新規スレ作成

葉月日記・二冊目♣

165レス4360 Hit

一冊目を、なんとか最後まで続けられました。
人生の微妙な折り返し地点に来ている今日この頃、日記に書き綴りたいことがいろいろあります。

思えば小学生の時に先生に提出する日記から始まり、親友との交換日記、文通(最多で4人と同時に文通していた)、ノート3、4冊に書きためた詩(知人に貸したまま返ってない)、青春時代の日記など、私の半生、いつも何かを書いてました。

何かを書くことは私の自己表現で、それを読んでちょっと元気になってくれる人たちがいたら、すごくうれしいです。

機会があればお気軽に立ち寄って下さい。


13/10/07 12:11(スレ作成日時) [RSS]

  • No: 116葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/07/10 16:07

    スーパーのレジにて。20代前半くらいのカップルが、女の子の下着を買っていた。
     一緒に選んで買った感じ。男の子が代金を払ってたし。
     私の世代からいえば、考えられないから、びっくりした。女の下着は本人一人で買うものじゃないの?それとも、この私の考えが古い?
     まあ、別にびっくりしたというほどのことでもないけど…


     農作業中、かたつむりの交尾を発見!
    小さなかたつむり同士だけど、あれって…
    はっきりいって、動物、昆虫の中で、もっともなまめかしい!!
     もう、からみあって、ほんと、「愛撫」という感じ。ぬらぬら濡れてるし、触角なんかもうビンビンに尖っている。
     下手なAVより、よっぽどいやらしい。
     なんか、別に邪魔するつもりもなかったけど、作業の途中、ついどかしてしまった。
     機会があれば一度、かたつむりの交尾、観察してみては?だんだん人間同士のからみがオーバーラップしてきます。
    (@_@)

  • No: 117葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/07/14 14:19

    夏に突入‥… なんかニュースでは東のほうは猛烈な暑さらしいけど、申し訳ないことにこちらではしのぎやすい涼しい天気。
     夕方や、くもりの日は、ひんやりと心地いい風が通り抜けていく。暑さにうだっているみなさんに分けてあげたい。
     暑さを実感するのは、日中、車に乗っている時くらいかなあ。エアコンをつけずにしのげるギリギリの温度。
     これ以上、人が倒れませんように…


     なんだかんだで、この夏は忙しい。
     今、主に2つの仕事をしているけど、どちらも研修がある。1つは終わった。
     もう1つは今月下旬。この仕事はもうないかもと思ってたけど、研修があるということはまだそのうちあるのかな。
     来月は爺さんの三回忌。面倒なことは早く済ませたいというのが本音。
     いつのまにか、8月下旬にタイムスリップしてないかなぁ…

  • No: 118葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/07/20 15:12

    前回のんきなことを言ってたら、今は梅雨真っ盛りで不快指数が頂点に…!湿気でゆだりそう!
     早急に部屋の冬物じゅうたんを取ってござをひきたいけど、天気が悪いからなかなか取りかかれない。はっきりいって、じゅうたんの部屋にいるの、限界…
     梅雨明けはまだか…(;´Д`)


     高校の体育祭は、9月5日。
    夏休み明けすぐというのは、体育祭に力を入れてないということ…? ちなみに文化祭は9月12日。
     夏休み中に4回ダンスの練習があるけど、定期がないから車で送り迎えしないといけない。
     何かと忙しい今年の夏。

  • No: 119葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/08/04 17:34

    久しぶりの遠出。息子の心臓の定期検査で病院に行ったら、何も問題なく、これからは地元の市民病院でいいということ。よかった。(*^_^*)
     担当のS先生がいい先生だったから、なんだかさみしい気もする。地元の担当医は、なんかかたいというか、いまいち親身になってくれてないような感じで苦手。パソコンにデータを打ち込んでばかりだし。
     できればずっと、息子の担当医はS先生だったらよかったなぁ。


     街のビルのTSUTAYAで中古本を買い込み、外に出ようとしたら、ガラスのドアが重かった。
     一生懸命押してたら、頭上からスッと手が伸びて、背後からドアを開けてくれる男性が。
     頭を下げて、(どんな人だろう)と見ると、背が高い、20代くらいのなかなかのイケメン。
     些細なことだけど、嬉しかった。( ´艸`)
     普段から、女性にやさしいんだろうなぁ。
     今回は、イケメンから親切にされて、バスの中で若いブサメンから開いてる席を取られた。

  • No: 120葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/08/12 17:26

    暑さにゆだる毎日が続いたけど、昨日からまとまった雨。久しぶりに涼しい。
     最近、CDデッキの調子が悪く、なだめすかしながら使うも、全く作動しない日もあった。
     でも、今日はいつも通りに動いた!やっぱり暑さのせいだったんだ。
    まだまだがんばれ!CDデッキ!


    息子は寝る前によく車のパンフレットやゲームの攻略本を持って行って布団の中で見てるみたいだけど、しばらく前、よく卒業アルバムを持って行っていた。
     「思い出にひたってるの?」と聞くと、「みんなどうしてるかなと思って」と言っていた。
     なんかせつない‥…

  • No: 121葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/01 22:14

    うう‥… 久しぶりの更新…
     この間、やっと書けると思ったら、まさかのシステム障害で書いた分が2回消えてしまった。
     いろいろ大変でした。まずはお盆前後、親戚が5泊。振り回されつつ、やっと帰ったと思ったら、次の週は爺さんの三回忌の法事。
     なんとか乗り越えたものの、今は息子の夏休みの宿題の仕上げに追われる日々。もう新学期は始まったのに‥…
     並行して、体育祭のゼッケン付け。
     おまけに、延々と続く畑の草取り。
     なんという日々!
     ふだんが怠惰な分、どっとまわって来た感じ。
     涼しくなってきたから、部屋の片付けにも取りかかりたい。

  • No: 122葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/11 18:37

    畑の雑草を黙々と取っていたら、なぜか土の上に指人形サイズのアンパンマンがあった。
     どうやらお盆にやって来た親戚の子供が投げ込んだらしい。遠くまで飛ばしたな。
     畑の外に持っていこうと思いつつ、あまりの雑草の多さに、アンパンマンは放置してしまった。また収穫の時、見つかるよね…
     あとは、婆さんが残暑をものともせず、雑草を取り切って完了。昔の人は体力がある。


