関連する話題
俺のいきざま
ホラータイトルからのいまじねーしょん集会略してホライマ会
愛おしい小さな娘

《漆黒の》感想スレ🔜

レス169 HIT数 11727 あ+ あ-

シノァ・オーギュスト( 30代 ♀ INTknb )
14/10/05 14:52(更新日時)

ここは
《漆黒の》感想スレ
です。

ご意見頂けたら泣いて喜びます。

たまに、主が短編書き散らします(笑)

こちらから本編に興味をもたれた方は、
《漆黒の》
本編NO.64《騎士編》
辺りからお読み下さい。

長いし、前半文章下手でお見苦しい点が多いので(泣)

読んで下さっている皆さまに感謝の意を込めて。

以下《予告編》です。
※本編予告通りにいかない場合もあります。
その時は生暖かい目で見守って下さいませ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~闇の扉が開かれる・・~

サゥス公
「この本を君に託そう・・・・」

ウォーゼン
「これは・・・?」

デクノ
「ヒャッハッハ!さぁ!
私に手柄を頂戴!
はやくっ!」

マニノ
「シノァ。迎えにきたよ。」

~見え隠れする真実~

シノァ
「離せ!お前はっ・・・
オーギュストではないっ!」

セス
「お前が望んだのだろう。その淫らな躰で・・・
誘ったのだろう・・・」

ロレーヌ
「・・・・・ウォーゼン様・・?」

ウォーゼン
「俺は本気だよ。
あはは・・・
君は許してくれないかもしれないけれど・・・」

~正義とは・・・・?~

リックス
「嫌だ!行かないで!
シノァ!今度は絶対に離さない!」

ウォーゼン
「誰が正しいかなんて・・ 俺の決めることじゃないさ(笑)」

シノァ
「漆黒の髪・・・
ただ・・・
触れてみたいと
思ったんだ。」

外は花びら色づく季節
今年も鮮やかに咲き誇る・・・・

リックス
「シノァ。
僕は18になったよ。
貴方と、同じ歳になったんだ」

Coming 🔜

13/05/20 22:35 追記
てねむ
地球に

の感想も宜しければドゾ✋

No.1729866 12/01/07 07:52(スレ作成日時)

投稿順
新着順
主のみ

No.1 12/01/08 07:17
ルルド・セス ( INTknb )

枯れ葉がサラサラと舞う。

馬に乗っているのに
ゆっくりと歩くのは、


近くにアイツがいるから。

「ひゃあ!
枯れ葉がガサガサ言うよ!」

空から降る銀杏の葉と同じ色の髪を靡かせ、
子犬のように、クルクル足元を走りまわる

「邪魔だ・・・」

「はぁいはぁい😄」

分かってんのか💢こいつ

「馬にひかれるぞ」

「ひかないでしょ😄」


気がつけは近くにいて

ニコニコと

笑うお前に

・・・・・・・・・・

心を開くなんて

バカなことは

できないけれど。


少しだけ

ここに

いたいと思ったんだ。

No.2 12/01/11 22:27
主 ( INTknb )

ダメじゃん!

スミマセン💦
独り言でした。

本編私の考えではオーギュストが助けにくるはずだったのに

書いていたら誰かが襲いにきました

だから
一言

ダメじゃん!

あぁ💧💧

物語は勝手に進みます💧
読者に感謝です😌
最近私も読者です💧

No.3 12/01/11 22:40
主 ( INTknb )

因みに
シノァは
ハウルの動く城の
ハウルほどにへたれクンです。

インタビューウィズバンパイァ
のトムクルーズ目指してたのに😫

独り言ばかりのスレでスミマセン💦

No.4 12/01/12 22:11
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

✨ウォーゼンの独り言✨

「セスさまぁ~待ってぇ~」

金色の髪を靡かせながら、彼は師匠をどこまでも追いかけていく


「いいなぁ・・・」


俺はポツリと呟く。


セスの弟子は1人だけど、
俺にもあんな可愛くて、どこまでもくっついてくる弟子がいたら
・・・・

・・・・////(*´д`*)

可愛くてたまんないだろうなぁ。


中途半端ですが

No.5 12/01/13 23:56
モンステラ ( OUcGnb )

読ませて頂いてます。

更新待ってますので頑張ってくださいね。

No.6 12/01/14 22:51
主 ( INTknb )

>> 5 わ✨わ✨わ✨わ✨

初書き込みです✨✨
ありがとうございます✨
頑張って更新します✨

ゆっくりと今のまったりした三人の生活をかいていましたが
先に進める気力がわいてきました✨

いつも読んでいただいているだけでも感謝しているのに
書き込みまで本当に感謝です😆

よし
がんばるぞ👊

No.7 12/01/18 07:12
主 ( INTknb )

