期間限定スペシャルコラボ ミクル✕デジカフェ

新規スレ作成

愚痴

338レス4843 Hit

ただの愚痴

17/02/04 17:39 追記
愚痴じゃなくなっちまった。

16/04/02 19:58(スレ作成日時) [RSS]

  • しおりを挟む
  • 着レス通知設定
  • レス制限

    このスレはスレを作成したユーザーによりレス投稿制限が設けられています。
    • スレ作成ユーザーのみ投稿可
  • No: 329社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 09:11

    >> 328

    だから片割れは何も要らないのかも知れない。
    それこそが究極の真理じゃないのかな。

    食べ物も得れば、必ず排出されるように。

    水分と共に。

    その過程において苦を生じるんじゃないか。

    生きている事が楽しいと思うのは何も得ないから。

    逆に得てしまえば、欲が出て苦しむし、失えば脱力感に襲われる。

    失うのであれば、得なければ良いんじゃないかってね。

    自分自身が味わった、小遣いも得るから、奪われた時の苦しみがある。
    最初から貰わなければ、失う事もない、苦しむ必要もない。

    釈迦はそれ故に、あるもので満足しなさいと説いたのではないか。

    得れば苦しみも付いてくる。

    煩悩を消すのではなく、 始めから持たない。

    周りから勧められても断る。

    得なければ失わないし、苦しみもない。

    周りは良い生活してるな、自分自身ももっと稼ごうとか裕福になるんだって頑張っても、結局は苦しい。

    何で苦しいのか理解も出来ない。

    苦しみの原理がわかってないから。

    苦しいのは煩悩ではない。

    自分自身が得ているものに対して苦しみが生じるもの。

    裏を返せば、得ても苦しみを対処すれば、良い。
    物を買うにもただ欲しいから買うのではなく、買う前に自分自身が苦しみが生じないかを考える。
    それが賢い生き方かも知れない。

    今更だけど。

    もっと早くに気付いていれば良かったかな。

    体験して後から気付くだけでもマシか。

    店にある商品を見るときは他人の宝を数えるものだと理解する。

    半錢の得にもならない。
    買うまでは店の商品だから。

    買ってお金を失って幸福を永久に保てるなら買う。

    ただ一時しのぎなら買わない。

    その分、苦しみを得るから。

    それでも買う人は買う。
    それが世の中。

    だから、飽きない、
    悪も善も自分自身が選ぶ。

    結果がどうであれ。
    だから説く必要なんてない。

    一々、決められたら、飽きるし。

    自由奔放で生きて苦しみも得て、一時的に楽しめて、時に憂鬱になって、 時に笑って、哀しんで、 生きていく中で個人的に究極の真理を得れば良いんじゃないか。

    自分自身なりのザ・ベストで良い。

    少なくとも自分自身はそっちの道を選ぶ。

  • No: 330社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 09:20

    >> 329

    釈迦も逆にそんな真理ばかりで物質で楽しまないのは損したな。

    苦しみを得ても、生きてれば良いじゃん。

    その分、欲しいものも得たし、苦しいかも知れないけど、それが人生だし。

    苦しまないのが善ではない。

    それじゃ鍛えられないし、自分自身が求めるものは苦しいけど、何でも負に耐えられて楽しい生活だ。

    負に負けない心の構築を目指す。

    そうすれば、得ても苦しまず、欲まみれでも楽しめる。

    逃げていては解決にはならない。

    逃げ続けた結果、そう思う。

    低収入でも生活苦でも、 大丈夫。

    ご飯と納豆、豆腐で何とかなるさ。

    楽しい事は見つけるんじゃない、作るんだってね。

  • No: 331社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 15:14

    法華経は霊感的なカルトって思われても仕方ない。

    法華経を直訳すると妙なる蓮の花の教えになる。
    法華経は素晴らしいとか、信じれば救われるとかしか経典に書かれていない。

    昔話やたとえ話しかない。

    信じれば観音菩薩に救われて、高い所から落ちても傷ひとつないとか火に焼かれても平気とか海で溺れても、溺れない。

    そんな話ばかり。

    それに不軽菩薩みたいに私は誰も軽んじませんと言いお辞儀をして回ったとか。

    法華経にはそんな事しか経典にない。

    その通りです。

    誰もが気づけば宝があるとかね。

    でも、その心を解いてない。

    まともに受け取ってはダメなのが法華経である。
    信じれば救われる?

