期間限定スペシャルコラボ ミクル✕デジカフェ

新規スレ作成

ラブライブ!×スーパー戦隊! 歌姫スーパー戦隊大戦!!

169レス4220 Hit閲覧専用

アニメ『ラブライブ!』と『秘密戦隊ゴレンジャー』から最新の『宇宙戦隊キュウレンジャー』までの戦隊ヒーローや悪が集いしクロスオーバーな物語!
九人の歌姫と九人のキュウレンジャー(おそらく後に追加戦士あると思いますが)が心通いし時に地球に平和が訪れる。
敵は黒十字軍から宇宙幕府ジャークマターまでがu’sと地球を襲う!
集う歌姫たち!集いし宇宙戦隊!!

物語はすでにジャークマターまでの悪の組織に地球は支配され荒廃した秋葉原や音ノ木坂学院高校からはじまりゴレンジャーをはじめとした戦隊ヒーローは行方知れず……。
はたしてどうなる!?

17/03/15 09:50 追記
u’sのライバルであるA-RIZEはゴウライジャーやゴーオンウイングス的ポジションにあたることにします。いわばライバル的追加戦士。それ故に活躍は絵里たちより遅めと思います。
そしてI.N.E.Tメガシップまで飛び宇宙まで行った絢瀬絵里、亜里沙姉妹は地球一周し再びロシアに辿り着きましたがバトルコサック謙作に出会うまでいろいろな戦隊メンバーに会う展開。先生をしていたあの戦隊やあのバカレッドの予定。

17/02/20 11:27(スレ作成日時) [RSS]

  • 新しいレスの受付は終了しました
  • しおりを挟む
  • 着レス通知設定
  • レス制限

    このスレはスレを作成したユーザーによりレス投稿制限が設けられています。
    • スレ作成ユーザーのみ投稿可
  • No: 160自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/11 19:28

    シンケンイエローのピンチに緑川と幸人が立つ!

    緑川 「後輩ムリすんな」

    幸人 「それはこっちの台詞だ!」

    緑川はデンジグリーンにそして幸人は。

    幸人 「爆竜チェンジ!」

    デンジグリーン 「デンジグリーン!」

    アバレブルー 「本気爆発!アバレブルー!」

    希 「か、カッコええやん!!」ジーン

    ゴリサキ 「か、カワイイ!」

    リュウジ 「ゴリサキ?」

    ウメコ 「ねえねえあなたのバディて彼女に惚れたんじゃない」

    え、とリュウジは顔がフリーズするのを感じたが有明の方とデンジグリーン、アバレブルー、シンケンイエローの戦いは続く!

    シンケンイエロー 「あんたたちは?」

    デンジグリーン 「いまは答えている時ではない!デンジパンチ!」

    有明の方 「な!?いた〜い」

    アバレブルー 「トリケラバンカー!!」

    有明の方 「いたいいたい!!なにすんのよ!」

    シンケンイエロー 「モヂカラ!土とんの術!!」

    有明の方は巨大な土に埋もれた!!戦闘員たちは慌て助けた!