     今月は私の誕生月。ふと気づくと、自分の正確な年齢があやふや。ひとつ多くサバをよんでいる。
     もうなんか、どうでもよくなったというか… 年齢不詳の人でいいや。
     このへんでは、中高年のばあさん、おばちゃんをまとめて「おばさん」というので、おばさんにはならないように…
     とりあえず息子の文化祭、さりげなく若者風のTシャツで行こう。(^ー^*)

  • No: 123葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/11 18:40

    絵文字が…切れちゃうんだよね…
    どうにかならないのかな?
    (^ー^*)(*_*)ヽ(^。^)丿(^。^;)φ(.. )

  • No: 124葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/15 14:29

    ☆仕事エピソード

    以前アルバイトしていた日払いの派遣の仕事で、完全間近のマンションの清掃等をしていたことがある。
     部屋の掃き出しの他にも、屋上のコンクリートの凹凸を削る作業等があった。別の所では水回りの工事の前に、職人さんとマンツーマンで糸に墨を付けてコンクリートに線を引いていく作業もあり、その時はまたアルバイトに来ないかと言われ、楽しく仕事ができた。
     知人の先輩もアルバイトしていた時期もあり、その時は工事前の地鎮祭から参加したと聞いた。
     しかしやっぱりアルバイトなので、定期的に仕事が入るというわけでもなく、たしか梅雨時だったと思うけど、私とベテランのおばさんまで仕事が回らなかったことがある。
     派遣担当の人が仕方なく、「社員の部屋の清掃でいいですか」と建物の部屋を開放してくれた。実際には掃除の必要がないように片付いた部屋で、ベテランのおばさんと書籍等を整理して磨き上げて仕事は終わった。
     その後私も転々といろいろなアルバイトをしたけれど、理不尽に文句を言われて長い時間働いたわりにはアルバイト代が入らなかったことなどよくあった。
     そんな時、身を削るように二人分アルバイトの仕事を提供してくれた派遣担当の人を思い出す。今もあの会社が同じ場所にあるかはわからないけれど、皆さん元気に働いていてくれればと思う。

  • No: 125葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/18 14:56

    集団的自衛権について…

    集団的自衛権についてはいろいろな説があるが、結局は現場に出た時の対応ができるかどうかで、たぶん今日本人が国際問題で揺れている地域に派遣されても、仕事はないのではと思う。
    現在の国会やデモの様子が配信されて一番迷惑なのが、海外の日系企業やそれを取り巻く地域の反日デモで被害を受けている所だと思うし、もしそういう場所に職員が派遣されて、ただで済むとは思えない。
    ある意味自衛隊は国の法律に守られてるし、紛争している街に生活して交渉できる人材は、ほんの一握りだと思う。
    水のない砂漠に放り出されて生き残れるか、海に沈みそうな時に泳いで海岸までたどり着けるか。許可がなければ命を救えないという現状で、日本がこれからどれだけ地盤固めできるのか。
    私には、社会的弱者が苦しんでいる状況を見て見ぬふりをして、命がどんどん失われていくのに助けずに安全な場所にいる人々のほうが怖い。

  • No: 126葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/26 14:30

    ☆歌本について

    小中学生の頃、一時期祖父母の家にいて、いとこと一緒に歌を作ったことがあった。
     正確には、その当時「明星」や「平凡」といったアイドル雑誌があり、その付録として歌本があった。アイドルの写真と新曲の歌詞が載っていて、いとこと私はその歌詞を見ながらどんな曲が想像してメロディーをつけて歌うという遊びだった。
     なにしろ楽器を習ったこともないので、メロディーといっても音楽の授業で習うような感じになってしまい、私が考えた曲は、実際のアイドルの曲と比べたらだいぶ間延びしていた。
     目の前には家の桟橋に漁船がつないであったので、いとこたちと乗り込んで波に揺られながら適当な歌を歌っていた。
     私が引っ越した後も、しばらく仲が良かったいとこと文通していたけど、スターの新曲の歌詞を最後に書いて送るというのが自分たちのブームになってしまい、ある時私が好きな曲の二番の歌詞を適当に書いて送ったら、実際の歌詞と違うと怒られたこともあった。
     その頃、岩崎宏美の「マドンナ達のララバイ」が大ヒットして日本レコード大賞候補になったけど、たしか作曲家が外国人という理由で賞を取れなかった。それを聞いていとことがっかりした思い出もある。
     あの頃は、アルバムのレコードを買うのは難しかったので、全曲歌詞が載っている歌本は毎月楽しみに読んでいた。

  • No: 127葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/09/30 11:44

    ☆ステレオについて

    以前、いとこの家にステレオがあった。どこかからのもらい物ということだったが、その頃の歌手のヒット曲を聞くにはテレビの歌番組を見るか、レコードを買ってきて聴くかしかなかったので、一時期いとこ達と街に行く度にレコードを買って聴いていたことがある。トシちゃんやマッチ、松田聖子が多かった。
     アルバムレコードといえば、これもどこかの家のいとこからもらったというピンクレディの後楽園球場コンサートのアルバムがあった。たしかコカ・コーラの抽選で当たったということだった。ピンクレディがアメリカ進出した頃のコンサートだったので、洋楽のカバー曲もあり、それで英語に興味を持った時期だった。
     やがてステレオは、私が家を出てしばらくして戻った時にはレコードごと撤去されていた。その代わりというわけではないけど、高校に入る時には英語の勉強に使うと言ってラジカセを買ってもらい、それでラジオのリクエストコーナーからヒット曲をダビングすることを繰り返していた。
     今、ステレオがどこにあるのかはわからない。ステレオがあった部屋はリフォームされて、いとこの子供が使っている。


  • No: 128葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/03 16:49

    ☆ラジカセについて

    最初のラジカセからは、けっこうたくさんのオリジナルテープを作った。
     転校した友達には、ステレオのレコードからダビングしたテープを手紙と一緒に送ったりしていた。ユーミンのテープだったけど、ちょうどその頃にその友達もユーミンのファンになり、曲のイメージのイラストと一緒に近況を書いて送っていた。
     みんないろいろな方法でいろいろなアーティストの曲をダビングしていたが、戻ってこなかったテープもいくつかある。
     杉山清貴&オメガトライブのテープを貸した友達とは今も連絡を取り合うけど、今もテープを聞いているかわからない。
     山下達郎のテープは、ダビングしてもらった後、友達に貸したが戻らないので、自分でCDを借りてダビングし直した。夏の必需品なので。
     逆に、サザンのテープを友達から借りて、何回も聞きすぎて、曲が伸びてしまったことがある。ほんとうは録り直して返すとかしないといけないんだろうけど、その頃はお金がなかったので許してもらった。
     寮に住んでいた時は、ラジカセが必需品だった。テレビは食堂で夕食の時だけで、チャンネル権は3年生が握っていた。
     ちなみに私が住んでいた寮は男女合同で、部屋の行き来も自由だった。これを聞くと、みんな驚くことが多い。

