新規スレ作成

小さい頃の忘れられないトラウマ

4レス 479 Hit

私が小学校2年生の時のトラウマ話です。
その日は学校の遠足で、全校生徒で川に行きました。
そこで私は上級生の男の子に大怪我をさせてしまったんです。
私が川に降りようとして手をかけた岩が転がり落ちて、その男の子は足を岩に挟まれてしまいました。

完全に事故でしたが、当然私はごめんなさいごめんなさいと何度も声をかけました。
でも周りも騒然としてしまって、私の声は届いていませんでした。

その後、学校に戻った後の昼休みには、上級生の男の子たちが私の教室に乗り込んできて囲まれ、お前のせいだ、○○くんに謝れ、もう少しで死ぬところだったんだ、と口々に責められました。
当時の私は太っていたこともあり、男子の特に上級生から嫌われたりいじめられたりしていました。
人に大怪我を負わせてしまったショックと今まで自分をいじめてきた上級生たちへの恐怖で、小学2年だった私はたまらず泣き出してしまいました。

ただ、もっとショックだったのは当時の担任だった女性の先生の言葉でした。
泣いている私をなだめるため、その先生は「放課後先生が一緒に行ってあげるから勇気を出して謝りに行こうね」と言ってくれたのです。
ところが放課後になって、一緒についてきてくださいとお願いしに行くと、さっきまでの態度が一変し、「は?何甘えたこと言ってるの?自分一人で行きなさいよ!」と。
一緒に行ってあげるという最初の先生の言葉は、泣き止まない私をとりあえずなだめるための、その場しのぎの言葉だったようです。

結局その後も、私は恐怖心から謝りに行くことはできませんでした。
20年近く経った今でもこのことだけは忘れられません。すごく後悔しています。

みなさんは忘れられないトラウマ、後悔していることはありますか?
それとどう向き合っていますか?

17/01/11 06:13(スレ作成日時) [RSS]

  • No: 1名無し1(匿名)更新時刻17/01/11 09:03

    その時に結局謝罪してないのですよね

    これからの人生は、人に頼らず自力で謝罪や御礼を述べれる人間になればいいのですよ

    それが反省です

    教師のせいにしない

    教師のせいにしてるから、いつまでもモヤモヤするのです

    大人(まだ10代かもしれないが)になったのですから成長して下さい

    今の主さんは、物事が起きたらすぐ他人のせいにしてませんか?
    私は悪くないのになぁ、とか

    癖付いてると思います

    自分で気付かないだけで


  • No: 2通行人2(匿名)更新時刻17/01/11 17:37

    運が悪かったと思うしかない(事故にしても周りの人間に恵まれなかったことにしても)。

    上級生のガキ共はともかく教師はクソ野郎だね。

    でもまあ所詮過去は過去。

    過去なんて気にもならないくらい今と未来を充実させることがトラウマを忘れる一番の方法。

  • No: 3通行人3(匿名)更新時刻17/01/12 02:26

    トラウマと言うほどではないですが
    中学生の頃に男性教諭に硬くなった股間を突然背後から押し付けられたことがあります
    それだけのことがとても気持ち悪くて保健室で泣きました
    どこまで話したかは覚えていませんが
    その日は早退することになって帰り際担任の別の男性教諭に
    「そういうつもりでは無かったと思う」
    と言われなぜか傷付きました
    困らせたかったわけではなくて
    わけもわからないままあの人を責めるつもりもなかったのに
    私はどういうつもりで泣いているように見えたのだろうとか

    未だに何が悲しかったのかもわかりませんが
    とりあえず泣くときは一人きりでと決めています

  • No: 4名無し4(匿名)更新時刻17/01/12 14:40

    小2の女の子によってたかって酷い上級生たちだし、その女教師も最低だね。よくそんな台詞が吐けるもんだ、一緒に行くのが面倒だっただけじゃん。

    主さんトラウマ腹立つけど、昔のことだよ。
    嫌なことは、早く忘れなね。

レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

  • 画像処理中
  • ※1000文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。