携帯の調子が悪くてなかなかネットに繋がりません💦
突然ながく更新止まったら、携帯が壊れて、書きためた小説が消えて愕然としているんだろうなぁ


長い目でみてやってください😫

SDにも保存してくれなくなりました

そろそろ換え時。

でも携帯って高い😫

No.8 12/01/18 07:38
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

「セスさま!こちらの鎖帷子の方がいいですよ!
少しは暖かいし!」


「いらぬ!
これでいい!」


「だからぁ!それは重いし、冷たいし!」


「いつ何時敵が攻めてくるか分からぬだろう!」

「敵なんか来ません!
真冬にその格好は、
風邪をひきます。」


弟子が騎士の服の用意をするという、当たり前の光景だけど

この2人の準備の様子は
まるで

夫婦のようだ(笑)


「ウォーゼン様も笑ってないで、どうにかいってください😫」

ありゃりゃ
俺にもお鉢が回ってきた
さしずめ、不詳な息子役といった所か?


では、一言。


「どっちでもいいよ。
(ニコリ)」


「💢こっちが💢いい」
「💢こっちが💢いい」


ハモった(笑)
面白い(爆笑)


「ところで2人とも、
そんなにもめてまで、どこに行くんだい」


2人の怒りの矛先が俺に来ないように、やんわりと聞いてみる


シノァ「お散歩🎶」
セス「訓練」


「え~‼セスさまお散歩に連れて行ってくれるって言ってたじゃないですか😫」


「広場で訓練だ💢
散歩じゃない💢」

「😫😫😫」


まだまだ続きそうな痴話喧嘩を

俺はただただ

(面白くて)

眺めていた。


この後、セスがシノァを散歩に連れて行ったことは言うまでもない。

No.9 12/01/18 21:47
主 ( INTknb )

文が上手く書けません😫
進め方が下手💦

よんでくださってるかたすみません💦

なんだかここ

主の感想スレになりつつある💧

お暇な方どぞ✋お気軽に✋

No.10 12/01/20 09:28
主 ( INTknb )

本文
BL
になります
不快感を感じた方
申し訳ありません

BL
大丈夫な方

いつもご愛読ありがとうございます。


セスは
・・・・・・・💧

どうなることやら
私も手がつけられません

No.11 12/01/22 21:37
主 ( INTknb )

携帯やっぱり壊れました
データの移動に時間がかかるため少し更新ストップします

楽しみにされている方々申し訳ありません

もうしばらくお待ちください💦💦

No.12 12/01/27 07:07
主 ( INTknb )

携帯の小説データ消えました😫
毎日訂正しながらアップしてましたが、書き直しになるため
更新スピードが遅れます😫
スミマセン💦
お付き合い頂けると嬉しいです(泣)

No.13 12/01/28 12:22
モンステラ ( OUcGnb )

携帯復活されましたね😊 良かったです。

データ消えちゃってかなりショックかと思いますが頑張ってくださいね👍

No.14 12/01/28 21:52
主 ( INTknb )

>> 13 わ💕わ💕
いつもレスありがとうございます💕💕
更新スピードは遅れますが、物語は完結しているので気長にがんばります💕
レスでやる気百倍です✨
がんばるぞ✨✨


読みやすく分かりやすくを目標にがんばります✨

No.15 12/01/29 12:32
主 ( INTknb )

「あのっ!
ハンカチ!
落とされましたよ(ニコリ」


彼は笑顔で私の前に、レースのハンカチを差し出した。


・・・・present from・・・・・・


それは私の婚約者から頂いた、白いレースのハンカチ。


結婚なんてまだ考えてもいなかったのに・・・


「あ、ありがとう。」


ぺこりとお辞儀をしながら
正直、無くしちゃってもよかったくらいなので、
拾わなくてもよかったのに・・・

なんて思いながら
頭をあげると


目の前に、
キラキラ光る金色の髪を靡かせた、超美形の騎士が立っていた✨


「/////////」


ぽーっと見つめていると、彼はニコリと笑い


「これ、どうぞ。」


と言って、私の手を握りハンカチをそっと渡した。


「あ・・・・・
ありがとうございます‼‼‼‼‼」


「素敵なハンカチですね。
落とさないように気をつけて下さい(ニコリ」


「は💕はいっ💕💕」


それから私達は(絶対に)見つめ合っていたと思う‼


(なのにっ💢)
暫くすると、後ろにいた騎士が、それを邪魔するように彼を呼ぶ


「シノァ。行くぞ」


「はい😄」


彼は軽く返事をすると、私の頭を
ポンポンってなぜて、笑顔で馬に飛び乗り、
手を振りながら去っていった


「/////」


顔がみるみる赤く染まっていく


神話の世界のヒロインにでもなったみたい💕


私は女神
彼は星闘士


二人は、闘いの末、
結ばれるの💕
(何故か、お父様と婚約者は敵役)

