1. ミクル掲示板
  2. 日記・つぶやき掲示板
  3. つぶやき
  4. 夕されば小倉の山に鳴く鹿は・・・

新規スレ作成

夕されば小倉の山に鳴く鹿は・・・

421レス 21670 Hit
  • スノースタイル(♂6vTl1)
  • 18/10/03 21:40(最終更新日時)
  • タグ 風の声 偲ぶ

空を駆け巡る風が鳴くこんな日は何故か人恋しくなりこの万葉集を思い出す。


夕されば小倉の山に鳴く鹿は
今夜は鳴かずい寝にけらしも
(歴史的仮名遣い)
ゆふさればをぐらのやまになくしか
はこよひはなかずいねにけらしも



現代語訳
夕方になるといつも小倉の山に鳴く鹿が今夜は鳴かない。もう寝てしまったのだろうなあ。

(いつもは夜になると妻(雌)を呼んで鳴
く鹿が今夜は鳴かない。今夜は妻を呼ぴ得て安らかな眠りについたのであろうという鹿への慈愛を詠んだ歌。)



私も何時かこんな優しさを身に付けたいと思っていた

しかし現実は・・・




16/02/12 14:39(スレ作成日時) [RSS]

  • No: 412スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/16 08:16

    誘われて


    散歩中に秋茜の群れに囲まれ

    蜻蛉に誘導される様にたどり着いた

    とある家のガーデンの花に

    しばし見とれる


  • No: 413スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/18 20:14

    居たたまれなくて



    何処かで子猫こ鳴いている

    ミャア ミャアと悲しげな鳴き声がする

    すべてを放り投げ私は

    只管鳴き声に神経を研ぎ澄ます

    そして鳴き声の正体を知る

    何処かの家の日除を

    秋風が揺らす音だと気づいた。



    こんなにも子猫の鳴き声に居たたまれなくてなるのは何故か

    そして ふと気づいた

    前世は猫の母さんだったのだ

    多分そうにに違いない

    いやきっとそうだ



    オーーーイ


    母さんは此処に居ますよーーー

    なんて(*≧∀≦*)










  • No: 414スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/23 01:12

    ゆめをみた



    わたしにゆくなといったきみが


    わたしをのこしていってしまった


    いつまでもさめぬ ゆめのゆめ



  • No: 415スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/23 15:24

    急ぎすぎる秋


    秋の山野草展に行ってきた。

    吾亦紅も竜胆も、去年に比べると何だか秋色が濃く想える


    品種改良された彼岸花もすでに数鉢は
    花が終わってた残念。



    妙に寂しさが募る

    急ぎすぎる秋です



  • No: 416スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/24 21:41

    尾花


    風に揺れるは

    ふさふさしっぽ

    月が隠れて

    姿は見えぬ

    見えぬきつねの

    尾花が揺れる

  • No: 417スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/25 20:31

    >> 398

    それぞれの青春の門



    今夜偶然見たテレビで青春の門の映画の織江の歌を聴いた


    何ともく懐かしく、切ない筑豊で暮らした僅かばりの時を想う。


    山崎ハコの声に当事の暮しが蘇る


    改めて無くした物の大きさを思い知らされた。

    https://youtu.be/hOGUHjdDPek



  • No: 418スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/26 23:20

    雨の物語


    あの日もし

    雨が降らなかったら

    君を許せないまま

    暮らしていただろう



    それが良かったのか

    悪かったのか

    7年経っても

    未だに解らない

    https://youtu.be/dy6OlJGPq6M





  • No: 419スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/30 23:15

    静寂


    空を騒ぐ風も止み

    雨も上がり

    ただ一つ除けば

    静な静な夜です


    今夜はやけに騒ぐ耳鳴りはまるで

    頭が伽藍堂になった様で

    何時までも鳴り響く


    こんな夜は

    古い友が不意に訪ねる様に

    哀しみがやってくる


    静な夜に

    哀しみひとつ


    静な静な夜に

    哀しみふたつ

  • No: 420スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/09/30 23:58

    ただひとつの後悔



    過ぎ去る君の後ろ姿に

    肩に伸ばそうとした手を止め

    そして言葉をのみこんだ











  • No: 421スノースタイル(♂6vTl1)スレ主更新時刻18/10/03 21:40

    夕べ咲いてた花




    そばの花が咲いている

    そばの花を見ると思い出す

    あれは遠い昔

    私が7つか8つの

    何をしたのか覚えてないが

    母に叱られ独り何時までも

    そばの花を見つめてた



    あれから何十年も過ぎたが

    あのそば畑のそばの花を

    私は何故か忘れられない



    そばの花は1日しか咲かない

    今みてる花は明日は咲かず

    明日はまた違う蕾が花が咲く

    桜より儚いそばの花


    故に私の心を捕らえて

    離さないのかも知れない







レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

画像を投稿するには、ログインが必要です。

ミクルログインIDの登録はこちら

ミクルログインIDをお持ちの方はこちら

  • 画像処理中
  • ※1000文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。

このスレをみた人は、こんなスレも見ています

  • 13250
    Hit

    362
    レス

    官能小説語り日記

    マドンナメイト、フランス書院などの官能小説を語る部屋。 個人的官能小説名作。 ☆マドンナメイト 館淳一『セーラー服恥じらい日記(上下)』 ☆マドンナメイト 橘真児『セーラー服童貞「姦す」』『ロリ…

    名無し更新日時18/08/15 10:26タグ 読書 官能小説