様々な出産方法の知識まとめ

自然分娩とは

自然分娩は、文字通り自然に陣痛が起こるのを待ってラマーズ法やソフロロジー式分娩、出産の補助動作などによって赤ちゃんを出産する最もポピュラーな出産方法です。しかし、妊婦さんが自然分娩を望んでいる場合でも医師や病院の方針、状況などによっては陣痛促進剤を使用したり会陰切開が行われることもあります。

計画分娩とは

妊婦さんが持病を持っていたり、生活上の理由で出産日を指定したい時や多胎妊娠の場合、計画分娩が行われ行われます。計画分娩は主に陣痛促進剤を使い出産します。

多くの計画分娩は、万が一のトラブルの為、スタッフの数が多い平日の昼間に行われます。もし計画分娩を希望する場合は、陣痛促進剤についてしっかりと勉強、医師に質問して納得した上で選ぶようにしましょう。分娩方法を大きく分けると以上の自然分娩と計画分娩ですが、その他にも様々な出産方法が存在します。

無痛分娩

無痛分娩は麻酔の力を借りて出産の痛みを和らげる出産方法です。無痛分娩のメリットは、筋肉の緊張がほぐれるのでお産をスムーズに進めることができます。なので、傷みに弱い方や心臓の持病がある方に効果的です。使用する麻酔の種類は施設によって異なります。局部麻酔の場合は赤ちゃんの産声を聞くことができます。無痛分娩は熟練の麻酔の専門医のテクニックが必要とされます。無痛分娩を希望する場合は事前に麻酔の専門医がいる施設を選びましょう。

無痛分娩に関して疑問に思う方もいらっしゃいます。傷みに弱いというだけで無痛分娩は選ばない方が良さそうですね。

帝王切開とは

経膣分娩が難しい場合に行われるのが帝王切開出産です。下腹部と子宮を10cmほど切開して赤ちゃんを取り出す手術になります。事前に重度の逆子や妊娠高血圧症候群だと解っている場合、前もって手術を予定します。しかし、経膣分娩中にトラブルが起きた場合も途中で緊急帝王切開に切り替わることがあります。

帝王切開の妊娠後、次回の妊娠は1年空けるよう医師に言われる場合も。産後の回復は帝王切開の方が遅いと言われています。できるだけ帝王切開は避けたいですよね。

関連リンク・話題

自然分娩を希望していた方で突然帝王切開の予定になりショックを隠せない人も。できれば自然分娩をしたい方は多いようですね。

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

「出産 出産方法」の関連テーマ

他のテーマも読んでみませんか

様々な出産方法の知識まとめについての話題を掲示板で探そう(1000件)

ページ : 1 / 20

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順