絶えない「子供の歯の心配事」。よくある悩みと解決方法

人にとって「歯」は一生の宝物

人が命を繋ぐのに必要不可欠な要素「食」その食を取り入れるのになくてはならいのが歯です。

乳歯が抜けてしまえば永久歯が生えてきます。その永久歯は二度と生え変わることがなく、一生にひとつだけ。子供達には乳歯のうちに正しいケアを身につけさせて、一生自分の歯で食べられるようにしてあげたい。そんな願いを持っている親は多いものです。

子供の歯に関する悩み

それだけ大切な歯ですが、いざ子供に教えようと思うと上手く行かないもの。小さなケアをめんどくさがるだけではなく、歯医者さんすら怖がる始末。お母さん達は手を焼いているようです。

子供の歯の心配事とその解決策を3つに分けてご紹介します。

歯を磨かない

子供が歯磨きをしない。子供が歯磨きを適当にしてしまう。仕上げ磨きをさせてくれない…など、「歯磨き」はいつだってお母さんをイライラさせるもの。掲示板ミクルでも悩んでいるお母さんはたくさんいましたよ。

解決方法:歯磨きは、どんなに嫌がったとしてもさせなければ取り返しがつかなくなってしまいます。歯磨きが出来たらシールを貼る・歯磨き粉を変える・お歌を歌いながら遊びのようにする…といった対処法を用いて、きちんと出来る習慣をつける事が大切です。

歯医者を怖がる・嫌がる

小さい頃から歯医者に対して抵抗感をつけてしまうと、大きくなっても虫歯ができた時にすぐ治療に行かなくなってしまいます。「歯医者さんが怖い」というイメージは主に歯科医院の雰囲気や音、そしてTVの影響からすりこまれている場合が多いです。

解決策:もうすでに歯医者さんを怖がっている場合、思い切って転院してしまった方がいい場合があります。そしてできるなら小児歯科を専門にしている医院を選びましょう。小児歯科なら子供の相手に慣れているので、怖くない・痛くない治療の選択肢が豊富です。

避けた方がいいおやつって?

虫歯にならない為に、避けた方がいいおやつってなんだろうと疑問に思う方も少なくないでしょう。

いわずと知れた砂糖が虫歯の原因となる為、避けた方がいいのはもちろんですが、ガムやあめ、チョコレートなど、口の中に長時間入れておく必要のあるものや糖度が高いものは虫歯になる確立自体を上げてしまうのでオススメできません。

解決策:月齢が小さいうちは、あまり頻繁に糖分の多いおやつをあげない方がよさそうです。市販のおやつよりも芋や果物など自然の甘味を食べさせて、また、食べ終わったら歯磨きという習慣をつけましょう。

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

「歯」の関連テーマ

他のテーマも読んでみませんか

絶えない「子供の歯の心配事」。よくある悩みと解決方法についての話題を掲示板で探そう(1000件)

ページ : 1 / 20

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順