンミチャ……負けたよ」ガクッ

HONO「……負けたよ」

UMI「どれどれ素晴らしいです!海未さん!マリリン・モンローや峰不二子なみです。藤子不二雄ではないです!」

海未「誰が藤子不二雄ですか」

穂乃果とことりはおそるおそる彼女を振り向かせるとあまりのスタイルのよさに机や床に手をつきこう一言呟いた。

ほのこと「負けた。……だけど奇跡だよ」

海未「どういう意味ですか!でもたしかに奇跡です」ボインボイン♪スラッ!キュッ!

ほのこと「いいな」

しかしそれを見ていて驚いたのは希だった!

希「な、なんやあれ。海未ちゃんのスタイルがよくなって」

希は思う!これはワシワシMAXしないと一生の後悔もんや!一目散に部室に入りワシワシMAXモードに入った!

ほのこと「希ちゃん!?」

慌て宇宙人たちは穂乃果たちの鞄などに隠れうかがう

希「東條流最大秘伝奥義!あるてぃめっとワシワシMAX!!」

海未「いやですぅぅぅぅ〜っ!!」

海未の愛らしい悲鳴が音乃木坂学院にこだました……この間一時間弱ほど……チーン

海未「👼」

希「堪能したわ。ほな!」

希が退出しHONOたちは見つからなかったことに安心した

HONO「あれはなに?」

穂乃果「音乃木坂学院が開発したにんげん型機動兵器……」

ことり「希ちゃん。ちょっとえっちだけど部活動におけるみんなのお母さん的やくわり」

UMI「おそろしくはれんちな生物が地球にいるものです」

穂乃果「だいじょうぶ?」

海未「だいじょうぶなわけありませよぉぉ〜っ!!」

瞬間海未の身体はもとのスタイルに戻った

海未「なぜもとに戻るんです」

HONO「せいげん時間は地球時間で一時間くらい」

穂乃果とことりは安心した❤❤

No.6 18-01-27 10:02
作家 ( 匿名 )

削除投票

第ろく話 百合とさんかく関係 UMI❤

HONO「これはなに?」

HONOがことりの鞄から出したのは百合本つまりは女性同士のラブラブマンガ❤

ことり「だめぇ〜!」

KOTORI「これは地球人が女の子同士で愛し合う百合本。つまりはHONOちゃんとKOTORIみたいに(´ 3`)」

HONO「いやいや照れるけどこのままゴールインかな❤」

UMI「認めません。ハレンチです」

穂乃果「今日はふたりきりだからきせいじじつしようか」

ことり「カモン♪」

海未「どこがふたりきりですか」

ほのことHONOKOTO「ち」

うみUMI「舌打ちしないでください」

穂乃果「まさに第三の女」

ことり「まさにダイハツな女の海未ちゃん」

海未「クルマに乗ってません」

UMI「つまり海未は穂乃果とことりの仲を邪魔してるのか

海未「してません。そっちこそ」

UMI「私はHONOとKOTORIと強い信頼で結ばれている」

HONO「あ〜あ〜、マザーのサウンドスター聞こえますか?UMIは帰還したいと」📡

UMI「なにやってるんですか」

KOTORI「地球のちょうさはあたしたちふたりで」

UMI「私も仲間です。幼馴染みです」

穂乃果「長(おさ)?」

UMI「幼なじみです」

海未「なんで長なんですか」

ほのこと「とりあえずこれからいちゃいちゃするから。海未ちゃんは球場に」

海未「弓道部。野球部にはいきません」

ほのこと「いちゃいちゃするんだから三角関係になると。ハア……」

海未「ひとをじゃま扱いしないでください」

ほのこと「じょうだんだよ」

HONO「地球人はおもしろい」

KOTONI「アホの子、ふわふわ脳トロボイス、……えと……地球最強の生物かな?」

ほのこと「ひどっ!」

UMI「やはりお前が地球最強の生物か」

海未「人間です」

HONO「アホ?」

穂乃果「ひどいよ。なかよくしよ」

HONO「うん」

ことり「にてる」

KOTORI「おなじこえ」

海未「負けません」

UMI「私もだ」

こうして可愛らしいえいりあんとの生活が始まった……❤❤❤

No.7 18-01-27 17:59
作家 ( 匿名 )

