1. ミクル掲示板
  2. 小説掲示板
  3. 携帯小説
  4. “箱” 入院

新規スレ作成

“箱” 入院

16レス 373 Hit 閲覧専用

見慣れた天井、白い壁、特徴の椅子や机、タンスが一体化した家具。
白くかたい枕に花模様のシーツ、堅いベッド。

“私”は入院している、が入院した経緯をおぼえていない。
なぜここにいるのか。
箱のような病院に入院しすでに数日。
なぜ“私”はここにいるのか……。

18/07/02 17:11(スレ作成日時) [RSS]

  • 新しいレスの受付は終了しました
  • しおりを挟む
  • 着レス通知設定
  • レス制限

    このスレはスレを作成したユーザーによりレス投稿制限が設けられています。
    • スレ作成ユーザーのみ投稿可
  • No: 7作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/03 16:12

    朝の集会や準備体操には私は参加しない。
    入院という行為だけでも身体に負担だから。
    ひとりで食事しひとりで居眠りしひとりで読書をする……。
    主治医が週に二回診察する。明るく覇気のある若い先生。
    しかし入院するよりも早く退院させてほしいものだ。

  • No: 8作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/03 16:41

    事情がちゃんと伝わってないのかはじめは保護者同伴でも外出は許されなかった。
    事情を相談員に伝え主治医に伝えたことでようやく看護師たちに伝わる。
    看護師たちが多くいる患者たちの事情をすべて理解してないことがわかるがこちらからは不便だった。
    私の外出が許されたのは入院してからおよそ二週間ほどだ。
    溜まるストレスに耐えられかったことがわかる。
    久しぶりの外に安心するが外出はいずれ病室に戻らないとならない。
    “退院したい”
    その思いと既視感にとらわれる日々……。

  • No: 9作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/04 07:10

    既視感。
    私は何度か入院の経験はあるが、いまいるこの病院。仮にT病院としよう。T病院に入院した経験は過去の記憶を辿っても経験はないはず。
    しかし身体を包む違和感や既視感は拭えない。
    なんなのだろうか。
    四角い建物、白い壁、わずかにへこんだ壁に残る指の跡。
    気持ち悪い。

  • No: 10作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/04 14:58

    既視感。
    見たことのない風景や景色が見たことあるように感じることをいう。またの名をデジャブ。
    年齢と共に新しい刺激がなくなり脳や感覚が麻痺してるからとも言われる。
    洗い場に向かいコップに水を注ぐ。自販機であまりジュース類は飲まない。お腹が弱く壊しやすいから。
    水をその場で飲むこともあるがコップに水を入れ部屋に戻る。
    はじめはひとり部屋、次は相部屋。
    しかし相部屋のふたりの老人の独り言やモノを叩く音に悩まされ私は過去の記憶を思い出してしまい涙し泣いた。
    看護師らは私の様子に驚き私もまた一切食事を口にしなくなった。
    退院したい、と叫んだがそれはムリという。
    部屋を変えてもらい再びひとり部屋。
    しかし病院の部屋はどこも代わり映えしない。
    既視感。
    これが脳や心、精神に取り憑いているようだ……。

  • No: 11作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/05 06:47

    既視感。
    既視感以外にも説を私は考えた。
    平行世界、憑依、クローンなど。
    平行世界は例えば平行世界Aで亡くなった私が平行世界Bにいく。
    憑依などもこれらに近いと考えた方がいい。
    クローン。
    俗にクローン説は禁止されているがもしも自分がオリジナルの“自分”ではないとしたらどうか。
    オリジナルではなくクローンとして作られた個体AやBなどとしたら。
    オリジナルの記憶を持ちながらオリジナルではない存在としたら。
    既視感への説明も成り立つ。

  • No: 12作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/05 11:01

    ノートに私は自らを記している。
    しかし文章の羅列でしかないかもしれない。
    既視感。
    これがひたすら気持ち悪い。白い壁、特徴のない病室。個室や相部屋に関係なく白い。
    脳や気持ちが疲れているのはわかる。
    読書した本の内容さえわずか一、二週間程度でおぼえている。
    気持ちわるい。

  • No: 13作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/05 16:15

    入院で安息を得られるのはひとりでいられる時、食事、入浴、睡眠くらいだ。
    あとになり保護者同伴で外出は認められた。これは入院してらから二週間ほどかかった。
    病院もなんだかんだで縦割り社会のようだ。
    入浴もはじめは見知らぬ他人と入浴することに抵抗があったが、慣れは恐ろしい。
    洗濯ははじめはランダムにしていたが慣れた頃には入浴直後にしていた。
    なぜ入浴直後か。
    理由はかんたん。入浴直後にバスタオルやタオル、下着類を洗い乾かすためだ。
    風呂上がりに少々ハードだが少々やむを得ない。

  • No: 14作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/06 16:10

    はじめての入浴の時はドキドキした。
    自分の裸体を見られからかわれるかと思ったがそんなことはなかった。リンスインシャンプーにボディソープ。
    日曜を除いて男女順番を入れ替わり入浴する。
    銭湯を思い浮かべた方がいいがあれほどに賑やかではない。みな身体を洗うのに必死だ。
    私はリンスインシャンプーを頭につけ適度にしてからボディソープを濡れタオルにつけ全身を洗う。
    ある程度洗うとお湯で流す。タオルを綺麗に洗い浴槽に入る。浴槽は熱かったりちょうどよかったりだ。
    はじめは無心に入っていたがある時期から数字を数え始めた。
    一、ニ、三、四、五と子どもがよくやるように数えながら入浴する。
    特に意味はないが数えることで入浴時間をはかるようなもの。
    はじめは百まで、次はニ百まで三百まで。だいたい三百までが限界だ。
    汗をたっぷりかいた後に上がり再び下着や衣服をつけて息をつく。
    しかしやらないとならないことがある。
    洗濯だ。
    洗濯機と乾燥機は男女共に一台ずつしかない。
    私はあらかじめ下着は新しいものに換えており洗濯機が空いてる場合はそのまま洗濯した。
    洗剤を入れ百円を入れ動かす。
    およそ三十分。
    その間に水分補給や夕飯までの間に乾燥機を終えたいところだ。

  • No: 15作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/07 10:34

    私は生きているのだろうか。
    “自分として”。
    本物かクローンか憑依された身体かわからない。
    病院の食事はおおむね量が多いが味は薄い。
    まずくはないが極端に美味しくはない。
    いったいなぜ私はここにいるのか。
    睡眠は取れてるはずだが、悪夢に襲われる。

  • No: 16作家(匿名)スレ主更新時刻18/07/14 10:50

    悪夢に襲われる。
    表面的にはよく眠れているが入院経験ある人はわかるが病院のベッドはかたく無個性。
    既視感から私は離れられない。
    見るもの聞くものに違和感と既視感が襲ってくる。

このスレは閉鎖されました。
新しいレスの受付は終了しています。