関連する話題
Almaghrib
ラストラン(*^▽^*)
許されざる恋❓❗️

つぶやいたり愚痴ったりのひとりごと

レス201 HIT数 21839 あ+ あ-

匿名( ♂ )
20/02/14 21:29(更新日時)

今日はまた日差しが強い…夏もそろそろ、かな?



まぁ…気まぐれに立てたスレだ、気まぐれにレスつけて気まぐれに閉めよう。今日は少しばかり起きていれそうだからね




No.2096004 14/05/19 10:38(スレ作成日時)

投稿制限
参加者締め切り
レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ

No.1 14/05/19 10:48
匿名0 ( ♂ )



さて、しかし何を書こうかね?スレを立てたのは良いが、まったくの無計画…とりあえず、寝言・たわごと・世迷い言でも歌ってみるかな?ここは私の独壇場…せいぜい好きにさせてもらうさ


No.2 14/05/19 11:20
匿名0 ( ♂ )



ICU…命の最後の砦のそこで私は苦しみ、もがき続けていた

右側の足のくるぶし辺りを骨折し、左側のあばら骨12本は全部骨折、脾臓に突き刺さったり左側の肺も潰れかかった状態で事故現場から搬送された時はきわめて危険な状態だった


(挿管)といって首には管が挿し通された。血液の役割を果たす液体を通す管や粘膜を保護する為の液体を通す管などその数5本。そして左側の乳首の下辺りに穴をあけて通した管からは肺に溜まった血が数日間、流れ続けた


潰れかかった状態の肺には口から太い管を通して肺の内側から酸素を送り、膨らませ続けたものの、かなり苦しみを伴う処置なので医療麻薬を用いて意識レベルを下げられた。無意識に挿管を手で抜いたりしない様に両手はかたく縛られていた


…しかし、私がもがき苦しんだ理由はそこじゃない。ICU内で信じられないイジメを受けていたのだ





No.3 14/05/19 11:55
匿名0 ( ♂ )



そこで働く人はみな、20代前半から多分30代後半の女性看護師が多く、そんな中、モテ顔の男性看護師、Tともうひとり、男性看護師いずれも夜勤で働いていた。この男性看護師を巡って数人の夜勤の女性看護師は妙なフェロモンを放つ仕事ぶり


別に私は構わん。しかしプライベートを持ち込んだ彼女たちはストレスを職場で発散し始めたのだ


名札など見えない様に裏返してみたり、明らかに他人の名札を身に付けて顔と名前を覚えられにくく細工をした上で私にセットされている酸素吸入器にイタズラを始めた


最低限、必要な酸素の量を警報音が鳴るギリギリまで少なくして、そのスリルを楽しんだ彼女はそれに抗う私が力尽きると眼球にペンライトをあてたり瞳孔の大きさを定規の様なもので計り始めた。

そして気を失うとふたたび夜のあの時間…




No.4 14/05/19 14:43
匿名0 ( ♂ )



自力でトイレにも行けない私はどうしても誰かの介助が必要であった。そのためナースコールを押してみるも、これが夜中だと二度は呼べない。一度夜中にナースコールを押せば看護師が来た際にボタンを根元から抜かれて朝までそのまま放置されるのだ



声はつぶれて出ないのでジェスチャーで助けを求めたりアイコンタクトを取るも見なかった事にされて日勤の看護師に代わるまで用も足せず長い夜を何度も過ごしてきた


No.5 14/05/19 21:01
匿名0 ( ♂ )


さて、


月日が経ち、一般病棟に行く事になった。私は今までの事を公にするつもりでいて証拠を集める事にした


なにしろ頭は無傷だったのですべてを覚えている。しかし専門的な知識が無い。まず、酸素吸入器の酸素供給量を減らす事が技術的に可能か否か…そして瞳孔のチェックをするためにライトをあてるのは刑事ドラマなどを観ていて知っていたものの、定規の様なもので計るという方法は知らなかった。このような検査を通常、私が受ける必要はあったのだろうか?


担当医に話が聞けたが私には受け入れ難い答えが返ってきた


まず…60%助からない、24時間の間は最悪覚悟してくださいと親族に伝えざるを得ない状態だった私の意識レベルを落とすためには医療麻薬の投薬は必須であり、しかし状況や体調などの状態によって調整しないと血圧が下がって命に関わる危険性があったとの事。数日の間は1日に何度か瞳孔のチェックはしているとの事


さきに説明した医療麻薬には幻覚をみたり現実との境目が分からなくなる副作用があるらしい。イジメを受けていたというのはどこからか現実と混同した幻覚をみた可能性があると指摘された



それなら酸素の供給量を減らされた苦しみまで幻覚、とでも言うつもりか?そもそもそんな医療など聞いた事もない!しかし告げられたのは医療行為のひとつにそれがあるという。ダメージを受けた肺にいつまでも酸素を送らず自発的に酸素を吸える様にするためのリハビリの一環なのだとか…



何が受け入れ難いって、それはやはり私の中での現実が幻聴や幻覚だと思い知らされた事だろう。私は幻の中で生き、苦しみ、それが現実だったのだ。なにしろ入院中に母親は発作を起こして亡くなっている。兄貴はバイクをキズ付けられたのだ








No.6 14/05/19 21:21
匿名0 ( ♂ )





そう、それこそが私の現実。しかし死んだ母親の49日には外出許可がおりるか?などと真剣に悩んでいた矢先にその母親が面会に訪れた。兄貴は前日のツーリングの時に撮った写メなどを見せて土産話に華を咲かせている。もちろん良かったとは思ったが、こんなに幻覚などが入り交じると正直、いまだにどの部分がどこまで現実なのか区別がつかない自分を受け入れるのがやはり難しい。一般病棟に移ってからは医療麻薬の類いの投薬もされなくなったし首の挿管も外されたので縛られていた両手の自由も戻った。このころになると体調も随分良くなり、投薬も少なくなっていた