    有明の方 「え〜い!次こそはおぼえてなさい!サービスサービス♪」

    有明の方たちは逃げ戦士三人は変身を解いた。

    緑川 「ま、こんなもんだな」

    幸人 「それは俺の台詞だ」

    花織ことは 「先輩方まことにおおきに」

    リュウジ 「ヨーコとはえらいちがいだ」

    ドモン 「侍の黄色は京都の女の子かよ?」

    希はなんかまたフラれたような気持ちを感じてガックリきた。
    それをゴリサキは慰めた。

    希 「(またかいな)」シクシク シクシク

    勘違いもここまでくればスピリチュアルな希ではないと絵理か海未が諭すが彼女たちはいない。

    ゴリサキ 「まあまあ元気出してお姉さん」

    希 「ゴリラは〜ん!」

    ゴリサキは青い色が赤になるくらい真っ赤になった。
    ことははひとり仲間を探していたという。

    ことは 「うちの殿さまたちもみんな散り散りになってもうてな」

    幸人 「なるほど」

    希 「き、京都弁?(あかん上品やん)」

    ことは 「こちらの方は?」

    大太 「音ノ木坂学院のu’sの東條希さんばい」

    ドモン 「スクールアイドルらしいぜ」

    ことはは首を傾げた。

  • No: 161自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/11 19:57

    そしてここ燐獣殿に連れさらわれた穂乃果もアホな勘違いをしていた。
    ことりやにこのように洗脳されるのかなと想像した。

    穂乃果(想像)『アッハッハ!悪の和菓子仮面?ぶらっく穂ムマンレディ?うわ〜ん!名前が決まらないよ!』

    穂乃果 「いやいやさすがにこれはないよ」

    穂乃果は燐獣殿という名前からあることを連想した。
    燐獣殿→凛ちゃん殿→凛ちゃんやねん→つまりは“凛ちゃん”と“やねんは希ちゃん”→凛ちゃんと希ちゃんのこと!?

    穂乃果 「どーぶつぽい雰囲気だけど関西という雰囲気はしない」キョロキョロ

    それを見たメレは人間態になり彼女に話しかけた。

    メレ 「ねえあなた、激気や燐気が使えるの?」

    穂乃果 「なんのこと」

    メレ 「どう見てもふつうの人間だしね。理央さまは何をお考えになっているのか」

    考えている間にメレは怪人態に戻り穂乃果は驚いた。

    穂乃果 「と、トカゲっ!?」

    メレ 「カメレオンよ!カ・メ・レ・オ・ン・!!」

    呆れながらメレは人間態に戻した。そこへ理央が穂乃果に話しかけた。

    理央 「おいお前」

    穂乃果 「は、はい!」コロサレチャウ!?

    理央 「星空凛がどこにいるか知らないか」

    凛がいる場所はたしかジャスミンが教えてくれたはずだった。
    たしか“ギンガの森”。
    しかし穂乃果は余計な言葉を付け足してしまいあらぬ方向に理央は行ってしまうことを知らない。


    穂乃果 「たしかね。ギンガの……銀河戦隊ギンガマンのところにいるはずだよ!!」

    理央 「銀河戦隊ギンガマンか。メレ、彼女を傷つけることをするなよ」

    戸惑いながらもメレは命令は渋々受け理央は何処かへ姿を消した。
    その様子を見ているとあるマスターがいたことを理央さえも気づかなかった。

    メレ 「やれやれ。理央さまにも困ったものです」

    穂乃果 「たいへんだね」

    メレ 「お前も原因だからな」ギロリ

    穂乃果はメレに海未を思い出してしまった。
    コワイのが似てるよ!!

  • No: 162自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/12 06:29

    ナレーション『銀河戦隊ギンガマン!それはゾーンの下に集いし悪の戦隊である!』

    ナレーション若本規夫『断じてぇ〜!星獣戦隊ギンガマンのことではない〜っ!』

    ナレーション『銀河戦隊ギンガマン。ゾーンに先んじて地球に来ていたが彼らはファイブマンを探し地球の何処かをさ迷っていた……』

    バイカン星人(レッド)「ゾーンのやつらはどこだ」

    モノメ星人(ブルー)「知るか」

    グリンカ星人(イエロー)「勝手なもんだな」

    グラチス星人(ブラック)「ロシアという地方にファイブマンはいるらしい」

    フジミン星人(ピンク)「ロシアね」

    彼らはファイブマンを探していたがいまだ見つかる様子はなかった。
    また自分たちより先によみがえったはずのゾーンとは連絡が取れないのも不便であった。
    そこへ現れたのは黒獅子理央!

