新規スレ作成

SIDE STORY OF GUNDAM Ζ IF

69レス2232 Hit閲覧専用

あらすじ

宇宙世紀八十年
ア・バオア・クーの戦いののち地球連邦軍とジオン軍の間に終戦協定が結ばれた。
皆、突然訪れた平和に歓喜した。
しかし地球に残した戦争の傷痕は大きく地球は病んでいた。
そして得るところの無かった戦争によって国力は衰え一般市民の不満は高まっていた。
地球連邦政府は国民の怒りの方向を戦争を引き起こした旧ジオン共和国に向ける事により国民の統制をはかろうとした。
そして秘密警察によるジオン狩りをはじめた。
その秘密警察を人々は『ティターンズ』と呼んだ。
(オリジナルより抜粋)

ティターンズから監視のもとにあったかつてのニュータイプ・パイロット、アムロ・レイを救出したカミーユたちは宇宙へと脱出を図ろうとしていた。
しかし、クワトロ・バジーナ、ジェリド・メサたちティターンズの追撃はゆるむことはなかった。
そして、月の裏側でΖ(ゼータ)グスタフの性能試験がひそかに続いていた。


※未完に終わった『Ζガンダム』のもうひとつの物語をIF的な解釈や想像を含め進めていきます。
オリジナル作品と異なる点は多々あるかと思いますが、ご了承ください。

16/10/31 18:12 追記
現時点での私の構想はオリジナル作品同様にアムロ、シャアは互いに迷走し苦悩する段階。
カミーユについては『Ζガンダム』とちがい主人公ではない扱いとし月に着いてからΖグスタフ量産型(未定)のパイロット候補のひとり。その前にΖグスタフのパワーを上げるのも考慮。
『0083』よりカリウス、『Ζガンダム』よりエマ、カクリコン、ジャマイカン、ライラのカメオ出演。
展開が遅いのはご了承ください。

17/03/18 15:17 追記
諸事情によりしばらく物語を進めるのは停止いたします。
機会がありましたらいずれ再開をしたいと思います。
楽しみにしてくれた方には心から申し訳ありません(^.^)(-.-)(__)。
いずれまたということでお願い致します。

16/09/01 07:17(スレ作成日時) [RSS]

  • 新しいレスの受付は終了しました
  • しおりを挟む
  • 着レス通知設定
  • レス制限

    このスレはスレを作成したユーザーによりレス投稿制限が設けられています。
    • スレ作成ユーザーのみ投稿可
  • No: 60ライター(匿名)スレ主更新時刻16/12/29 12:30

    クワトロはクルツのシュツルムイェーガーの弱点を知っていた。
    通常のモビルスーツより巨大なことは威圧感や迫力は持つが、その反面機体に小回りが利かない。推力が通常の機体より大きいぶん推進剤に限りもあり稼働時間も限られる。
    また可変した時にモビルアーマー時に武装がない下面は完全に死角なのだ。そして空戦の基本である“背後を取ること”。モビルスーツ、可変モビルアーマー共に背後と下面は死角であり弱点なのだ。

    「ジェリド中大尉、エマ中尉はジムカスタムを押さえろ。クルツは私がおさえる!」

    彼女がクワトロとの戦いをのぞむかはわからないが、以前の模擬戦の敗北は内から消えてないだろう。
    パイロットならそれに応えるのが礼儀だ。オールドタイプ的な思考がシャアにあったのがふしぎとあった。
    百式改の機体をシュツルムイェーガーに向かわせた。

    「大尉!」

    ジェリドの止めるような声がコクピットに伝わるが構ってはいられない。

    「シャア!」

    クルツがシャアの名を叫んだ。一瞬、ニュータイプ的なプレッシャーが眉間に突き刺さるようでわずかに動揺した。
    瞬間だが懐かしい声がした。それはひととは違う肌を持った少女の声。忘れられない存在。