No.16 12/01/29 12:41
主 ( INTknb )

>> 15
「ステラ。ステラ・・・・?」


彼の後ろ姿をぼんやり眺めていると、誰かがトントンと肩をたたいた


「ステラ、大丈夫?」


振り返ると、友だちのロレーヌが立っていた。


「聞いて聞いて!ロレーヌ!
今!いまっ!
私、彼と見つめ合っていたの!
運命の人よっ💕」


「?」


「シノァ!シノァって言ったわ!彼の名前はシノァ💕
あぁ💕💕💕
私達、闘いの末に結ばれるの💕」


「ステラ💦
貴女、婚約者は・・・」



「・・・・・・・・・」
「・・・あぁあ😫」


私は大きくため息をつく。
父の意見には逆らえない。
だって私は、大きなお城の一人娘。

跡取りのことだってあるから、自由な恋愛なんて夢のまた夢。


「・・・ごめんなさい、
私、今夢から覚めたわ😞
今の話、お父様には内緒ね⤵」


ガッカリしていると、ロレーヌは優しく肩を抱いた。
彼女も北の城の一人娘。きっと私の気持ち
分かってくれてる


「ステラ😌大丈夫。
私ね、シノァ・オーギュスト様知ってるの。
兄のお弟子さんだから。」


シノァ・・・・・シノァ・・・
シノァ・オーギュスト‼‼‼‼‼


「わ‼私も知ってるわ‼
いつも闘技場で、たくさんの女性たちに注目され、囲まれてる人‼彼‼
シノァ・オーギュストだわ‼」


はあぁああ💨💨
ますます彼には届かない。
だって彼は、闘技場のスター⤵
いつも女性に囲まれてるし、ファンの人もたくさんいたみたいだし⤵


「ステラ、聞いてるかな?
ステラ?
兄から、シノァ様に、
言伝をするぐらいなら、頼めると思うのだけど・・・」


夢から一気に覚めた感じだった
放心状態
どうしたって、私なんかじゃ、彼に届かない。


「そぅ・・・・。じゃあ伝えといて°・(ノД`)・°・
ハンカチ拾ってくださってありがとうございました。
貴女は私の王子様でしたって
わあぁあん(;´д⊂)」


「ステラ・・・・・😓・・・」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの時はショックで気がつかなかったんだけど、ロレーヌのお兄さんって、
シノァ様の師匠✨✨


「まだまだ望みはあるわ✨シノァ様💕待っててね💕」


その後、私とシノァ様の出会いを、たくさんの友達に自慢しちゃったのは内緒の話💕
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No.17 12/01/29 12:45
主 ( INTknb )

>> 16
「あのぅ・・・セス様💦
最近俺の前に、女性方のハンカチが異様に落ちてるんですけど💦
何故でしょうか?」


「・・・・・・・」
「バカが・・
女性に優しくしすぎるからだ💢(小声」


セスがステラからの伝言をシノァに教えたのは、
シノァがハンカチを抱えきれなくなって困るぐらい後の事でした。


💕モンステラ様に💕
💕(勝手に)捧ぐ💕

メッセージありがとうございました💕

名前の一部を勝手に使用してしまったこと
不快に思われましたら申し訳ありません

モンステラ様のメッセージを見て、ふと思いついた物語でした😌
気に入って頂けると嬉しいです😅💦💦

  • << 20 主様へ ありがとうございます🎵 カジュアルな感じで読みやすかったです。 ヒット数達成、おめでとうございます🍻

No.18 12/01/30 15:33
主 ( INTknb )

暗黒編
はじまりました。




・・・・・。

No.19 12/01/31 21:59
主 ( INTknb )

一万ヒット超えましたぁ✨
わーい✨
わーい✨

書き始めた頃の目標達成です✨

見に来てくださっている皆さまに

感謝✨感激✨


感想スレは本スレと
同時にあげるため

呟きがおおいです

ので

お暇なときはのぞいてくださいな☀

No.20 12/02/01 17:22
モンステラ ( OUcGnb )

>> 17 「あのぅ・・・セス様💦 最近俺の前に、女性方のハンカチが異様に落ちてるんですけど💦 何故でしょうか?」 「・・・・・・・」… 主様へ

ありがとうございます🎵

カジュアルな感じで読みやすかったです。

ヒット数達成、おめでとうございます🍻

No.21 12/02/03 14:18
主 ( INTknb )

>> 20 レスありがとうございます😄
更新がんばりたいのですが
データがない分
時間がかかっています

申し訳ありません

昼間は仕事でバタバタ💦
夜は家事に育児でバタバタ💦

ゆっくり小説かきたいよぉ😫

No.22 12/02/03 15:01
主 ( INTknb )