    バイカン星人 「なんだお前は」

    理央 「ギンガマンというのはお前たちのことか」

    モノメ星人 「それがどうした」

    グラチス星人 「人間風情がなんだ」

    理央 「星空凛はどこだ」

    グリンカ星人 「なにを言ってるんだ?コイツ」

    フジミン星人 「さてね」

    理央 「ならば力づくで居場所を聞くまでだ」

    黒い燐気を纏い理央は黒い獅子の姿となったことに銀河戦隊の五星人たちは驚愕した。

    バイカン星人 「なんだと!?」

    理央 「ふん!はあっ!!」

    燐気より出される拳や蹴り、格闘術は当然通常の人間より何倍にもなりまた悪に近いが禍々しい力は相手に衝撃を与える。

    バイカン星人 「こんなやつ知らないぞ」

    モノメ星人 「だけど俺たちに向かってくるとはな」

    グラチス星人 「やっちまえ!」

    まるで東映の時代劇か任侠モノのように戦う理央と銀河戦隊ギンガマンであった。
    しかし理央は気づく。

    理央 「やはり復活は完全ではないのか……」

    己の拳から力や燐気そのものが不完全なままなことに薄々とだが彼は気づいてつぶやく。

    バイカン星人 「なんの話をしてやがる!」

    グリンカ星人 「レッドあれをやるぞ」

    フジミン星人 「あれね」
    ギンガマン五人 「ギンガマンアタック!!!!!」

    ギンガマンアタックの衝撃に倒れる理央。虚ろな瞳に映るのは懐かしき日々か……。

  • No: 163自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/13 16:43

    理央 「力はまだ戻っていないか……」

    燐気が何故戻っていないまま復活したか理央は虚ろに考えていた。
    いや考えるというより思い感じていた。
    ゾーンの銀河戦隊ギンガマンは隙を突いて一斉に理央に向かう!
    その頃、燐獣殿の穂乃果とメレ。

    メレ 「理央さまはいったいどこに行ったのか」

    穂乃果 「心配?さっきのひと」

    メレ 「あたりまえだ!私は理央さまのために生き理央さまのために死すことが使命!」

    首を傾げる穂乃果。

    穂乃果 「でも一回は死んだんだよね?怖くなかった?辛くなかった?」

    メレ 「く、お前に何がわかる」

    そこへ笑い声が伝わる。
    ほっほっほ……。

    メレ 「この声は」

    ? 「久しぶりじゃなメレ」

    マスターシャーフー 「わしじゃよ。わし」

    穂乃果は驚いた。
    犬だよ!犬が喋っているよ!