    大佐……。大佐……。

    「ララァではないのに!!」

    クルツのシュツルムイェーガーにわずかにララァと彼女が乗ったモビルアーマーがかぶったように瞳に映った気がした。

    「くっ、やらせるか」

    「しまった!」

    クワトロははじめは機体をうまく回避させることでクルツを翻弄するはずが、真正面からぶつかったことに憤った。
    ララァの幻影に惑わされたかはわからない。

    「大尉!?ジェリド!」

    「こいつらは手練れなのか」

    エマの叫びがジェリドに届くが漆黒の色をしたジムカスタムは歴戦の腕を持つらしいのがわかった。
    援護にいきたくてもいけない焦燥感がジェリドとエマにあった。
    クワトロはシュツルムイェーガーの巨体を睨んでいたが、その瞳はわずかに見つめるようでもあった。
    ララァ……。
    感傷に浸るなど!
    AMBAC機能を使いクルツの機体からとりあえずは離れることはできた。が、彼女の機体は迫る。
    バルカンを放つが彼女はバインダーを使い防いだ。

    「以前ならあたまごとやれたものを!」

  • No: 61ライター(匿名)スレ主更新時刻16/12/30 08:58

    クルツが腕を上げていたのは明らかだ。彼女の強化人間としての能力が上げられたかは定かではないが、パイロットとしての腕は以前より上がっていた。
    ララァに惑わされたか、と思うが模擬戦で醜態を晒すなど赤い彗星にはできない。ビームサーベルを腰から引き抜きシュツルムイエーガーのバインダーを裂いた瞬間に機体の電気系統が闇にスパークし弾けた。
    瞬間、シャアは機体を離脱させライフルで牽制した。
    チッ、とクルツの舌打ちが聞こえた気がした。

    「なんの」

    腕ごとやれたとはシャアは思わない。
    だが、一年戦争時にシャアはモビルアーマーと本格的に交えたことはほとんどない。
    わずかにあるのはララァや木星帰りのシャリア・ブルとわずかに交えただけでしかない。一年戦争時のモビルアーマーエース(MMA)はアムロ・レイしかいないのだ。

    「ティターンズに飼われ臆したか、シャア!」

    シャアは自らを叱咤させながら可変モビルアーマーの死角を見つけようとするが、シュツルムイエーガーのバインダーは破壊されながらもシールドの機能は保っていた。全方位ではないが、大型の機体を守っていた。
    どうする!?
    サイド4の宙域には皮肉なことにコロニーや戦艦などの残骸はない比較的おだやかな宙域である。手にしたビームサーベルに気づく。
    ビームサーベルをそのままシュツルムイエーガーの機体に投げた。

    「バカか!?」

    「バカはお前だ。クルツっ!!」

    瞬間、クワトロはビームサーベルに向けライフルを放ち爆発させた。シュツルムイエーガーの正面を爆発が覆った。

    「なんだと!?どこだ」

    ここだ、とシャアは下方からビームを放つ。さながら輝きあるビームがシュツルムイエーガーのまわりを華麗に彩るようだが、死へ誘う華麗な輝きでもあった。
    機体を防御するバインダーだけでなく脚部にあるスラスターやバーニアを狙いクルツは回避して動くが、脚の一部がやられ破損し機体が揺れた。

    「なんだと!?」

    「腕を上げたのは認める。が、クルツ中尉、キミは地球で強化されたのか」

    「質問をするとはめずらしい。その質問は彼らの模擬戦が終わってからこたえた方がいい」

    クルツはコクピットの正面にビームサライフルの輝きが見えながらモニターにはいまだジェリドたちが戦う姿が見えた。

  • No: 62ライター(匿名)スレ主更新時刻16/12/31 14:14

    クルツは自ら強化されたと模擬戦後に告白した。うかつなことにクワトロは彼女たちの戦艦のなかにニュータイプ研究所の者が乗っているのを見逃していた。
    ナミカー・コーネル、と名乗るいささか陰気な雰囲気を持つ科学者肌の女性だ。模擬戦をモニターしていたとも言う。シュツルムイエーガーをおりた彼女はややフンと鼻を鳴らした。