    自分自身からすれば、は?ってなる。

    信じるだけじゃダメだよ。

    信じて行動する事で初めて結果に結びつく。

    信じても何もしなければ、全く意味がない。

    そんな事にも気付かないのか?

    法華経は難信難解とは、誤った見方が出来る。
    だから、学問がなければ、正しく理解されない。
    法華経にはちゃんと経文と教えがある。

    それを見つける事に魅力される。

    法華経は問題を出すだけなのだから。

    答えは載せてない。

    何故か、答えがあれば、それで終わる。

    人生は一つの選択肢しかないのであれば、答えを出して導いてあげれば良いが、人各々違うではないか。

    それにあったやり方をしなければ何の得にならない。

    だからこそ、おとぎ話みたいな経文だらけになっているんだって事もわからない。

    高い所から落ちれば怪我もするし、死ぬよ。

    そうじゃない。

    そんなまともに考えている人は頭の固い人だ。
    軽く言えば、高い所から落ちても法華経を求めるって事だよ。

    命より大事って事を説く。

    守られるって?

    誰が守ってくれるって言えば、レスキュー隊か消防隊や軍か自衛隊。

    神や仏が護るって解釈してはならない。

    寧ろ護られるべきは法華経。

    法華経に傷を付けてはならない。

    人は法華経を利用し、自分自身の失敗を御本尊に向ける事が傷を付けている。

  • No: 332社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 15:45

    >> 331

    功徳はあるかも知れない。

    でも、そんなのを期待しているようでは法華経を軽んじているって思う。
    病気は法華経でも治らない。

    もしもその話が本当なら医者要らずになる。

    法華経はノーベル賞もんだよ。

    そんな事は説いていない。

    書いてはあるけど。

    忖度しないとダメだよ。
    経文に秘沈されている。
    人を敬う事は大事じゃないの?

    人としての振舞いは尊敬する事。

    日本には敬語があるようにちゃんと理解して欲しい。

    間違って変な方向へ向かうのはちょっとね。

    そんな危険性も考えて、大胆な経典になっている。

    まるで夢物語。

    こんなのある訳ないって思わせるのも仏ならでは。

    決して答えは出さない。
    ヒントはあるかも知れない。

    どうやったらそうなるか何て一度も聞いた事がない。

    教えてもくれない。

    為にならないから。

    宝珠だって現実にこの世にある訳ではない。

    自分自身は宝みたいなもの。

    宝よりも自分自身が大事って事は自分自身も宝。
    お宝に恵まれたって言うのは子供を授かったって事。

    お宝じゃん。

    それに気付いていないのは、子供だけ。

    親はいつも子供をお宝と思うように大事にしている。

    ただ最近はそうでもない。

    親は子供を大事に思わなくなってきた。

    お宝とは見えなくなった。

    邪魔な存在、お荷物。
    それは法華経から逸脱した人達。

    自分自身は少なくともそう見える。

    だから、虐待とか、育児放棄とか、子供より相手が大事とかになってしまう。

    本当は何が大事かって知っている筈。

    言われなくても。

    それを教えているのも法華経。

    ただ、直球はない。

    たとえ話やおとぎ話や童話や昔話にたとえて、柔らかく教えている。

    変化球だから、固い考えの人は難しい。

    見ず知らずの商人が乞喰みたいな男と出会って、明日には商人は行かなければならないから、寝ている間に袖の中にこっそり入れて縫って隠して、 男が朝起きたら商人はいない、乞喰みたいな生活をずっと続けて、商人の家の前を通っていた時にばったり商人に会って、商人は何やっているんだと袖に隠してあった宝珠を売れば一生楽な暮らしが送れただろうと。

