関連する話題
夫の裏切り。私はおかしいですか。
不倫相手の妊娠…
先が見えない

頭の良さは母親からしか遺伝しないは嘘です

レス 7 HIT数 10281 あ+ あ-

名無し( 匿名 )
18-08-24 21:13(更新日時)

削除投票

“IQ(知能指数)の高さは、母親の能力次第で、父親は関係ない”、そんな衝撃学説に、いちはやく反応したのが母親たちだった。

はたしてこの学説について遺伝の専門家たちは、どう考えているのか?同志社大学生命医科学部医生命システム学科の石浦章一教授はこう話す。

「確かに特定の病気については、母親由来の遺伝で発病するものがあります。これは父親由来では発病しないんです。しかし、そういう病気以外で、知能に関して父親の遺伝子がオフになる(伝わらない)という説は、私は聞いたことがありません」

石浦教授によれば、人間は2万個くらいの遺伝子を持っていて、そのうちの半分の約1万個の遺伝子の組み合わせで頭脳の賢さが決まっているのだそうだ。ほかにも重要なのが子供の脳が形成される幼児期だという。

「子供の“頭のよさ”は、遺伝といった先天的な要素よりも、教育や環境などの後天的な要素が大きいと見られているのです。子供の脳の神経細胞がもっとも発達するのは1歳から2歳にかけてです。このときに脳神経が爆発的に発達し、その後、数年かけて余計なものを整理し、10歳くらいで神経細胞は必要な数まで下がり安定します。1~2歳のときの神経細胞を増やすことが重要なので、そのためには、この時期に十分な栄養をもらっている必要があります。さらにその後は、脳神経のつながりを形成するための知的な刺激を受けることが重要になります」

知能の発達には後天的な影響が大きく、乳幼児期に十分な栄養を与えられているかどうか、そしてそのころの親とのスキンシップやアイコンタクト、会話などが大切。5歳あたりから10歳くらいまでは多様な経験をさせること、本の読み聞かせや、虫取りなどの自然体験、博物館めぐりなどを通して親子でのコミュニケーションをとるようにするのがいいという。

「幼少期、子供は母親と時間を過ごすことが多く、そういった意味では、子供の知能への母親の影響力は大きいと思います。だからといってアメリカで報じられた学説のように“父親は関係ない”ということではないのです」

No.2461951 17/04/22 20:42(作成日時)

No.1 17-04-22 21:08
匿名1 ( 匿名 )

削除投票

そんなのはじめて聞いた。母からしかなんて学説はないでしょ?大方母由来っていう説だよね。

No.2 17-04-23 02:30
名無し2 ( 匿名 )

削除投票

頭は母親なんて嘘

うちは母親有名大卒で企業勤め、父親高卒で自営


兄も私も頭、死ぬほど悪い

兄の性格は母に似て短気で神経質
性格は似る

No.3 17-04-23 06:36
通行人3 ( 匿名 )

削除投票

絶対ない笑
うちは私も旦那もあまり頭の良くない(一応県立だけど)高卒。
娘3人いて、上2人は進学高卒業。一番下の娘は最近まで超天然のおばかちゃんだったのにスポーツ万能になってきて、勉強もまぁ出来るようになってきました。
旦那は子煩悩だったので子供たちは伸び伸び育ったから、まぁ親よりは賢くなったんだと思います。

だって母親である私の遺伝子なんて最悪だもん笑

No.4 17-11-22 17:34
匿名4 ( 匿名 )

削除投票

>> 3
大丈夫どんどんバカになるよ

No.5 17-12-03 22:37
匿名5 ( 匿名 )

削除投票

私は聞いたことがありません←w
情報の収集に乏しいか、耳が悪いか、目が悪いか、漢字が読めないか

No.6 18-01-31 18:25
匿名6 ( 匿名 )

削除投票

こ↑こ↓にそんなのは絶対ない、そんなのは有り得ないとか言ってる様な奴が様々な可能性を潰すんやなって…

No.7 18-08-24 21:13
通行人7 ( 匿名 )

削除投票

あららそれだと貧乏家庭に産まれてしまったら残念なことに…

最初
最新
ページ : 1 / 1

お知らせ

10/17修正 PC版デザイン変更の実施について(完了)

関連する話題

注目の話題

ニュースピックアップ

教えてご相談総合掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

掲示板一覧