健康の為に知っておきたい食事の知識

主食、主菜、副菜をバランス良く摂取する

現代は、寿命が延び、長寿の方が増加しています。

医療の発達もありますが、健康を維持する食事の摂取方法にも効果があるのではないか、と考えられています。

食生活や食事で病気を予防するには、規則正しい食習慣と食事メニューを選定することが必要です。

健康を維持するには、毎食、主食、主菜、副菜といった栄養面で特徴が異なる料理を組み合わせての食事が必須となってきますので、栄養バランスでの管理が求められます。

主食はごはん、パン、麺類がメインとなり、これらは主にエネルギー源となります。

主菜は魚、卵、肉、大豆製品ですが、良質のたんぱく質や脂質の供給源となり、副菜の野菜はビタミン、ミネラル、食物繊維を補えるので、積極的に摂取しましょう。

食事や間食での乳製品、フルーツの摂取は、栄養バランスを更に向上させますので、健康維持には必要となってきます。

塩分よりも大豆イソブラボンを

塩分の摂取過多は高血圧を引き起こし、脳卒中や心臓発作のもととなりますので、注意が必要です。

納豆、豆腐など大豆食品に含まれている大豆イソフラボンは、血液をさらさらにし、心筋梗塞、がん予防に効果があるので、摂取すべきです。

選択した食生活は必ず、健康に影響してきますので、健康に直結した食生活を常に意識することが求められると考えます。

塩分の過剰摂取は健康へ多大な悪影響を与える

健康のための食事の考えは様々のようです。

いかなる記事内容もその正確性が保証されているものではありません。自己判断でお願い申し上げます。
この記事に誤りがある場合は、こちらまで詳細をご連絡ください。
※対応結果等はご案内差し上げておりませんので、ご了承ください。

「健康 食」の関連テーマ

他のテーマも読んでみませんか

健康の為に知っておきたい食事の知識についての話題を掲示板で探そう(384件)

ページ : 1 / 8

条件を指定して再検索

検索ワード

サイト
スレ
検索対象

投稿者名

性別

年齢

表示順