  • No: 333社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 16:15

    >> 332

    気付かないだけで実はお宝であるって事。

    普通に考えたら、ただの良い商人なのか、意地が悪い商人なのか。

    それに気付いていれば、袖にお宝があって、乞喰から脱して裕福な生活を送れた。

    それが法華経には沢山そのような話が出てくる。
    誰もが気付いていないだけで気付けば誰もがお宝があるって解釈。

    そうじゃない。

    自分自身がお宝であるって事。

    国のお宝は国民。

    それすらもわからないの?

    国民がいてこその国家だから。

    財産より自分自身がお宝である。

    親から見れば子供はお宝。

    知らないのは自分自身だけ。

    それに気づきなさいって事を説く。

    法華経は難信難解だからね。

    中々信じられないのもわかる。

    こんなたとえ話みたいな作り話を信じろって無理があるし、解れって言われてもね。

    霊感的とかカルト呼ばわりされるのは仕方ないかも。

    変毒以薬もたとえ話だし。

    ある時に良医の子供の兄弟は病に侵されて、薬を飲まなければ死んでしまう。

    でも兄弟は薬が嫌い、飲まない。

    だから、良医は子供を置いて旅に出てしまった。
    知人に頼んで子供たちに親は死んだと伝えて欲しいと頼んでその代わり、この薬を飲ませて欲しいと頼んだ。

    そしてその兄弟に父は死んだ事を伝えて、この毒薬を飲むようにと遺言を残したと話した。

    そうすると素直に毒薬を飲んだ。

    そうして父はそれを知り、兄弟の元に帰って行った。

    再会を果たす。

    毒と思っていた薬が実は良薬であると言う解釈になる。

    変毒為薬。

    毒を変じて薬と為す

    嫌いな薬を飲ませるだけの一芝居と見ると思うけど、そうじゃない。

    そんな事を教えている訳ではない。

    悪い事(出来事)であっても良い事(出来事)に変えて行ける考えを教えている。

    毒を変じて薬と為す。

    塞ぎ込むのではなく、前向きに考えよって事を説く。

    雨が降って雨漏りがする家で困るのは両親で子供は楽しむ。

    これが変毒為薬。

    視野を広くもつ事でもある。

    悪い方向へ考えるのではなく、良い方向へ考える事も出来る。

  • No: 334社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 16:48

    >> 333

    ちゃんと法華経を理解すれば、内容は兎も角として、見えてくる。

    そこに魅力がある。
    妙法を説くには難しいかも知れない。

    妙とは心。

    心は色も形もない、でも無いとすれば、確かにある。

    それを中道一律の妙体だから、妙と名付け、

    妙の一念の中には様々な存在がある。

    四苦八苦とか、地獄のような苦しみから餓鬼の様に貪り食う事も畜生の様に本能のままに怒る動物の様なものと阿修羅みたいに何個も顔を変えるものもある。

    弱い者には強く言い、強い者には媚びへつらう。
    その心は阿修羅そのもの。

    それを四悪趣と言い、悪の塊。

    これが苦しみの因になっている。

    それらを脱するには人間的心、平らな心。

    上がりもせず下がりもせず。