    穂乃果 「わ!?わわわ」

    シャーフー 「u’sの高坂穂乃果じゃな」

    穂乃果 「お手!」

    シャーフー 「わん」

    穂乃果 「おかわり」

    シャーフー 「わん」

    穂乃果 「チンチン!」

    シャーフー 「わ……てなにをやらすかっ〜!!喝っ〜!!!」

    シャーフーに怒鳴られ海未に叱られた時を思い出す穂乃果。
    呆れるメレ。

    メレ 「アホかコイツは。何しに来たマスターシャーフー」

    穂乃果 「あほじゃないもん!」

    シャーフー 「貴様らがよみがえったらしい気を感じてたずねただけじゃよ。理央はどうした」

    メレから銀河戦隊ギンガマンのところに向かったと聞いてやれやれと吐息をつく。

    シャーフー 「強さをまだ求めておるかの」

    穂乃果 「ううん。たしかあたしの友達の凛ちゃんを探してたような」

    シャーフーは穂乃果の言葉に「星空凛か」と聞いた。頷く穂乃果に彼は考える。

    ほのメレ 「?」

    シャーフー 「ヤツが星空凛を……」

  • No: 164自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/14 11:40

    ナレーション大平透『黒十字総統が悩んでいる間にラブアロー仮面と化した海未による特訓は終わりを迎えた』

    仮面怪人&ゾルダー 「ハアハアぜいぜい」

    海未 「よく頑張りましたね。皆さん」

    仮面怪人 「はあはあ(お前が言うな)」

    海未 「そこのゾルダー戦闘員さんとそこのゾルダー戦闘員さん……」

    テムジン仮面 「アイツはなぜゾルダーたちを選んでいる?」

    海未 「よし!これでニセゴレンジャーの完成です」

    仮面怪人 「ええ〜っ!?おい」

    ナレーション大平透『どう見てもゾルダー戦闘員五人にゴレンジャーのお面を付けただけである』

    ナレーション中江真司『仮面ノリダ×もおどろきである!!』

    アーチェリー仮面「なにをするつもりだ」

    海未 「ゴレンジャーに恨みを持つ仮面怪人さんたち挙手を!」

    野球機関車仮面他 「オーっ」

    海未 「野球仮面さん」

    野球仮面 「やった」

    海未 「このゾルダー戦闘員五人に勝てれば特訓はする必要はないでしょう」

    ニセゴレンジャー(戦闘員) 「五人そろってゴレンジャー!!」

    ニセゴレンジャー 「ゴレンジャーストーム!三球三振!!」

    野球仮面 「なんの!バットを振らなければいいの!!」

    仮面怪人 「なんと!?」

    ナレーション大平透「なんと園田海未の特訓により彼らはゴレンジャーボールの誘いに出なくなったのだ!」

    野球仮面 「代わりにベンチ入りだ」ヨイショ

    仮面怪人 「ああ〜!」

    海未 「ベンチ入りなど生ぬるいことは許しませんよ!戦ってこそ仮面怪人なのですよ!!」

    野球仮面 「わかったよ!えい!バット振っちまった!!」

    黒十字軍秘密基地の一画に爆発が起きる!!

    テムジン仮面 「野球仮面っ!?」

    機関車仮面 「やられたか」

    海未 「」

    野球仮面 「ふう〜、本物のゴレンジャーボールじゃなかったから無事だった」

    海未はブチン!とキレた。

    海未 「なに生ぬるいいやぬるすぎることを言ってるんですか!!まだまだ特訓しますよ!!」

    ナレーション大平透『黒十字軍の特訓はまだまだ続く!』

    ナレーション中江真司『ノリが仮面□リダーである』

  • No: 165自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/14 18:56

    穂乃果はマスターシャーフーを見て何かを思いついた。

    穂乃果 「え……とメロンちゃん?じゃなくてエロちゃん?」

    メレ 「メレだメレ!なんだ」

    穂乃果 「う〜んとね。買い物に行きたいんだけど」

    メレ 「買い物?行かせるわけないだろう」

    穂乃果 「じゃあメレちゃんにお願い。メモしたから書いたモノを買ってきてくんない?サイフはこれ」ホイ

    メレ 「必要なのか?これが」

    穂乃果の視線はマスターシャーフーを見てる。なんかあまりいい予感はしないのだが。

    メレ 「わ、わかった。逃げるなよ」

    穂乃果は頷く。メレは姿を消す。
    マスターシャーフーはその様子を見ていた。
    その頃、警視庁にいる希はひとり勝手に失恋しておきゴリサキと仲良くなっていた。

    ゴリサキ 「u’s?いい名前だね」

    希 「そうやろ。ウチがつけた名前や」

    リュウジ 「やれやれ。ことはさんだいじょうぶかい」

    ことは 「ええ。おおきに」

    京都弁に妙に嫉妬する希である。
    ウチも京都弁にしたらモテるかなと。
    大太、緑川、ドモン、左京はなんだこの様子はと首を傾げる。
    とある別の場所では。