    ナミカー 「クワトロ大尉の察しのとおりクルツは地上であなたとの戦いの後に、強化しました」

    ナミカーの言葉にシャアはかつてのララァを見る思いがあった。
    戦後、ティターンズとエゥーゴとの戦いはかつての一年戦争の悪しき怨念、ジオンのフラナガン機関の悪い部分が見えていた。

    クルツ 「だが強化されたオレ、いや私がクワトロ大尉に勝てないのは何故だ」

    ナミカーはその問いに科学者らしい意見をまぜた。

    ナミカー 「能力的にはクルツの方が上と思うが、クワトロ大尉は一年戦争の経験があり熟練者と言っていい。なによりニュータイプとしての勘は戦場において発揮される。クルツはそこを人工的に強化したため感情に走り鈍いのかもしれない」

    クルツ 「私が鈍いのか」

    その意見にクルツは苦い表情を見せていた。
    ニュータイプを人工的に作りだそうとするからどこかいびつな存在となる。アムロやララァは自然発生的に生まれたニュータイプだ。
    ニュータイプ同士の触れあいは人間が持つ感情や憎しみ、または遠く離れていてもどこかで互いを感じていたらしかった。
    クルツの場合は戦場におけるだけの強化をしたたためにそこがいびつなのだ。
    ジェリドたちの戦いは彼らの敗北に終わった。指揮官たるシャアがクルツとの戦いにこだわったためにあった結果といえる。漆黒のガンダムにペイント弾の紅色が血のようであった。

    クワトロ 「すまないクルツ中尉。彼女に私がこだわったようだ」

    ジェリド 「彼らもニュータイプでしょうか」

    いや、と言いかけた時にクルツが答えた。

    クルツ 「彼らはキミらとおなじふつうの人間だ。気にすることはない」

    漆黒のジムカスタムから降りたパイロットは強化人間ではなくふつうの人間という。
    ナミカーが答えた。

    ナミカー 「強化人間同士は相性が悪い場合がある。だからふつうの人間と組ました方が戦場に有利なのだ」

  • No: 63ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/03 06:14

    ニュータイプの能力は本来は他人同士が言葉を使わずとも理解できる能力、と休憩していたエマ中尉はクワトロとジェリドを前にしてそう意見した。
    言われなくともと思うが。
    仮にもシャアはジオン・ズム・ダイクンの長男なのだから。
    エマ中尉が聡明な点は好感なのは認めるが、彼女の意見はニュータイプ研究所に向けられるものであった。

    「強化人間は戦闘用につくられた人間だ。ニュータイプではない」

    うむ、とジェリドの言葉にクワトロはちいさく顎を動かした。
    ティターンズ、地球連邦政府はニュータイプの扱いに厄介をしていた。その例がアムロだ。
    飼い殺しにすることでしか連邦政府は対処してなくティターンズにしてみればアムロや自分は忌々しい存在のはわかっていた。だが、隙を突かれアムロをみすみすエゥーゴに奪われたのだ。そしてバスクはアムロを殺せ、と命じた。
    自分にできるのか。

    「大尉?」

    「すまない、休ませてもらう」

    シャアの中に葛藤が生まれつつあった。アムロについてわだかまりがないといえば嘘になる。
    ララァをめぐった過去はいまも尾を引いていた。私室に入ると、ベッドに腰を下ろした。
    どうしたいのだ、私は……。
    結局、テロリストについての調べはコロニー側に任せることになりミズリィーはコロニーを出てルナ2に向かうことになった。
    この間に“楔の園”に潜伏しているエゥーゴが戦うなり逃走する準備ができていたかもしれないが、知るところではない。
    さいわいルナ2に到着するまでは亡くなったカクリコンの間を埋めるようにクルツの部隊との連携プレイは確立しようとしていた。
    ルナ2の丸っこい石ころみたいな姿は数日で見えていた。