折れた足の中で血の塊が確認されていて、それは放っておくと何かの拍子に心臓などに入り込めば一発でヤバい。この血の塊を溶かすための点滴は昼夜を問わず続けられた


そしてもうひとつ。

首などに挿管をした際に体外のカビが傷口から侵入し、血管内で増殖しているのでこれを無くす為の点滴は1日に4回、投与されながらの状態での一般病棟入りだ。したがってトイレへの移動は看護師に車椅子で連れて行ってもらう事になる。それでもトイレにも行かせてもらえずカーテンで仕切られた程度の室内にポータブルトイレを用意されてそこで出させられるよりは遥かにマシだ。おっと、



夜食を食べながら観ていた方、申し訳ありません…(汗)さて、



この先は退院間近に迫った入院生活を記した落書きでも書いておくかな?


No.7 14/05/20 23:15
匿名7 

その前に端末をこちらに切り替えるとしよう。なにやら今日は妙に疲れた。明日はあさいちで通院だというのにどうしたというのか…

今夜は早々に休むとするよ






またね





No.8 14/05/22 07:59
匿名7 



すっかり眠りこけてしまったみたいだ

昨日は退院後初の検診で目的は血中に不純物など出来てやしないか?という事が知りたかったらしい

いや、首に管を5本挿管した際に本来体外に存在する筈のカビが管を伝って繁殖したらしい…それでも普通なら白血球がやっつけてくれるけどヒゾウも肺もやっちゃった身体は抵抗力がなくなっていたから入院中は暫く点滴で除去?死滅?をしていた

昨日は退院して5日。最後にその点滴をしたのが確か13日の火曜日だったからまあ、1週間経って状態が知りたかったのだろう。入院当初は動脈からの採血という事で、なんと左足の付け根…それこそ陰部をどかしての採血だった

あの時はせめてもの救いが男性の先生だったという点だが、それでもやはり恥ずかしいものもあったし場所の意外性に正直…ビビった


昨日の採血は静脈からという事で腕を出したが、やはり痛い。そういえばまた有名人が覚醒剤で捕まったみたいだけど、よく自分で注射針なんか刺せるものだ、私には理解が出来ない


さて採血の結果、順調との事でまずは良かった

病院を出ると外は冷たい雨

予想はしていたから傘を持参して来てはいた。しかし、よく考えてみたら両手が松葉杖でふさがってる。仕方無く片方のみ松葉杖をついて傘を差しながら余った松葉杖はその手に荷物として持って歩く事にした

まだリハビリ科の先生からは両手で松葉杖を使う様に言われていたがこれは不可抗力というもの。バス停に着いて待っていると、雨がやんだ。

暫く様子を見ていると大丈夫そうなので傘を畳んで松葉杖に固定した。すると待ってましたとばかりにポツポツきた

どうしよう?もうバス到着まで5分もないから傘をまた畳むの大変だし我慢しようか?

すると見ず知らずの60代前くらいの女性が気を使ってくれて自身の差す傘に入れてくれた



知らんおばちゃんと相合い傘…(汗)


真面目な話、久しぶりにひとの温もりを感じた瞬間だった



ありがとう



No.9 14/05/23 00:48
匿名9 



そういえば5月8日から退院までの間しか日記を書いてない…まあ無理もない、ほとんどICUに居て日記どころじゃなかったからなぁ…(汗)


No.10 14/05/23 01:36
匿名9 


まぁ、その半端さか私らしい(笑)色々と半端な私だからね


しかし…なんだ?今夜は!痛み止のセレコックス錠がまるで効かないから眠れやしない…(汗)というか薬の説明書に書いてある副作用の欄、(呼吸困難)だの(皮膚がはがれる)って一体どういう薬なんだろう…(汗)?


しかもその頻度も不明とか…(汗)


痛くて眠れそうにもないから5月8日から退院までの中途半端な日記でも書き移すとしよう

No.11 14/05/23 02:25
匿名9 

5月8日
3日前に男性看護師のN倉さんが点滴の針を刺し替えてくれた。

すでに左腕は針の刺し替えを繰り返してきていたために熱を持ち、腫れ上がっていた

考えてもみれば搬送されたのが4月の9日…N倉さんが俺の腕を見たのは26日も経ってからだ。刺す所に困った彼がふと、右腕に刺すしかないか?と私の右腕をチラッと見たのに気付いて私は懇願した

「お願いです!右腕に刺されると利き腕ですし色々不便になりますのでなんとか左腕に…(涙)」

悩んだ末にその看護師さんは、なんとか左腕から血管を探し出してくれた。とはいえ、点滴を通すにはあまりに細い。彼はしかし、的確にその血管を捉えた

左腕に刺せるのは現状これが最後。冷やして少しでも腫れが引く様にしてはいるものの、中々腫れ上がった腕は元には戻らない。祈る思いで刺してくれた看護師さんは呟いた。「これでダメになったら悲しいです」

しかし、先の見えない入院生活。点滴との付き合いもいつまで続くか分からない


状況は一変した


今朝、主治医から血液検査の結果が知らされた

カビの繁殖もなくなり減ってきている。この調子なら来週の今日には点滴は外すとの事。N倉さんが刺してくれて10日後には外れる計算になる。しかし、それまで針がもってくれるだろうか?今日で刺し替えてもらってから3日。あと、1週間…

