• No: 1新上五島(51h7Sb)スレ主更新時刻15/04/19 13:09

    オウム真理教は、例えるとパンチパーマのヤクザです。見た目から危険度がわかります。創価はスーツ着たインテリヤクザなんで、見た目からは危険度がわかりませんが、オウムより危険です。財務(お布施)と言う名の上納金システム、池田大作が飲んだ飲み物を飲み回す、ヤクザの盃(さかずき)、脱退者や批判者に対し嫌がらせ(嫌がらせは、証拠の残らない電磁波で広宣部がやります)をして自殺に追い込む。ヤクザ組織そのものです

    ちなみに、自分がやられてる嫌がらせは、遠隔から痛みを与えられる他には、ノイズキャンペーン(騒音による嫌がらせ)と集団ストーカーです。SFやファンタジーの世界になるんですけど、カラス、犬、猫、ネズミ、カエル、虫等をタイミングに合わせて鳴かせる嫌がらせをします。あと、くしゃみ、タン、せき、鼻水を第三者に出させてのノイズキャンペーン。学校のチャイム音、船の汽笛、カナヅチ音、芝刈り機、ヘリコプター音、救急車、消防車等のサイレンでの嫌がらせをします。生き物(電気信号で動く)と電気で動く物は意のままに操れます。ヘリは、創価被害が始まった数年前から、毎日決まった時間に家の上空を飛ばすようになりました。1日4~5回。操縦士は嫌がらせしてる事には気付いてないです。なぜなら、操縦士は遠隔からコントロールされてるだけだからです。ヘリは創価のリモコンヘリと化してます

    救急車なんて、サイレンで嫌がらせする為に、電磁波でわざわざ重篤患者を作り出します。行く所行く所に、パトカーが付きまといをする集団ストーカーもされるんですけど、これは警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるような工作をしてるだけです。カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり、害虫を家に集めたりも出来るので、ブレインマシーンインターフェース(BMI犯罪、精神域介入犯罪)っていって、人の意識も意のままに操れます。警察もヘリも救急車も、連絡を取り合って嫌がらせしてると思ってたんですけど、そんな事すれば莫大な費用がかかるし、何より証拠が残ります。創価は悪事がバレる事を何より嫌うので、連絡取り合ってやらせてる事はまず無いです。全て、証拠が残らない電磁波でやってます

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみしたりする集団ストーカーも創価の特技なんですけど、これは被害者の周りの人に電磁波を当てて、咳払いやくしゃみ