>> 21 オーギュストのカボチャスープ

カボチャの皮を剥いて、小さめに切る


カボチャとコンソメ一個を鍋に入れ、カボチャが被るくらいの水でにる


カボチャが煮えたら
カボチャだけ、網(味噌こし)でこして、スープにもどす


牛乳をスープの三分の1加え軽く温める
(沸騰させると分離します)


とろりスープの出来上がり
朝食に( ・∀・)つ

No.23 12/02/04 21:58
主 ( INTknb )

文章をなるべく長く
繋げて書いてみたいのです。

あと、~だった。
という、「た」 で終わる文を減らしたい

そんなこんなで悪戦苦闘中です

読みやすい文は難しい

そして

私はもっとセスとシノァにくつっいてほしい

なんて独り言でした。

No.24 12/02/04 23:39
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

「最近、その・・・
女性に迫られるというか、押されるというか、
積極的な方が多くて・・
どう接したらよいかわからないんです」


彼は恥ずかしそうに
俯いて、俺に相談してきた。


・・・・kiss me please・・・・

「えっと・・・
シノァって18だったよね・・💦」


「ええ!そうです!」


何の疑問も持たず、素直にそう答える彼が心配になった


オーギュスト公はどれだけ シノァを大事にしまっていたのだろう💧


いや、もしかすると、
俺たちの訓練のせいで、遊ぶ暇がなかっただけなのもしれない


そうなると俺たちの責任は重い


「そうだなぁ・・・・」


俺はわざと悩ましげに歩く。


シノァは顔を赤らめたまま真剣な顔で俺を見つめる

可愛い。
まぁ
女性が責めてくるのもしかたがない・・・


「女性に会ったら、オドオドせずに笑顔で手を振る✨」


「ふむふむ」


「そして、どこかを褒める✨」

「ふむふむ」


「その後、
まぁ・・・素敵だなとおもったら、デートにでも誘うといいよ(にこり」


「女性が体に触れてきて、俺の前で目を閉じたら?」


あちゃ・・・・
大人の世界の付き合いはまだ教えたくなかったのに女性の方がうわてだったらしい。


「その時は・・・・
シノァも目をつぶるといい」

「え?なぜ?
目をつぶってどうなるんですか?」


あぁ・・・・どこまで奥手なんだ😫

No.25 12/02/06 23:23
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

>> 24 「あ!いえ!
違うんです!」


どう説明したものかと、考え込んでいると、シノァが慌てて話し始めた


「その・・・
俺、小さい頃に、襲われそうになったり、服を無理やり剥がれたりなんて乱暴なこと、されてきたんで・・・・
えと・・・・
こういうの
なんていうか・・・・
あ!
何をしたらよいかは分かるんです・・・・
でも、どうしたらよいか分からないんです・・」


彼はますます顔を赤くして答える。


そんな姿をみたら、なんだか少し意地悪をしたくなってしまうよ✨
シノァ✨


「えっと・・・
何の仕方がわからないんだい?」


俺はなるべく真面目な顔をして、彼をじっと見つめる


「え!
だ!だから!
その・・・・・・

き・・・

キっ・・・・
※дゞ×ΟΔ/////」

No.26 12/02/10 22:02
眠らない羊 ( INTknb )

>> 25 か。カワイイ✨


俯いて下を向く彼


まぁ意地悪はこの辺にしておこう


「優しいキスの仕方が分からないというわけかぁ」


「いえっ!あのっ!
もういいです!
わ!忘れてください」


「実践する?(にこり」


「わ//わ//わ💦
な!なに言ってるんですか///ウォーゼンさま//
ちょっ//」


「俺、上手だよ(ニコニコ」


「///@д@///💦💦💦」


表情があんまり面白くて、壁際まで迫ってしまった


青い瞳が潤み、頬から耳まで紅く染まる。


金色の髪はサラサラと壁を伝い、シノァはぺたんと床に座り込んでしまった

No.27 12/02/10 22:14
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

>> 26 彼に迫る女性たちの気持ちが分かる。


あぁ・・・カワイイ


でもね、女性諸君
あんまりおふざけが過ぎると


ほら、彼のナイトがやってきて・・・・・


「神聖な道場で何をしている💢💢💢💢」


「いゃあ(にこり
この状況を見て、
セスは
俺たちがナニを
し て い た
と思う?」


「・・・・出ていけ💢」


「あはは
冗談だよ。
君のお姫様には何にもしてないよ
いや
本気で何もしてないから💦
剣を構えるのは止めよう。セス。
まあ、落ち着いて。」


「・・・・・💢💢」


「あぁ!
俺は今日用事があった
んだ(にこり
じゃ!セス!
後は頼んだよ(ニコニコ」

No.28 12/02/10 22:18
ウォーゼン・エゥラール ( INTknb )