  • No: 129葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/06 16:29

    ☆ウォークマンについて

    最初のウォークマンはいつ頃どういうタイプの物を使っていたか忘れたが、アルバイト時代は何台かウォークマンを使い倒した。
     バイト先に自転車で向かう時、上着のポケットに本体を入れて音楽を聞きながら40分位の距離を走っていた。
     一度、街の公園でわりと状態のいいウォークマンを見つけて、警察署に落とし物として届けたことがある。結局落とし主が現れず、たしか半年後に連絡があり、ウォークマンを使えることになった。けっこう長い間使わせてもらった。
     その頃は、ミュージックテープという物があり、予約して購入していた時もある。
     そのうち、寮の友達から開店して間もないライブハウスのライブに誘われて、4、5人で新人アーティストのライブに行ったりしたこともあった。情報誌で見かけた、なんとなく興味のあるバンドとかにそれぞれが出かけていたので、ジャンルはバラバラだった。
     そのうち、アルバイトでは生計が立たなくなり、テレビはおろか音楽もほとんど聴けない日々に突入していった。

  • No: 130葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/11 14:34

    ☆メディアについて

    フリーター時代は、アパートに居候して、とにかく条件のいいアルバイトがある時に精一杯働くということを繰り返していたので、テレビはほとんど見ることができなかった。
     ある時、公園で休憩していた時に、建物の壁に黄色い紙にサルのイラストが書いてあるポスターを見かけて、絵本か何かかなと思っていたが、後で、Mr.Childrenのシーソーゲームという曲のポスターだとわかった。
     その頃はかなり大ヒットを連発していたらしいけど、聴く機会がなかったら数あるバンドの中の一つで、男子に人気があるのは知っていたが、改めて曲を聴いたことはなかった。
     同じように、レコード店の店頭のポスターで見かけて、大黒摩季の存在を知り、その曲はアパートの怪現象が起こった時に大分助けてもらった。
     わけもなく電気が消えたり、不審者(たぶん別アパートの住人)の不法侵入があったり、そういう怖い目にあった時は、みんなで大黒摩季の曲を歌っていた。
     曲とは関係ないが、冬のある日、アパートの部屋に誰か来たので、電話もなかったから誰か連絡に来たんだろうと開けて見ると、男の子が、「ここ、看護婦さんの部屋ですか」と言って来た。
    違いますと言ってドアを閉めたが、その後も2、3人「看護婦さんですか」と尋ねた後、隣の部屋に入って行った。
     中には富山の看護婦を探して来た男の子もいて、同じ部屋の住人が帰って来た後、隣の部屋の様子を耳をそばだてて聞いていたが、いっとき酒を飲んでいる感じのざわめきがあった後、静寂が伝わってきた。
    もし万が一不純異性行為みたいなことがあれば、いきなり静寂が続かないと思う。
     今ならば、ネット中継とか動画配信とかで看護婦さんの動画等共有できるのかもしれないが、その時は、女性らしき人がやってきた後、朝まで静かな空気に包まれていた。
     その翌日、隣の部屋も普通に解散したらしく、日常が戻ってきた。部屋の住人と私はいろいろ推理しながら、結局真相が分からず、住人は彼氏に連絡を取ったようだった。
     テレビがないと、いろいろな音が聞こえてくる。今、怪現象が起こっても、テレビの音で聞こえないかもしれない。

  • No: 131葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/15 16:27

    ☆マンガについて (小学生の時) 


    小学生の時は、よく「りぼん」やГなかよし」を読んでいた。一条ゆかりの「砂の城」の連載一回目は、病院の待合室に置いてあった「りぼん」で読んだ。
     その後に初めてコミックスを買ったのが、庄司陽子の「生徒諸君!」だった。これは「少女フレンド」を友達としばらく毎回立ち読みしていた。
     友達が集めていたのが、上原きみこの「マリーベル」等のコミックスで、家に泊まりに行った時は夜更かしして読んでいた。
     同じ頃にいとこがはまっていたのが、細川智栄子の「伯爵令嬢」で、このマンガからいとこはかなり影響を受けていた。
     私も、歴史ロマンス物にはまってしまい、やがて池田理代子の「ベルサイユのばら」の世界に入り込んでしまうのである。「ベルサイユのばら大百科」も持っていた。

  • No: 132葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/19 15:05

    ☆マンガについて(中学生の時)

    「ベルサイユのばら」の世界にに入り込んでしまった勢いで、よくオスカルやロザリーのイラストを自由帳に書いて、学校でマンガ好きの友達と見せあったりした。
     その頃、クラスの中ではガンダムとマクロスブームが巻き起こっていて、アニメージュという雑誌を見ながら、シャアとララアはいったい何者なのか、よく休み時間にみんなで話していた。
     文化祭の時は、なかなか出し物の意見が出なかったので、試しにフランス革命の歴史について調べて発表したいという案を出したら、あっさりボツにされた。
    同じように、別のクラスで「王家の紋章」(細川智栄子)のファンの女子が、エジプトのツタンカーメンについて発表したいという案を出したけど、実行するのは難しかったらしい。
     そのうちにマンガ好きの友達とマンガクラブに入って、それぞれのマンガを見せあったりしたが、学年が変わり、同じ時期に有吉京子の「SWAN」というバレエマンガにはまってしまい、競うようにコミックスを買った覚えがある。友達のほうがどんどん買い集めるので、先のストーリーを知っているので悔しかった。

  • No: 133葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/22 16:51

    ☆マンガについて(高校生の時)

    高校の時、有吉京子のマンガ「アプローズ」の中の舞台劇の話を脚本にして、予餞会で上演したことがある。予餞会とは3年生を送る会のような物で、その時私は脚本係だった。
     マンガではなく、外国のSF小説で「冷たい方程式」という短編があり、それを劇にして上演したいという話が出たことがある。けっこうみんなの意見が一致していたが、登場人物が2人ということもあり、実現はしなかった。
     内容は、宇宙船に許可なく隠れて乗り込んだ女の子と、宇宙飛行士の話だ。船内には1人分の食料と酸素しかない。
     この話をアレンジして上演した高校とかはないかなあ。わりと、マンガや小説から上演する学校は多いと思う。
     高校卒業後は、とある行事の上演の脚本を頼まれて、女子の調理に関する体験談を上演してもらったこともあった。
    担当の人は、「これから絶対ラップが流行るから」と言って、ラップを取り入れたミュージカル仕立てになっていた。
     マンガからいつのまにか劇の事になったけど、学生のうちから、どんどん発表会でみんなが好きなことを発表できるようになればいいと思う。