    一定を保てれば、人間的心を維持できる。

    それを左右させるのが周りであったり、国土であったり世間であったり、 色々であり、中々維持するのが難しい。

    天国は喜ぶ時

    音楽や芸術は声門と縁覚
    菩薩は慈悲や慈愛やボランティアや献身的な事。 人助けとは限らない。 動物を助けたって言うのも入る

    何かの為に見返りを考えず行動しようとする心。
    仏はすべてを統括している働き。

    生命の源と一緒で心の源。

    それが仏である。

    だから、仏である以上、 敬う事は当然である。
    誰もが仏に成る事が出来る。

    そうでなければ生きていられない。

    自殺する人の心は仏の働きすらカットしてしまう程のもの。

    本来なら自殺するにも生きようと自殺にストップがかかる筈だ。

    それの働きすら無視して、自殺する人は心の中の奥深く、それすらも地獄になっているから。

    実行出来る。

    十通りの心にさらに同じ十通りの心がある。

    地獄であっても人の役に立ちたいと思えば、地獄の中の菩薩に位置する。
    地獄でも更に貪り続けるは地獄の中の餓鬼に心がある。

    地獄の中で怒れば、畜生にある。

    地獄の苦しみの中に悦びがあれば天国の心

    地獄でも落ち着いているなぁって思えば人間的心を持っている事になる。
    それが一念の中で輪廻している。

    それを現すのは世間や国土。

    一念三千の法門が法華経に隠されている。

  • No: 335社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 17:24

    十×十の心に十如是で千世界とし、三世間、五陰世間と衆生世間と国土世間の三世間を合わせて三千世界となりそれが一念にあるから一念三千の法門とある。

    五重相対なども。

    まあ全て日蓮が解いてくれたから日蓮が教えてくれなければ、ここまで、法華経を理解出来るかと言えば難しい。

    だから、日蓮を仏としたい言い分もわかる。

    日蓮宗はただの僧侶としてあくまでも仏は釈迦であると主張している。
    日蓮も釈迦を敬っているではないかって。

    確かに敬ってはいる。
    日蓮が自ら自分は仏だと記した事はないし、自己主張は凡夫の身だと自己主張しているし、でもね。

    釈迦も自分から釈迦だと自己主張した訳ではない。

    だから、周りが決めれば良いんじゃないかって思う。

    日蓮仏として思うのも自由じゃないか。

    日蓮菩薩でも良いし。
    富士大石寺の系統はみんな大聖人として呼んでいる訳で。

    どちらの宗派が正しいとか決めろってなっても、 難しい問題。

    日蓮からすれば、仏でも菩薩でもそんな事は関係ない気もするが。

    それよりも法華経を正しく世に広げた方が良いんじゃないか。

    間違った認識を持たれても肝心な事が解らないままでは不敏としか思えない。

    自分はやらないけどね。
    そこが目的じゃないから。

    間違った認識は正せば良いし、一々相手にしてたら命が足りない。

    使命にならない。

    ただあまりにも酷かったからここで呟いてみた。
    聖徳太子や空海や日蓮や宮沢賢治すらもカルトとか霊感的な法華経に魅力されたとかあったから。
    そんな人達が普通に解釈するとは思ってない。
    謎だから、魅力され、解読する楽しみがあるからである。