ていうか、今日の夕食からトロミ無しの許可が出た♪これからは薬も食べ物に混ぜずに普通に飲めるし汁物やお茶もトロミ無しで飲める♪








捕捉説明

トロミ……長期間気管支に管を通していたために、のどの通りが良すぎるものは食道じゃなく気管支に流れ込む恐れがあるとして出されたお茶や味噌汁などの汁物すべてに無色透明な粉を入れられた。片栗粉の様な役割を果たし、お茶や味噌汁などの汁物すべてドロっとトロミがつく。粉薬も気管支に入らない様に食べ物に混ぜられていた。


No.12 14/05/24 18:42
匿名9 

5月10日
搬送されてからちょうど1ヶ月

今後について担当の先生から具体的な話が出来た。実は今日、折れた右足の中にある血の塊についてエコー検査を受けていた。結果は良好で血液をサラサラにする点滴は今日で終わりにする、と告げられた。残るは血中のカビを無くす点滴だ。コレも日を開けてあと二回の採血をして結果、良好であれば15日…木曜日には点滴は打ち切るとの事

そうなるとN倉さんが必死に刺してくれた点滴の管も名残惜しい(ん?)けど外す事が出来る…重要なのはここからだ

あとはぶっちゃけリハビリだけだ。点滴さえ無くなれば松葉杖も使える。そうすればそもそも右足の大腿骨の幹部骨折を過去に経験してきてもいるので松葉杖なら慣れているしリハビリだけなら通院でOK、つまり退院出来るとの事。

具体的には点滴が外れた時点で退院の算段をつける。予定では15日、木曜日に管が外されたとしてその週の日曜日が普通だろう、18日になる。管が抜けるまであと6日、その週の日曜日まであと9日…つまり10日後には私はここには居ない予定だ♪まぁ、









すべて順調にいけばの話だが…(汗)



No.13 14/05/24 20:24
匿名9 

>> 12


(9日の日記でした…m(__)m)


No.14 14/05/25 05:40
匿名9 

5月10日
順調にいけば今日が最後の土曜日、となる。そう、順調にいけばの話だが…

担当の先生は「ぬか喜びはさせたくない。ここまでは点滴の薬も効いて経過も順調だが次の検査結果が出ない事には何とも言えない」などと言いながらも次の検査結果が良かったと仮定して今後の話をしてくれた


来週の火曜日、13日の採血の結果が良好だった場合、結果はその日の午前中に出るので午後からは点滴の針を抜いてもらえる。一応15日まではそれでも入院していなければいけないけど16日以降なら退院出来る見通しで来週中には退院出来ると告げてくれた。そう、すべては来週の火曜日、13日の検査結果次第だ

まぁ、元々が楽天的な私だ。そりゃまあ先の話なんて神じゃあるまいし、知らん。しかし、だ…いや、だからこそポジティブに考えよう。だいたい60%助からないとか言われた私が助かったんだ、そして今までの経過も順調ときてる。今後も当然、順調さ♪だから私は仮定を予定として考えよう



最後の採血まであと3日♪

針(点滴)が抜けるまであと3日♪

退院するまであと6日♪



もはや仮定ではない、

予定だ


そうそう、結局N倉さんが刺してくれた点滴が限界で今日からM下さんの点滴になった。あと3日だけならN倉さんの点滴が5日持ちこたえたし大丈夫だろう


No.15 14/05/28 21:31
匿名9 

5月11日

結局M下さんに刺してもらった左腕の点滴も1日でダメになって刺し替え…


やはりN倉さんが刺してくれたのが左腕に刺せる限界だったみたいだ。もはや左腕は触れられるのさえ痛いほど腫れあがっている。これはもう右腕に刺してもらうしかないのか?




「分かったよ!素直に右腕出しゃ良いんだろ!?好きにしろや(怒)!」



誰が悪い訳でもないのについ、看護師に八つ当たりしちゃった。バチでもあたったのかな?右腕なのに血管がなかなか浮いてこなくて失敗されちゃった。仕方なく先生に代わってもらうも、まさかの失敗っ!



いたいよ…いたい…もう…やだ



結局、6回目にしてようやく針は血管を捉えたみたいだ。2日後の採血まで、せめてダメにならないで欲しいけど大丈夫かなぁ…(涙)こんな時は退院の事を考えよう



こんなにがまんしてるんだ、絶対に2日後の採血の結果は大丈夫さ♪そのための今はがまんなんだから。そう、絶対に大丈夫!今まで順調なんだし♪




モスチーズバーガー喰いてぇ、満珍満のラーメン喰いてぇ…ビール付で♪




つか、明日は月曜日。リハビリのS戸先生、話の分かる人だと良いなあ?多少はまぁ、びっこひくけど一応歩けるし松葉杖使ってトイレを許可しちゃくれないかなぁ?夜中でも連れてってもらわないとクソも出せないなんてツラいし…(汗)


No.16 14/05/30 09:13
匿名9 


また今日は不安定な天気だ。もうしばらくしたら梅雨入りするかな?近所に咲くアジサイを観るのがここ最近では私の中での数少ない楽しみのひとつ…遠出も良いが注意して観ると近所にも様々な変化を楽しめるものだ



たばこを吸わなくなって51日目。吸わなくてイライラする事こそ無いけど、やっぱり吸いたい。アルコールは処方されてる薬の効き目が無くなるからこちらも御預けだ。しかしアルコールが解禁になったらどうなるんだろう?呑むと余計に吸いたくなるんだよなあ…




電子たばこ買うかな?




No.17 14/05/30 16:19
匿名9 




なにやらレスひとつひとつが長いとの声をいただいたので今回は短めにしよう





何にする?う~ん、シカゴの古い歌などをひとつ…

http://youtu.be/uD6nhJ3lqw0



成功したかな…?









