• No: 52匿名さん52(匿名)更新時刻18/02/13 09:27

    お言葉ですが、大黒柱が一本だけでは生きていけない時代なのです。
    主(あるじ)一人のお給料で家族を養って晩酌を、なんて、もはや夢物語です。
    妻も主(あるじ)と同じ量の仕事をする以上は、主(あるじ)も家事育児に携わってほしい。
    それが現代なのです。

    日本古来の強く逞しく、柔軟な思考を持ち合わせた聡明な日本男児なら理解できることかと思われます。