削除投票

第なな話 穂むまんだよ!KOTORI❤

翌朝穂乃果たちは早朝いつものように神田明神の階段を上り下りを繰り返しHONOたちもついてきていた

ほのこと「ほっほっ♪」

海未「1、2!1、2!」

ほのこと「こ・わ・い・!う・み・ち・ゃ・ん!」

海未「誰がこわいんですか」

HONOKOTO「海未ちゃん」

UMI「む」

とりあえず他のメンバーがいないまま休憩後のお茶会。ただし巫女の希がいる

希「やっとるな」

ほのこと「とりあえず海未ちゃんがこわいの」

海未「む」

希「ほな。ウチは着替えてくるわ」

希が姿を消したのでHONOたちは穂乃果たちの前に姿を再び現す

HONO「地求人なのに大きい、こっちはひんにゅう」

穂乃果「はい。おかしだよ。穂むまんだよ」

UMI「大きいです!?」

KOTORI「んしょ!」

UMI「助かりました」

ことり「穂むまん美味しいよ」

UMI「大きいのでラブアローダブルカッター!!」

ひとつの穂むまんがみっつに分かれる穂むまん!

HONO「うまうま」

KOTO「美味♪美味♪」

UMI「食べすぎると太りますよ」

ほのことHOKOTO「え」

海未「ダイエットですかね」

瞬間神田明神の境内に風が吹いた

穂乃果「今後海未ちゃんに穂むまん支給はなし」

海未「なぜ」

ことり「力でモノを言わすからだよ」

UMI「む」

穂乃果「ならリーダーのほのかの言うことを聞いて?」

海未「いやです」

ことり「穂むまんいらない?」

海未「むむ」

HONOKOTO「ごちそうさまでした」

海未「わかりました」

ほのこと「よし!」

海未「ただし太った場合は自己責任でダイエットですよ」

ほのこと「うるうる」

希「なんで泣いてんの?」

ほのこと「ワシワシMAXしていいよ!海未ちゃんに!」

希「え?こんなムネがない海未ちゃんにしても快感ないからいくで〜!ほなっ!」

希が神田明神の階段を降りていくなかむなしい風のなか海未が気絶していた

海未「👼」

HONO「つよい」

KOTORI「せいしん攻撃だ」

UMI「む」

No.8 18-02-03 05:45
作家 ( 匿名 )

削除投票

第はち話 北風と太陽だよ!KOTORI❤

今日も穂乃果たちは授業があるなか穂乃果とHONOは居眠りしていた

ほのHONO「o(__*)Zzz」

うみことUMIKOTT「寝てる……」

海未「穂乃果起きてください」

穂乃果「o(__*)Zzz」

先生「どうした?園田。この問題やってみろ」

海未「え?はい。なぜ私が」

穂乃果「o(__*)Zzz」

次はことりが起こしてみる

ことり「穂乃果ちゃん、ほのかちゃん、ハノケチェン」

穂乃果「ん?ほのかだよ」パチクリ!

海未「起きました。穂乃果授業中ですよ」

先生「園田またか?次はこの問題だぞ」

海未「なぜ」

そしてえいりあんたちもである

UMI「HONO起きてください」

UMI「!?」

するとどこからかUMIを狙う消しゴムが飛んできた!

UMI「敵襲か」

KOTORI「ち」

UMI「ち?」

KOTORI「こんどはKOTOが起こすよ」

KOTORI「HONOちゃんHONOちゃん」

HONO「ん?」

UMI「授業中とやらの調査中ですよ」

HONO「o(__*)Zzz」

UMI「寝ない!」

UMI「!?また消しゴムが」

KOTORI「ち」

UMI「なにするんですか。当たるところでしたよ」

KOTORI「当たるようにしたのに」

UMI「なんですって」

海未「私の前でケンカはよしてください」

先生「園田?さっきからうるさいぞ。廊下に立ってなさい」

海未「え……なぜ」

やがてチャイムが鳴り穂乃果とHONOは起きる

ほのHONO「ふわぁ〜!よく寝た!」

ことKOTO「可愛い!寝起きの肌つやつやの穂乃果ちゃん(HONOちゃん)」

ほのHONO「今日の格言だよ❤『寝る子は育つ』と『寝た子は起こすな』だよ❤❤」

海未「なに都合いいこと言ってるんですか」

UMI「そうです」

ほのHONO「おやすみ……o(__*)Zzz」

海未「起きなさい!」

先生「園田。反省文書いて提出」

海未「だからなぜですか」

UMI「むむ」

No.9 18-02-03 15:08
作家 ( 匿名 )