    宇崎ラン 「激獣拳っ!ハアッ!」

    宇佐見ヨーコ 「ソウガンブレード!!」

    ウサダ・レタス 「ふたりともやるじゃん」

    ランヨーコ 「まあね」

    しかし戦闘員の数だけは無数に増えていく。

    ラン 「しつこいわね!たぎれ!獣の力!ビーストオン!」

    ヨーコ 「レッツモーフィン!!」

    ゲキイエロー 「ゲキイエロー!」

    イエローバスター 「イエローバスター、バスターズ」

    ダブルイエロー 「レディ……ゴー!!」

    ふたりの女性戦士の戦いは続く。

  • No: 166自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/15 09:45

    メレ 「これとこれとそれとそれくれないかい?」

    店主 「いいけど高いよ」

    メレ 「カネならあるさ。ほら」

    店主は穂乃果の財布からお金を数えるがやや足りない。

    店主 「足りないよ。これじゃ」

    なんだって!?とメレが叫んだのを戦いを終えたランとヨーコ、ウサダが見つけた。

    ラン 「メレ!?よみがえったの」

    メレ 「げ!?激獣拳ビーストアーツのラン」

    ウサダ 「ふたりは知り合いみたいだね」

    ヨーコ 「敵?味方?」

    ランメレ 「ライバルよっ!?」

    ふたりの剣幕にヨーコとウサダはたじたじになるが彼女が買い物をしてることに気づく。

    ヨーコ 「海鮮モノのお買い物?なんなのそれ」

    メレ 「どうでもいいだろ……それよりおカネというのが足りないんだが貸してくれ」

    ラン 「なんでよ?なんでそんなのが必要なの」

    メレ 「人質……いや燐獣殿にはちょっと客が来て招いているのだ」

    メレはさすがに言葉を濁した。シャーフーはともかく穂乃果のことは理央からも注意されていた。

    ラン 「地球の危機なのに客人を招くヒマがあるのメレ!」

    メレ 「うるさいな。貸すのか貸さないのか」

    ウサダは閃きヨーコとランに耳打ちする。
    なるほど、と頷くふたりはお金を貸した。

    メレ 「貸してくれるのか。いやに気前がいいな」

    ラン 「ただし貸しよ」

    ヨーコ 「そう。地球の危機がある時は私たちスーパー戦隊に力を貸すこと。わかった?」

    メレは唇を噛む思いがした。

    メレ 「わ、わかった。それでいいならこの場はおさまるからな」

    店主 「まいど!」

    メレは手にした袋に海鮮物を見ながら姿を消していく。
    ランとヨーコ、ウサダは呆れた。

    ラン 「燐獣殿に何かあるのかしら」

    ヨーコ 「敵にも事情はあるみたいね」

    ウサダ 「それよりヨーコ、ヒロムやリュウジ、Jを探すのが先!」

    ふたりはウサダの言うことに頷き街を進んだ。

  • No: 167自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/16 05:26

    メレは燐獣殿に戻ってきた。穂乃果は目を輝かせた。

    穂乃果 「おかえりメレちゃん」

    メレ 「お前の家ではないのだがな」

    ほっほっほとシャーフーはふたりの様子を見つめていたがメレが手にしているのを見て彼は気づく。

    穂乃果 「ちゃんと全部あるみたいだね」

    メレ 「おカネが足らなかったみたいだぞ」

    シャーフー 「こ、これは!?」

    穂乃果 「穂乃果もことりちゃんみたいにメイドさんになろうかな」

    シャーフーはメレが買ってきたモノを並べて声を上げた。

    シャーフー 「サザエ!マスオくん、カツオ、ワカメ、タラ、アナゴくん!?」

    穂乃果 「わ〜い!サザエさんだよ」

    シャーフー 「おぬしワシにこれを呼ばせるためだけにメレに買い物を行かせたのだな」

    オイ、とさすがのメレは腕を組んで怒っている。私をこんなことのために買い物とやらに行かせたのか。

    穂乃果 「だ、だってシャーフーさんの声が波平さんだし」

    ナレーション増岡弘『そうですね。ガオレンジャーのナレーションをつとめた私も『サザ○さん』に出演中です』

    ナレーション若本規夫『おおマスオくんではないか。私の方が戦隊シリーズで先にナレーションをあてたようだな』