  • No: 134葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/10/27 19:22

    親戚の法事があった。
     久しぶりに会うおばさん達と共に、混乱した台所の中でそれぞれのやり方で料理が出来ていった。
     田舎だから、昔ながらの法事をしようとしたら、準備に1日、当日、片付けに1日、計3日かかる。
     お客の中にも、「こんなに本格的にしなくても仕出しで充分」という人たちもいるけど、どうしても爺さん婆さん世代は本格的にしないと気が済まないらしい。
     ちなみに私の祖母の法事の時は、たまたま地域の役員と重なったということで、公民館で行われてわけがわからなかった。
    私の小さい頃の思い出話をする人もいれば、母親の妹と間違う人もいて、まあ地元だからいいとしても、別の地域から来た親戚の嫁は大変だったと思う。
     もうこれからは、身内でちょっと豪華な仕出し弁当でもとればいいと思う。切実に家計に影響するし。

     家の中と外によく虫が出てくる。今日は部屋の中にカメムシが出た。

  • No: 135葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/11/05 16:13

    ☆芸能人の夢シリーズ☆

    スポーツ施設のような建物の中で、働いていた。
     息子が内線電話を取り、対応しきれずに私が代わった。
     何かトラブルというか、行き違いのようなことがあるというのでグラウンドに行くと、若い黒人アスリートの女子が何か困った様子でしきりに窮状を訴えてくる。
     そこへ、広末涼子が長身になったようなコーチが現れて、書類を片手にテキパキとアスリート達を采配していった。
     スーパーモデルみたいなスタイルで、頼もしい感じの人だった。しかし顔はどう見ても広末涼子だった。

    同じグラウンド内で、坂上忍がラガーマンを集めてラグビーのコーチをやっていた。
     飲んだくれているイメージがあるから、ラグビーのコーチなんて最も遠いと思うけど、もしかしたらドラマの演技指導?
     案外サマになっていた。


  • No: 136葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/11/14 16:48

    地域のイベントで、運転のシュミレーション体験の機械があったので、やってみた。
     超ノロノロで発進。本当だったらこの時点で後続車に追突されてたと思う。
     やがて信号待ちの後、対向車のバスがなかなか発進しないから、用心して右折すると、陰からバイクが走ってきて激突!!
    ……あえなく終了。
     そう、右折の時に対向車がいたら、陰に何か潜んでいるかもしれないから、必ず対向車が行くまで待つ。教習所で習ったことを思い出した。
     あーあ。(´Д`) 普段はちゃんと待っているけど、引っかかった‥…
     来年リベンジしたい。


    と思ってたら、なんと事故現場に遭遇!!
    通りがかりだけど。
     昨日、買い物の帰り、見覚えのある会社の軽トラ、警官、道端で警官に説明している若旦那、そして、前が壊れてナンバーも外れた業務用のライトバン…
     たぶん、これも信号待ちのトラブル。黄色の終わり頃にライトバンが無理に交差点に進入したんじゃないかな。
     若旦那は、うちにも出入りがあるご近所さん。無事で良かったというか…
     もしや、13日の金曜日だから?
    若旦那、これが人生最大の厄落としであってほしい。

  • No: 137葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/11/27 17:07

    久しぶりの遠出。旦那は少し前に用事で遠出したので、今回は私と息子の2人。
     これからは、諸事情(婆さんが1人になる、旦那と買い物のリズムが合わない)で、別々に遠出になるかも。やっぱり息子と2人のほうが、買い物を満喫できる。
     しかし、何回か息子とはぐれてヒヤッとした。すぐ見つかったけど。スマホの必要性を感じる…
     TSUTAYAではぐれた時は、一瞬館内放送してもらおうかと思った。よく考えると、あれは買い取り待ちのお客の呼び出し。
     

    地下鉄の中は、外国人率が高かった。アジア系と、たぶんアメリカ人、とその女の子のホスト役の日本人女子(やっぱり英語ペラペラ)。
     誤解を招く言い方だけど、帰りの地下鉄の中が日本人だけの時、なんかほっとしてくつろげた。外国の人が乗っているのは新鮮だし、日本がどう見えているのかな、と嬉しい気持ちもある。
     例えると、日本人だけの車両って、旅から帰っていつもの風景の中にいる感じ。旅には旅の、異空間の良さがある。

     
     なにはともあれ、今回は文庫本、マンガの続きがあらかたそろって嬉しい!
    ヽ(^。^)丿 ガラスの仮面、50巻って出てないの?

  • No: 138葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/12/03 17:08

    前回の遠出の続き。
    バスに乗って帰る時、市民会館前で、私よりやや年上の女の人たちがぞろぞろと降りていった。
     誰かのライブがあるんだなと思い、なんか気になって、後日調べてみたら…
     The・アルフィー! だった。
     なんか、納得。いかにもアルフィーファンという感じだった。みんな生活感があった。


    こたつ登場!
    今日は寒い。しばらく前から出してます。
    恒例の絨毯替えも終わったし、いよいよ冬になる。
    さあ、おでんと鍋の日々が始まる…


  • No: 139葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/12/10 16:31

    よしながふみのマンガ「ジェラールとジャック」を読んだ。
     いきなり冒頭から、けっこうハードなBLシーンで始まる。フランス革命直前のパリの男娼館で、主人公のジャックの童貞喪失。
     はっきりいって私はBLにまったく興味がないので、グロテスクとさえ思ったけど、話が進んでいくにつれ、深い人間ドラマが展開して、すっかりはまってしまった。
     なにしろベルサイユのばらがバイブルだった私。この「ジェラールとジャック」も、当時のロココ感をしっかり受け継いでいる。
     そして何より、ジェラールのキャラがいい。S気味なのに人情味あふれている所とか。深い喪失感を、男娼で埋めているような気もする。
     私も久しぶりにジェラールにキャラ萌え。誰以来だろう。小椋冬美のキャラくらいかな。
     解説にもあるが、読者の予想を気持ちよく裏切ってくれる展開。ちなみに作者は、「大奥」も描いてます。
     男同士のラブシーンがこんなに美しいとは思わなかった…
     私みたいに、BLに抵抗がある人も、とりあえず読んで見て欲しい。
     大丈夫ですよ、ジャックが女役と思って読めばいいですから…

  • No: 140葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/12/13 16:37

    陸上部の息子。来年年明けの新春マラソン大会に出場することになった。
    とりあえず5㎞に申し込んだけど、本人はもっと走りたい様子。
     しかし、休みの日はまったく走ってない。こんなことで大丈夫か…?


