注目の話題
不倫がおわった
どう思われているんだろう?
連絡が来ない

優しい瞳のあなた

レス 34 HIT数 3112 あ+ あ-

シバトラ( bvoXnb )
17-11-27 22:21(更新日時)

削除投票



森の中はシーンとしている。



「…ここにしよう。」





No.2433864 17/02/15 21:18(作成日時)
投稿制限
ハンドル名必須
スレ作成ユーザーのみ投稿可
レス絞り込み
スレ主のみ

No.1 17-02-15 21:19
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

私は震える手でリュックから紐を取り出した。

No.2 17-02-15 21:54
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

私は今からすることの為に、バイトを頑張ってお金を貯め、家からずっと離れた山奥に向かった。

電車から色んな景色が見れて少し心が高鳴ったけれど、目的の場所に着いた頃には夕日が沈みそうで、切ない気持ちになった。


「やっぱり私は一人ぼっち…。でもまぁ私には丁度いいか…」


友里は紐をきゅっと結ぶと呟いた。


でもどうやってこの木に紐を結べばいいかな?

友里が木に触れ眺めていると、ビュンと強い風が吹き、友里は乱れた髪を整えた。

「寒い…早くしよう…」


「お前は今から何するつもりなんだ?」



突然、後ろから声を掛けられた。

No.3 17-02-16 20:49
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

振り向くと、後ろには大蛇がいた。


「ヒェッ?!」

友里は尻餅をついた。


「俺の住みかで死のうとしてないか?」



大蛇はシュルシュルと舌を出し入れしている。


「だっ大蛇…」


No.4 17-02-16 20:53
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

友里は逃げようとしたが、腰を抜かしてしまい動けない。


「そうだなぁ…死のうと思ってるなら、俺が手伝ってやろうか?」



大蛇は少しずつ友里に近付いてくる。


「実に旨そうだ。ジュル…。」


「ッ!!」


たったすけて!!

「何か言いたそうな顔してるけど…もしかして痛みとか?それなら大丈夫。俺は人間と違って丸呑み派だから。じっくり時間かけて溶かしてあげるよ?」

No.5 17-02-16 21:09
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

恐すぎて声が出ない…

大蛇は友里の手の届く距離まで来た。


「なんで泣きそうな顔をしているんだ?お前が持っている物で死ぬよかよっぽどラクだぞ?それに俺は、それで失敗した奴を沢山見てきた。そりゃ、上手く出来る奴もいるけどな。それに、死んだって嫌なことから逃げれる訳じゃないぞ?お前には見えないのか?」



「あっ…貴方に何が分かるのよ!!」


ヤバい…つい…もう食べられる…


「分からねぇ。それに分かりたくなんかない。」


と言うと、大蛇は霧に包まれた。


No.6 17-02-17 22:14
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

なっなに…?

友里がキョロキョロと見渡していると、
ビューっと強い風が吹いた。


風が止むと、霧もなくなり大蛇の姿も跡形もなくなっていた。


えっ…幻?



でもやけに…


それより早くしなきゃ…もう家に帰るお金なんて持っていないんだから…。


はぁ…なんで生まれて来たんだろ。

『本当に生まなきゃよかったこんな失敗昨。』


私だって生まれたくなかったよ…


友里は鼻をすすりながら、紐を木に引っかけようと、何度も何度も紐を投げた。


なんで?なんでよっ!?なんで引っかからないのよぉぉっ!!

No.7 17-02-17 22:15
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

友里は地べたに座り込み地面を叩きまくった。

『ねぇ…?何時までアナタの育児しなきゃなの?』


「もうやだ…もうやだよぉ…私がなにしたっていうのよぉ!!」


静かな森に淋しく響く友里の泣き声。



どのくらい経ったのだろうか…友里が泣き止んだ頃には辺りは真っ暗だった。

No.8 17-02-19 21:33
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

寒い…もうやだ…

違う家に生まれていたら…

もし男に生まれていたら…


弟みたいに可愛いがられていたかな…


そしたら私は…心の底から笑えていたのかな…


私だけ弁当が無くたって、私の存在を隠されたってずっと頑張って笑顔を作ってたのに…


結局受け入れて貰えなかった。


だからこれしかないじゃん…


私が悪いんだもん。
生まれて来ちゃったから…

No.9 17-02-19 21:42
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

でも……本当は死にたくない。

死にたくなんかない…


生きたい…

でも死ななきゃ…こんな暗くて誰もいない場所で…


もう…もうやだよぉ…

友里はまた泣き始めた。


「泣くな。五月蝿い。」

とため息をつく音が聞こえた。

No.10 17-02-19 22:10
シバトラ ( bvoXnb )

削除投票

友里は気付いていないのか、反応しない。



「五月蝿いなぁ…。お前のこと、食べていいか?あぁ、それがいい。食べたら静かになるもんなぁ。女は特に柔らかくて旨いんだよなぁ。」


「えっ……だっだれ?」


友里はジュルジュルと鼻水を啜っている。


「誰かって?俺のこと?…ここの主かな。」


友里は涙を拭い耳を澄ませた。


「その声は…もしかして…?!」


「それよかもう泣くな。ていうか、そろそろ帰れ。」


「だから…私に構わないで。食べればいいじゃん。貴方は私のこと、食べたいんでしょ?私は死にたいから丁度いいよ。」


「てか俺、人間なんて食わねぇよ。」


というと、友里は頭をポンッと叩かれた。


「もうそれ以上泣くなよ…。なっ?」


…?!なんで?声は夕方会った大蛇の声なのに、頭を撫でてるのは人間の手の感覚…というか、大蛇なんているハズないよねぇあはは。

そろそろお迎えが来たのかな…


来世に期待しよ…

最初
ページ : 1 / 6

お知らせ

11/16 ミクルが13周年を迎えます!

[PR]株式会社ティファレト

注目の話題

殿堂入り

ニュースピックアップ

携帯小説掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

掲示板一覧