    「連邦は地球から宇宙を監視できるとまだ思っているのか」

    展望室から見えるルナ2はかつて一年戦争の折りに自らの部隊が襲撃した時とかわりないように見えたが、周辺の岩が少なく見えちいさく見えた。
    入港はなんの難もなくおこなわれた。あたりまえだ。連邦の要塞なのだから。

  • No: 64ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/05 14:54

    シャアがルナ2に入港した頃、楔の園ではアムロはリック・ディアスの操縦に比較的慣れるようになっていた。
    ジオンのドムタイプにガンダムのデータを一部加えた改良されているが、操縦にはいささか癖があるように思われた。あるいはアムロはジオン系モビルスーツと戦ったことはあるが、一年戦争の折りにランバ・ラル隊と戦った際にザクを捕獲した時くらいしか記憶にない。

    「ジオン、いやエゥーゴはここまでの技術があるのだな……」

    頭部にある機体のコクピットでシミュレーションとわずかな時間で付近の宙域を飛んだだけだが思った以上の性能を持っているのを理解した。

    「大尉」

    「すまないな。カミーユ付き合ってもらって」

    随伴したカミーユのアッシマーは後から楔の園にあるデッキに入り顔を出した。
    自分から連れ出したアムロ・レイがモビルスーツに乗り戦う、という。だが、短い間とはいえアムロという大人がナイーブなのがわかる。
    カミーユにも一年戦争の傷痕はある。が、アムロというひとにはそれ以上に内面の複雑さがあるようだった。
    その頃、カリウスたち仕官は脱出の算段を話し合っていた。

    「コロニーのテロでティターンズの追撃はほんの数日だが、足止めはできた」

    「だが、彼らはエゥーゴではないのかもしれんな」

    「宇宙には地球に対して不満が噴き出ている」

    カリウスはうんざりしていた。ティターンズひいては地球連邦政府が招いた事態とはいえコロニーには連邦への反乱分子が未知数に存在する。
    だが、すべてがジオンあるいはエゥーゴ一色というわけではない。
    なかにはコンタクトを取ろうとする者たちもいるが、コンタクト後の消息は定かではない。
    話し合いの場に映るモニターにはデッキにいるアムロとカミーユの姿が見えていた。
    機先を制して言う。

    「とにかく“楔の園”は捨てアムロ大尉は月に向かってもらう」

    「ここを捨てるのか」

    「やむを得まい。ティターンズは少しずつ勢力を拡大して迫っているからな」

    カリウスとて長年住んだこの基地を捨てることに躊躇いはあるがエギーユ・デラーズ、アナベル・ガトーといった男たちに報いる時が来たか、と胸中深くに思った。

  • No: 65ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/06 09:56

    月では新型機Ζグスタフの試験は進んでいるが、実戦に使えるか否かはわからないらしい。
    カリウスは思う。
    前撤は踏んではならない。
    だが、上層部はどのようにアムロ・レイを扱うのか。彼に連邦という同胞が撃てるのか、など考えても疑問は尽きない。
    モビルスーツに乗っている時は考えないことを指揮官の立場になると考え悩んでしまう。もちろん無駄死にという選択はあり得ない。後の時代をよき方向に導くことがカミーユら若き世代に示すだけだ。
    カリウスは集まった者たちに言う。

    「ここを三日後に捨てる。連邦はルナ2からの部隊が来るのだ。奴等は今度こそここを潰すだろう。可能な限りの人員、物資は運ぶのだ」

    皆がジーク・ジオン、と敬礼した。基地にいる何人が生き残れるか、自分は指揮官として最後まで残るつもりだがアムロやカミーユはそれを知らない。知らないでいいのだ……。
    皆が去るなかカリウスは亡きデラーズやガトーを思う。
    少佐たちもこのような気持ちを抱えていたのか、と肩がまだ気を張っているようだった。
    アムロは私室にあてがわれた部屋でパソコンをいじっていた。戦う、と決めたができる限り搭乗する機体については知っておきたかった。
    リック・ディアスの三面図、実像画像、バルカンファランクス、ビームピストル、クレイバズーカ、ビームサーベル、トリモチランチャーなど。
    アムロの機体は黒ではなくやや青みががった機体はどことなくかつてのガンダムを思わせた。赤い機体はマラサイと呼ばれる機体以外にないようだった。
    そこにシャアへの複雑な思いがエゥーゴに参加してるジオン兵の気持ちがあらわれているようでもあった。
    そこへ扉かノックされあらわれたのはカリウスだった。