>> 27 俺は慌てて小屋を出る。


シノァが奥手な原因はやっぱりヤツかぁ。


「シノァも苦労するなぁ」


壁に追い込んだ時のシノァの表情を思い出し、

少し勿体なかったかななんて後悔しながら

俺は 明日も変わらず
彼らの観察を続けるのであった


オワリ

No.29 12/02/10 22:22
主 ( INTknb )

>> 28 途中 以前使用したハンドルネームと間違えました。
気にしないで下さい💦


本編勝手に進むので
こっちは私の妄想みたいになってます。

もっと イロイロしてほしいのになぁ

なかなか書けなくてすみません。

No.30 12/02/12 22:49
主 ( INTknb )

>> 29 酔っ払いウォーゼンも

シノァに絡めばいいのに😠

セスとシノァは

もっとくつっけばいいのに😠


願望だらけですが


本編は全く
主の言うことをききませんよ💢


あーあ・・・・

No.31 12/02/13 22:20
主 ( INTknb )

>> 30 一日中二歳の子どもに見張られております


とにかく
一日中
あそぼ✨あそぼ✨
攻撃です

ちょっとでも携帯握ろうものなら

取り上げられてぶんなげられます😫

私に人権はないのか😫


ご飯・トイレ・着替え・
子どもの勉強・洗濯掃除 抱っこ・遊び・遊び・遊び・・・・・


朝起きたらあそぼ🎶
遊んだ後もあそぼ🎶


うわあぁああ
もう、人形遊びも鬼ごっこもアンパンマンごっこも嫌だぁ😫


コーヒー飲みながら、小説かきたいよぉ


今は想像することだけが私の自由にできることです。

No.32 12/02/14 22:27
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

俺は
いつしか
眠りについた


でしょうか?


俺は
いつの間にか
静かに
眠りについた


でしょうか?


俺は
微睡み、
いつしか、眠りについた


でしょうか?


いつの間にか寝た

という表現をしたいだけなのに難しすぎる
日本語😫

No.33 12/02/16 15:13
主 ( INTknb )

子どもが風邪引きました
更新遅れます

スミマセン💦


必ずうつるんだよなぁ
子どもの風邪


負けじと昨夜、旦那と背油たっぷりラーメンを夜食にガツガツ食べました。

母ちゃんはインフルエンザなんかには負けん‼


今夜は固まり肉のカレーを圧力鍋いっぱい作ってやる‼


オーギュストが作ってる料理は家の食卓に並ぶ品です🐱🐱🎶

No.34 12/02/18 06:57
主 ( INTknb )

昨日娘と9時に爆沈

4時に目が覚めましたが、

流石に4時更新は

起こしてしまう方がいるかもしれない
(いたらうれしい)
と思いながら


土曜日ということもあって
ダラダラ

チョコをぱくり

ダラダラ

お茶をまったり


あぁ
幸せ~
と思ったら
鼻づまり娘が
起きて、暴れる暴れる💦
「起きて~
アンパンマンが一緒にパトロールにいこうって言ってるよ~」

「いやあぁあ゛あ(大泣き

「ぼく、アンパンマン!うさちゃん!
一緒にパトロールに行こう(声まね。いつもやらされているのでかなり上手い)」


「いやあぁあ゛あ!
うさは,飛べないもんっ!あああーん」


( ̄□ ̄;)!!


「いやあぁあ゛あ
うわあぁん
・・・・・zz」


( ̄◇ ̄;)


🔌( ̄◇ ̄;)


寝てる時ぐらい
まったりさせてくれ。


ということで
暗闇の中
せっせと更新中です


旦那に暗いって言われたよ


Ψ(`◇´)Ψムキー


動いたら奴が起きるんだよ!アホー!

No.35 12/02/19 07:23
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

昨日は111を踏み
今日は222を踏みました

来て下さっている方々ありがとうございます😌


あちらのスレですよ😁


こちらまでのぞいてくださっている方


物好きですね💕


なんて嘘です💦


呟くだけのスレになりつつあるここですが


どうか見捨てずによろしくお願いします😆


もう
ハンドルネームを主にするのも面倒になるくらい
毎日更新の
こちらも
よろしくお願いします😌

暇なときはガンガン書きこんでください!