    なぞなぞにはまる。

    日蓮は更に御本尊まで図顕出来た。

    日蓮は日本一の学者になるって言うだけの事はある。

    漁師の子供が僧侶だ。

    あり得ない。

    だから、色んな学門を通して法華経が素晴らしいと言うものに何が素晴らしいのか紐解いてみたら、本当に素晴らしかったって事だよ。

    だから、誰も唱えなかった妙法をただ一人日蓮は、妙法を唱えた。

    解釈して納得した者が日蓮の弟子となり、考えを改めた。

    一乗に帰せよって言われている。

    信じる者は救われるんじゃない、自ら信じて動いて自らを救うのが法華経の教え。

  • No: 336社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/22 17:38

    >> 335

    法華経を愚弄してはならない。

    妙法である。

    妙法とは、どんなものより優れた法って事だよ。
    なにものにも覆されない法則を説いている。

    それを文字だけを見て判断するは愚かとしか言えない。

    法華経の真理を学してから批判するべき。

    頭から否定してはならない。

    日蓮がそれを聞いたら嘆くよ。

    摩訶不思議な霊感的なカルト何て言えば。

    現実に起きている事を説いている法華経を摩訶不思議な霊感的なカルトとは何事かって。

    妙法を信ぜずして何を信じるのか。

    日本国なら尚更の事。
    釈迦さえも認めた日本国だぜ。

    その為に態々、東の島国にこの仏教を届けようと弟子たちが頑張ってくれたから、日本国に法華経がある。

    三蔵法師の漢訳があってこそだし、天台や伝教や妙楽などの協力の元、日本国に来た仏教を何て酷い事を言うのか。

    法華経は平安時代の末期までなら、全国に法華経が拡がっていたのに、何故か末期頃から、薄れて権力争いが勃発。

    戦国時代へと流れて行った。

    江戸時代か。

  • No: 337社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/24 18:49

    スピリチュアルの世界と自分自身の持つ世界と何が違うのか。

    運命的な出会いって言うけど、記憶がないから、 運命的な出会いとは限らない。

    自分自身の記憶からは確かに約束事をして来ている。

    だから、スピリチュアルの世界の話も嘘ではない。

    ただそれを何でも運命的な出会いってするのはどうかと思う。

    それと遊びに来たって言う人もいるかも知れないけど、その人は遊びに来ただけかも知れない。
    誰もが当てはまる事はない。

    自分自身がそうかな?って疑問になる事はそうなのかも知れない。

    息抜きの可能性もある。
    その場合、態々苦しい生活を強いられる場所には生まれないから。

    日本は今は戦争はしてないし、武器も少ない。
    他の国の地域よりは安全。

    その事からその機会を選んで来たのかも知れないから。

    物質界は魅力がある。
    自分自身がやりたいなって思ったのはゲーム。
    趣味もその人の好み。
    何かをしたくて来ている魂も居ても可笑しくない。

    目的も使命も何もかもその人が決めるもの。
    だから、否定は出来ない。

    意思でもあるから。

    本人は知らないだけで、 実際はそれを楽しんでいるかも知れない。

    だからこそ、自由自在で不可能は無いって言うのかも知れない。

    向こうの世界ではゲームもなければ、ゴルフも水泳も無い。

    それらが物質界では出来る。

    それだけで魅力があるとは思わない?

    だから、それを目的で生まれてきても可笑しくない。

    だから、善根を積めば、 後生善処になる。

    反対に悪根を積めば、国難の場所に生まれて権利もない奴隷みたいな扱いをされたり、それは烏が黒いって言う道理と同じ。

    行いで、最悪になったり、最高になったり。

    だから、全て自分自身が悪い。

    誰のせいでもない。

    環境のせいにしても、元を正せば、全て自分自身がやって来た事。

    だから誰も憎んではならない。

    自分自身から言えるのはその事だけ。

    スピリチュアルの世界が全て正しいとは言わない。

    0でない限り、当たる事もある。

    そんなインチキな占い的なものとは違う。

  • No: 338社会人(匿名)スレ主更新時刻17/03/24 21:39

    >> 337

    ただね。

    約束した理由は自分たちの魂を上げる事じゃない、叶えられなかった思い、結ばれたい、ただそれだけ。

    その為に結ばれる約束をしただけ。

    それで結果的に良ければ、楽しみも知っている方が何倍も楽しい。

    自分自身は逆効果になっている。

    諦めた。

    こんなに辛いのは、二人ならどれだけ幸せになったんだろうって思うから。

    離れたくない気持ちから、ずっと一緒にそばに居る。

    そして、お互いが笑顔。
    今もそうだけど。

    だけど結ばれてない。
    忘れられてるって少し寂しいけどね。

    言えないし、言っても信じて貰えないと思う。
    全てを話せば、少しは理解してくれるかな?
    誰にも話した事はない。
    自分自身だけの秘密。

    病気や記憶の事とか、会えた事。

レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

  • 画像処理中
  • ※1000文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。

このスレをみた人は、こんなスレも見ています