    「構いませんか大尉」

    拒否をする必要や意味もなく招きいれて愕然とさせられた。
    三日後に基地を放棄するというのだ。

    「ティターンズはルナ2の部隊を向けて総力戦できます。基地にいる軍属にはすでに離れてもらっています。ですが、兵は月に向かわなければなりません」

    「わからない話ではないが、しがない俺が戦力になるのか」

    「あなたはリック・ディアスを扱えた。好まない表現を承知で言います。あなたはニュータイプです」

    痛いところをつかれアムロは口をつぐんだ。カップから湯気が揺れていた。

  • No: 66ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/11 09:05

    ニュータイプ、か。
    再びリックディアスで訓練におもむいたアムロの脇をカミーユのアッシマーが飛んでいる。
    宇宙は広いが、そこにひとの争いを招いたのはひとそのもの。
    かつてジオン・ズム・ダイクンは唱えたようだ。
    『人類すべては宇宙に住み!母なる地球の回復を待とうではないか!』
    だが、逆にそれらを含めた事態が地球圏に争いをもたらしたのも事実。
    ジオン・ダイクン本人がそれを知ることなくジオン公国が旗揚げし敗北しいまに至るが。

    「カミーユ、聞こえるか」

    はい、とだけカミーユの若い声がノーマルスーツのヘルメットにつけられたヘッドホン越しに聞こえた。
    アムロはちいさく吐息を混じり言う。

    「カミーユ、キミと戦ってみたい」

    「え?大尉、なにを」

    「俺が本当に再び実戦に出ていいかを、俺自身が問いたいのだ」

    アムロらしからぬ言葉にカミーユや僚機、楔の園のオペレーターたちはいささか驚いた。
    カリウスはそれを楔の園の指令室で知るがそばに控えたジョウ同様に語ることはない。
    アムロもまた知る由もない。アムロにしたら宇宙にララァの魂や心が在るなら自分やシャアをみているはずという思いがあった。
    カリウスは通信機を通して伝えた。

    「カミーユ、相手をしてやれ。他の僚機もだ」

    アッシマーやマラサイ、ハイザック、ザクの編隊は驚くような挙動があるなかアムロのリックディアスは宇宙高くにスラスターを噴かせた。
    瞬間、主武装のひとつクレイバズーカが火を吹いた。
    散れ、と僚機からの通信によりカミーユのアッシマーたちは散開した。
    カミーユは瞬間的にアッシマーをMA形態に変形させ後を追うが、ミノフスキー粒子が薄いにも関わらずアムロの機体は消えていた。
    どこに、と僚機たちはモノアイを動かす。
    アムロは楔の園周辺にある残骸に機体を隠していた。
    僚機の一機が動体反応に気づいた。モビルスーツの動力炉の熱探知をしていたからだ。

    「大尉!」

    「ジオンの方がモビルスーツには一日の長がある」

    リックディアスとドムの機体が互いに追い追いかける。
    カミーユら他の僚機も近づくが、うかつな射撃は互いを巻き添えにするおそれがあり撃てない。
    アムロは背後に残骸があるのに気づき足場として着地の間があった。ドムのバズーカが火を吹いた!