    私はといえば、年末年始のバイトが決まりそう。今連絡待ち。
    決まりますように。
     何回かしたことがあるんだけど、去年、どこかで「もう募集はない」と聞いていたので、嬉しい。
     帰省して来る義家族と顔を合わせる時間も減って、一石二鳥。
     しっかり働いて、春には実家に帰省したい。去年は帰れなかったので。

  • No: 141葉月(iGijye)スレ主更新時刻15/12/20 16:32

    学校主催の、能、狂言の鑑賞会に行ってきた。
    年の瀬なので、保護者はせいぜい10人程度くらいかなと思ってたら、けっこう来ていた。30人くらい。
     ナビゲーター役の人が長めに内容の解説。なんと、室町時代に能を確立して教科書にも載っている、世阿弥の子孫ということだった!
     教育支援とはいえ、田舎町の巡回に来るくらいだから、てっきり格下の人達と思ってたら、あなどれない… 能の世界のトップだった。
     うちの息子も、能の楽器体験ということで鼓を叩いて、笑いをとっていた。
     狂言はまずまずわかったけど、能はやはり…敷居が高い。1人、静御前役の女性がいたけど、やっぱり能は男性の声がいいと思った。発声に無理があるというか。
     貴重な体験だった。半分眠ってたけど。


     天気が不安定なので、きれいな満天の冬の星座がみられない…
     最近2、3日、オリオン座周辺はきれいに見える。

    年末年始のアルバイト決定!頑張って働いて来ます!

  • No: 142葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/01/11 16:27

    今年初めての更新。今年もなんとか乗り越えられますように…
     年末年始は大変だった。アルバイトに出ながら、義家族と正月の準備。
     イヤなこともあったけど、ここには書きません。他のスレで吐き出しました。
     イヤなことがあった日、アルバイト先の担当者からお年玉をもらった。私、もうお年玉をもらえる年じゃないのに… 
     悪いことがあれば、その後にいいことがある、と実感して嬉しかった。


    最近、気がつくと「365日の紙飛行機」と「ロマンスがありあまる」をつい口ずさんでいる。
    なんとかこの2曲から脱出したいのに、抜け出せず、困っている。



  • No: 143葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/01/20 17:20

    先日、新春マラソンがあった。息子は5㎞の部で29人中12位。大人と一緒だったので、よくがんばったと思う。
    予想通り、中間くらいの順位だった。
     大方の人は真面目に走ってたけど、中にはコスプレ組も。ランドセルを背負った大人、ミッキーとミニー、ツッパリ集団と金八先生… よく見ると金八先生もリーゼントのツッパリも、女の人だった。その気合いに圧倒された。


    今日は申し訳ないほどの好天気で、ぽかぽか陽気。でも昨日は寒かった…
     雪も降ったし、この地方にしては極寒。
     スーパーも品薄だった。いつも悪天候の時はパンが入荷しないけど、昨日もほとんど空っぽのパンコーナーの前で、何人もが残念そうに棚を見つめていた。
     パン好きの人は多い。


  • No: 144葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/01/29 15:59

    なんとか寒さのピークは過ぎたか…?
    今日は風雨で天気は悪いけど、気温は13度。やっと日中10度を割らないようになってきた。
    部屋の中のデジタル時計の温度、高温になるほどあてにならない。この間、天気のいい日なんか43度だった。
    あれは、たぶん紫外線を感知して温度が上がるんじゃないかと思うけど…


    冬の寒い日、悪天候の日はなんか気が滅入ってやる気も出ない。
    ネタも思いつかない。
    早く春の便りを書きたいなあ。
    あっ!(・д・)思い出した!県道沿いの斜面に、菜の花が揃って咲いていた。
    春は近づいているよ!


  • No: 145葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/02/03 15:14

    少しずつ暖かくなってきている。春はもうすぐ。
     そんな先日、お風呂に入ろうと電気のスイッチをつけたとたん、一瞬ついてすぐ消え、切れた。風呂場は暗闇。
     しかたなく脱衣場の電気だけでお風呂に入った。案外平気だった。
     と思ってたら、そのしばらく後に今度は玄関の電気が切れた!
     どちらもつくようになったけど、電気が切れる時期なのかなぁ…


     年が明けて、ベッキー、SMAPと注目度が高い芸能ニュースが賑わっている。
     本屋の店頭でも、ふだん立ち読みしないような中高年のおばさんが週刊誌をよく立ち読みしている。
     みんな気になっているんだ。
    私もついチェックしてしまう。


  • No: 146葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/02/06 16:18

    再び冷え込む日々。寒さのピークは過ぎたと思いたい。
     外のゼニの木もアロエも枯れて、無残な姿に。
     春はいつ来るのかなぁ…


    親戚からキンカンをもらい、うちにもあるけど今年は実が多いからちょくちょく食べてしまう。キンカンって一つでおなかにたまるから小腹がすいた時にいいかも。
     せっかくだから甘露煮とかにしようかなと思うけど、砂糖を大量に入れないとすぐ悪くなるらしくて、なんか作る気になれない。
     生のまま食べることになりそう。くせになる味。

  • No: 147葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/02/14 16:21

    先週はぽかぽか陽気で、もしかしたらこのまま春になるかと思いきや、そう甘くはなかった。今日は冷たい風が吹き荒れている。
     寒い日の昼間、ふと思うことは、「今、日本中で家にいる人の7割くらいが、こたつに入って寝ているんだろうなあ…」ということ。
     寒い日くらいいいよね!


