期間限定スペシャルコラボ ミクル✕デジカフェ

年の差の結婚によるメリット・デメリット

年の差婚の問題

年の差婚には多くの問題がつきものです。例えば親とパートナーの年齢が1才違いとかになりますと、親は絶対に反対をします。 親としては自分の介護とパートナーの介護をしながら子育てをするのは困難ですし、それが自分の子供であるならば、そのような困難な目に遭わせたくないと思うのは親として当然のことです。

愛があれば年の差なんて関係ないといいますが、年の差がありますと価値観は異なってきますし、介護の問題や、子供を産むことができるのか、そのようなことも問題になってきます。 女性が年上の場合ですと、高齢出産のリスクを冒してでも子供を産もうとしますし、そもそも子供を産むこと自体が困難な場合も出てきます。

男性が年上の場合は、性欲が衰えてきますので子供をつくることができない可能性がありますし、定期的に性生活を送るのは困難です。 さらに、どんなに働いても子供が成人をする前、もしくは直前に定年退職をしなければなりませんので、収入源がなくなってしまう可能性があります。 年金が支払われるまでの期間、再雇用をしてもらっても収入は減ります。

そして、一番の問題が介護です。男性でも女性でも、パートナーに介護をしてもらいながら余生を過ごさなければいけません。前述のとおり年齢とパートナーの親の年齢が近ければ、1人で最高で3人(パートナー、父親、母親)の介護をしなければならなくなります。

これらのリスクが年の差婚はあるのです。

年の差婚のメリット

年の差婚のメリットは、多用な経験を積んだ相手と結婚できることがメリットの一つといえますので、素晴らしい人生を歩むことができる可能性があります。 散財する癖が無ければ、相手に財産も期待できるでしょう。更に、同年代の異性には無い包容力を持っている方が少なくないことも魅力です。

加藤茶さんのような有名な芸能人の方も年の差婚をしていますし、例えそれが命を縮める可能性があるとしても、年の差婚は社会的には一般的なことになりつつあります。

関連リンク・話題

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、予めご了承ください。

15/07/14 更新

関連テーマ

結婚 悩み 年の差婚についての話題を掲示板で探そう(20件)