No.18 14/06/25 02:28
匿名9 



5月12日

てっきり今夜の点滴で最後になると思ってたのにT中先生め、たばかりやがったなぁ~(怒)

明日は早朝からの採血。結果が良好であれば採血はこれが最後になる。しかし点滴はそれでも明日一杯続く。今夜1発点滴を打って明日の昼間に2発。そして夜10時に最後の1発で点滴は終わる…とか。なんか言ってる事変わってるんだけど(怒)?


あと4発、か~…(汗)


今刺さってる針はT中先生が苦労した末にやっと通せたもの。しかしヤバい事に昨日刺したばかりにもかかわらず、生理食塩水を注入すると痛い。こんなんで明日の夜までこの針で点滴を流せるのか?もう刺し替えはしないでくれ…(涙)

ところで今日から松葉づえでの歩行が認められる様になった♪これでクソをするのも一人で行ける様になったばかりか、それ以外の色々な場所に行ける様になった♪

早速、手始めにエレベーターで1階まで下がって病院の外へ抜け出してみた♪

目の前にバス停を発見。これで駅まではまあ、行けるか。あ、


手持ち40円しか無いじゃん…(涙)


外は意外に寒く、冷たい雨がポツポツ降っていた

帰りに公衆電話の場所を確認し、ベッドに戻った。今日はわりと、運動したなぁ


それが災いして明日の採血に引っ掛からんだろうなぁ…(汗)?




No.19 14/06/28 01:46
匿名9 

5月13日

朝5時から採血とかオメー、ナメてんべ?寝込みを殺られた気分だよ!まあ、

起きてるけどさ?

それよりT中先生に打ってもらった点滴の針がもう限界だ。たしか11日に刺し替えたばかりだから3日でダメかよ!?しかし看護師の方から良い話が聞けた。

今までの針よりもっと細くて短い針を使い、点滴のたびに刺す方法がある。細い針なのでその間、腕は曲げれないけど痛みも少ないしその都度抜いてもらえるのは動きに制限が無くなる分、助かるとの提案。早速それでお願いしよう。もう少ししたら朝の5時半…さて、



はい、昼の点滴2発終了。残るは今夜10時に予定している点滴1発のみ!刺されるのは痛いからイヤ。だけど今夜の針はさっき刺した針と同じで細くて短い…今までの針と比べたら全然違う。

痛いは痛い…でも随分マシ。加えて点滴をしない間は針も刺さっていないから両手が自由に動かせる♪という訳で早速、自由にクソしてトイレで髪を洗って少々ゴキゲン(笑)


T中先生登場。検査結果を伝えに来てくれた訳だけど初めに一言。



「『検査結果は良好でした』以外聞く気無いけどどうでしたか(笑)?」



まあ…冗談のつもりだけど結果は良好なので点滴は今夜で終わりで予定通り16日には退院の見通し、との答えが帰ってきた♪


そして部屋替え。722から705へ。この部屋は6人部屋で退院間近の患者が目立ち、そんな話ばかり聞こえてくる。あぁ、俺もあと3日で退院出来るんだなあ…少しずつ実感が出てきた。しかしブラ公まで居やがる。用心用心…


No.20 14/06/30 01:53
匿名9 

5月14日

夕べ、最後の点滴を終えて久しぶりに両手に自由が戻った。少し眠ってトイレに行き、時計を見ると夜中の1時を過ぎた辺り。だが、変に眠れない。

ふと、デイルームに行きたくなった。

デイルームからはちょうど街並みが見え、ちょっとしたパノラマを楽しめる。夜中に行くのは初めてだったが、そこにはまた、違う夜景があった。

のどの調子は押管を抜かれて以来、いまだにかすれ声だ。誰も居ないデイルームで少しだけ歌ってみよう。声を取り戻したい!



気が付けば空はうっすら明るくなり、時計は朝の5時を回っている。

とりあえず部屋に戻り、眠ったフリをしてみる。もう、今日は14日…2日後には退院だ。







No.21 14/07/10 03:10
匿名9 

5月15日

いよいよ明日は退院だ。だから丸一日居られるのも今日が最後、という事になる。まぁ、せいせいするわい♪


夕べもあの夜景スポットへ12時半から行っていた。途中、なんとなく外へ出てみたくなってエレベーターで下までおりて自動ドアをくぐってみた。


外は冷たい雨…さて、






今、夕食を済ませた。病院で食べる夕食もこれが最後。残るは明日の朝食のみ。ランチは何処で食べるのかな?さっき、ななめ向かいの患者が観てるテレビをチラっと観てみたら明日は降らないとのこと。良かった♪


昼間、待ち遠しくてヒマで少しずつ荷造りを始めてみた。今日で入院してから36日しか経ってないのに荷物のまたなんと多い事か…中には処置された当時の事が分かる紙も出てきた。ちなみに初めて見るものだ。



なるほど、確かに生きてるのが不思議だ。文字どおり死にかけたと言って良いだろう。4割しか見込みが無かった俺だ、凄い事だ。

でも生き返れて本当に良かったのか?生きていく勇気さえなくて、それでも死ねないヘタレが唯一逝けるチャンスだったんじゃないか…?いまさらながら勝手な自分だ。





勝手でいいさ。弱虫だし




No.22 14/09/30 19:41
匿名9 

5月16日

ベッドの上で静かに朝を迎えた。時計は今、朝方の5時過ぎた

何だろう?バカがバカなりに考え過ぎたからかな?ゆうべは夜景スポットへも行かず眠っちゃったぃ

さて、いよいよあと4時間そこいらで退院だ。勿論退院は待ち遠しかった事。でもやはり今更ながらに戸惑う自分がいる


なんで生きちゃたの?