    先日歌番組でスタジオライブを見ていた時のこと。
     スタジオに向かって、客席のファンの後ろ姿が映ったが、その中の一人の後頭部が、すっかりハゲていた。
     そんなに目立つほどではなかったけど、やっぱり気になる。後ろの席の人はけっこう気になってライブに集中できなかったのでは‥‥
     後頭部に自信のない人は、ライブの時は帽子をかぶって行くほうが無難かも。


  • No: 148葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/02/20 16:47

    先日、車で走ってたら、歩道を、寒さ対策なのかサンバイザーをかぶり、サングラスをかけ、白いタオルで顔の下半分を覆っている女性がウォーキングしていた。
     銀行強盗みたいだった…


    2月15日にスーパーに行ったら、前日までチョココーナーだった所が縮小されて、ひとまとめにチョコが置いてあった。
     ボードに、「遅くなっても気持ちは一緒」と書いてあったけど、やっぱり違うと思うよ…


  • No: 149葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/02/28 15:38

    昨日、鶴が群れを組んで鳴きながら北の空へと飛んでいた。
     鹿児島で越冬して、ロシアへ向かっていくらしい。
     やっぱり、鶴の仲間うちで、「そろそろ行くか」という暗黙の了解みたいなのがあり、一斉に群れを組んで飛び立つんだろうか?
     無事にロシアへ到着しますように!


    NHKの「岩井俊二のmovieラボ」のゲストが是枝監督だった。
     この2人が座っていると、是枝監督がコアラ、岩井俊二が目が細いメガネザルみたいだった。
     この番組自体は面白いけど、学生の作品はいらないかな。あまり面白くないから。


  • No: 150葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/03/15 15:44

    先日の日曜日、息子はコンサートとパーティーだった。
     こういうと、なんかちょっとセレブな感じだけど、昼は高校の吹奏楽部の発表会を聴きに行き、夜は塾の受験後のお楽しみ会のようなパーティー。去年までは塾の中で、先生の奥さんがおにぎり等を準備してくれる家庭的なパーティーだったのが、人数が増えたとかで今年はホテルの会場を借りて、バイキングだったらしい。
     コンサートで、息子の同級生がステージで、「卒業ソングと言えば、この曲です。何の曲か考えて下さい」と言ったので、やっぱりユーミンの卒業写真かなと思ってたら、(そう思った保護者は多いと思う)違った。何だったっけ、この曲…と思ってたら、ファンキーモンキーベイビーのありがとうだった。
     世代の違いを感じるひとコマだった。


  • No: 151葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/03/27 16:05

    春が来た!と思ってたらまた冬に逆戻り、そのくり返しの日々。
     畑の桃の花も咲き始めました。
     今週末、私の実家に里帰りするので、服を買わないといけない。この時期の一泊の服装は難しい。
     日帰りなら薄手の上着でいいけど、夜の移動は冷え込むからもう一枚いる。それがなかなか難しい。日中は暑くなって脱ぐだろうから、かさばらない物。
     息子もまだ伸び続け、ズボンの足首が見えていて、こちらも買わないといけない。
     出費がかさんでいく… 帰って来てからの定期代は残しておきたい。


     この間、スーパーの駐車場で、腰の曲がった80代くらいのおじいさんが赤いマウンテンバイクに乗ってスイ~っと走っていた。
    妙に似合っていた。

  • No: 152葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/04/24 15:48

    熊本で地震。みなさんその後どうしているんでしょう。
     私は、1回目の時は1人でテレビを見てました。けっこう揺れたので、「震源地は震度5くらいかな」と思ってたら、(その時感じた揺れは震度2くらい)なんと震度7。
    信じられませんでした。
     2回目は、寝室で眠る直前。震度3で、ヤバいかもという気持ちと、これ以上揺れない!きっと!という気持ち。
     もう少し揺れてたら、避難してたと思います。
     1日も早く、避難している方達が元の生活を取り戻せますように。


     

  • No: 153葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/05/11 16:17

    炊飯器が壊れた…(+_+)
     最近調子が悪かったけど、今朝、完全に壊れてしまったようで、一旦入ったスイッチがすぐ切れてしまった。
     とりあえず別の5合炊きで炊いて、息子にはパックのかしわ飯を食べさせ、お弁当にも間に合ったけど、5合炊きは予約ができない。
     早急に、新しい10合炊きの炊飯器が欲しい!(>o<)

     

    息子のパンツも、どんどん伸びていく…(+_+)
     いいかげんに新しいトランクスを買ってやろうと思うけど、もうボーイズの160では小さいようで、ついに大人用のトランクスになる。
     旦那は自分でパンツを買うから、私が男性用のパンツを買うのは初めて。
     早く、平気な顔で男性用パンツを買えるようになりたい。



      

  • No: 154葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/06/05 15:52

    ついに梅雨入り。
    先週の日曜日は息子は陸上でスポーツ大会に参加。前日から泊まりがけで、出発の時も雨模様だったけど、雨でも開催ということで、当日も雨。ドーム形のグラウンドだったらしい。
    走る時は雨に濡れたらしいけど…
    中止かもと心配していたので、良かった。
    息子は5人中3位で、また真ん中。


    地元の商店街を歩いていると、所々の店先のガラスに手書きの九九の表が貼ってある。
    電気屋さんに九の段、美容室に四の段という感じ。
    半分シャッター通りといってもいいような商店街だけど、閉まった店のガラスにも貼ってある。
    ワンピースやディズニーのキャラクターが、「九の段は難しいよ」とか「覚えたら、逆から言ってみよう!」とか言っている。
    ここは小学生の通学路だからだろうなぁ。


  • No: 155葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/07/09 16:56

    もうすぐ梅雨明け…
    私はといえば、しばらく前まで短期の仕事をしていて、7月1日から新しく仕事に通ってます。
     週4日で、時間も短いけど、なかなか大変… やっと少し慣れた…

     そして、今年はPTAの広報の長になってしまったので、それも大変!長を決める時、上級生の保護者が何人も話し合いをドタキャンして、自動的に私になってしまった…

     そして、お盆に向けて、家の掃除と片付け!どうしよう!間に合わない!

     世の中には、仕事と育児、家事を両立して、いつも家の中をきれいにしている主婦もたくさんいるんだろうな…
    うらやましい…

     あー、現実逃避して、涼しい避暑地とかでゆっくり休みたい!

