身ごもった我が子を無事出産するために。流産しないために気をつけること

流産

妊娠22週以前に妊娠状態が終わることを流産と呼んでいます。 流産の確率は10~15%とかなり高く、妊娠年齢が上がるごとに流産の確率が上がっていきます。40代では流産の確率が30%以上と言われています。 最近は不妊治療による妊娠も増えていますが、体外受精での妊娠の場合は24.9%が流産と言われています。 現代の医学では妊娠22週以前の流産に関しては有効な処置がないとされています。

目次

科学流産

妊娠前に流産することを科学流産と呼んでいます。 妊娠検査薬で陽性反応があっても胎嚢が確認されないうちに出血が始まり流産することを科学流産と呼んでいます。 受精卵となっても子宮内に正常着床せずに妊娠しません。 本人が気づかないことも多く流産としては数えられません。 妊娠初期の流産は卵子の染色体異常が25%、精子の異常が15%とされています。 あらゆる可能性を考慮すると染色体異常の受精卵となる確率は45%にもアップします。

科学流産を回避するには

科学流産のリスクを下げるには着床率を高めることが大切になってきます。

身体を冷やさない

着床しづらい体質に身体の冷えが原因と考えれられています。身体が冷えていると血流が悪いのでホルモンが上手く作用せずに直床の妨げになることがあります。

適度な運動をする

激し過ぎる運動は生殖機能の低下につながりますが、軽い運動は着床力をアップさせる効果があります。

規則正しい生活とバランスの良い食生活

規則正しい生活で身体の正しいリズムを維持する、バランスの良い食事で健康面の強化を心掛ける。

葉酸

妊娠前から葉酸を摂取していると流産予防、子宮内壁の強化、受精卵の守る効果が期待できます。

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

「妊娠 流産」の関連テーマ

他のテーマも読んでみませんか

身ごもった我が子を無事出産するために。流産しないために気をつけることについての話題を掲示板で探そう(1000件)

ページ : 1 / 20

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順