生きる価値なんかハナっから無いやね、あるのは義務くらいさ。ふん、み~んな当たり前の風を吹かしてやがるよ


どいつもこいつも相っ変わらずよ?






俺もか…(笑)だな



No.23 14/09/30 20:17
匿名9 


…と、入院中に書いた日記はここで終わり、か


さて、どうする?




No.24 14/10/11 22:17
匿名9 




事故から既に半年、か


今では声も出る様になってツレに電話で話すとやはりまず声の話題になる。しかしまだ…息苦しい


例えるならホースをくわえて水中で呼吸している様な感覚だ。ホースがあるなら風呂場で試してみたら分かるけど吸う事が大変だ。折れた足のスネの辺りは治癒する段階で厚みが出来てコブみたいになってる…まだ歩くと痛いや


それでまた台風か…しかも今度はなに?スーパー台風?




ヘーキかよ…(汗)



No.25 14/10/13 18:29
匿名9 



いよいよ今夜から明日の朝にかけて台風が通過か…時折強い雨と風が吹いているけど先週に比べたら今回は確かスーパー台風とか言ってるけど大した事ないかな?


いまのところは…(笑)


No.26 14/10/23 21:46
竜胆 ( kAFkye )




ここ最近、雨が降るたびに気温が下がって何とも体調管理の難しい日が続く。夜明け前の夜露はそれでもまだ…凍らないみたいだ。今夜はまた星がよく見える


この寒空に通う赤提灯も良いかもね♪






寒いなぁ




No.27 14/10/24 22:55
竜胆 ( kAFkye )



久し振りに今日は朝から清々しい天気♪もうホントそれだけで何か得した気分、とでも言おうか…(笑)

まあ…溜まった洗濯物もランドリーに持って行かずに済むし布団も久し振りに日光浴が出来た♪それで部屋も綺麗になって漸く人間らしくなれた♪

調子に乗って庭の草むしりもしようと思ったけど流石に体力の限界…というか長時間、しゃがむのがまだキツい

忌々しくも伸びてる草に埋もれて庭には二つの鉢がある。いつか買ったイチョウと八重桜の盆栽だ

ネットオークションで買った割には枝ぶりも良く、このくらいの時季にもなると真っ赤に紅葉してくれたイチョウであった。八重桜の盆栽は5~6月辺りが見頃だったけど、肥料の与え方など育て方の知識が浅くて結局ダメにしちゃった…(涙)

また…それでもチャレンジしてみたいなぁ…今度は勉強しなくちゃね?そんな事を考えながらヤフ○クの盆栽を物欲しそうに眺める俺…(笑)


No.28 14/12/09 22:38
竜胆 ( kAFkye )




いつの間にかハンネが出しっ放しになっていたか…まあいいや




久し振りに大型店に今日は行ってみたが、入り口付近には大きく(迎春)の文字が。脇には門松やら鏡餅やらが軒をつらねて、さりげなく師走の慌ただしさを感じるも、しかしBGMはクリスマスソング



順番からすりゃまずクリスマスだろうに。でも何だかんだ言って思ったのはやはり、この、1年の色々な事かな?

しかし、多分だけど何があろうと明日は普通にぶら下がってるんだよね。なにかを知る人も知らない人にも…







今夜は月が観れたからヨシとするさ



No.29 14/12/23 20:29
竜胆 ( kAFkye )



なんだか最近じゃ何処へ出掛けてみてもクリスマスと正月が一緒にやって来たみたいだ。スーパーの店頭にはしめ縄やら鏡餅達が軒をつらねて中に入るとおせち料理が早くも並んだ。隣にはしかし鳥の肉が骨付きで出番を待ち、店内のBGMはクリスマスソングがエンドレスで流れ続ける


そんな光景もしかし、いよいよ明日まで。明日はイヴ…親に甘える小さい子供の瞳が微笑ましくてまぶしかった



ちょっとだけ、羨ましかった



すっかり陽も暮れた裏道を家路へ向かうバイクに乗りながら見上げると、冬の星座が静かにきらめく。ちょっとだけエンジンを止めて見上げてみるのはここ最近じゃちょっとした小さな楽しみ


今夜はゆっくり帰ろうと思った


明日はイヴ、か…




No.30 14/12/31 22:57
竜胆 ( kAFkye )

今年も残すところ、あと二時間を切った。ここへのレスはこれが最後かな?

…日本には年越し蕎麦を食べるという習慣がある。つごもり蕎麦・福蕎麦など、地方にもよってその呼び方はさまざま。夜遅くまで起きていればお腹も空くし夜食にはアリだとは思うが何故(蕎麦)でなければいけないのか?


調べてみた



蕎麦はほかの麺と比べて切れ易い事から大晦日の夜に食べる事でその年の災厄を断ち切る、という意味が込められているのだという


なるほど。そりゃ蕎麦じゃなきゃいけないね。俺は毎年蕎麦を食べるけど今年は(うどん)にしてみた。理由は(食べたい)から…(笑)


…今年は親父が死んで飼い犬が死んで、俺は事故で生死をさ迷った。まぁ、事故は確かに災難だったが生きてる以上はいつか死ぬもの。人も、動物も植物さえも…


命ある以上、生老病死から逃れる事は出来ない。どのみち俺もいつか死ぬ。命あるものは何故命を与えられたか?