    (´д`)

  • No: 156葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/08/20 19:30

    猛暑が暑すぎる…(*_*;
    うだるような暑さ。去年は冷夏だったという声を聞くけど、去年はビニールハウスで農作業してたからひたすら暑かった覚えしかない。
    今年は夜も暑くて、30℃の壁がなかなか崩れない。たまに28℃だったらすごく涼しく感じる。
    デジタル時計の温度表示を見るのが、クセになっている…
    そして、ニュースの気象予報士の人は、涼しい顔で楽しげに「明日も、猛暑が続きそうです!」と言わないでほしい…
    「もう少しで猛暑も終わるはずです!温度が下がる日までみなさんがんばりましょう!」とか…
    「明日は今日よりは暑さも弱まるんじゃないかと思いますが、風向き次第でもしかして涼しいかもしれませんよ」とか、ダメかな…

    先日、スーパーでお坊さんがうなぎのパックをまとめ買いしてた。
    レジの人と、どうやら集まりがあるらしいと話していたけど、お寺の人に頼まずに自分で買いに来るのは、食べた後供養するのかな…?
    お盆前後に、うなぎでも食べないと檀家回りも乗り切れないのかも。予約で大変そう。

  • No: 157葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/08/29 16:58

    風の中、ツバメが一羽、電線にとまってた。
    なんだか見慣れないツバメだなと思って見たら、頭の赤さがなんか違う。たぶん日本のツバメと種類が違う感じだった。
    台風の中、一生懸命飛んで来たんだろうか…
    ツバメにしたら、「ところで、ここどこらへん?」という感じかも。目的地目指して、がんばれ、ツバメ!


    息子の学校も、もうすぐ体育祭。
    いつも仲間と集まってゲームしている先輩宅があるけど、先日、その先輩のお姉さんから焼肉をおごってもらったことがわかった。
    しかももう半年くらい過ぎている。
    お返しとか別にいいかな… お姉さんは社会人だというし。
    なんだか、ほか弁持参でゲームしている仲間もいるらしい。
    保護者の懇親会もあったけど、行ってない。大人同士のPTAのつきあいは、最低限でいいかなと思ったので。
    生徒同士は、打ち上げがあるんだろうか?
    お菓子とジュースくらいと思うけど。まあ、先輩宅の判断にお任せしよう。


  • No: 158葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/09/18 15:43

    脚が痛い…
    ついに神経痛になってしまった。今まで農作業で追いつこうと無理をしたのがどっと来た感じ。
    なんとか痛み止めと湿布でしのいでいるけど、仕事も休んでしまったし、もうこれを教訓として、農作業で無理をしない!
    人手不足をなんとかしないと。

    台風は、私の住んでいる地域は他の地域と比べてそれほどの大雨も風もない。気温と湿気の変化が大きいけど。
    今年は台風の当たり年だ。大きな被害が出ませんように。

    先日、夜中、風呂上がりに部屋で足ツボマッサージをしていると、外に置いてある椅子が、「ズズズッ…」と動く音が…
    えっ、人?泥棒?と思ったけど、椅子は窓から離れてるし、泥棒がわざわざ音をたてるかなと思ったので、たぶん野良猫の仕業。よく春先に家の裏でケンカしているし、夜中に通っているかもしれない。
    お化けかもしれないけど、日常で問題山積みの今、お化けも幽霊もなんかどうでもいい。悪さしないでくれ。

  • No: 159葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/10/30 15:47

    息子が、知人からガンダムのコミックの中古本をもらってきた。
    読んでみると、懐かしい、初代ガンダムのストーリーが…
    作者が近年あらためて書いた、アニメ版のストーリーをなぞった内容。アムロが故郷の街をさまよい、ニュータイプの人々やフラワ・ボウが出てくる。セイラは悪者を撃退し、シャアは何やら悪の組織で幅をきかせている。
     私はあまりアニメ版は興味がなかったけど、中学1年の時、クラスのみんなはガンダムに夢中だった。
     今回、このコミックをしみじみと読んで、「影響力の大きいアニメだったな」と思ってたら、夜、ガンダムの街の中で、キャラクター達とさまよい歩いている夢を見た。
     さすがに、影響力が大きい…


    秋の気配も薄いまま、もう冬に入るらしい。
    今年は秋の服があまり着れなかったなぁ。
    部屋の絨毯も敷いて、後はいつこたつを出すか…
     来週はみかん狩りです。

  • No: 160葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/11/17 14:36

    「村上春樹とノーベル賞について」

    最近、村上春樹の小説をあまり読んでなかった。どの作品もかなり読み返したので、思いついた時に読んで再び感慨にふける、という読み方だったけど、ノーベル賞の時期になるとよく名前を耳にするので、あらためて村上春樹の作品について考えてみたい。
     デビュー作「風の歌を聴け」の中で、主人公の友人・鼠は、小説を書きたいとうち明ける。
    「蝉や蛙や雲や、そして夏草や風のために何かが書けたらどんなに素敵だろうってね。」
    結局、鼠はそこでは小説を書かず、次作「1973年のピンボール」の次の作品「羊をめぐる冒険」で、長い小説を主人公に書き送るようになる。
     小説家にとって、自分の作品の登場人物は、皆自分の反映と言われるが、この鼠や主人公は、最も村上春樹自身に近いキャラクターなのではと思う。
     要するに、村上春樹にとって、毎年のように候補に挙がるノーベル賞も、たぶん小説に対しての後付けのようなもので、穫れるか穫れないかは、あまり関係ないように思っていると思うけど… ファンとしては、そうであって欲しい。
     一方、今年ノーベル文学賞になったボブ・ディランの作品、私はリアルタイムで聴いてないけど、権力に逆らうとかいうよりは、権力に逆らったり対抗する風潮を傍観している、というイメージが強い。
     なので、今回のノーベル文学賞ノーコメントというくだりも、なんとなくボブ・ディランっぽいなと思うけれど…
     優れた作品が評価されるのはいい事だと思うので、音楽家の作品がノーベル賞を取るのもいい事だと思う。
     世界中の人たちが、いい作品に触れる機会が増えて欲しい。

  • No: 161葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/12/04 13:55

    先日、久しぶりに遠出の外出をして外食した。
     農薬を使わない野菜の契約栽培をしている支援活動としてのバイキングレストラン。最初、広さのわりにお客があまりいなかったので、のんびり区分けされたワンプレートのお皿でおいしそうなおかずやサラダを取って来て食べていた。さつまいものレモン風味とか、シーザーサラダとか諸々おいしかった。
     そこへ、どこかの子供達の園つながりのママ友たちが来店。広いテーブルの予約席がなんか気になっていたけど、わらわらと母子連れが集まりだし、「遅かったねー」「この間はどうもー」と、ママ友たちのあいさつでにぎやかになっていった。
     当然、子供達も集まってバイキング開始。
    みんな要領よくおかずを選んでいたけど、気になったのは、ママ友席と子供席がはっきり二手に分かれていたこと。
     まだ小さいうちは、母親が近くの席で取り分けたほうがいいんじゃないかな、と思って見ていたけど、ママ友たちも子供達もそれなりにめいめいで食事している。
     それを見ていた他の家族連れも、子供椅子に幼い子供を一人残してバイキングへ。テーブルに残った子供椅子に固定された子供は、悠然と両親と上の子供が戻るのを待ち、テーブルの主のようになっていた。
     別に騒がしいとか、他のお客の迷惑とか(ちゃんと「みんな静かにしてねー」と注意するママもいた)はなかったんだけど、就学前の子供の集まりって、こんな感じ?という疑問は残った。きっとみんな、ファミレスとかでこういうことは慣れているんだろうなあ。
     これからクリスマスシーズン。子供を連れたママ友のパーティーとか、子供を主役にして、ママさんたちはある程度裏方に回ったほうがいいと思った。