  • No: 67ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/17 06:38

    AMBAC機能と脚部のバーニアを噴かしてアムロは岩場をジャンプに利用した。ドムのパイロットはアムロの挙動が理解不能なことに驚きを示した。
    その間に不覚にも彼のいるコクピットに模擬戦の撃墜信号が表示された。

    「早い!?みんな気をつけていけ」

    彼が出来るのは僚機への叫びである。
    が、宇宙へ適応したニュータイプと思われるアムロのリックディアスの動きには目を見張るものがあったのも事実だ。
    モニターのなかでアムロのリックディアス、カミーユのアッシマーや他の僚機が宇宙の闇のなかで光点が舞うようだった。

    「なぜ当たらない!」

    アムロはリックディアスの機体を巧みに使うが、それとてまだニ、三度でもあるにも関わらずカミーユたちの射撃をかわしていた。
    アムロは思う。
    戦いたくなくても生物の本能からかあるいはララァに会いたい一心からかわからないが死にたくない思いもあった。
    一年戦争のあの頃とは違う自分がいることにビームやマシンガン、バズーカの火線をコクピット越しに見ながら大人になったのかとも複雑だった。
    頭部のバルカンファランクスが火を噴いた。

    「牽制だ!回避」

    背部にあるビームピストルを抜き回避したはずの相手の機体に狙いをつけビーム(やや威力は弱いが)を放つ。

    「先読みされてたのか」

    先読みしたのかわからないが、ニュータイプの力はこうも戦闘的であることにアムロのまだ残るナイーブさは自分が脆いかましれない意識を感じてもいた。
    一機また一機と相手の機体を模擬戦とはいえ倒すことに気持ちや感情とはちがう形にエゥーゴの新型を扱えてしまう自分がいるのもまた複雑だった。
    瞬間、カミーユが操る大型の機体アッシマーはここにきて可変し円盤型になった。

    「直線的なことに気づいたか。カミーユ!?」

    「ふつうの動きやマニュアルにとらわれるからいけないんだ」

    僚機がやられたのをみてカミーユが出した結論はそれである。
    MS戦にマニュアルは存在する。それが新兵を育てもするが、実戦はマニュアルのようにはいかない。

    「そこだ!」

    アムロのリックディアスは残骸に身を隠したアッシマーの側の残骸を爆散させた。
    しかしカミーユはアムロから見て急降下した。

    「なに!?」

    アムロはバズーカを放つ。

  • No: 68ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/25 08:27

    モビルスーツの弱点は足元や背中である。
    アッシマーはなにより可変MAであるため通常のMAよりパワーや推進力は上回る。ただいかんせんアッシマーの主武装は大型ビームライフルに機体に備えつけられたビームサーベル、あとは各部のハードポイントに装備されるミサイルポッドなど。ただミサイルポッドは使い捨てに過ぎない。
    撹乱のためにカミーユは脚部につけられたミサイルポッドを放つ。

    「迂闊に放ちすぎだ」

    アムロはミサイルをできる限り機体の前で爆発するために爆破させ撃つ。ミノフスキー粒子は薄いが機体の前は爆煙となり機体を上に向けた。
    しかし驚いた。
    アッシマーの巨大な機体がモノアイを輝かせライフルを自らに向けていた。

    「ニュータイプか?カミーユは!」

    いや、とアムロのどこかは否定していた。カミーユと何度か顔を交わし話をしたが彼にニュータイプらしい素養はなにも感じなかった。
    シャアやララァとは違うのだ!
    バルカンファランクスを放つがアッシマーの巨大な機体はビームを放ち左手にサーベルを構えた。
    まるで悪魔のようにもアムロには不思議と思えた。

    「しまった!?」

    サーベルを抜こうとした左手をアッシマーのライフルが掠めサーベルが手首から先を破壊し爆散させた。左手は戦闘に使えない。

    「うおおおっ!!」

    「カミーユなのか」

    そこではじめてアッシマーから彼の声が聞こえた。カミーユの気持ちがすべてわかるわけではないが、彼が自分に気持ちをぶつけて無我夢中さが彼の才能を発揮させたのかもしれないと思う。
    素人ではないが、カミーユは何度か実戦を経験しているのはわかる。
    アムロのリックディアスはスラスターを噴かし後退するが、カミーユは迫る。
    憎しみをぶつけるなら、ぶつけてこい!受け止めてやる!
    ビームピストルを投げ捨てクレイバズーカを再度放った。しかし煙のなかから巨体がモノアイを輝かせていた。
    むかしソロモンで見たMAみたいだ……。
    かつてのソロモン戦での戦いがよぎった。
    戦後になり知ったがビグ・ザムというMAに最後まで残ったのはドズル・ザビだったらしい。
    アムロにザビ家のひとりを倒した感慨はあの時も戦後も不思議となかった。ただ戦いが終わっただけであった。
    だが、カミーユをドズル・ザビのようにするわけにはいかない。