…それを繋ぐためなのだろう。花が好きな俺だけど、その花もずっと命を繋いできたんだ。でも俺は…俺に命を繋いでくれた親には申し訳なく思う。せめて…だからこそ俺に命を繋いでくれた親より先には死ねない

死んじゃいけない


事故で生死をさ迷って生還した俺に姉貴は一言、『順番は守れよ?』ときた…重くのし掛かる言葉だった


やっと今年は親父が逝った。だが母ちゃん・姉貴そして兄貴がまだ生きてる。親兄弟にはもちろん長生きして欲しい。長生きして欲しいけど、その辺り複雑な気分だ


ひとりで生きるには唇が寒くて、誰かと生きるにはやるせない。いつからか(真実)こそが俺には何より怖くなったみたいだ…早く天涯孤独になりたい

臆病でワガママな俺こそがきっと真実なんだろう










あと今年も一時間ちょっと、か…















No.31 15/01/13 03:00
竜胆 ( kAFkye )




年も明けて今日は早々に成人式。いや、日付が変わったから昨日になるか?


世間もようやく普段の風を吹き始める頃。朝が来たら流石に正月気分も落ち着くだろう。そしてこの俺はというと、いよいよ職場復帰のメドが立ちそうだ。朝が来たら最後の診察を受けて、早ければ明日…いや今日からでも復帰したい。退屈も時に残酷なものさ


No.32 15/01/16 03:41
竜胆 ( kAFkye )



日中はなんだか久し振りに降った気がした雨もやんで、この時間は星が綺麗だ


職場に復帰して、やっと3日目。以前は大変じゃなかった色々な事が思う様に出来ていない自分に正直…もどかしさとじれったさを感じながらも、気を落ち着かせながらひとつひとつこなしていく。そんな中、自販機で買ったホットなコーヒーも俺の手に持たれて冷たくなっても星を見上げてる時だけは妙に落ち着くから不思議だ


ちょっとコンタクトレンズが乾き気味なのがツラいけど…(笑)





行き交うクルマも随分少なくなって来たなあ……




No.33 15/02/04 01:00
竜胆 ( kAFkye )





久し振りに聴いてみよう


REBECCA- NERVOUS BUT GLAMOROUS( English Version): http://youtu.be/5-4JfzCQaSc








No.34 15/02/04 02:54
竜胆 ( kAFkye )


http://youtu.be/LLfpHcVYtSM




俺の人生は
どこから始まり
いったいどこで
終わってしまうんだろう





『いつかの少年』か…それは永遠のテーマだろうね

始まりなんて振り返るのは終わる時。終わりを振り返るのはそして、新たなる始まりに直面した時



あと…死ぬ時



去年死んだ四本足の家族が初めて仲間に加わった時、兄貴は俺に呟いた


兄貴
『まぁ…犬ってな人の何倍も全速力で生きる。こう言っちゃナンだが母ちゃんもいい加減トシだ、どちらが先に逝くか?だな』


呑んで酔うと目が据わる兄貴が遠くを見ながらまたグラスを傾けたのが昨日の事のようだ


そんな小さな家族が死んだ。おやじも死んだ


酒で身体を壊して障害者になりながらも呑み…打ち…買い、母を叱咤・罵倒してきたおやじも今は冷たい墓の中にいる


信心深い母ちゃんは供養する。姉貴はそして、自分が死んだら海に散骨をと言う。俺や兄貴が生きてるうちはそれでも墓参りくらいはするだろう。兄貴は俺と同じで血を残してはいない

兄貴
『いや俺も墓には入りたくねぇな、死んでまで誰かの厄介になんざなりたかねぇや。俺も散骨が良いなぁ』





そうだなぁ、俺達の代で血は潰える訳だしいずれ無縁仏になる計算だからなぁ…うん




俺の人生はどこから始まり、いったいどこで終わっ………そう、永遠のテーマさ







No.35 15/04/06 06:26
竜胆 ( kAFkye )

あなたとわたしの物語
唄・長渕剛


あなたもわたしも
今を泳ぎきらねば
もともと自由な一匹の
魚だったはず
あんなに優しく
美しい物語の
始まりを深く暗い海に
沈めてはいけない

波に逆らったり
荒れ狂ったり
身をそらしたり よじり
甘え 泣きじゃくっても
乙女の祈りに私は決して
挑み掛かる程
汚れたくないのです

恋というにはうしろめたくて
愛というには行き場が無かった
折り重なる堕落の果てに 私は
『希望』ただそれだけを
見つめていたのです

苦し過ぎるよね
哀し過ぎるよね
死にたいよね
生きていけないよね
こんなに互いが互いを
試し合っても
いとおしく叫ぶ声だけが
真実だった


暮らしにまみれ 豊かさの裏側で
どうしても忘れきれぬ事が
ひとつだけあった
忘れ切る事は罪じゃないけれど
あなたもわたしも明日を
嫌になっていたのかも
知れないね

一人だと認めるには
やりきれなくて
二人だと思うには
許し切れなかった
あなたの無言の丸い背中を
抱き締めたら
わたしがわたしでいる事を
忘れられたのでしょう

だからあなたの傷口に
今 わたしは
わたしの傷口に
今 あなたが
そっと触れ合い
くちづけをしよう

永遠にあなたとわたしで
ありますように
永遠にあなたとわたしで
ありますように



…なんとなく好きな歌詞でレスしてみたくなった(笑)


来週の今日は朝から肉芽腫の除去、か…滅入るわ




No.36 15/04/10 01:39
竜胆 ( kAFkye )




いつの間にかもう1年が過ぎたか



来月…そう、GWは毎年この辺りじゃ国内でも割りと有名な祭りがある。浜松祭りだ


遠州の空っ風といって、ここ浜松市は海から強い風が吹きすさぶ。京都など盆地に住む人さえ『浜松市は風が体感気温を低くさせる』なんて言う程のこの強い風を利用して遠州浜には毎年、無病息災・五穀豊穣などを祈願して無数の大きな凧(たこ)が上がる