    シャーフー 「ほっほっほ、同窓会じゃな」

    メレ 「物語の本筋に関係ないのでナレーションを吹き飛ばすぞ。燐獣拳っ!七色衝撃波!」

    ナレーション若本&増岡『飛ばされたっ〜!!』

    シャーフー 「やれやれじゃな」

    穂乃果 「とりあえずメレちゃん」

    メレ 「なんだ?」

    穂乃果 「なんかここにある食材でお料理して」

    メレ 「自分でやれないのか」

    穂乃果 「じぶんであまりできない」ウルウル

    メレ 「わかったから泣くな!やってやる」

    シャーフー 「ほっほっほ」

    燐獣殿は穂乃果により何となく平和的であった。
    音ノ木坂学院では。

  • No: 168自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/16 08:52

    音ノ木坂学院ではあれからめっきり敵の襲撃はなかった。

    ことり 「なんだろね。急に敵が来なくなった」

    真姫 「だけど地球は征服されたはずだからなにかあるはずよ」

    にこ 「穂乃果も心配だけど凛や花陽はギンガの森にいるらしいけど絵理や希はどうしたのよ」

    ジャスミン 「矢澤のにこさんて意外に仲間思いなのね。グッド!」

    にこ 「ほめてもなにも出ないわよ。芋くらいならほら」

    真姫 「(にこちゃんはほめられると芋をあげるのよね)」

    ことり 「穂乃果ちゃんや海未ちゃんはどこに」

    恭介 「燐獣殿とは何者だ?」

    ジャスミン 「燐獣殿、もとは激獣拳ビーストアーツから派生したもうひとつの流派かしら」

    真姫 「ライバルみたいなこと」

    そうね、とジャスミンは頷く。Jも頷く。

    J 「うむ。オレのライバルは……オレ自身だ」

    ジャスミン 「かぶらないの!」

    ダップ 「やれやれダップ。恭介ペガサスの仲間は探さないダップ?」

    恭介 「いやここに来る前にあちこち探したさ」

    笑ってごまかす恭介に明るすぎと誰もが思う。
    穂乃果に似てると思うことりたちである。
    そこへ正門から現れたのは……。

    ? 「レッドレーサー!」

    恭介 「ゾンネット!?ゾンネットじゃないか。なぜ地球に!」

    ラジエッタ 「恭介久しぶりね」

    恭介 「ラジエッタも一緒か!?どうしたんだ」

    ゾンネット 「地球がジャークマターに征服されたと聞いて慌てて来たんだ」

    ラジエッタ 「ダップもお久しぶり」

    ダップ 「久しぶりダップ」

    ことりたちは目を丸くする。このセクシーなお姉さんと可愛らしい子は誰?

    ラジエッタ 「あたしは激走戦隊カーレンジャー六人目の戦士!ラジエッタ!」

    恭介 「自称な」

    ゾンネット 「私はこのラジエッタの姉で本当はお姫様なんだけどそのむかしグレてボーゾックに入ってたのさ」

    ことまきにこ 「ひとに歴史あり。でもセクシー」

    恭介 「心配してくれたのはありがたいがキミたちを巻き込むのは」

    ゾンネット 「つれないね」

    恭介は悩む。
    まだカーレンジャーは全員揃っていないし彼女たちを巻き込むのは男として悩むのだ。

    ジャスミン 「オトコはこれだから」

  • No: 169自由人(匿名)スレ主更新時刻17/04/18 08:19

    真姫「なにあれ……?」

    空を見上げると高空から何かが音ノ木坂に落ちてくるように迫ってきた。

    にこ「戦艦?」

    ことり「空母に近いような」

    などと言っていると落ちてきたのはデンジタイガーの巨艦であった!
    慌てジャスミンたちは皆を体育館に避難させる。

    ジャスミン「デンジタイガーにボイジャーマシン、バルジオンなの」

    恭介「おいおい、なにがあった」

    ゾンネット「見たところ襲撃されてるようね」

    ラジエッタ「いま宇宙にはジャークマターに復活したザンギャックやゴズマなどが肩を鳴らしているから」

    ジャスミン「デカベースがあればデカマシンで支援できるのに」

    恭介「同じだぜ。ダップ、ビクトレーラーはまだか」

    ダップ「まだダップ」

    ことまきにこ「きゃあああ〜っ!!」

    巨艦のデンジタイガーは音ノ木坂上空を駆け抜けUTX学園を抜け警視庁上空を通る!