  • No: 69ライター(匿名)スレ主更新時刻17/01/26 15:00

    憎しみは受け止めてやるが彼を憎しみにとらわせることはできない。
    アムロはリックディアスの機体をそのままぶつけることでカミーユを正気に戻させるしかないと思った。
    最悪機体は使い物にならない可能性はありエゥーゴの戦力損失はまぬがれないかもしれないが、躊躇いは一瞬だった。
    スラスターを噴かせて二体の金属で出来た兵士の身体がぶつかりあった。

    「く」

    「あ……!?はあ……」

    機体が触れ合った瞬間にカミーユの意識が飽和してたのが伝わった。
    アムロは頭を軽く振りながらレバーを握りアッシマーの機体に触れた。

    「カミーユ、無事か。くっ」

    「模擬戦をやめろ。停止だ」

    “楔の園”からカリウスの若い声が伝わりアムロへの攻撃が止んだ。
    基地から見るとアムロのリックディアスはかつての一年戦争の英雄が扱った機体とは思えないくらいビームや弾丸の破損や傷が見え左手にいたっては飛んでいた。
    カリウスはニュータイプらしくないとも思ったが、カミーユに何かしらの才が芽生えたのではないかとも思えたが口に出すことはしない。
    アムロのリックディアス、カミーユのアッシマーは僚機に導かれ“楔の園 ”に帰還していった。
    しかし敵はすぐそこまで来ているだろう。むしろ遅すぎるかもしれないとも焦燥の念がある。

    「脱出はいまより始める!不要なモノは“楔の園”ごと爆破する」

    カリウスにとっては慣れ親しんだ基地だが苦渋の決断だ。
    軍属はすでにエゥーゴ寄りのコロニーに移動している。あとは軍人だけであった。
    必要な者たちだけが月に向かい来るべき時にティターンズに反逆の刃を向ければいいのだ。

このスレは閉鎖されました。
新しいレスの受付は終了しています。


このスレをみた人は、こんなスレも見ています

  • 4653
    Hit

    412
    レス

    機動戦士ほのガンダム 〜宇宙に舞う9人の歌姫〜携帯小説

    あらすじ 人類が、その増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、すでに半世紀以上が経過していた。 地球の回りに浮かぶ巨大な人工の大地、スペースコロニーは、人類の第二の故郷となり、人々はそこ…

    自由人更新日時17/04/30 20:33タグ ss ラブライブ! ガンダム

  • 27304
    Hit

    128
    レス

    永遠に…誓い💍閲覧専用 携帯小説

    『私、幸せになります✨』を書かせて頂いたこころ👸です🎵 続編を書かせて頂きます😃 読みにくい所などあるかもしれませんが、どうか…最後までお付き合い下さい🙇 中傷、批判は辞めて下さい🙇 又…

    こころ更新日時09/07/18 07:02タグ 誓い 永遠 小説

  • 26760
    Hit

    102
    レス

    キズナ ……その後閲覧専用 携帯小説

    期待に応えることが出来るか分かりませんが……💦 【その後】を書いていこうと思います😊 もし宜しければお付き合い下さい✨ (この小説から見て下さる方へ 【キズナ】の続編になっています。宜し…

    イチ更新日時09/03/10 08:17タグ キズナ 小説

  • 10180
    Hit

    53
    レス

    旅人~嵐の中で閲覧専用 携帯小説

    ***旅人~生き続ける意味 続編です*** http://mikle.jp/story/dispthrep.cgi?th=3602&disp=1 人はこの世に産まれ出た時から 生きる意味を探…

    kei更新日時09/10/27 02:23タグ 人生 探す