駅周辺は完全に道路を封鎖し、沢山の屋台で練り歩くと道路にはその金属製のタイヤが引っ掻いた跡が残る。若い頃はそんな練りにも参加したものだが屋上のビアガーデンを楽しみながらそんな風景を見おろしたり沿道から写メを撮ってはボンヤリ眺める様になって久しい。歳を追うごとに人混みが苦手になってきた

ただ去年はその時、かすかに聞こえる祭りの音を病室のベッドで聴いていた。まぁ、


導尿・点滴の車椅子姿じゃ沿道にも行けなかったかもだが…(汗)




来月のGWまでの間にもう一度入院・手術を予定しているけど祭りの時までには余裕で退院出来る。さて今年はどうしようか




No.37 15/04/20 16:31
竜胆 ( kAFkye )





とりあえず退院…と



まぁ、逝く逝かないの問題じゃない…ノドに出来たニクガシュとやらの除去をするだけの事。ただ、以前に比べたら全然声が出しやすくなって『今まで何だったの?』ってくらい自然になった






ほいで何だかんだ言って今年の誕生日が来たら43…43歳か





『いつかの少年』の歌詞じゃないけど、ふと…何かにつけて考えてみたりする。明かりが灯ればその数だけの人生や世界があるし考え方もある。正解なんて無い

何しろ食べる物もわりと身体に悪い物ばかり好んでるしタバコもやる。今を生きる老人達の多くは戦争・食糧難を経験してきているからか『節』を重んじ、不摂生をしない。俺なんかとは随分違うからまず俺は健康的でもないし長生きなど無理だろう。まぁ、結局みんないつか死ぬんだけどね


長生き出来たらしあわせか?まぁ、そんな場合もあるだろう。しかし、正解じゃない。ボケて孫や息子さえ区別がつかなくなって現代の乳母捨て山の様な病院・施設に追いやられる人も居れば死ぬまで息子夫婦らを苦しませ続ける人もいる

散々苦しんで逝く人もいる

俺はせめて、俺が俺であるうちに逝きたい。誰に悲しんで貰わなくても良い、遺体が腐って隣近所が異臭騒ぎにさえならなければこのまま今流行りの孤独死で充分だ









そう上手くはいかないか…







No.38 15/06/01 13:27
竜胆 ( kAFkye )



俺が吸うたばこの銘柄が今日から値上げ、か







さて、動くか



No.39 15/06/27 23:36
竜胆 ( kAFkye )



『さんまのお笑い向上委員会』、か



何の気なしに久しぶりにテレビを観てはいるけど、なんかノれないね…。何だろう、みんなヤクでも喰ってるみたいに無駄にテンション高くてついていけないや


……なに?第十話『女たちの黙示録』だと?ハリセンボンのふたりしか女が居ないじゃないか。しかしハリセンボンのはるかさん、歯を治療して見た目が良くなって良かった良かった♪



それにしてもみんなのこのテンション……





No.40 15/06/30 22:40
竜胆 ( kAFkye )



ここ最近、起きていられる時間が極端に短い。天気が不安定な事も理由にあるのかは知らんがひどい時は一日中起きれない


梅雨ってうっとうしいものだ…




No.41 15/07/20 04:54
竜胆 ( kAFkye )


変な時間に目が覚めた

目が覚めてレスをしながらふと考えてた



別に自殺する訳でもないけど願わくは早く楽になりたい

早く迎えが来ないかな


齢(よわい)42の若造の吐くセリフじゃないだろうが長生きしたいとも思えないのはきっと、俺だけじゃないはず


いつまで生きなきゃいけないのか?あるいは『長生きして良かった』なんて思うのか?まぁ、こればかりはその時になってみないと誰も分かる事じゃない。ひとつ確かな事…それは生かされているという事



なんのために?



咎(とが)。それしかあるまい…(汗)



人はみな、産まれながらにしてそれを背負っている…その咎が軽い人は現世で早く清算されるという。今まで色々な人を見てきた。子供の頃、人間が食べるために牛や豚が日々、殺されているという事を知って以来、肉も魚も食べなくなった少年。老いて尚、守銭奴と化した老人。それぞれに訪れるその時に何を思うのか



俺は『やっと逝ける』と安堵するのか


『長生きはしてみるものだ』と振り返るのか



咎はまだまだ重いみたいだ





No.42 15/07/23 16:00
竜胆 ( kAFkye )




やれやれ、理解の出来ない発想だ

『神様が決めてる』?



巫女さんか?



今頃俺へのスレを見掛けた訳だが済まないね、ここはしばらく1人の場としていたい。だが話を聞くスレを今夜10時頃に立てよう





No.43 15/08/17 12:53
竜胆 ( kAFkye )


なんかカレーがむしょうに

食べたくなってきた…

No.44 15/09/05 06:47
竜胆 ( kAFkye )


いかんな…呑む量が最近増えてきてる

あれは確か俺が25歳の頃だからもう…18年も前になるかな?元々酒が弱い俺はそれこそ缶ビール1つも呑めたら満足だった

もちろん、もっと呑もうと思えばあと2つくらいなら呑めた。危惧していたのは去年死んだおやじがやはり、酒で失敗したという事

酒は百薬の長、と言われる…それは呑み方次第だ。当時、同棲していた彼女には今思えばなんて可愛い事言ってたものだろう



『日々の晩酌にコイツ1本以上呑む様になったらお前、俺にセーブ掛けてやっておくれよ』





夜中起きてるとロクな事が浮かばない。夜明け前の静寂は、いつしか俺に威圧さえ感じさせる時がある


なにか無いか?新しい事…


(冷たいの)でもやるか(笑)?