ここはみんなの落書き帳✨
気軽に書いていってや~(・∀・)イイ

No.36 12/02/21 13:42
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

映画で見ると
騎士たちの戦いって
激しい剣の混じり合いみたいに見えますが

実際はすごく地味で
高い城壁に囲まれ
門の閉まった城の外で

城壁にはしごをかけたり腐った家畜を投げ込んで病気を狙ったり
餓死するのをまったりしていたみたいです



勿論激しい戦いもあったんですよ

ただやっぱり
城はかたく守られていたみたいです

首里城なんか
そんな感じですよね


城に騎士💕
素敵~~💕💕

No.37 12/02/24 21:30
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

他のスレで二回ほど
注目スレにあがったことがあります
注目スレにあがると
すごい勢いでヒット数が伸び、レスもたくさんつくのですが・・・・


たくさんの方が見るという難しさもあり・・・


閉鎖してしまいました
(弱気)

あ!勿論最後まで書き終わってはいるんですよ💦

漆黒
は、百名前後の方が毎回のぞいてくださり
暖かく見守ってくださってます

いつもこんな下手な文を見て下さって
ありがとうございます


私は
漆黒
の読者さんが、大好きです💕


最近注目スレにまた巻き込まれ凹んでいる主でした💦
そんなこんなで
漆黒
執筆遅れてます

すみません💦

No.38 12/02/25 21:54
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

風邪ひきました


まぁ休んでる暇さえ与えてくれないのですが・・・


「母ちゃん本読んで」


「💤💤💤💤(+。+)」


「読んでってば!」


「ぐりとぐらが、ぐらを食べて💤💤💤」


「続けなさぃ💢」


「動物たちもぐりをたべて・・・・💤💤」


「起きて!よみなちゃい!」


「うわぁ ぐりとぐらが死んじゃったよ😫
・・・・・もういいや。
ぐりとぐらは
白い車で天国に行きました。
おしまい。
さようなら~~
ぐりとぐら✋✋」


「ちゃよなら~~😆✋」


酷い母ですまん
娘よ…

はやくなおって~風邪~

No.39 12/02/26 21:48
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

今日の娘

旦那が夜勤明けで仕事から帰ってきたとたん

アンパンマン指人形達(総勢五十人)を籠にいそいそと入れてお出迎え



「おかえりなちゃい!
ハイ!アンパンマンよ!とおちゃんはばいきんまんね!」


「うわっ!マジカヨ!
またアンパンマン!
勘弁してくれ」


「ゆるちゃないよ!
ばいきんまん!
あんぱーんち!」


「こらっ(ノ`△´)ノ
乱暴しないの!
めっでしょ!
まじでアンパンマンあきた!
お絵かきしよ!お絵かき!」


「お絵かきあきたでしょ!
とおちゃんたらダメね!あんぱーんち!」


「くおら💢
悪い奴はばいきんまんがやっつけてやる
がおぉお!!!!!」


「きやぁああ😆」


いつものことながら
嫌々いいながら
まんまと娘の策略にはめられてるだんな

そしてその横でせっせとミクル更新している
主でした。

いや
主も
昼からはまだまだ引きずっている風邪と戦いながら三時間も娘と散歩したよ😫

No.40 12/03/02 16:23
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

パートナーは
一生に一度!
一人だけ!


なんて
たくさんの女達と遊ぶ仲間たちの中にいながら

古臭くも決心していた俺の前に現れたお前は


男だった!


・・・・・partner・・・・・・


たまたま惚れた人が男だっただけ


なんて、言い訳にもならない。


だいたい男と一生を共にしたって
幸せな家庭も
家族も子どももなにもないじゃないか!


「そんなもの
必要ないじゃない」


ケロッとした顔で奴は言う。


「だって、君と僕が一緒に暮らせば、それだけで一生幸せなんだから」


周りの目を気にせず、簡単に俺の手を取りスタスタと歩き始める奴の手を振り払うこともできず、俺は今日も
見つからない答えを探し続ける


「一生に一度!1人のパートナーは、女だろう?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「そっかぁ・・・・」


それは冬の寒い寒い日。

彼はやっと俺の言葉の意味を理解したように頷いて、去っていった


これでやっと振り出しにもどった
俺は女のパートナーを見つけ幸せに暮らす


その人と俺は
子どもを作り
家庭を持ち
幸せに・・・・・・


「だって、君と僕が一緒に暮らせば、それだけで一生幸せなんだから」


奴の言葉が頭をよぎる


そんなのは幸せではない

幸せっていうのは・・・?


パートナーがいて
《俺がいるじゃない》


一生仲良く暮らし
《ずっと一緒だよ》


子どもがいて
《・・・・・


ほぅら!子どもは無理じゃないか!