    ツバサ「戦艦だ」

    英玲奈「ボイジャーマシンまで」

    あんじゅ「バイオハンター!?」

    鷹介「ここには落ちない。あっちは警視庁だ!」

    左京「緑川先輩!あれを!」

    緑川「デンジタイガー!?アイシーがきたのか」

    緑川はデンジタイガーが向かう方向にデンジグリーンに変身し向かう。

    大太「しかたない。タイムイエローついてくるばい」

    ドモン「しゃあねえな」

    ふたりは緑川の後を追い左京、ことは、リュウジ、ゴリサキ、希が残された。

    希「左京さんはいかなくていいん?」

    左京「私には戦隊の皆さんのようなハイテクや不思議な力はありません。あるのは市民を支える法と正義の心です」

    本家杉下右京に劣らない信念が感じられた。

    リュウジ「デンジタイガーは無事なのか」

    ことは「先輩方にまかせるのがよろしやろう」

    うむ、とリュウジやゴリサキは頷く。
    希は戦隊の仲間がちょっと羨ましく思えた。ゴリサキ・バナナというバディロイドという友だちもできた。
    ウチがんばるで。
    ロシアの絵理たちはようやく首都にたどり着いた。

    絵理「も、モスクワ」

    亜里沙「帰ってきちゃった」

    流ノ介「謙作とやらはどこに」

    学「うむ」

    健太「流星?」

    健太は日本らしい方角に流星らしいのを見た。

このスレは閉鎖されました。
新しいレスの受付は終了しています。


このスレをみた人は、こんなスレも見ています

  • 4725
    Hit

    412
    レス

    機動戦士ほのガンダム 〜宇宙に舞う9人の歌姫〜携帯小説

    あらすじ 人類が、その増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、すでに半世紀以上が経過していた。 地球の回りに浮かぶ巨大な人工の大地、スペースコロニーは、人類の第二の故郷となり、人々はそこ…

    自由人更新日時17/04/30 20:33タグ ss ラブライブ! ガンダム

  • 5369
    Hit

    77
    レス

    ルパン三世 vs u’s 歌姫の宝を狙え!ザ・ノベル閲覧専用 携帯小説

    ルパン三世とラブライブ!のクロスオーバー小説。 u’sとA-RISEの歌声が響く聖地秋葉原。そこへ日本へ帰ってきたルパンファミリー。 ルパンの狙いは何か!? 穂乃果の今日のランチパックは! …

    小説大好き更新日時17/04/24 16:33タグ ラブライブ! ルパン三世 クロスオーバー

  • 5080
    Hit

    92
    レス

    👚制服戦隊コスプレンジャー💣閲覧専用 携帯小説

    ✨【オリジン🔮】…それは全ての人間の中にある個性の源…突如地球に現れ、地球人を無個性な機械奴隷にしようと企む暗黒知的生命体組織《グロス》…そんなグロスの野望を打ち砕くべく降臨した制服神《コスプレノン》…

    ビリケン昭和更新日時08/05/23 19:33タグ 制服戦隊 コスプレンジャー

  • 3685
    Hit

    449
    レス

    ラブライブSS閲覧専用 携帯小説

    思ったままにラブライブのSSを書くスレ 16/07/15 08:57 追記 基本的にアニメ一期に沿いながら設定は市町村的に、ところどころにお笑いのボケツッコミを入れているだけ📝 若干、物語の順…

    自由人更新日時16/09/01 16:04タグ ラブライブ! SS

  • 2840
    Hit

    154
    レス

    ドラマ相棒 〜穂乃果と八人の相棒たち〜 u’s閲覧専用 携帯小説

    ドラマ『相棒』と『ラブライブ!』のクロスオーバーSS。 穂乃果が右京役。 穂乃果以外が相棒役。 警視庁特命係とは別にあるもうひとつの窓際部署音乃木坂および秋葉原限定の特命係。 さて、今…

    小説大好き更新日時17/04/18 14:37タグ 相棒 ラブライブ! パロディ