削除投票

第きゅう話 仲直りしよう❤ KOTORI

海未「ことりは穂乃果を甘やかせすぎです」

ことり「可愛い穂乃果ちゃんだからいいね」

穂乃果「だめ〜っ!ケンカはだめだよ!」

ことうみ「穂乃果(ちゃん)」

穂乃果「悪いのは海未ちゃん!勝者はことりちゃん♪」

ほのこと「いぇ〜い♪」

海未「なんですか!その理屈!!」

UMI「KOTORIはHONOを甘やかしますから」

KOTORI「やさしくしてるだけだよ」

HONO「KOTORIちゃんの方がいいな」

HONOKOTO「いぇ〜い♪」

UMI「なんですか!その理屈!!」

穂乃果「いい海未ちゃん?」

海未「なんですか」

穂乃果「世の中力だけではどうにもならないよ❤」

海未「ひとを力しか使わないひとみたいに言わないでください」

穂乃果「ひいい!?」

HONO「いいUMIちゃん」

UMI「はい」

HONO「世の中は武力だけではどうにもならないの。わかる?」

UMI「誰が武力を持ち出すんですか!」

HONO「ひいい!?」

ことり「これはたいへん」

KOTORI「たいへん」

ことKOTO「ふたりとも握手しようよ」

ほのHONO「うん」

うみUMI「わかりました」

ほのHONO「あくしゅ(すかしっぺ💨)」プッ💨

うみUMI「ん?なにオナラしてるんですか!」

穂乃果「冗談だよ」

海未「あなたという人は」

HONO「半分本気だよ」

UMI「あなたという人は」

ことり「しかたない。最後の手段だよ」

KOTORI「だよ」

ことりは鞄からメイド服を出して着替えた!
KOTORIも秘密アイテムからメイド服に着替えた!

ことKOTO「ミナリンスキー!メタモルフォーゼ!!メイドキターッ!!」

穂乃果「お、怒っちゃったよ」

海未「ああ」

HONO「やばい」

UMI「ああ」

ことり「お嬢様方なんなりとことりにお申し付けください」

KOTO「以下同文」

穂乃果「ことりちゃんと一日遊ぶ券!」

ことり「わ〜い♪」

HONO「以下同文」

KOTO「わ〜い♪」

結局逃げられるのだった……

No.10 18-02-04 05:15
作家 ( 匿名 )

削除投票

第じゅう話 一年生トリオに見つかったよ! MAKIRINPANA❤

海未「まったく宇宙人さんたちのせいでひどい目に遭います」

UMI「すまんな」

穂乃果「かわいい❤」

HONO「てへ❤」

ことり「マカロンだよ」

KOTORI「美味❤」

そこへやって来る一年生トリオのまきりんぱな

真姫「最近海未だらけてるわね。廊下に立たされんだって」

凛「アホにゃね」

花陽「まあ海未ちゃんだし」

海未「なぜ私が馬鹿にされるのでしょう」

隠れるえいりあんたちだがHONOだけは隠れない

HONO「ツンデレ調査だよ」

真姫「ん?」

UMI「アホですか。見つかりますよ」

凛「にゃ?」

KOTORI「見つかるよ見つかるよ」

花陽「はい?」

三人の目にはちいさなえいりあんたちが目に入り驚いた!?

まきりんぱな「ええ〜!?宇宙人!?」

ほのこと「バレちゃった」

海未「そのわりには冷静ですね」

三人は一年生トリオに事情を説明した

ほのこと「まるまるうしうしうみうみ」

海未「私が太ったみたいに言わないでください」

真姫「つまりはこの宇宙人さんは地球の調査にきたと」

HONO「だよ❤」

凛「かわいいにゃ」

KOTORI「そっちもかわいいよ❤」

花陽「ご飯ですよ」

UMI「すまない。かたじけない」

海未「馴染んでますね」

真姫「しかしこれはNASAに伝えないといけないんじゃないかしら」

HONOKOTOUMI「NASA!?」

真姫「ええアメリカの」

凛「ナカムラサツマイモ店」

花陽「通称ナサ、ナサ」

真姫「ちがうでしょう!NASAよNASA!」

りんぱな「だからナカムラサツマイモ店、ナサ」

UMI「とりあえずこのツンデレを倒しましょう!」

真姫「誰がツンデレよ」

ほのことりんぱな「真姫ちゃん」

真姫「イミワカンナイ」

海未「凛と花陽の世話をする真姫の苦労がわかります」

真姫「海未に同情されたわ」

すると再び窓には神々しい輝きが降りてきて窓ガラスや部室を粉砕した!!

ほのことうむまきりんぱな「きゃあ〜っ!?」

HONO「?」

最初
ページ : 1 / 5

お知らせ

11/28 当サイトへのお問い合わせについて

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

携帯小説掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

[PR]株式会社ティファレト

掲示板一覧