何かと理由をつけて、なんだかんだと自分を納得させるけど


この寂しさはなんだろう。


あいつがいつも無理やり握りしめていた片手が、冷たい空気を切る。


あぁ


俺は


俺は、この手を握られただけで幸せだったじゃないか


  • << 42 冷えた手を温めながら、誰もいない家へと向かう 玄関の鍵を開け ドアノブをひねり 静かに明かりの灯らぬ部屋へと入る。 誰もいない 静かな・・・はずの・・・ ガッ‼‼‼ 突然ドアを開けた手を強く掴まれた そのまま俺の体は宙を浮き、気づくと 床にたたきつけられていた 痛みに右も左も分からない しばらく呻いていると、 誰かが、体の上にのしかかり 両腕を抑えた そのまま、奴は器用に口に加えていた紐でスルスルと腕を強く縛り付ける。 「なんの真似だ!」 「なんだかどうでもよくなっちゃった」 寂しげな笑いを浮かべ、シナが微笑む。 「ねぇ ・・・・・俺の物になってよ」

No.41 12/03/04 21:32
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

40の続き
まだできてません

完結しないかも

スミマセン💦


本編はもうすぐ回想場面が終わるのですが


それ以降は私にとって
一番の難関が迫ってきています

文章にするのが下手なんです


でも、間違いなく絡みが入ってきます


ということで


同性の激しい絡みなどが書いてある携帯小説や本など知ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら
ご紹介ください😢


主も検索中で
勉強中です😫

No.42 12/03/06 06:39
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

>> 40 パートナーは 一生に一度! 一人だけ! なんて たくさんの女達と遊ぶ仲間たちの中にいながら 古臭くも決心していた俺の前… 冷えた手を温めながら、誰もいない家へと向かう


玄関の鍵を開け
ドアノブをひねり
静かに明かりの灯らぬ部屋へと入る。

誰もいない


静かな・・・はずの・・・


ガッ‼‼‼


突然ドアを開けた手を強く掴まれた


そのまま俺の体は宙を浮き、気づくと
床にたたきつけられていた


痛みに右も左も分からない


しばらく呻いていると、
誰かが、体の上にのしかかり
両腕を抑えた


そのまま、奴は器用に口に加えていた紐でスルスルと腕を強く縛り付ける。


「なんの真似だ!」


「なんだかどうでもよくなっちゃった」


寂しげな笑いを浮かべ、シナが微笑む。


「ねぇ
・・・・・俺の物になってよ」

No.43 12/03/06 06:51
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

>> 42 「なっ・・・このばっ・・・」


俺の言葉を遮るように
奴の唇が俺の唇をふさぐ

「ん!むうぅう!」


そのままするりと舌が侵入し、口の中をかき回し俺の舌を捉えた


ぬちゃぬちゃとお互いの舌が絡み合う音がし


息をするたび
無意識に甘い声が漏れた

No.44 12/03/06 06:56
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

>> 43 「いい声だね
もっと鳴いてよ!」


ニヤリと笑った瞬間
奴は俺の肉棒を強く強く握った


「ここも、俺の事好きだっていってる
俺のも
ほら」


ベルトをカチャカチャとならし
俺の前に差し出されたそれは
弾けんばかりに肥大していた。


「舐めろよ。
今俺の舌を舐めたみたいに!」

  • << 47 「ふあっ・・・ぷはあっ ・・・」 ジュボッ・・・ジュボッ・・・ 勃起したそれを きつく結んでいた口に無理やりねじ込み、 奴は俺の前で激しく腰を動かす。 ジュボッ・・・ジュボッ・・・ ジュ゙ッ ジュ゙ッジュボッ ゴボッ・・・ 「あぁ・・・いいよ・・ もっと、もっと・・ 犯したい!! 鳴け!!鳴けよ! ほらっ!」 髪を掴まれ、喉奥まで何度もねじ込まれ 俺は何度も吐き気を催す

No.45 12/03/06 06:58
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

・・・・・難しい


あ!主です


時間なくなったので
また明日💦


ああ

こっちかいてたから本編がかけなかった😫


練習中💦💦

No.46 12/03/07 21:59
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

四月から正式に職場復帰します
完全フルタイム勤務の為、毎日更新は無理だと思いますが
私の唯一の楽しみな世界なので
ゆっくりですが更新していきたいと思います

いつもこんな下手な文章を覗いてくださっている皆様に感謝しながら

少しずつ頑張って完結目指しますので
長い目でお付き合い下されば幸いです😌🔌


いまも色々忙しくてバタバタ💨💨
ゆっくりお茶がのみたいよぉ😫

No.47 12/03/08 06:04
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

>> 44 「いい声だね もっと鳴いてよ!」 ニヤリと笑った瞬間 奴は俺の肉棒を強く強く握った 「ここも、俺の事好きだっていって… 「ふあっ・・・ぷはあっ
・・・」