     そのレストランのザクロジュースがおいしくて、何杯もおかわりしました。
    ヾ(^^ )

  • No: 162葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/12/13 16:11

    以前住んでいたビルの下に交差点があり、夕方になると小学生や中学生が横断歩道を渡っていた。
     みんな交差点でそれぞれの方向へ帰って行くが、男子のグループで、バイバイを言い合う時に一人、しつこく、「おい、◯◯、バイバイ、◯◯、バイバイ!◯◯!バイバイ!バイバイ!!」と言い続ける生徒がいた。
     きっとその男子は、グループ全員からバイバイの返事があるまで帰らないタイプだったんだろう。
     女子のグループは、帰り道に噂話やおしゃべりで時間がかかるわりには、あっさりと家の近くで別れるのに、なぜ男子グループは途中で抜けるように帰るか、別れを惜しむようなクセがあるんだろう。
     不思議に思いながら、夕ご飯の支度の途中で交差点を渡る生徒達を見ていた。
     きっと男子のほうが、別れる地点というのをはっきり決めているからだろうと思う。
     あの時の男の子は、今頃上手に「バイバイ」が言えるようになっているだろうか。


    買い物に出るとあられが降っていた。
    手足が白い黒地の猫が山の中に入っていった。近所の外猫かもしれないけど。


  • No: 163葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/12/23 14:11

    ここ2、3日は風が強い。たくさん荷物を持って帰る途中、傘を忘れたことに気がついたけど、面倒でそのまま置いてきた。
    月曜日に取りにいかないといけない。
     この間までは暖かい日が続いて、運動の後は汗ばむくらいの陽気だった。部屋にあるデジタル時計の温度を見ると、なんと46℃。
    ほとんど砂漠並みの気候…
     たぶん、紫外線とかが関わっているんだろうけど、いくらひなたに置いてあったとはいえ、ちょっと盛り過ぎな温度のような…

    もうすぐクリスマス。
    今年は学校関係で3つもクリスマスパーティーがある。
    先日はちびっ子サンタが活躍してプレゼントを配っていた。
    プレゼントを抱えるのが重そうだったけど、それはみんな日頃ランドセル通学で鍛えているので大丈夫。
    学校や施設にも、保護者サンタが現れますように。

    :^D

  • No: 164葉月(iGijye)スレ主更新時刻16/12/30 20:49

    先日、明け方、布団に横になっていたら地震があった。
    報道されなかったから、たぶん震度1くらいなんだろうけど、けっこう部屋全体揺れたような、地響きがするような感じだった。
    家族は寝静まっていたから、気づいたのは私だけみたいだったけど、なんだか最近災害や事件の報道ばかりだから、「いつどこで何があってもおかしくない」という無常感のようなことを考えつつ、二度寝した。
    本当に大きな地震が来たら、逃げ出すだろうけど。


    畑の横で洗濯物を干していると、時々、駐屯地からのヘリが飛んでくる。
    最近、よく飛んでいるけど、飛行機の音もよく聞こえるから、あまり気にならない。
    しかし、何度も飛んでくるので、ふと気になったのは、洗濯物。
    周りから見えないように下着はタオルとかで囲んでいるけど、よく考えたら上からは防ぎようがない。屋根替えの時も、初日は見える所に干してしまったんだけど…
    いったい、上空からどの程度見えているんだろう。精度のいいマップだったら、建物の形くらい見えるんだろうけど、民家の洗濯物をどの程度把握しているんだか…
    うちは畑の横の軒先だからいいようなものの、マンションやアパートが軌道になる所は、そういう心配もあるんじゃないかと思った。
    上空から、人の往来程度は把握できると思う。
    生活を遮って飛んでいることを忘れないでほしい。

  • No: 165葉月(iGijye)スレ主更新時刻17/01/09 14:14

    年末年始にかけて、風邪気味。
    鼻からのどにかけての風邪が、なかなか治らない。
    この冬の風邪は、のどにくるみたいで、熱もないし体も動くけど、のどが痛い。
    インフルエンザの予防接種を受ける予定だけど、まずは風邪を治さないと。私はとにかく、しっかり食べてしっかり休んで治す。
    誰がなんと言おうと、自分で選んだ好きな物を食べて、お風呂にも入り、ぐっすり眠る。
    時期がくれば、だいたい回復しているはず。


    息子が一時期入院していた時、母親の私はずっと付き添いで簡易ベットで寝起きして、息子が入院食を食べている時は、買い置きしていたパンやカップ麺を食べていた。
    幸い二週間で退院できたけど、やっぱり付き添いの母親の負担は大きかった。
    付き添いのお父さんの姿も見かけたけど、親が仕事と子供の入院付き添いを掛け持ちするのはみんな大変だった。
    できれば、子供の入院時の付き添い支援のようなサポートがあればいいと思う。
    医療的な事は病院が責任を持ってくれるとして、日常の雑事を肩代わりしたり、アドバイスしてくれるようなサポートがあれば、親や保護者の疲弊も少なくなるのでは。
    介護問題は、そろそろ線を引いて、高齢者は介護してもらって当たり前という考えの人達は後回し。子供の健康、親達の健康を、もう少し気付かって欲しい。

レスを投稿する

cookieが無効になっています。有効に変更をしてください。

あなたは、現在ログインしていません。このままでも投稿できますが、いくつかの制限があります。
詳しく見る
スレにレスを投稿します。 は必須項目です。
  • 未登録

  • 画像処理中
  • ※1000文字(改行も1文字に含む)まで入力可能。
  • ※メールアドレスの掲載やアフィリエイトサイトの宣伝など投稿のルールに反する投稿をした場合、一発で投稿停止処分となる場合がありますので、ご注意ください。

このスレをみた人は、こんなスレも見てます