やらんって(笑)

No.45 15/09/20 02:50
竜胆 ( kAFkye )



なんだかんだでとうとう俺もバカボンパパの年齢を越えたか。時代はやれエコだ地球環境だのと言ってる中、それでも焼けるオイルの香りやあの独特なかん高いエキゾーストノイズに触れるとつい…1秒を争っていた十代に戻る俺がいる。もはや動体視力も落ちているだろうに…(汗)さて、少し真面目な話…

結局…俺の血筋は受け継がれることも無いまま、それは俺の代で潰(つい)えることになりそうだ。ふと、俺は以前働いていた病院に入院するひとりの患者を思い出した


それは80代のとある男性。口は達者で食欲も旺盛。足が不自由で車椅子にひとりで乗れないため、それこそ老人ホームを病院にした様なその病院に長い間入院していた


『孫ぉ?ばかオメー、俺は子作りしてねぇんだよ。なんで?って…オメー俺がこんなんだからロクなガキんなりゃしねぇに決(き)ってんだろ?』


…心なしか無理に笑ってみせてる様に思えたその患者の背中には和彫りが施されていた。本人いわく、昔は大工さんだったとの事。その付き合い上の理由と若気の至りで入れた筋彫りは年齢を重ねて黒ずんだ肌には微かにその痕跡が確認出来る状態だった

もう20年も昔の事…おそらくすでに荼毘に伏しているだろう。俺は出来れば子供が欲しかった。まあ、俺も誇れる大人じゃないけどそれでも欲しかった。その辺り、患者さんとは違う。ただ、かつて霊山で得を積んだ方の言葉をふと思い出した


『代が潰えるという事は因縁が断ち切れる。良くも悪くも』


…これで良かったのかな?孫は目の中に入れても痛くないほど可愛い、なんて言うけど俺もそんな気持ちを味わってみたかったなぁ。だからかな?信号待ちの時、横断歩道を渡る子供たちを遠目にいつまでも見てる自分が時々切なく映る時…日に日にやりきれない


なんか俺だけ止まってるね。歩きたいのに





No.46 15/10/09 10:30
竜胆 ( kAFkye )



来たな

とうとう来やがったな、ヤツが…



ドアノブに触れた瞬間、バチ!ってなるアイツが…(汗)

もうそんな季節になってきたか。そういえば最近、夜は寒いな


…そうか、少し体調は良くなってきたか。それは俺のおかげじゃない、実際なんにもしていないんだからね?でも良かった

それにしてもあちらを今、久しぶりに覗いてみたがやれやれ…相変わらず俺の偽者か大活躍してるみたいだな?しかもアカハンだ。人間性を疑うけどまぁ好きにさせとくさ



No.47 15/10/11 01:30
竜胆 ( kAFkye )


さすらい酒

作詞・作曲:高見沢俊彦
編曲:ALFEE


※男はいつでも
夢を見て
女のヒザで
眠りたいよ
女はいつでも
恋をして
男の胸で
眠りたい ※

北へ向かう夜汽車に
ひとり
旅の道づれに
飲む酒は
遠い昔が
懐かしく
心に未練の
花を咲かす

思えばすがった
恋もある
泣いて見捨てた
女もいる
出逢って別れて 
また出逢い
何を求め 
さすらうのか

見知らぬ街の
気楽さに
一夜の花を
口説きおとし
酒のはずみで
抱いた時
すきま風 
心吹きあれた

浮き世忘れて
酒を飲み
夢を肴に
してもいい
一度きりの
人生ならば
想いどおりに 
やるだけさ

※~※ くりかえし



およそこのグループには想像出来ない演歌調の曲だけど、なんだろう…そんな意外性が妙に好きなんだ。歌詞はそれ自体は大して好きでもないのがへそ曲がりな俺…(笑)

しかし雨音が激しくなってきたな…




No.48 15/10/12 22:36
竜胆 ( kAFkye )


昨日は雪が初観測されたとの事


そもそも俺の住む地域に雪というものは、降る事はあっても積もるという事は滅多にない。姉貴など今だかつてスタッドレスタイヤを履いた事すら無い。とは言え意識してまわりをみると静かに秋はそこまで来ているのが感じられる時がある。何気に日本人やってて良かったと思う瞬間だ

今日から待受画面はズバリ、紅葉を題材にしてみた。なんだか京都に行きたくなってきたなぁ





つか大阪の串カツを食べたい…(笑)



No.49 15/10/16 12:03
竜胆 ( kAFkye )


そういう事、か


しかし…何だなぁ、スッキリしたと言えばある意味スッキリしたけど…よく引くものだ、



ハズレばっかり…



ふたつの絡んだ糸をほぐしてみれば化けの皮がめくれちゃったみたいだ(笑)協力者様に厚く感謝致しますm(__)m


しかし来月までこちらでお逢い出来ないのはまた何とも歯痒い。1ヶ月間のペナルティーを課すにはやり過ぎな気もする

来週…再来週…その次の次…いいさ、呼んでくれるならあなたのスレにならお邪魔させてもらうよ


あ、


ケツは貸さんが…(笑)



No.50 15/11/03 23:16
竜胆 ( kAFkye )




家路へ急ぐ時、ここ最近じゃ石油ストーブの燃焼する香りによく出逢う。もともと服に無関心というか無頓着というのか、タンスの中身は常に春夏秋冬…衣替えなどしない。しかしそういえば寝るときはいつの間にかエアコンも最近使ってないしスエットも着る様になった


週末あたり露天風呂のある民宿へ骨休めするとしよう。気が向いたら現地の様子でもここに貼ろうかな?まぁ、


その前に明日は病院か…(汗)




レス絞り込み
スレ主のみ
画像のみ
このスレに返信する

お知らせ

2/12 ミクルってどういう掲示板?

関連する話題

つぶやき掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