ジュボッ・・・ジュボッ・・・


勃起したそれを
きつく結んでいた口に無理やりねじ込み、
奴は俺の前で激しく腰を動かす。

ジュボッ・・・ジュボッ・・・
ジュ゙ッ
ジュ゙ッジュボッ
ゴボッ・・・


「あぁ・・・いいよ・・
もっと、もっと・・
犯したい!!
鳴け!!鳴けよ!
ほらっ!」


髪を掴まれ、喉奥まで何度もねじ込まれ
俺は何度も吐き気を催す

  • << 50 「やめっ・・・ぐっ・・ はあっ・・・セナっ・・・ いやだっ!いやだぁつっ!」 顔を左右に振り、奴のものを力一杯拒否するが、 両腕を縛られているため動きがとれず 赤黒く脈打つそれを 乱暴に口に押し込まれ 拒否することもできない 「もっとしゃぶれよ! ほらっ! 奉仕しろよ!」 んはぁっ・・・・・ ・・かはっ・・ グポッ!グチュ! グチュ!グポッ!グポッ グッんっ・・・くはっ・・・・・あっ!やっ・・・んっ・・・ 奴の動きはさらに激しくなり 肉棒からは、先走りの液体がドロドロと流れ始める 「はあっ!はあっ! いいよ!いいっ! さぁ!そろそろご褒美だ!」 そう言うと セナは 俺の頭を強く掴み 喉奥に肉棒を深く深く 突っ込んだ 「んんっ!!!!!!」 ピュ・・・ドピュドピュピュ・・・ 彼は俺の頭をしっかり押さえ ビクリと大きく跳ねた後、 喉奥に大量に彼自身を吐き出した。 「んはあぁ・・・ はっ・・・はあっ・・・ ああぁ・・・全部・・・ 全部・・・出すぞ・・・」 ピュ・・・ピュ・・・ピュ・・・・ 白濁した液体が ドロドロと 唇の端から伝い落ちる

No.48 12/03/09 12:02
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

続きじゃなくてスミマセン💦主です🔌

自分の携帯のラストURLが大変なことになりつつあります

コレじゃただの変態です💧

しかも悪戯メールが増えた😫なんじゃこりゃ😫

まだまだ負けずに研究中xF0

No.49 12/03/13 17:42
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

更新が遅れてスミマセン💦
忙しいです!
フルタイムの仕事に
家事に
育児💦

😫😫😫😫😫

今は旦那に十分だけ
もらいました😫

ゆっくりさせてぇ😫

続き書きたいよぉ😫


皆様見捨てず
待っていただけると嬉しいです😫

No.50 12/03/14 23:05
シノァ・オーギュスト ( INTknb )

>> 47 「ふあっ・・・ぷはあっ ・・・」 ジュボッ・・・ジュボッ・・・ 勃起したそれを きつく結んでいた口に無理やり… 「やめっ・・・ぐっ・・
はあっ・・・セナっ・・・
いやだっ!いやだぁつっ!」


顔を左右に振り、奴のものを力一杯拒否するが、
両腕を縛られているため動きがとれず
赤黒く脈打つそれを
乱暴に口に押し込まれ
拒否することもできない


「もっとしゃぶれよ!
ほらっ!
奉仕しろよ!」


んはぁっ・・・・・
・・かはっ・・


グポッ!グチュ!
グチュ!グポッ!グポッ


グッんっ・・・くはっ・・・・・あっ!やっ・・・んっ・・・


奴の動きはさらに激しくなり
肉棒からは、先走りの液体がドロドロと流れ始める


「はあっ!はあっ!
いいよ!いいっ!
さぁ!そろそろご褒美だ!」


そう言うと
セナは
俺の頭を強く掴み
喉奥に肉棒を深く深く
突っ込んだ


「んんっ!!!!!!」


ピュ・・・ドピュドピュピュ・・・


彼は俺の頭をしっかり押さえ
ビクリと大きく跳ねた後、
喉奥に大量に彼自身を吐き出した。


「んはあぁ・・・
はっ・・・はあっ・・・
ああぁ・・・全部・・・
全部・・・出すぞ・・・」


ピュ・・・ピュ・・・ピュ・・・・


白濁した液体が
ドロドロと
唇の端から伝い落ちる

  • << 51 かはっ・・・ゲホ・・ゲホッ・・ 大量に吐き出されたそれにむせかえり 吐き気を催す 彼はそんな俺の姿を上から眺め、 冷たく言い放った 「こぼすなっていっただろ。 まだまだお仕置きが必要みたいだね・・・」
投稿順
新着順
主のみ
このスレに返信する

お知らせ

3/23 返レス表示機能をリリース

関連する話題

感想スレ掲示板のスレ一覧

  • レス新
  • 人気
  • スレ新
  • レス少
新しくスレを作成する

サブ掲示板

注目の話題

掲示板一覧